Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

43周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!

ベイスターズは完全に失速中でありますが、これはゴールデンウィーク前にセ・リーグを混乱させ面白くさせて、皆様をワクワクさせる為ににわざと負けている作戦だと思われます。「ベイ死んだふり作戦」こそ今年のテーマなのであります。

プロ野球ファンのことを考えた、極めて高等で奥深いベイ死んだふり作戦の中、ついに横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESの2018年度版コラボグッズ第一弾が発売となりました!!!

今年のコラボ企画はですね、何と3回に分けての発売予定で、この後は6月、9月とプロ野球シーズンまっただ中に新しいコラボグッズの発売が予定されております。つまりですねクライマックスシリーズと日本シリーズにも合わせて新しいグッズを身に着けて応援に行けるという訳なのであります、素晴らし過ぎです!!

エッ、日本シリーズですって? そうですよ、今年は横浜DeNAベイスターズ20年振りの優勝が待ち受けているのは確定的でありますので、ベイファンの皆様は10月末から11月の予定は空けておくようお願い致します、ああ忙しい。まあ、優勝出来なくても3位に入ればクライマックスシリーズを勝ち上がるなんてちょろいもんなので、日本シリーズには必ず行けるのです!!

今年のデザインは、熱く燃えるFlamesと横浜スタジアム、MQQNEYESロゴを組み合わせたデザインになっておりまして第一弾は刺繍Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、ジャージスタジャン、フラットバイザーキャップ、フェイスタオルが今回、春の発売分となります。

ベイ死んだふり作戦の中、これらを身にまとって横浜スタジアムに応援に行きましょう。Win! with MQQNEYESであります!!!

ということで、ミニカーのお話となります。前回はナゼかプラモデルのお話になってしまいましたが、やっぱりWildmanといえばミニカーなのであります。

今まであまり考えたことが無かったのですが、自分の持っているミニカーの中で一体何がお気に入りなのか? どれが一番好きなのか? そうだコレクションベスト10を決めてみましょう! と犬の散歩をしながら思いついてしまいました。

といっても推定2000台?のコレクションの中ではどれもこれもお気に入りなので、そこでベスト10を決めるのは難しいのですが、そこはコレクション43周年、苦渋の?ランク付けをしたいと思います、ハイ。

思い起こせばついこの前の1975年(昭和50年)少年Wildmanは大好きだったミニカーを買いに横浜は伊勢佐木町、おもちゃのマリヤに出撃しておりました。今では全く興味のカケラも無いトミカなる物体を購入し、お会計を済ませるとレジのお姉さんが一冊の小冊子を手渡してくれました。「なんじゃこりゃ、タダでもらえるの?」と不思議に思う少年Wildman、ときに11歳、小学5年生でありました。

これこそが私の人生を完全に狂わせてしまった本「月刊ミニチュアカー」誌1975年4月号でありました。ミニカーを大人が集めるという事を正当化している変態本は11歳の少年の心をわし掴みにして変態の道へのレールを敷いてくれたのでした。これを読まなかったら全く違う人生を歩んでいたことは間違えありませぬ・・・

月刊ミニチュアカーは可堂玩具(カドー玩具)というミニカーメインの玩具問屋が発行していた物なのですが、ミニカーを売るための啓蒙活動としてNMCC(日本ミニチュアカークラブ)なるものを主宰してそのクラブの会報誌というような位置付けでした。クラブに入っていなくてもミニカーを卸している専門店や玩具店にも配布して、ミニカーお買い上げのお客様に渡していました、そこで私ももらったのです。

こちらはNMCCのWildman最後の会員証と、ピンバッヂになります。

本の内容は当時のトップクラスのコレクター様が執筆したミニカーブランド別の解説やコレクションの仕方、ニューモデル紹介や個人売買欄等、小さな冊子にはとっても濃い内容があふれておりました、まさに昭和の変態の世界でした。インターネットのない時代に、日本でミニカーの情報や知識を提供してくれる唯一無二の存在だったのです。おかげでこんな立派な変態に育ちました・・・

既に存在していたミニカー専門店の広告を見て、横浜元町の千代田ママストア、鶴見のチェッカー、八丁堀のコジマ、浅草のテラオ、自由が丘のえびすや等々、横浜、東京のお店に片っ端から出撃して行きました。当時デパートでも定期的にミニカーフェアが開催されていて、小田急や西武、東武等、都内のデパートにも遠征しておりました。昭和の時代はミニカーは玩具売り場の花形商品でありました。

いきなりミニカーの知識を詰め込まれた少年Wildmanはそれまでただ単に車が好きだから集めていたミニカーを「コレクション」という物に格上げし、ミニカーが好きだからその実車に対して興味を持つという逆転の発想が生まれてしまい「初めにミニカーありき」という理論が目出度く成立となったのです。

