Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクション第6位、珠玉の逸品は観音開きであります!

寒い寒い毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週ですね、こちらの横浜のCafeの看板描きに行ったのですが、計3日半の作業中、1日目は途中から雨、2日目は強風、最後の半日は超低気温となりまして、まともな天候で作業出来たのは3日目だけだったという過酷な作業となってしまいました・・・・

通り掛かりの方々が「お兄さん、寒くないの?」と声を掛けてくれるのですが「ハイ、変態なので全く寒さを感じないのです」と答えるしかありませんでした。寒いに決まってますが・・・・

真冬の作業は日没も早くてとっても寂しい気持ちになるのですが、ミニカーと力道山先生とベイスターズのことだけを考えて猛スピードで仕上げたあっという間の3日半でございました。ご注文有難うございました!!

という事で連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」第6位となります。ベスト10なんて言ったはいいのですが、冷静に考えるとベスト10て本当に難しく、たった10台の優秀なミニカーを選択するのは 苦渋の思いで有りまして、ベスト1000にしたくなって来ました。

1000台紹介すれば、自分的にも納得出来るのですが、そんなことしてたら寿命が尽きてしまいそうなので、やっぱりベスト10にしておきます、ハイ・・・・

これまでの10位から7位は以下のモデルたちでした。

第10位がイタリア製Politoysの「BREサムライ」

第9位が西ドイツ製Marklinの「ビュイック・セダネット」

第8位が日本製モデルペットの「トヨタスポーツ800」

第7位が英国製Corgi Toysの「ロータス・エラン」 という順になっておりました.

そしてベスト10の第6位はアサヒ玩具のモデルペット製、品番No,1の「トヨペット・クラウンDX」とさせて頂きます。ついこの前である昭和34年10月発売の、これぞ国産ミニカーのパイオニアとなる珠玉の逸品なのであります。

戦後の復興期に当たる昭和30年代は、Made in Japanの玩具類は輸出用の花形産業としてティンプレート(ブリキ)メインに沢山作られておりましたが、ダイキャスト製のミニチュアカーというのは存在しておりませんでした。

最近プラモデル界では「国産最初のプラモデルは何?」という論争が上がっていて、これまでは長い間「〇ルサン」が日本で最初のプラモデルという説がまかり通っていたのですが、実はそれ以前に他のメーカーが先に作っていたことがほぼ判明し、歴史が書き換えられようとしています。私は門外漢ですが・・・・

日本のミニカー業界ではこのモデルペットのクラウン発売以前、前後にも実は「ミニカーらしき物」は作られておりました。揚げ足を取りたい方々からは「モデルペットは最初の国産ミニカーでは無いぞ!」と反論されそうなのですが・・・・

こちらはついこの前である享保9年創業の増田屋が昭和30年頃に輸出メインとして発売したのが「シルバーペット」シリーズでして、クロームメッキされた車体にフリクションモーター内蔵という玩具的なモデルでした。

こちらはとりあえず「ビュイックのクーペ」らしきものと判別出来るのですが、隣りに並べた同年代の外国製ビュイックのモデル(白/赤)と比べるとミニカーというより単なるオモチャにしか見えません・・・・

こちらの倉持商店製のモデルはとっても小さくてグリコのオマケ程度の大きさで、スバルやミゼット等とりあえず車種判別は可能ですがただの駄玩具に過ぎませんね。今日、これらを見つけるのはとっても大変なのですが・・・・

同じく倉持商店製の50’sアメ車群ですが、これらもアメリカのLINEMAR TOYSブランドで主に輸出目的で製造されていました。下請けみたいなものですね。日本国内にも少し流れたようで、手持ちのパッケージには当時のデパートの値札が貼ってあるのもありました。

出来はまずまずなのですが、キャストの質が悪い物が多かったらしく、まるで時限爆発装置がついているように、ある一定の期間が経つとボディーにヒビが入り最後はバラバラになってしまう恐れがあるという恐怖のミニカーなのです。幸い手持ちの物は他にもあるのですが、全て製造後60年経過しても未だ爆発しておりません。とってもラッキーですな!

これらのビュイックや正体不明のアメ車みたいなものも、パッケージが全て英語で表記されていて、国内向けというよりも輸出用という事が分かりますね、あくまで「ミニカーらしき物」です。

という事でこれらのモデルは、時系列では確かにモデルペットのクラウンよりも先、あるいは同時期に作られていたことが判明していますが、とてもスケールモデルとして考えるにはお粗末過ぎまして、輸出メインや駄菓子屋行き?という販売体系を考えると、Wildman的にはやはり「国産ミニカー第一号」の栄誉は問答無用でモデルペットの品番1、トヨペット・クラウンDXで決まりなのです!!

