Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

12月は2大イベントと力道山先生とDeNA ベイスターズなのであります!!

25回目の開催となりましたYokohama Hot Rod Custom Showも皆様のご協力により「場外は大変に静かな状況」で無事幕を閉じました。

今年も盛りだくさんの内容となりまして、会場内は終始盛り上がり、世界各国からのお客様も楽しめたと思います。

来年の開催は2017年12月3日(日)に決定しておりますので、皆様早めの準備をお願い致します。

そして私はそのままアメリカへと渡りましてMQQNEYESUSA主催のX-mas Party 2016Show & Dragに参加して参りました。

例年12月は日本とアメリカで連発のMQQNEYESイベントとなっておりまして、いつも何が何だか分からないまま12月は過ぎて行くのでした・・・・

そして気付けば今年も12月15日を迎えてしまいました。さてこの日は何の日でありましょうか??

当ブログを古くからご覧の方であればもうお気付きであると思いますが、この日は力道山先生の命日であります。

Wildmanが生まれる前の昭和38年12月15日に先生は旅立ってしまいましたが、こちらの直筆サインは夢の中で頂いたような気が致します。

ここ数年で力道山先生ゆかりの地をあちらこちら廻りましたが、殆ど当時の物は残って無く、すべては歴史の中に消えようとしています。先生は相撲を廃業した後、本牧の米軍ベースの住居の建設にも土方として携わっていましたので、毎日通勤で本牧通りを通るたびに思い出しているのです。

ずっと行方を捜していた先生の愛車、キャデラックのエルドラド・ブロアムという超ド級のキャデも結局九州のとある博物館に現存しておりましたが、それはそれはひどい状態で、できれば展示は控えて欲しいと思っております・・・・羽根をバッサリ切り取られたキャデラックなんて信じられますか???

こちらのロードスターの方のメルセデス・ベンツ300SLは今どこにあるのでしょうか、海外でも良いですから無事であることを祈るばかりであります。

現在も残る赤坂のリキ・マンションには何度も足を運びましたが、先に建っていたリキ・アパートはもうありません・・・・

マンション時代の先駆けとなったリキ・アパートには先生も専用エレベーター付きの最上階に住んでおられ、浮世離れした生活を送られていました。

渋谷にあったリキ・スポーツパレスや、リキ・アパートは2016年現在、資料が少なくて中々全貌が掴みにくい物件となっております。全くついこの前としか思えない、たかが半世紀位前の出来事なのですが・・・

掴めないなら力づくで掴むしかないのがWildman流であります、特に力道山先生の為なら・・・

現在我が手元にありますこちらの物件なのですが、実はリキ・アパートの新築工事時の透視図であります!!!60年近く前に描かれたと思われるこの紙は劣化が激しいのですが、まさに赤坂のリキ・アパートを描いているのです。

実際に建ったものとは少し違うのですが、プール付きの物件なんて昭和30年代では最新鋭の設備なのでした。

右下には日本美装建築株式会社という名前が入り、設計担当者様のサインもあり、工事名はリキ・ハウス新築工事と記されていましてまだデザインも名称も初期の段階であることをうかがわせます。

絵の中にはアパートの建物以外に何やら巨大な邸宅が描かれております。

それを大きく描いてあるのがもう一つのこちらの透視図になります。昭和30年代になんじゃこりゃという感じのお家でありますが、こちらの物件には施主のお名前が入っております。

「百田光浩邸新築工事」力道山先生の本名であります!!!!もうどうしたらよいのか分からなくなって来ました。

水彩で描かれているとっても素敵なイラストですが、結局この建物は作られずに計画だけで終わってしまったようなのです、それにしても凄まじい邸宅なのです。

たぶん3年後位にはBIGで10億円が当たる予定なので、その際はこの建物を再現したいと思っている次第です。それまでこの透視図を大切保管しておくのであります。

昭和38年12月8日に赤坂の超高級クラブ、ニューラテン・クォーターで些細なケンカがもとでナイフで刺されてしまった力道山先生は、一度はリキ・アパートに戻りましたが、状態が悪化しS病院に行き手術となり、一旦は快方に向かいましたが、1週間後に容体が悪化し12月15日に天に召されてしまいました。生きてリキ・アパートには戻って来られなかったのです。

毎年12月が来ますと2大イベントの後に先生の命日が来るので、何が何だか分からない状況が続きっぱなしなのであります。

で、話が変わりまして今年の横浜DeNAベイスターズは最終的にクライマックスシリーズのファイナル・ステージまで進むという快挙を成し遂げ、DeNAベイスターズ設立5年目にして初のAクラスとなりました、万歳、万歳!!