なので実車よりミニカーの方が断然カッコいいという感情が強くなってしまいました。何を言っているのかさっぱり分からないという方は大勢いらしゃると思いますが、私には実車の方がカッコいいという理論の方がさっぱり分からないのです・・・・

そしてミニカーというのは実車が製造されていたのと同じ時期に作られていなければならないという絶対に変えることの出来ない感情も生まれてしまったのです。

例えば1964年型クラウンのミニカーは同時期の1964年に実車と同じ空気と技術の元に造られていなければならず、2015年に2015年の技術を使って作られた1964年型クラウンのミニカーはもう存在自体がどうでもいいのです。逆に2015年に造られた2015年型クラウンのミニカーは全く問題ありません。

なので「当時物ミニカー」という事に拘って集め続けておりますので、コレクションは必然的にビンテージが中心となってしまいました。

又、ミニカーを先に見て興味を持ち、その実車が好きになってミニカーとセットでウンチクを学びコレクションして行くので、ト〇カコレクターさんのように実車の事やディティールがどうこうではなく、やれこの色やホイールがレアだとか単なる二次加工品の特注品とやらを勝手に価値を付けて間抜けな法外価格で取引している現在隆盛を極めているト〇カコレクションとは考え方が全く違いますので、私にはミニカー友達があまりいません・・・・なので43年間も勝手な理論でミニカーコレクションを展開している訳であります!!

という事でやっと話が元に戻りコレクションベスト10(お気に入りベスト10)を発表させて頂きます。

今回はWildmanお気に入りランキング第10位で1960年代イタリアはPolitoys(ポリトーイ)製のBRE サムライ(日野サムライ)を紹介致します。

Politoysというイタリアのブランドは1960年代に1/43スケールでMシリーズというとても精巧に造られたミニカーを販売し、日本にも当時多数輸入されて高級ミニカーとして扱われていました。ドアーやボンネット開閉のアクションを持ち、マフラーやドライブシャフトもプラスチックの別パーツで表現する等、凝りに凝ったミニカーとして有名でした。

ポリトーイはMシリーズとは別にSERIE EXPORT(エクスポートシリーズ)といった別ラインで同じ1/43スケールの廉価版ミニカーも作っていました。開閉アクションも減らし、別パーツの構成も少なくし販売価格を下げた物でした。日本でもブリスターパックに入れられて駅の売店なんかにもぶる下がってました。

このエクスポートシリーズでなぜかBREサムライが造られていたのです、全く持って不思議な事でした。当時の日本車が外国製のミニカーになるなんてことはまずなく(トヨタ2000GT除く)よりによってまともに走ることが無かった世界的にはほぼ無名のレーシングカーである日野サムライをイタリアのミニカー会社が突然モデル化したのは理解に苦しみます。サムライの情報なんて当時Road & Track誌や日本のカーグラフィック誌が大きく取り上げたくらいで、日本グランプリを最低地上高の低さで車検を通れず失格となった車をわざわざモデル化するとは酔狂な担当者もいたものだと思います、ウケ狙い??

Wildman的には史上最も美しいレーシングカーと認定しているクルマなので、当時モデル化されたのは嬉しい事でした、ああ美しい!!名前もかっこいいSamurai(サムライ)だって! […]

オバフェン、羽付き、魅惑のポルシェは930ターボだぜ!!

皆様おはようございます。桜は満開となり、プロ野球は開幕し、ポカポカ陽気の素晴らしい季節になって来ました。

そんな中、ムーンアイズ エリア-1では「R381 あれから45年 パネル展」を開催致しております。

ついこの前である1968年の日本グランプリを制した伝説のレーシングカー「ニッサンR381」の活躍を貴重な写真で振り返ります。

このブログを読んで頂いているマニヤの皆様ならご存知でしょうが、R381のエンジンは当時Moon EquippedでチューニングされたシボレーV8を搭載しておりました。

当然R381設計者の桜井真一郎氏もDean Moonと関わっておりますので、当時の事を調べて行くとワクワクしてしまうのです。

Dean Moonが撮影した当時の貴重な写真も展示されておりますので、皆様ぜひエリア-1に足をお運びくださいませ!

