Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

天才は一瞬の輝き、強烈だった「マカロニほうれん荘」

ヨーロッパ出張より戻ってからですね、メールマガジンMMM記事の執筆活動が忙しく、画像を見ながら懸命に作家としてのWildmanを表現しております。だからちゃんと今週もMMMのレポートを読んで下さいませ。

それにしても締め切りのある執筆活動って大変ですね。よかった、雑誌の編集者にならなくて。私には無理そうです・・・・

でも、もっとつらそうなのは漫画家の先生方ですよね、あれは世界一過酷なお仕事かもしれません。小学校高学年までは本気で漫画家になってみたいと思っていた時期もありましたので危なかったです。4コマ漫画と、強い大洋ホエールズの漫画をよく描いておりました・・・・よかった、漫画家にならなくて。私には無理そうです。

漫画はですね、ついこの前の1973年ころから「少年ジャンプ」にはまってしまいまして、その後70年代の後半までお世話になりました。「ど根性ガエル」、「トイレット博士」、「侍ジャイアンツ」、「アストロ球団」、「ドーベルマン刑事」、「リングにかけろ」等々、名作が目白押しだった70年代中期のジャンプでしたが、「サーキットの狼」でとどめを刺し、社会現象となった「スーパーカーブーム」が漫画雑誌から生まれてしまいました。ライバル誌の「少年チャンピオン」も手塚治虫大先生の「ブラックジャック」や「ドカベン」、「750ライダー」、「エコエコアザラク」そしてムーンアイズヘルパーの中にそっくりさんのいる伝説のギャグ漫画「がきデカ」があり、こちらも黄金時代を迎えておりました。この頃は毎週ジャンプとチャンピオン両方読むのが大変でした。

そんな頃、少年ジャンプの新人賞を獲った「鴨川つばめ」という漫画家がおりました。変わった名前だったので作品よりも名前の方が印象的でした。

福岡県大牟田市出身の鴨川先生はバロン吉元先生のアシスタントを務めた後独立しました。アシスタント時代から技術にすぐれ、その時点ですでに漫画家として完成されていた存在だったようです。その後、読み切りをジャンプで数作書いたあと、なぜか突然少年チャンピオンに移って新連載漫画を描き始めました。名前ですぐわかりました。

これが1977年にスタートした衝撃のギャグ漫画「マカロニほうれん荘」で、当時中学一年生の私は「こんな漫画見たことない!!凄い、凄過ぎる」と感動し、大爆笑しておりました。今も変態Wildmanが認める唯一の天才漫画家であります。分からない人には何を言ってるのかさっぱり分からないと思われますが、勝手に言わせてもらいます・・・

落第高校生の「膝方歳三 ひざかたとしぞう 25歳 通称トシちゃん」、「金藤日陽 きんどうにちよう 40歳 通称きんどーちゃん」の二人と新入生の「沖田総司 おきたそうじ 16歳 通称そうじ」という新撰組のパロディの名を持つ三人のキャラクターが、下宿先のマカロニほうれん荘というアパートで無茶苦茶なストーリーを繰り広げる物語なのですが、あまりにも無茶苦茶過ぎてストーリーはとてもじゃないけど説明出来ません・・・・・

それまでのギャグ漫画の手法になかったスピード感やリアルな描写、唐突に場面が変わって理解不能な世界に突入する作風は、全く新しいスタイルの作品で、当時のおじさまたちは「この漫画は何が面白いのかさっぱりわからない」と評しておりましたが、それほど全てがぶっ飛んでいた作品なのです。絵のセンスも素晴らしく、時代背景の表現も見事で、私はアートとしてこの漫画をとらえておりました。

突然第二次世界大戦のお話になったかと思えばKISSやレッド・ツェッペリン、エアロスミス、矢沢の永ちゃんまでが登場し、鴨川先生はロックに深い造詣があった事も伺えます。車のイラストも車種選択が秀逸でした。

若干二十歳の鴨川先生が描きあげたマカロニほうれん荘は、爆発的な大ヒット作となり、少年チャンピオンの発行部数を伸ばす原動力となって単行本も売れまくりました。

天才漫画家として認められた鴨川つばめ先生は、週刊誌で5本!!!という人間離れした仕事を抱え込む大人気漫画家となって70年代を駆け抜け、一時はギャグ漫画家の頂点に立っておりました。

が、天才ゆえに光っていた部分とは裏腹に、影の部分も多く出始めました。アシスタントも使わず、週刊連載漫画を黙々と描き続け、一切の妥協を許さないで仕上げるスタイルは長く保てるわけがありません・・・・理想を追い求め過ぎて徹夜作業も当たり前となり、食事もまともにとらず描きまくった先生は心身共に疲れ果て、頼んでも連載をやめさせてくれない編集に抗議する形で、最後はマジックインキで適当に描きなぐって、無理やり連載終了という形になり、1979年にマカロニの幕は降りてしまいました。

単行本にして全9巻分です。

唐突な幕切れとなった漫画と共に鴨川つばめ先生は70年代漫画界の伝説となってしまいました。

何度かの小さなカムバックもありましたが、結局最後は消息不明となって全ての接触を断ってしまいました。

その後、先生は皿洗いやソー○ランドの従業員までこなしたそうですが、90年代に消息が分かっても漫画に対する一切のインタビューや接触を断っているそうです。アニメ化や単行本未掲載作品の出版の話があってもすべてNGだということです・・・・天才は徹底しております、変態とはわけが違います。

現在、仙人のような風貌で仙人のような生活を送っている先生は、マカロニ連載最後期の筆を折ってマジックで描きなぐった手抜きの時期の事を今でも後悔し、ずっと罪の意識を持っているようです。

そんなことは気にせずにぜひとももう一度ペンを握って、切れ味鋭い閃光のようなあのギャグ漫画を描いて欲しい物です。

鴨川つばめ先生のファンは沢山います、ぜひとも天才の大復活を変態は望んでおります!!! 最高だぜ、マカロニほうれん荘!!

