Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Go! 横浜DeNA Baystars,今年もコラボでクライマックスだ!!

皆様、お暑い日々が続いておりますが、やっとこ気温が30度を下回る日々も出て来まして、私の大好きな秋はもうそこまで来ております。

下回ると言えば我が横浜DeNA Baystarsもグングン下回っております。

撃沈した交流戦以降、一瞬持ち直したと思ったら9連敗をやらかしたりして、クライマックスシリーズ出場権を獲れる3位は遥かかなたに行ってしまい、下回り過ぎて定位置の最下位まで射程に入ってしまいました(それ以上にヤクルトがおかしいので何とかなってますが)

が、巨人と並んでセ・リーグトップの得点を誇る打線の破壊力は凄まじく、たまに大勝ちや大逆転勝利なんかあったりして、わずかな期待を持たせてくれるのは昨年までと違うところです。

が、セ・リーグ最下位の防御率を誇る絶望的な投手陣は、なす術なくてここへ来てケガ人も出て来てしまい、ローテーションの組みようがありませぬ・・・この先どうやって行けばいいのでしょうか・・・・

リーグトップの得点とリーグ最多失点の投手陣の組み合わせは、もはや伝説の域に達し、10対9で勝つか16対2で負けるかといった野球のスコアとは思えないような試合が続き、横浜DeNA Baystarsのだいご味となっております、ああ楽しいな・・・

そんな野球シーズンも最後の盛り上がりを見せる頃、今年もやって来ました、昨年に続いて横浜DeNA Baystars x MQQNEYESのコラボレーション企画、”Yokohama Connection 2013”であります!!

奇跡のクライマックスシリーズ出場を果たす為の最終兵器となるであろう? 応援グッズの数々です。

こちらがその新デザインです!! じゃなくって、こちらは横浜大洋ホエールズ時代の物でした、すみません・・

ホントはこっちでした!! 大洋ホエールズ、横浜大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと4球団を38年に渡り応援し続けて来たWildman石井デザインのグッズたちです。

リリーフカーに乗ったDB. STARMANイラストやHot RodなFlamesのデザインでそれぞれTシャツ、キャップ、トートバッグ等を揃えております。

真のベイファンであるWildmanがデザインしたものなので、気合の入り方が違います。

これらを見にまとい横浜スタジアムへ最後の応援をしに行き、奇跡のクライマックスシリーズ出場を夢見ようじゃありませんか!!

*これらの横浜DeNAベイスターズ商品は本牧のMQQNEYES Area-1店舗のみの販売となりますので予めご了承下さいませ。

Go!横浜DeNA Baystars, Go! with MQQN

[…]

カッコよかった小林繁、ベイとタイガース仲良くやろうぜ!!

 

おとといですね、またもや横浜スタジアムに出撃し、横浜DeNAベイスターズ x 阪神タイガース戦を観戦して参りました。今年はプロ野球づいているWildmanなのです。今回もこの141番(イシイ番)のWildman指定シートであります。

 

一勝一敗で迎えた3連戦の最終日でしたが、仕事を終えてダッシュでスタジアムに駆けつけるとすでに ベイスターズが2点のリードとなっていました、珍しいですね。

 

一割バッターの梶谷が今季第一号の先制ツーランホームランを放ったとのことで、まぐれあたりの奇跡の一発でありました。

    

その後も追加点があり3対0となって「今日は楽勝ムードだぜ!!」と上機嫌でお弁当を食べていたら、一発を放った梶谷がホームランを帳消しにするエラーをし、その後も代わったピッチャーがあっさりホームランを打たれたり、気がつけば3対3の同点になってしまい「さすがベイスターズ、お客様を楽しませるコツを知っとるぜ!!」といつもの流れにファンタグレープで酔いしれておりました。

と思いきや、さすがベイと共に最下位争いをしている阪神、8回裏に代わったピッチャー福原が乱調で、ポンポンとヒットを打たれたと思ったら、打率2割5分の代打下園に決勝タイムリーを打たれてしまいました。4回に1回しかヒットを打てないバッターにこんな大事な場面で打たれてしまうとは阪神のチーム状態の悪さが出まくってますね…