観音クラウンのプロポーションを見事に再現し、車種的にも王道でスケールも1/42とほぼ国際規格標準のスケールで作られた事もポイントが高いのですな。アポロ・ウィンカーも最高なのです。未だハンドルやシート、サスペンションは付いておりませんが、迫力あるプロポーションがそれらを帳消しにしてしまうのです。トランク左下にはOverdriveのエンブレムまで彫ってあるのでした。

当時このミニカーをデパートのショーウィンドウで見て興奮された黎明期のコレクター様の気持ちが良く分かります、私は不覚にも生まれておりませんでしたが、ああ残念・・・・

モデルペットを販売したサンタ印の旭玩具(のちにアサヒ玩具)は、昭和35年の玩具自由貿易化の流れに沿って、英国製のCorgi Toys、Dinky […]

作らないプラモデルこそ芸術!空想模型の世界。

皆様、こんにちは。大嫌いな存在自体意味不明の冬がやっと終わりましてポカポカと暖かい春がやって来ました。そしてプロ野球も開幕となり、我が横浜DeNAベイスターズはいきなり連敗でずっこけたと思わせといて皆を油断させ、破竹の8連勝(17年振り)をかまして優勝に向かって突き進んでおります。ハイ!今年は本当に優勝させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年は3位滑り込みセーフとなり、クライマックスシリーズでは阪神、広島を撃破し世間の批判をたっぷり浴びながらも19年振りの日本シリーズ進出という偉業を達成してしまいました。やることなすこと十何年振りというのがベイスターズらしくて良いのです! 全てついこの前の出来事なのですが・・・

そしてベイスターズファンお待ちかねのWildman書下ろしデザインの2018年度横浜DeNA Baystars X MQQNEYESのコラボグッズはもう少しで発売となりますのでご期待くださいませ!!

ということで、先日部屋のレイアウトを少し変えてみたところ(物が右から左に移動しただけですが)沢山のプラモデルが埋蔵されておりました。

私はミニカーは趣味で40年以上集めておりますが、プラモデルを作るという高貴な趣味はございませんので、本当は家に有ってはいけない物なのですが、ビンテージなプラモは何と言ってもボックスアート(箱絵)が素晴らしい芸術作品なのでついつい気に入った物を手元に置いてしまいます・・・・

一生作ることのないプラモデルたちなのですが、箱絵を見ながら完成した姿を想像するだけで昇天してしまいます。だって日本製のビンテージプラモデルさんたちは箱絵は芸術、中身はもっと芸術で良くもこれだけ実車のイメージとかけ離れた物を作ったもんだという感じで、きっと当時数枚の写真を頼りに「こんな感じかな?」というノリで作ったところに芸術性を感じます。箱も中身もヘタウマイラストというジャンルのアートなのです。

という訳で私の頭の中でしか完成した姿は見れない空想模型のプラモさんたちを紹介させて頂きます。

まずはアサヒ模型というプラモデル門外漢の私にはさっぱり分からないブランドのフェラーリ・スーパーファストIIです。といってもフェラーリの表記は無いのですが、このイラストは間違えなくフェラーリ・スーパーファストIIです。が、箱にはスーパーファスト11と描いてあります、IIでなく11です。きっと当時雑誌を見てイラストを描いた際にキャプションに書いてあったIIというのを見間違えて数字の11と思い込んで描いてしまったのでしょう、まさにイタリアンカスタムカーなのです、横浜いれぶん@木之内みどり??羽田空港と思しきバックのイラストにはレシプロ旅客機のダグラスDC7も描かれ昭和感満載となっております。

中身はもっと凄くてフェラーリというよりもさつま芋のような赤い物体が入っておりますが何とモールドは4ドア!! どこがフェラーリなのかという感じです。ポルシェ356にも、プリンス・スプリントにも見える不思議なヘタウマ芸術プラモなのです・・・

お次はオータキのマツダR360クーペになります。実車は今見ても素晴らしいデザインですが、もちろんこれは実車を超えていて、独自の解釈のR360クーペが展開されております。

こちらは箱絵が秀逸でして、これが欲しくて入手致しました。このプラモはけっこう長い間販売されていて3種類の箱絵が存在しているようですが、このイラストのヤツが最高なのです。独身と思われる男性が、花咲くカントリーロードを愛犬のシロ(雑種 ♂ 4歳)を引き連れてR360クーペで疾走する様が平和な昭和38年頃を思わせるのでした。