[…]

Wildman初見参!ああ、憧れのMade in Taiwan?

先週末にですね、初めて台湾に出張して参りました。今回はMotorcycle インドアイベントの”Ride Free 7″にお招き頂きまして、Bossと私とSunny矢野の3人で2泊3日台湾の旅に行って来ました。

ここの所数年間、アジアのカスタムシーンが大変に盛り上がっておりまして、これまでにマレーシア、インドネシア、タイに複数回出張して来ましたが、今度は少し近くの台湾に出撃致しました。

台湾といえばMade in Taiwanなのであります・・・・また何を言っているのかさっぱりわからないと思いますが、ついこの前の1980年、舶来品のスニーカーたちに目覚めた少年Wildmanでしたが「ああ、憧れのMade in USA」製品に混じって、当時はNikeやAdidas, Puma等にも台湾生産品が多数存在しておりました。

ミーハーポパイ少年(by平凡出版)の高校生Wildmanは「アメリカ製こそが最高、それ以外の物は意味不明だぜ」と思っていた全く意味不明のガキでしたので、せっかくカッコいいデザインのスニーカーであっても「何だ、これ日本製か、こっちは韓国製、あれは台湾製か、全部ダメだ」とアメリカ製以外は認めようとせず、それ以外の製造国のスニーカーはデザインが良い割に値段が安いからしぶしぶ買うといった、クソ生意気で身分不相応のガキでした・・・本当にすみません。

なのでスニーカーのタグにMade in JapanやMade in Taiwanと入っているとマジックで塗りつぶしてしまうといった暴挙にも出ておりました(すみません)

そして30数年の月日が経ち、手元にある当時物のスニーカーを手に取ると、ハイエンドモデルと思い込んでいた、ああ憧れのMade in USAたちは加水分解や接着剤の剥がれ等ですでにボロボロの崩壊状態・・・

対して日本製や台湾製の廉価版スニーカーたちは今だにいつでも履いてくださいといった風情を醸し出しておりまして、その作りの良さに驚愕しております。

こちらはNikeのMontereyという70年代の台湾製廉価モデルですが、いまだしっかりとしておりまして、明日にでも履いて本牧通りを走りたくなってしまいます。

こちらもかつてブログに登場したNike Bermudaです。アメリカ製はシュータンのスポンジが崩壊してしまいましたが、こちら台湾製は元気いっぱいで、今年の夏も数回履いてしまいました、素晴らしい!!

なので今回の台湾出張でNikeの工場見学に行きたかったのですが、そんな物が21世紀にあるはずがありませんでした、残念・・・・すみません、そんな話はどうでもいいのです!とにかく台湾に仕事で行って参りました。

今回は台湾の”Air Runner Custom Paint”というカスタムペイントショップのJeffreyさんがアテンドしてくれました。日本語がボビー・オロゴン並みに堪能な方で素晴らしいキャラクターを持ち、すぐにでも吉本興業に入れそうなのです。

彼のShopはとても大きくて、空調完備の作業場で6人のスタッフ!!とともにヘルメットのカスタムペイントがメインのお仕事をされています。

そして彼の趣味は高級観賞魚の飼育でありまして、ビックリするようなお値段のおさかなさんたちを飼われていました。

このエイは初めて見たデザインでしたが、絶対にJeffreyさんが1-Shot Paintで塗ったに違いありません・・・・だって凄い模様なんだもん!!

そして台北の街も案内して頂き、寺院や高層ビル街を廻りましたが、道路も広くてとっても大きな街でありました。ただ、車検がとっても厳しいお国のようでして、違法改造はもちろん、古い車は登録すら出来ないようなシステムとなっているようで、街中で旧車や珍車を見ることは全く出来ず、新しい車ばかり走っておりました。

仕方ないので日本製の左ハンドルの商用車で楽しまさせて頂きました。 そしてWildman最大の楽しみのお食事なのですが、これまで行ったアジア諸国と違い、味付けが醤油ベースで全然辛くないので、辛い物が読売ジャイアンツ並みに苦手なWildmanとしてはとっても美味しく頂くことが出来ました。

[…]

タイで遭遇、狂気のコレクションにノックアウトだぜ!