抑えの山口は今日は落ち着いていて、前回のように救急車を出動させることもなかったのであります。

 

そしてですね、試合の合間に突然アナウンスとともに電光掲示板にMooneyesアイボールマークのタオルを持ったお姉さんが写し出され「横浜と言えばムーンアイズ、黄色のロゴマークでおなじみのムーンアイズとのコラボレーショングッズで~す」とMooneyes x 横浜DeNAベイスターズコラボグッズの宣伝をして頂きました。突然の事でビックリしてファンタを吹き出してしまいましたが、大変嬉しゅうございました・・・

さらに地元ローカル局のTVKテレビには観戦するWildmanの姿も映し出されておりました。 一体今日はどうなっているのでしょう???

 

そんなこんなで今回の観戦も勝利し、今年は3回行って2勝1敗と大変高い確率で勝利しているのです。80年代、横浜大洋ホエールズ時代にせっせと横浜スタジアムに通っていた頃は3勝8敗とか2勝7敗なんて事はザラでして、それに比べれば精神的にも安定しております・・・

そして阪神タイガースであります。今年はベイと仲良く最下位争いを演じている西の横綱人気球団でありますが、その昔は我が大洋ホエールズと共に長い暗黒時代がありまして、子供の頃は大洋の次に好きなチームでありました。お互い強烈に弱かったものでして・・・

田淵や掛布、カークランドにラインバック、若菜に竹之内と沢山の個性的な選手がいて、人気の割にとても弱いという不思議なチーム状態が続いておりました。 バースが一人で優勝したり、野村、星野両監督の元で短い栄光の時代があったりとここ数年は人気と実力が兼ね備わっておりましたが、今年はバタバタしてますね。

そんなタイガースで一番好きだったのは何と言っても「故小林繁投手」であります。 巨人に入団した頃の選手名鑑の写真を見たときはカマキリにしか見えず「こんな細い体のプロ野球選手なんて信じられん」とほざく小学生のWildmanでしたが、その後サイドスローを駆使し、あっという間に大巨人軍のエースになってしまいました。

私ね、阪急の山田投手とかアンダースローやサイドスローのピッチャーが好きなのであります。

「巨人は嫌いだけど、小林だけは好き」とほざく中学生のWildmanでしたが、ついこの前の1978年に例の「江川事件」が起こり、大巨人軍が紳士の振舞いを見せ空白の一日を利用して力づくで江川を入団させてしまいました。いつの時代も巨人軍は紳士であります・・・

結局それは認められず、江川はドラフトでクジを引いた阪神タイガースに一度入団し、阪神から巨人にトレードで入団するという詐欺まがいの行為で目出度く大巨人入りとなりました、良かったね。

そしてその犠牲となり大巨人軍のエースだった小林は阪神にトレードされてしまいました、なんてかわいそうなのでしょう・・・

世間は大騒ぎし、Wildmanも大騒ぎし「江川はぶっ殺す、小林頑張れ」とほざいておりましたが、本当に小林投手は頑張ってしまい移籍一年目のタイガースで22勝をあげ最多勝となり、巨人戦では8連勝!!という漫画のような活躍を見せました。

 

世間一般の人々はみな小林投手の事を応援していたような時代の流れでした。氏の気持は複雑だったようですが・・・

「なんて小林はカッコいいんだ、来年はぜひ大洋ホエールズに移籍してほしい!!」と勝手にほざくWildmanがそこにおりました、IQが低いもので・・・・

その後も小林投手はタイガースのエースとして大活躍されましたが、ついこの前の1982年の横浜スタジアムでの開幕戦で(Wildman現場観戦)大洋相手に「サヨナラ敬遠暴投」というレアな技を見せてくれ、ますます小林投手の事が好きになってしまいました。