そして私にとって貴重なのはこちら「ニッサングラフ」誌になります。

日本グランプリの翌年1969年3月号ですが、表紙はR381となっております。

この表紙写真を見ると助手席には、名レーサー高橋国光氏が座っておりますが、運転席で緊張な面持ちでハンドルを握っているのは何と石原裕次郎さんであります。

当時映画「栄光への5000キロ」撮影で日産と縁の深かった裕次郎がR381を試乗していたのです。

「こんなにすごいのは初めて!」とコメントされていますが、そりゃ凄いでしょう・・・村山工場のテストコースを5周されました、羨ましいな。

R381と言えば可変ウィングですよね。しかも2分割でサスペンションと連動し、コーナーで角度を変えダウンフォースを調整するという凝ったメカニズムに感動しました。

残念ながら当時R381はミニカーにはならず、プラモデルでしかモデル化されませんでした。

しかしこのようなプラスチック製のオモチャが出ておりました。

意味不明の青いボディーカラーを持っておりまして、ゼッケンも5番と無茶苦茶な設定でありますが、形は意外と良くて特徴的な可変ウィングのおかげで誰がどう見てもR381に見えてしまうのですな、これが。

ナゼかロールバーのみダイキャストになっていて安全性をアピールしています。

電池式のモーターライズで走行しますが、もちろん一度も走らせたことはございません・・・・

で、ウィングと言えば昔の暴走族、じゃなくってオバフェン、羽付きの「ポルシェ930ターボ」なのであります。

私ね、930ターボが出た時はビックリ致しましたよ、本当に・・・・

 

だってあのように出っ張ったオーバーフェンダーと、空高く飛んで行きそうな羽を最初から持っていては、ZEROやPIEROのサバンナRX-3でも対抗出来ないと思いました。

エレガントで清楚なポルシェ911がある日突然不良になったかと感じました。

大体小学生の身分では「ターボチャージャーって何なの?」という感じでして、カタツムリのようなタービンなる物を付けると何で速くなるのか全く意味不明でありました。

そんな難題を解き明かしてくれるのはやはり漫画でありました。

 

池沢さとし先生の「サーキットの狼」の中で主人公、風吹裕矢のライバル、早瀬左近がナナサン・カレラRSから930ターボに乗り換えたのでした。

「俺は根っからのポルシェファン・・・そしてまた、それは最高のモノでなければならない。それでこのポルシェの究極的モデルともいえる3リッターのターボをしとめたのさ」と漫画の中で早瀬左近がつぶやいておりました。すみません何言ってるか分からなくて・・・

当時出たばかりの3リッターの930ターボは激烈な加速力を示し、スーパーカー戦線に割って入って来たのです。

池沢先生は漫画の中でターボチャージャーについてやさしく解説してくれてアホな小学生にも多少なりとも理解することが出来ました、有難うございます。

「有り余る加速力に、メーカーは5速は不要で4速で十分」と漫画の中で説明されており、少年Wildmanはスゲ~と感動していましたが、実は当時のポルシェシンクロのミッションがターボの強烈パワーに耐えられなかっただけのようです・・・(のちに目出度く5速になりました)

池沢先生はご自分で実際にクルマを所有されて漫画に登場させていましたから、新車で当時1300万円!!もした930ターボをゲットされました、羨ましい印税生活でございます・・・(借金もされたようですが)

 

そしたら先生がミツワ自動車で購入された白の930ターボ「練馬33す49-31」号はやたらフケの良いシロモノだったそうで(当たり車両)ナラシも終わらないうちにゼロヨンのテストを敢行したところ、何と12秒台のタイムを叩きだしてしまいノーマル車輛では当時日本では最速だったのではないかと思われます。

「スゲエぞ、ポルシェ930ターボ!! カウンタックより速いじゃん」と単純な少年Wildmanは感動してしまい、「やっぱりポルシェだったら930ターボか4気筒の912だな」と意味不明な事を口走っておりました・・・・

そうこうしているうちに、当時私のバイブルだった「カドー玩具」というミニカー問屋が発行していた「月刊ミニチュアカー」誌の1976年3月号に意味深な広告が掲載されてました。

当時蔵前にあったカドー玩具はミニカー専門の玩具問屋で60年代後半から70年代に隆盛を極め、日本ミニカークラブを主宰してミニチュアカー誌を発行しコレクターの啓蒙活動を行っておりました。もちろん私も会員でありました。

エスカレートしたカドー玩具は自社でオリジナルのミニカーも製作し、ホンダF-1やポルシェ356Aスピードスターなどのマニヤ向けの高価なモデルを製作販売してました。

そして問題のミニチュアカー誌1976年3月号にはこのような予告が出てました。

[…]

300万円が5億円に!!デイトナ・コブラの数奇な運命

先週のブログでお話しましたが、お正月はミニカーのワックス掛けと蔵書の整理をするという大変有意義で健康的な生活を送っておりました。(実家で数の子を7本食べて気持ちが悪くなってましたが・・・)

