Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

派手好きの小心者、ナイトトラック狂想曲

2月のブログにてお話致しましたが、今年はナイキが創立40周年という事でなりふり構わず?懐かしのモデルを復刻しております。 この前はナイキの歴史の中で燦然と輝く欠陥モデル、初のエアソール搭載の「テイルウィンド」が復刻されブログでもご紹介致しましたが、この3月にまさかこれだけは復 刻されまいと勝手に思っていたキラキラとラメが輝く恥ずかしモデル「ナイトトラック」が出てしまいました、ウソみたい・・・ 1978年に発売されたこのモデルは、ついこの前の1980年頃、雑誌ポパイでディスコでのダンス用スニーカー「ナイキ・ディスコ」と紹介されていたのを 見て「これ、欲しい!ああ憧れのMade in USAだし、絶対に欲しい、これ を履いてディスコに行くのだ!!」と夢見た高校生でありましたが、並行輸入品であった 為、高価だし品薄で当時は手に入れる事は出来ませんでした。

当時原付スクーターのスズキ・ラブのCMにまだ元気だったマイケル・ジャクソンがこのナイトトラックを履いて出演していたので、そっちの方の話題で有名になったスニーカーでもあります。マイケルが履いてるとちっとも派手に見えませんでしたね。

その後あっという間に21世紀となり、やっとUSED品が手元にやって来ましたがラメラメ仕様のこの靴はとってもデリケートでして経年変化も激しく、履いたらバラバラになってしまうのではと思い観賞用として楽しんでおりました。

そして今回目出度く奇跡の復刻販売となったのでありますが、海外と比べ日本での正規発売は多少遅れていました。「まあ正規輸入販売される事だし、話題性もあるし、いっぱい輸入されて日本中にマ イケル・ジャクソンが出現するのでしょうな、みんなでいっしょにムーン・ウォークだぜ!!」と勝手に思っていたら、とんでもないくらいの少ない数が、限られた店舗で超限定販売のような形でひっそりと販売されてしまいました。 そしてあっという間の完売・・・青山のお洒落なクラブなんかで売らないで下さいよ、こっちはディスコにしか行った事ないんだからさ・・・

マニアの皆様はひっかきまわされた感のある今回の復刻劇でありましたが、モデル自体はなかなかの出来でして、細かいことは抜きにして意味不明ギンギラシューズのナイトトラックのイメージは上手く再現されています。 形はオリジナルよりちょっとぽってり気味ですが、アウトソールのラメ(フレー ク)の入り方はオリジナル以上にギンギラでカッコいいです。

反対にスウォッシュ・ラインはオリジナルの方がギラギラと光っています。

気にな るのはこのラインの上部がこの様に縫い付けられていて少し隠れてしまってるのが変といえば変ですね。

私のオリジナルはこんな感じなので、復刻生産時に参考とした物がこのようになっていたのでめんどくさいからそのままそれを再現してしまったのでしょう か??

オリジナルは当時とっても高価な、ああ憧れのMade in USAでありましたが、今回のはベトナム生 産になります。なのでアメリカ製だった30年前当時よりずっと安い価格になりましたね。 おかげさまで心おきなくナイトトラックを履いてディスコ繰り出せるぜ!!と変な クツを抱えて部屋で小心者は妄想にふけっております・・・ 変なクツといえば昔のナイキはへんてこりんスニーカーを沢山作っておりました。

こちらは1982年発売の”Sierra”シエラというモデルですが虹色カラー のストライプは受け狙いとしか思えません。その受け狙いに見事にはまってしまい、二足持っている内の一足目は82年に「元町アスリートフット」で購入しましたが、学校に履いて行ったら結構笑われました、やっぱり受けたぜ!! 当時はこれがレディース・モデルだったとは知らず「何でいつもより2インチも大 きいのを買ってしまったのだろう、お店の中で突然足がデカくなったのか??」と小心 者は悩んでい ました。

こちらは1983年発売の廉価版シューズSierra Caribu”シエラ・カリブ”でして、ストライプはホログラム仕様となっていて、見る角度によって色が変わるというオマケのシー ルみたいなのです。エア・ジョーダン以前は冗談みたいなのばっかり作っていたのですね、ああ恥ずかしい・・・

そして最後は全くついこの前のロスアンゼルス・オリンピックの年、1984年か ら作られたどう履きこなしてよいのかさっぱりわからない”Terra Rainbow”テ ラ・レインボーというレインボー マンも真っ青の変態カラーモデルです。

[…]

祝ナイキ40周年、華々しく欠陥品の復刻だぜ!!