そしてまだ余力があったにも関わらず、あっさりと引退してしまい伝説の大投手となってしまいましたが、TVキャスターを務めたり、コーチとなったりして各分野で活躍されておりましたが2010年に心筋梗塞で亡くなられてしまいました、合掌・・・・

小林投手が活躍されていたあの頃の弱いタイガースが好きでしたが、最近はあの頃並みに弱くなってきたので、ベイスターズと共に仲良くやって行きたいものですね。

ベイ、タイガース共に小林投手のような個性的な選手が出てきて欲しいですな。

あ、それと明日の日曜日は本牧Mooneyes Area-1店頭開催のサイドウォークセールにてピンストライプのデモを行いますので、皆様ぜひ遊びに来て下さいませ!!

[…]

インフルエンザで快進撃!?DeNAベイスターズ発進だぜ

プロ野球のキャンプも始まり、我が新生「横浜DeNAベイスターズ」も中畑新監督のインフルエンザ感染という形で最高のスタートを切りましたね、さすがです・・・・

親会社はWildmanには縁もゆかりもないゲーム会社のDeNAに決まり、巨人時代には罵声を浴びせ続けた中畑さんが監督になってしまうなど、思いもよらぬ展開のオフシーズンでしたが、何とか本拠地横浜残留となり今後もプロ野球を楽しむ事が出来そうです。

さすがに新潟に行ってしまったらとてもじゃないけど応援する気にもなれませんので40数年にわたるプロ野球趣味生活にピリオドが打たれるところでしたね・・・ 漫画家のやくみつる先生はDeNAが嫌いで横浜ファンをやめてしまいましたが・・・

「男・村田」さんとかいう12球団で一番チャンスに弱い4番バッターが目出度く巨人にFAしてくれて、代わりに統一球にいまいち対応出来ず、落ち目とはいえ2000本安打目前のラミレスが巨人からやって来るという不思議な現象が起こりましたが、横浜にとってはこっちの方が良かったと思います。村田なんかよりも怖いですぜ・・・

横浜スタジアムにて目の前で中日の優勝&胴上げを見せつけられ「あの優勝の輪に入りたいから、ぼくちゃんは強くてお金持ちのチームに移るのさ、そうすれば簡単に優勝出来て楽しいじゃん」という前代未聞の迷言を残し横浜を去った「男・村田」さんでしたが、まあその気持ちも分からなくは無いですね。 横浜は本拠地で他チームの優勝をこれまでに6回も見せつけられているという奇跡的なお人好しなチームなのですから・・・・21回の最下位というのも12球団最多ですが・・・

それにしても横浜ファンに向かって言うような言葉じゃないですよね・・・・まあ、どうせ彼は巨人じゃ夏までに代打専門になりますからどうでもいい事なのですが。各チームが良いピッチャーを当ててくる巨人戦じゃ、とても打てないと思いますよ、横浜だからこそ何とか取れたホームラン王なのですから・・・

ラミちゃんは来日時、大韓航空でやってく来るなど親しみを感じさせ?「やっぱ期待大だぜ」と思ってたらあっさりインフル感染と早くも横浜らしさを体で表してくれました。

素行に問題のある?かつての最多勝左ピッチャーの藤井が「男・村田」の人的保障で巨人からやって来ましたが、最後にもう一花咲かせて欲しいですね。 地元横浜高校出身の筒香、石川、荒波の3人が一皮むけそうで、中日の小池や巨人の鶴岡など、元横浜選手がFAで出戻りしたり、若い国吉というイキのいいピッチャーに期待が持てたりと、ここ数年の間では中畑監督のリップサービス中心にですが、何かとマスコミにも取り上げられるようになり、多少なりとも期待が持てるシーズンです。と言っても期待というのは5位になれるかどうかというレベルなのですが・・・

で、そんな中、この様な本がベースボールマガジン社より出版されました。 「夢をありがとう!横浜ベイスターズ 1993-2011」という一瞬球団消滅を匂わせるようなタイトルで小心者をビビらせましたが、何の事はない今シーズンより親会社が変わり、 横浜ベイスターズから横浜DeNAベイスターズになったので、横浜ベイスターズお疲れ様、それではサヨウナラという感じの物でした。ややこしいなもう・・・