お次は中村産業のダイハツ フェローバギーになります。実車はフェローのピックアップをベースにFRPのボディを架装したユニークな車両で1970年に100台程が作られました。

箱絵まさに70’sのノリでして、横向きのバギーのイラストと意味不明の服を着たお姉さん二人がポーズをとっている合成感が素敵な物になります。

中身のボディは一応メタルフレーク塗装となっていてサーフボードなんかも付いています。Oh! Buggyの唇デザインのデカールも泣かせてくれるのです。ダイハツ工業監修となっているので、中々の出来栄えのようです(空想)

今度はベスト化学というブランドのマツダキャロル360になります。ベスト化学というのは1966年からプラモを造っていた宮内製作所というC級プラモの会社がブランド名を1971年に変更したものになるそうです。

このプラモデルは大変に珍しい物だそうで、現存はかなり少なくなっているみたいです。箱絵がまた素晴らしくてかなり真面目に描いたキャロルのイラストに乗っているのは苦虫をかみつぶしたような表情のおじ様(推定33歳)が疾走するキャロルのバックの夜空には稲妻が走っているという全くどういった状況を表現したのか理解に苦しむ芸術イラストになっております・・・

中身は言われてみればキャロルなのかしらという出来具合ですがイエローのモールド色とフラワーパワーのデカールがほのぼのさせてくれるのです。

箱の横には軽四シリーズと名打って、フェローマックスやミニカ71、ホンダZらのイラストが描かれていますが、これらが当時販売されたかどうかは不明です。持っている方がいたら教えてくださいませ。

お次は同じく宮内製作所のシャパラル2Hになります。当時の日本での言い方ですと箱に描いてある「チャパラル」のほうが馴染みがありましたね。このモデルも中々珍しいキットになると思います。

独創的なカンナムレーシングカーを造っていたテキサスの石油王ジム・ホールさんでしたが、暴走は止まらずついにこの2Hに至っては空気抵抗を減らす為、前高を極力抑えてペッタンコにしドライバーは殆ど寝そべって運転するという曲芸のようなクルマを作り上げてしまいました。ドライバーは前が見えなかったそうです・・・・・

宮内のモデルは2H自体が独創的な形なのでそれらしく仕上がっていますが、何といってもピットマンフィギュア3名とレーシングジャッキが付属するところが子供心を掻き立てます。

箱絵にはジョン・サーティースとジャッキー・スチュアートと思しき2人のレーサーのヘタウマイラストが気分を盛り上げてくれるのです、素晴らしい!!

そしてここらでお口直しにアメリカ製のキットをご紹介致します。1960年代当時では日本製とアメリカ製のプラモデルではその技術の差は歴然ですが、今となっては両方を並べて芸術として共に楽しめる時代になったのです。

[…]

この夏はあっちこっちへTrip三昧! ああおそロシア・・・

この夏はですね7月から1ヶ月に渡ってあっちこっちに出掛けておりまして、ベイスターズ同様何が何だか分からない内に日々が過ぎて行くのであります。いまだ3位のベイスターズ、MQQNEYESStaff総出で応援に行く今月末までこの順位をキープしてほしい物なのであります。

で、私はと言いますと7月の2週目はArea-1 Staffの駆け出しPinstriperこと、Mitch Shinotsuka(茨城出身)と一緒にMQQNEYES USAにて開催された毎年恒例のOpen Houseに行って参りました。

40度の気温の元、Pinstripeデモを行って来ましたが、暑過ぎてよく覚えておりませんので、詳しくはこちらの “Mitch” Shinotuka’s USA Trip Report をご覧くださいませ。

そして3週目の週末には、東京は原宿にて開催されたThe Nashの25周年企画”Quarter Century of Detroit Junk”に参加して来ました。

Nash氏がDetroit Junkを立ち上げてから今年で25周年に当たりその記念としてKK ProのArtistや私らが集まり、さらにHCSでもおなじみのスティーブ・キャバレロも来日し、Art Showを開催しました。各地から多数のお客様が集まってくれてNash氏も喜ばれておりましたが、26周年記念もやると言っておりますので、それだけは阻止しようと思っております・・・・

そして月末から8月に掛けては灼熱の?マレーシアに出張して来ました。毎年恒例の”Art of Speed”に参加しましたが、ゲストにはコールフォスターやチョッパー・デイブらアメリカ組と多数の日本人の方々が招待され、Internationalなイベントになって来ています。