皆様、横浜DeNAベイスターズが初のクライマックスシリーズ出場となりました!!久々のAクラスとなりましてファンは大喜びとなっておりますが、大騒ぎし過ぎますとロクなことが起きませんので、極力冷静に見守って行きたいと思います、Go! DeNAベイスターズ!!

という事で先週末にですね、ハイエース王国の異名をとるタイに行って参りました。この春にBangkok Hot Rod Custom Showが開催され、それに続き今度はMQQNEYES BKKがGrand Openingとなりまして、そのOpen記念のParty & Cruiseが開催され、そちらにお招き頂きました。

あ、ちゃんとPinstripeのデモも行ってきましたので、ご心配なく。

タイでBikeのカスタムショップFat Boy Designを営むこちらMarkさんが今度はMQQNEYES Authorized DealerとしてMQQNEYES Bangkokを立ち上げました。

Markさんには前回の訪問時にLamborghiniに乗せて頂きましたが、今回もご自宅にお邪魔すると、最近ハマっているという三菱のギャランGTO GS-Rを見せて頂きました。純正のオーバーフェンダーがキマっていますね!! この国の日本車マニヤたちは熱いですね、気温も暑いですが・・・・

MQQNEYES BKKはビンテージモール街の一角にありまして、CQQLな店舗と、ものすごい量のMQQN商品がストックされています。

ビンテージモール街はアンティークショップ以外にもOld CarやBikeのコレクションが並びHot Rod Shopもあってとっても楽しいスペースとなっております。もちろんタイ名物の屋台もあります。

お隣のCustom Factoryでは初代ハイエースのProject Rodが着々進行中でして、Toyota V8が乗るようです、かなり強引な作りですが完成が楽しみなのであります。

タイにお越しの際は、ぜひMQQNEYES BKKにお立ち寄り下さいませ。 (行く場合はこのモール街の営業日はしっかりと調べて下さい)

今回の出張は少し時間がありましたので、あちらこちら回ることが出来ました。

食事も「おいしい」というお店で美味しい日本食を頂きました。ハイ、いただきます・・・・・・

[…]

スターナイトで大満足!! 今年はもう十分なのです!?

この前ですね横浜スタジアムにて横浜DeNAベイスターズ、年に一度のお祭りプロ野球興行”YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2016″が開催されまして、MQQNEYESは今年も(プチ)スポンサーとなりましてStaff一同で参戦して参りました。

スポンサースペシャルのMQQNEYES社名ロゴ入りユニフォームを全員身にまとい、ベイスターズ大応援団を結成しMQQNEYESArea-1から10分ほどの距離にある横浜スタジアムに駆けつけました。

スターナイトはいろんな催しがあるのでいつもより試合開始が30分も早く、プレイボール時はまだ強い日差しが残っていました。暑いですね・・・・

昨年のスターナイトもMQQNEYESは参戦し、優勝した苦手ヤクルト相手に見事勝利しましたが、今年は何かと話題の?中日ドラゴンズとの対戦でありました。

小心者は昨年は天敵ヤクルト相手だったので絶対負けると思ってビクビクしてたら奇跡的に勝ってしまいましたが、今年は相性のいいドラゴンズなので「まあ、楽勝でしょう」と余裕ぶっこいておりました。

何て思ってると、初回からポカスカ打たれてあっという間に0対4という危険なスコアになってしまいました。

せっかく楽しみにしていた崎陽軒のシウマイカレーとハマスタ名物のみかん氷の味もスコアのせいで訳が分からなくなってしまい、小心者は鬱病状態に陥りました、いつものことです・・・

試合はリードされたまま淡々と進んで行きますが、ごらんの通りMQQNEYES Staffは試合内容そっちのけで、ただスターナイトを楽しんでいるだけなので「こういう楽しみ方もありなんだな」と思い劣勢の試合を一人寂しく見つめておりました。