本の整理中(といっても並び替えているだけのような気も致しますが)又もや怪しげな一冊が出てきました。 ついこの前といえる昭和49年9月に発行された八重洲出版の「ドライバー」誌であります。

巻頭特集は何とゼロヨングランプリとなっていて、当時日本の立川基地のドラッグレースで走ってたVWエンジンのドラッグスターに70年代隆盛を誇っていた富士GCマシンのローラや日産A型エンジン搭載のマーチフォーミュラカー、ツーリングカーレースで無茶苦茶速かったサバンナRX3らが挑戦するという素敵な企画です。

もちろんドラッグスターが一番速いに決まってますが(11秒台)他の車も12〜3秒台で走っててとっても速いのです。 よくよく見るとローラ、マーチ、RX3のドライバーは津々見友彦、星野一義、寺田陽二郎といった当時の一流レーサー達なのでした、ビックリです。(このような仕事もされていたのですね)

次のページをめくると「異色ドキュメント あのデイトナコブラが生きていた」というワクワクするようなタイトルになってました。 こいつはいけるぞ!!いつの日か「異色ドキュメント あのワイルドマンが生きていた」に使わさせて頂こうと思います・・・

正式名称”Cobra Daytona Coupe”は日本ではデイトナ・コブラとして60年代の日本グランプリを中心としたレース・シーンでは親しまれた存在でした。

こちらの画像でGo! With MOONであります。

ヨーロッパ製ACのシャシーにフォードV8エンジンを載せて作られたコブラをベースに、たった6台(+プロトタイプ1台)が製造された純レーシングカーのデイトナ・コブラのボディ・デザインはあの日野サムライをデザインしたピート・ブロックの手になる物で、さすが天才(変態)であります。 60年代、打倒フェラーリに燃えていた時代のフォード&シェルビー・アメリカンが残した宝石の一つですね。 高度にチューニングされたスモールブロック・フォード289は390hpを絞り出し、クォーターマイルを12秒台で走り切り、198マイルのトップスピードを誇りました。 ルマンやデイトナ、セブリング等、長距離レース用としてデザインされたそのボディはフロントエンジンでロングノーズ・ショートデッキ、コーダトロンカといった60年代テイスト満載の素敵なデザインでしたが、時代はミッドシップに流れつつあり、第一線での現役時代は意外と短く、あまりにも速くあまりにも有名だったあの名車「フォードGT40」にバトンタッチされてしまいました。

さんざん走って中古レーシングカーとなった旧式のデイトナ・コブラたちは売りに出されそのうちの1台(シャシーナンバー:CSX2300)が日本にやって来ました。

日本レース界の黒幕とも言われ、後にCAN AMやF-1でShadow Teamを率いるドン・ニコルズの手により日本人レーサー故酒井正の元にデイトナ・コブラは売られました。ついこの前の1966年4月26日に上陸したそうです。

酒井氏は23歳の時にこの車を入手しましたがパーツ代、輸送費含め60年代当時のお金で一千万程かかったそうです・・・・当時では天文学的な数字です。

日本グランプリ等を走り、パワーに物を言わせ直線番長的な活躍をしましたが、酒井氏はデイトナ・コブラを力でねじ伏せる豪快なドライビングでファンの目を楽しませました。 その後、酒井氏によると知人の鉄砲商にこのクルマを「パーツごとたしか¥300万くらい」で譲り、明珍和夫さんというドライバーでレースを走りましたが、68年の日本グランプリFISCOのS字切り返しでひっくり返ってしまい、これを機にこのデイトナ・コブラはレースを引退したそうです。

さらに二人のオーナーの元を経てストリート・バージョンに改造されたこのクルマは302エンジンにオートマチック・トランスミッションという組み合わせで京都のスーパーカーディーラー「トミタオート」さんへ売られて行きました。 当時の雑誌広告を見て小学5年生のWildmanは「デイトナ・コブラがたったの¥780万円だって、や、安い、安すぎるぞ!!」と興奮致しましたがどうにもなりませんでした・・・あの時、自宅を売って親に買わせておけば今頃億万長者になってました、残念。(だってその後アメリカのオークションで450万ドルとかいう値が付いてるんだもん、私の目に狂いはなかった!?)

結局このCSX2300は日本を離れて御大キャロル・シェルビーの元へ引き取られ、ビカビカにレストアされ、ラスべガスのミュージアムで余生を送っております。

でもね、そんなビカビカな姿よりも「品3」のシングルナンバー(テンプラかな?)を付けたよれよれボディーで調子悪そうに日本の道路を走ってるデイトナ・コブラの方がWildmanにとっては魅力的な存在なのであります。 やっぱ買っておけば(買わせておけば)よかった!!!

[…]