今週はですね、富士のTried Customsさんへ出張Paintに行ってきました。

 

いつも沢山のPinstripeのお仕事ありがとうございます。

 

で、その日の昼食はと言うと、かねてからの私の希望により名古屋の味「寿がきや」に行って参りました。そう、あの独特なチープなラーメンを提供してくれる寿がきやであります。元々愛知県が本拠地の会社で東海地方を中心に出店していますがついこの前の1980年代までは横浜にもお店があったのです。高校のテニス部の帰り道、京浜急行金沢文庫駅のテナントに入っていてとっても安い値段でデザートまで食べられましたので重宝しておりました。

 

しかしその後、値段が安すぎた為なのか東京や横浜からは撤退してしまいまして、今回四半世紀振りくらいにあの懐かしい白濁色のチープなラーメンが食べられたのです、大変満足しました。どうやったらここまで薄く切れるのかに挑戦しているようなチャーシューと独特な味の白いスープは素晴らしい組み合わせなのであります。デザートのクリーム白玉あんみつも秀逸でありました。

 

あんまり嬉しかったので、インスタント仕様のラーメンと寿がきやオリジナルの先っちょがフォーク状になった不思議なスプーンを買って帰りました。とっても良い出張Paintとなった訳なのであります!!

で、やっと本題に入ります。今年2012年はナイキが創立40周年とのことで色々とエポックメイキングなシューズが復刻販売されるそうです。それにしても創立たったの40年なんてトミカやHot Wheelsと並んで歴史の浅いブランドなんですね・・・

 

もうマニアの皆様のお手元には行き渡っていると思いますが、1月にナイキの歴史を語る上で欠かせないこちらのモデルが復刻されました。期待していた方も多いと思われます、私もその一人になります。

 

1978年に発売されたこいつはナイキ御自慢のエアソールを初めて搭載した”Tailwind”テイルウィンドです。「追い風」ですね。

 

アメリカでスニーカーが売れ始め、まさに追い風に乗っていたナイキが革新的な物を作ろうと開発したのがテイルウィンドになります。元NASAの技術者のアイデアで、圧縮ガスをエアバッグの中に入れてそれをシューズのクッションとしてつかうという物で、ナイキの前にも他のメーカーに(アディダスなど)売り込みに行ったそうですが、ナイキだけがこのアイデアを本気にして契約を結びました。

こうして革新的なテクノロジーはナイキの物になり、その後エアジョーダンやエアマックスで空前のスニーカーブームが起こり、ナイキといえばエアソールというイメージが定着しました。もしアディダスの物になっていたら世の中はどのような流れになっていたのでしょう・・・・ナイキは倒産してたかも。

初のエアソールを持つテイルウィンドは1978年のホノルルマラソンでの発売を目指して開発され、紆余曲折何とか完成にこぎつけ、初回生産分230足はホノルルの小売店に向けて出荷され、スニーカー史上最高価格の$50というプライスで店頭に並べられましたが24時間後には完売したそうです。空前のジョギング・ブームですから・・・

ハイテクノロジーなイメージを作る為、テイルウィンドはシルバー色のメッシュのアッパーを持ち、いかにも高価な物に見えるように作られました、実際高価だったのですが。ホノルルマラソンでの発売後、メインランドでも本格的に発売開始となり、テイルウィンドは高価にもかかわらず爆発的に売れました。しかし数ヶ月後には爆発的な返品の嵐が待っていました。

「高級そうに見えるし、光って綺麗だね」という理由からメッシュにシルバー塗装をしたという何ともつまらない理由でテイルウィンドは欠陥品となってしまいました。

シルバーの染料の中にはの金属粒子が含まれていて(当たり前です)その粒子が極少の「剃刀」の役割となり、ランナーの足が着地するたびにメッシュの繊維をこすり上げ、しまいにはメッシュアッパーとエアソールが剥離してしまうという信じがたい結果となってしまいました。

鳴り物入りで登場した世界初のエアソール搭載シューズ「テイルウィンド」は予定外の悲しいデビューとなってしまったのです。すぐにマイナーチェンジが施されシルバーのメッシュアッパーは普通の地味なグレーのナイロン地に変更され、剥離のトラブルは解消されました。

 

ついこの前の1980年My First Nikeの頃、テイルウィンドは並行輸入で日本にも輸入されていてショップで現物を手に取りましたが、それはマイナーチェンジ後のグレーのナイロン地のヤツでした。アメリカ製の並行輸入品だけに何よりもその価格が凄まじく\18,800というプライスでは手の出しようが有りませんでした。今で言うと\30,000くらいのクツを買う様な感覚でしょうか・・・その後少し値下げして正規販売もされました。