すると後半にちょこっと反撃が始まり、昔だったら「ベイスターズ名物、追いつかない程度の反撃」なのでしたが、今年は何かが違います、我慢して見てると何だか流れがこっちに来てしまい、終わってみれば0対4の劣勢から大逆転の6対4でスターナイト大勝利!!となりました。

このイベントはヒーローインタビュー後には花火大会もあるので、絶対に負けるわけには行かず、本当に勝ててよかったのです。負けたあとに花火見てもどう反応してよいのかわからないので・・・あと昨年みたいに電光掲示板にMQQNEYESロゴが映るはずだったのですが、Staff誰一人気づかないまま試合が終わってしまいました・・・・

さて今期の横浜DeNAベイスターズですが、オールスター以降一進一退を繰り返し、3位に孤立する状況が続いておりましたが、ここへ来て選手のみなさん夏の疲れが出て来たのか、昔に戻ってしまったのか少しずつ後退が始まってしまいました。

球団創立以来初の3位に滑り込み、クライマックス・シリーズ初出場を夢見ておりましたが、だいぶ状況は怪しくなってきてしまいました・・・・

まだ何とか3位を確保しておりますが、最近はやることなすこと上手く行かず、気が付けば下にいたチームが迫って来ています。でも今年は8月まで楽しまさせて頂けたので、小心者としてはとても満足しているのです。

昨年は前半戦一位で折り返し、終わってみれば最下位というプロ野球史上初の快挙を成し遂げましたが、今年はお盆が明けてもまだ勝敗が気になっているなんて、とっても素晴らしい事なのです!!

ということですっかり弱気になっている私でありますが、川崎の大洋ホエールズ時代から応援している身にとっては今年はたっぷりと夢を見させて頂きましたので、もう十分なのであります・・・・

と、弱気になっている同志の皆様に朗報であります、2016年度横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボグッズ最後の切り札のメッシュ・キャップがやっと入荷して来ます(たぶん今日のはずです!?)入荷が遅れてしまい、沢山のベイファンの方々にご迷惑をお掛け致しましたが、これを被って応援に行けば奇跡が起こるかもしれません!?(弱気な私ですが今月はあと2回横浜スタジアムに足を運びます。今年はこれまで見に行った試合は2連勝なので変態が奇跡を起こすかもしれません!)

メッシュ・キャップはクライマックス・シリーズを目指す最後の切り札なので、宜しくお願い致します、Win with MQQNEYES!!!

[…]

Win with Mooneyes,今年もDeNAベイスターズとコラボだぜ!

今年も横浜DeNAベイスターズとMQQNEYESのコラボの季節がやって来ました!!

ついに5年目を迎えるコラボですがDeNAベイスターズも今年は5年目に突入し、7月末現在なんとせ・リーグ3位につけておりまして、十分にクライマックス・シリーズを狙える流れとなって来ました!!

3~4月はやることなすこと裏目に出て異常に負けまくり、春の時点で2016年度終戦を迎えそうな感じでしたが、5月になると狂ったように勝ち始めて、気づけば2桁もあった借金がなくなり、交流戦もそつなくこなして、何とか3位に食らい付いております。

ラミレス監督有能説には私も賛同し、勢いだけでなく先々を読んだ采配には、素人はただただ感服するばかりでございます、。ありがとうラミレス!!

絶好調の4番筒香様、ぜひクライマックス・シリーズに連れて行って下さいませ、宜しくお願い致します!!

で、今年も横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボグッズは本日より発売となりまして、画像のように沢山出ておりますが、キャップの入荷が少し遅れておりますので、もう少しお待ちくださいませ!

今年はアイシェイプの中に横浜スタジアムを入れ込みまして、そこから空高く舞い上がる筒香様の場外ホームランをイメージしてデザイン致しました。もちろんPinstripeも忘れずに!!

そして今年の横浜スタジアム、スターナイトは来週末の中日戦となりますが、スターナイトを協賛しておりますMQQNEYESはStaff総出で応援に行きます。

こちらのMQQNEYESロゴがプリントされたユニフォームを全員で身にまとい、空高く舞い上がる筒香様のホームランを皆で堪能して参ります。みかん氷とシウマイ弁当も忘れません!!

それでは今年も横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESコラボグッズを宜しくお願い致します、Win with MQQNEYES!!!

横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボグッズ の詳細はこちら

[…]