横浜元町で盛業中のKustom Style So.Calの左近君も招待されていて、自慢のFordも日本から持ち込まれて大人気でした。夜も楽しそうでした。

こちらの国では現在Hot Wheelsの生産国となっているので、マニアの方が多く、いつもHot WheelsへのPinstripeを依頼されますが、あまりにも数が多く、物が小さくて目が疲れますので、1/1スケールに描させて欲しいのです・・・・・

このツイン・エンジンのヤマハは抽選で当たるというイベントの目玉企画となっていましたが、本当にこれをもらったら一体どうするのか心配になっておりました。タンクに文字入れをさせて頂きました。

そしてこちらは80’sマニアにはたまらない存在のYAMAHA RZ350R”Kenny Roberts”であります!! […]

BAZQQKAでGo!今年もベイスターズコラボだぜ!!

皆様、関東地方の梅雨もやっと明けまして(全然雨が降りませんでしたが・・・)本格的な夏がやってまいりました。 我が仕事場のMQQN Garage内は毎日40度に迫る気温となりまして「Pinstripeというのはスポーツなんだ!」と解釈し、毎日が体力勝負のPisntriperと化しております。 Area-1 Garageにお越しの際は、お気軽にSports Pinstriperの私に声を掛けてくださいませ。

で、夏といえばプロ野球、我が横浜DeNAベイスターズは7月の4週目の時点で3位につけておりまして、2位も目の前に迫って来ている勢いで快進撃を続けております。

昨年も夏から3位につけてそのまま何とかフィニッシュし、初のクライマックスシリーズ進出を果たしました。 今年はカープがブッチぎりの強さを見せつけておりますので、優勝ははるか彼方に行ってしまいましたが、何とか2位でフィニッシュし、 横浜スタジアムでのクライマックスシリーズ開催を夢見ております。

という事で今年も横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボレーション商品が発売となりました。 2012年より始まったこの企画”横浜Connection”は今年で6年目を迎えまして、今回も新しいWildmanデザインにてシャツ、キャップ、タオル等が出来ました。

横浜スタジアムの試合途中でバズーカ砲をぶっ放している、BAYSTARS SUPER BAZOOKA(Chevy S-10)をモチーフとしたデザインで、一部刺繍を使った商品もありますよ。

今年の夏もこれらコラボグッズを身にまとい横浜スタジアムへベイスターズの応援に行って下さい。地域密着型MQQNEYESなのであります。 (DeNAベイスターズコラボグッズは本牧のMooneyes Area-1の店頭販売、もしくはDeNAベイスターズのオフィシャルショップにてお買い求め下さいませ)

そして今季も地域密着型MQQNEYESは横浜スタジアム開催のYOKOHAMA STAR☆NIGHT 2017に協賛させて頂きまして、8月の試合にStaff総出で応援に駆け付けます。こちらMQQNEYESネーム入りのベイスターズユニフォームを身にまとって応援しておりますので、見つけたら声を掛けて下さい。応援団長のWildmanが目印です。Win with MQQNEYES!!!

[…]

凍てつくムーミンの国でKustom Kultureだぜ!

2月も半ばを過ぎまして、我が横浜DeNAベイスターズも順調に沖縄キャンプをこなしております。とっても若いチームなのですが、今年も新たな若手が出て来て おり、さらに外国人選手も新たに4人!!獲得致しまして、これはもう優勝宣言待ったなしですな!!

今のうちは何とでも言えますので2017年は横浜DeNAベイスターズ19年ぶりの優勝となるでしょう!! 前回の38年ぶりに比べれば期間が短すぎてうろたえてしまいます、ああどうしよう・・・・

で、話は変わりましてWildmanが最初に買った自動車はミニカーではなくて、中古のトヨタカローラ1600GT(TE71型)でありました。(Wildman’s Blog 2008年1月18日参照)

このTE71はついこの前である1984年に私の手元にやって来まして、1968シェルビーGT350をお買い上げになって世捨て人となる1987年までの短い間、存分に楽しまさせて頂きました。

この手の2TGエンジン搭載車も今では十分に旧車の仲間入りをしてしまいまして、無改造の綺麗な個体はほとんど見かけなくなってしまいました。「当時物」の70系カローラセダンのオモチャはミニカーとしてはモデル化されず、プラモデルでしか楽しめませんでした。最近になって70系セダンがかなり精巧なミニカーとなってモデル化されましたが、これは現在の技術で作られておりますので「実車と 同じ空気の元で作られた物限定」という私のコレクションの形態からは外れております。