「横浜大洋ホエールズ」から1993年に「横浜ベイスターズ」に変わり、2012年シーズンより「横浜DeNAベイスターズ」となったので、93年から11年までの横浜ベイスターズ時代を振りかえりましょうという、熱心な横浜ファン以外には何とも寂しい内容の本なのです。

親会社がホエールズ時代の大洋漁業からTBSに変わったり、38年振りの奇跡の優勝を果たしたりと激動の横浜ベイスターズ時代でしたが、この本ではやはり優勝したついこの前の98年にスポットを当てて「栄光の1998年V」をいまさら完全再現レポートしています、なんて寂しいのでしょう・・・・

  

大魔神佐々木、マシンガン打線、西武を破って日本一、優勝パレード・・・横浜ファンにとっては数少ない良い思い出の時が刻まれています、ああ胸が熱くなりますねえ。

 

ベイスターズ初年度の93年には横浜移転前年の77年から抑えのエースとして活躍して来たヒゲの「斉藤明夫」が引退されていましたね。 新人王、セーブ王と弱小大洋時代を支えてくれた偉大な選手でありました。 こちらの色紙は横浜大洋時代に頂いたサインになります、ああ有り難や・・・・

 

こちらのサインは現在はファームの打撃コーチである高木由一さんの選手時代の物です。 ついこの前の1980年9月23日対阪神タイガース22回戦の時に頂きました。この日は横浜スタジアムでハマケイの鶏のから揚げセットを食べた記憶が残っております。 まったく先週の出来ごとのように感じますね・・・

 

元祖裏切り者?として横浜ファンの思い出に残る82年の首位打者、長崎慶一さんから頂いたサイン色紙には「孝洋君へ」と私宛ての物になってます。

この人、阪神に移籍してから自分の歴史の中で大洋時代を抹殺しているようでして 12年在籍の大洋時代、3年在籍の阪神時代では阪神の方に重みを置いておられます。経営する焼肉店看板や荒川区議選出馬時のポスター等、全て「元阪神」で押し通しております・・・・まあ85年の阪神優勝時にはそれなりに貢献してるので御本人の勝手ですから。もっとも商売上は「元阪神」の方が聞こえが良いですからね、気持ちもわかります。

そんなこんなで横浜大洋&ベイスターズ時代の選手サインは他にも色々と手元にありますが、あと30年以内の優勝を夢見て今後も大切に保管しておきます。

2012年は「横浜DeNAベイスターズ」元年となりましたが、報道陣を集める事と元気の良さが取り柄の中畑新監督の元、多少変わったメンバーでとりあえず5位を目指しますので横浜ファンの皆様は期待して応援致しましょう、失うものは何も有りませんから・・・

[…]

ああ我がベイスターズよ、迷走の果ては天国か地獄か!?

先週末の第22回クラウンピクニックには多数のマニア(変態)の方々がお集まりになられ大変盛り上がりました、本当に有難うございます!!

  

このように金メッキされた車両のエントリーも多くなり、最近の金市場の高騰とシンクロしているようで、マニアの集まりでも世の流れが感じられますね・・・

こちらの「自家用」マークは80代の超ベテラン看板職人様が描いた物だそうです。 まるで文字が生きているような躍動感があり、文字を囲む直線のラインもマスキング無しのフリーハンドで仕上げるという豪快さであります。

言葉も出ない凄い作品に最敬礼のWildmanでありました。40年後に私もこういった文字を描けるように精進致します・・・・

さて、昨日モバゲーのDeNAがいよいよTBSからの球団譲渡を申請し、いよいよ「横浜DeNAベイスターズ」の誕生となりますね。楽天がいくら参入に反対しても無理な状況になりました。「モバゲー」も球団名はNGになったようだし。