「あ~あ、思い出の70系カローラセダンの当時物モデルなんて何もないや」と30年以上嘆いておりましたが、そんなことはありませんでした!!何とビックリ、当時海外でちゃっかりとモデル化されておりました、全く知らんかった!! ディーラー等で配布されていた、プラスチック製のプロモーショナルモデルとして、70系カローラセダンが存在しておりました。プロモーショナルモデルなので物凄く出来が良いのです。まさに実車その物の形なのであります(プラモじゃありませんよ)海外物なので左ハンドルですが、内装もキッチリと作りこまれていて、懐かしいデザインのコックピットが再現されています。ウィンカーがフロントフェンダーの真ん中あたりにあるのはヨーロッパ仕様を再現してます。ホイールもいい感じですね。何とマッドガードまで装着されてまして、そこにはTOYOTAロゴも入っております、芸が細かい!!

後期型の角2灯ヘッドライトはまさにWildman号でありまして、白いボディーカラーまで同じであります、ああ嬉しい!!グレードはGTではなくDXですが、そんなことはどうでもいいのです。

シャーシを見ますとそこにはTOYOTA COROLLA DXとありまして、ブランド名は”Nyrhinen”となっています、読めません・・・・・そして生産国は何とMade in Finandなのです!!ああビックリした、こんな出来の良いモデルを作るなんてフィンランド人恐るべしです。人生初の愛車のモデルは人生初のフィンランド製のオモチャでした。

という事でフィンランドが気になりましたので、先週凍てつくフィンランドに行って参りました、本当だってば!!

フィンランドはヘルシンキにて”Kustom Kulture Show”というクルマやバイクを絡めたArt Showが開催されまして、そちらにお招きされて初のフィンランド上陸となりました。

成田よりFINNAIR機に乗って10時間弱のフライトでヘルシンキに到着しました。以前スウェーデンのイベントに参戦致しましたが、その時は7月でしたので夏真っ盛りで、夜は涼しく白夜とともに何も問題無く過ごせましたが、今回2月に行ったのは問題ありました。

当たり前ですが冬のフィンランドは猛烈に寒いのです!!生まれてこのかた横浜を離れたことのないWildmanは、温室育ちの軟弱野郎なので、積雪、寒波、零下といったキーワードは大の苦手でして、アイスバーンなんて言葉を聞いただけでも失神しそうになるのです、ああ寒い・・・

ヘルシンキの街に着くと路面は凍結状態・・・でもみんなヘーキな顔してクルマを走らせてます、よく見るとスパイクタイヤもかなり使われています、そりゃそうですよね。

この凍りっぷり見て下さい、視覚的なプレッシャーをかけて来ます。今回はマイナス9度くらいが最低気温で昼間はマイナス1度くらいまで上がったので?比較的暖かいそうなのですが(そうなんですか!?)ちょっと間違えると軽くマイナス20度になってしまいますので、今回はラッキーだったと思うしかありません。

空港にはこの不気味なキャデラックのハース(霊柩車)でお迎えに来てくれましたが(チョップトップになってます)Corvette Motorに換装されてるとのことで、高速道路を飛ばす、飛ばす・・・・スパイクタイヤを履いてますけど、シートベルトもないこのクルマで突き刺さったら、一巻の終わりとなって霊柩車に乗ったままあの世行きという実にシンプルな結末になってしまいます、ああ恐い・・・・

街中はいかにもヨーロッパといった感じで風情がありまして、路面電車も走っていてとってもいい感じなのです、凍ってますけど・・・街を走るクルマたちは比較的年式の新しいものが多く、20年以上前のクルマはほとんど見かけません。まあ、あれだけ凍ってる中を走れば傷むのも早いでしょうね。当然、70系のカローラなんて一台も見ませんでした。

地下鉄にも乗りましたが、やたら横幅の広い車両でして線路も異様に幅広で京浜急行もビックリという感じでした。シートが横浜スタジアムのように樹脂製なのですが、皆さん冷たくないのでしょうか?? 9ユーロで一日乗り放題でした。

で、消費税は24%という北欧らしい強烈な数字となっておりまして、内税表示ですが、総じて物価が高く感じられてしまいます。

なので食べ物や飲み物がとっても高く感じられてしまい、こちらのハンバーガーはドリンクとセットで¥1,500over、ムーミンのペットボトル飲料も¥400弱となってまして、街中でペットボトル飲料を買うと¥400のお支払い決定!!という感じであります・・・

食べ物はですね、特に辛い甘いは無くいたって普通でして、こちらのトナカイさんのお肉も美味しゅう頂きました。サーモンも美味しかったであります。

[…]