ゲームの会社がプロ野球球団持つなんてを考えてもみませんでしたが、これで迷走する我がベイスターズは何とか来年以降もプロ野球球団として存続されるので私的には良かったとするしかありません・・・・

カリスマ成田店長がブログで叫んでいたように、京浜急行、ミツウロコ、シウマイの崎陽軒らが組んだ「横浜連合」でベイスターズを買い取れれば横浜市民としては一番良かったのですが、いかんせん参戦が遅過ぎました、財力でも絶好調のDeNAと比べると厳しい感じです。

マルハの「大洋ホエールズ」時代からのファンと致しましては、ゲームの会社がオーナーになるなんて信じがたき事実なのですが、とりあえず横浜に本拠地を残してくれる方向なのでもう受け入れるしかありません。だって横浜から出てったらさすがの私も興味なくなりますから。

でも私はゲームに関しては全く興味もないし、今後も絶対にやらないので残念ながらDeNAの本業に協力する事は出来ません。

ついこの前の昭和53年に「スペースインベーダー」が登場し日本中でブームになった時もついぞ一度もやることは無く、家庭用ゲーム機器が流通するようになり、実際自宅にも弟が買った物が沢山あっても、触ることすらありませんでした。

70年代、スペースインベーダーは当時一回¥100だったので、友人たちは必死にそのお金を調達していましたが、あんなゲームを3回やれば¥300も消えてしまうのです。

  

そのお金があればマッチボックスが1台買えたし、カービートやホリデーオートも1冊買えたので私はそちらを選びました。

友人たちは「おまえはバカだ」といっていましたが「おまえこそ底なしのバカだ」と言い返していた私の勝利はゆるぎない物があります。

だって33年後、インベーダーに何万円も費やした友人たちの手元には何も残っていませんが、私の手元にはちゃんとマッチボックスもホリデーオートも残っているのですから・・・・俺の勝ち!!

とにかくゲーム嫌いの私にはモバゲーなんかやってる無駄な時間は無く、ミニカーの手入れと読書に勤しまなければ人生を全う出来ないのであります。

話がそれましたが、今回の買収劇によりとりあえずTBS以上の資金を得たベイスターズは一からチームを作り直さなければなりません。

監督も何もかも総入れ替えとなるでしょうが、そのくらいしないとどうにもならない状況にまで落ち込んだチームなのでチームカラー一新と行きましょうね。

確かに猛烈に弱いのですが、今年の戦いぶりなんか見てると、常にボロ負けばかりしている訳ではなく、一歩間違えれば本当は勝っていたと思われる試合が多々ありました、負け惜しみではなくて。そういうあと一歩を上手にセコく勝つのが優勝したセコい中日ドラゴンズでありましてああいうのが本当にセコくて上手い野球なのでしょうな、つまらんけど・・・・

何たって今年は一時的に失点も得点もセ・リーグNo.1という奇妙な戦い方をしていたので、問題の意味の無い失点さえ防げれば、このチームは化ける可能性があるのです。10点取っても15点取られるというギャグのような戦い方をとりあえず止めましょう・・・

この10年でチームの主力はFAでことごとく引き抜かれ、それら出て行った選手は皆活躍しているという状況もひどいです・・・今年のホークスの内川素晴らしいですね。

チームの要であるキャッチャーが同一リーグへ移籍するという信じがたいパターンの移籍は98年優勝時のキャッチャー谷繁の中日移籍から始まり、ヤクルトに移籍した相川も大活躍だし、何だかアホらしいですね。

谷繁なんて真面目な森監督のイジメに耐え切れず出て行ったような物なのですから、もうああいう旧時代の大物監督はヤメにしてチャラく行った方が良いと思います。

新庄監督でもクロマティ監督でも佐々木監督でもいいし、とりあえず話題性を作ってチャラいチームを作り38年後の優勝を目指しましょう、行くぞ大洋!!

あ、来年も間違えなく最下位ですので他の5球団のファンの方、ご心配なく・・・・・

つまらないセ・リーグの立役者、横浜DeNAベイスターズを宜しくお願いします。

[…]