[…]

我、ドイツにて遭遇せり、世界の名車ここにあり!!

皆様お元気でしょうか? 私はとっても眠いですけど元気です!!

6月8日の緊急ブログ以降、行方不明だった、不肖Wildman今週やっと無事日本に帰還致しました。

青い飛行機に乗ってたどり着いた大草原はかつての同盟国ドイツ共和国連邦でありました。でね、何でドイツに行ったのかというとですね、今回ヨーロッパ各国でKustom Kulture関連のイベントが3週連続で開催されまして、それに日本から5名参加したのですよ。

Nash君、M&KのMakoto君、Mr,G君、Ghost君、それに私といったメンバーでドイツ、スイス、イタリアの三都物語を3週間に渡って繰り広げたのです。色々なストーリーが生まれた旅でしたが、ちっともつらくはありませんでした。しいて言えば3週間もミニカーを磨けなかったのが一番つらかったですかね・・・・

で、その三都物語は次回のムーンアイズ・メールマガジンMMMにて大発表致しますので、まだ登録してない方はお急ぎくださいませ。

でもせっかくだから少しだけ今回の旅のお話を当ブログにて発表致します。だって話したいんだもん・・・

ドイツのイベントが終わった後にですね、現地在住の日本人リアルバイカーであるMinako-sanの案内で博物館に行ったのですよ。”Museum Sinsheim”という所でしたが、飛行機、自動車、バイク、軍用車、汽車ポッポといろんな乗り物が展示されていて、とっても楽しい所でした。コンコルドもあったゼイ!!

グルグルと館内を回っているとWildmanのお眼鏡にかなうクルマが何台かあったので御紹介致します。

まずはゲテモノ・マイクロカーで「ツンダップ・ヤヌス250」であります。見たかったんだ、コレ!!! ひどいでしょ!!初めて見れました!!

イセッタやメッサーシュミットは日本でもなじみがありますが、これは冗談にも程があると言ったデザインなのです。ドイツのバイクメーカーのツンダップが1950年代にちょろっと作った自動車なのですが2ストローク250ccエンジンをミッドに積み、それを挟む形で前後背中合わせで人が座るという狂気のレイアウトなのです。つまり後ろに座った人は後ろ向きに座るので気持ちが悪くなるはず

です・・・ドアも冷蔵庫タイプが前後についています。ちなみにハンドルは前にしか付いておりません。後ろから前から@畑中葉子であります!!

で、当時物ミニカーはブリキ・モデル以外ではこのちっこい西ドイツ製プラスチック・ミニカーしかモデル化されておりません。みんな敬遠したのかな・・・・sikuというブランドの製品で50年前のオモチャなのですが、全長3cmくらいしかありません。でも、とっても良く出来ていてシンメトリーなヤヌスを十分に表現しております。本当に前後同じデザインなのです。左の1色のやつが前向きで右のツートーンのが後ろ向きです、変なの。

で、お次は又もマイクロカーの「ハインケル」であります。典型的なバブルカーでイセッタの親戚みたいなデザインですが、メッサー同様、ドイツの航空機メーカーが製造していた3輪車です。イセッタよりも丸みがキュートでこっちの方がグッド・デザイン賞かもしれません。

これの当時物ミニカーに関しては壮絶なストーリーがあるのです。ついこの前の1979年、ホームグランドである横浜元町サンセットで、見たこともない真紅のおにぎりを発見しました。レジの奥にあった棚にポツンと置かれていたそいつは、当時持っていたどの資料にも載っていなく、少年Wildmanは頭を悩ませておりました。インターネットもないので調べようがありません。「こ、こ、こんなミニカー見たことない、一体何なんだ!!」と小さな頭脳を悩ませておりましたが、店主の宇野さんが「これはね、イギリスのゼブラというメーカーのハインケルなんだよ、とっても珍しいんだ」と教えてくれました。

「ゼ、ゼブラ、なんという社名なんだ、ボールペンとは違うのか」と余計悩みましたが、そのミニカーには”Not For Sale”と紙が貼ってあるのです・・・・何とこいつは非売品ということで宇野さんのコレクションなのでした。「そうか、非売品なのか、猛烈に欲しいけど猛烈に珍しいから猛烈に高いんだろうな、変態中学生に買えるわけないな・・・」とトホホな気分になっておりました。「でも非売品なんだから、ずっと非売品のままのはずだから、いつか大人になったら交渉して売ってもらおう」と意気込み、お店を訪れる

たびにウットリとハインケルを眺めておりました、ウットリ・・・・

が、ある時お店に行くと、あの真紅のおにぎりは無くなっていたのです!!もしや宇野さんが食べてしまったのではと心配しましたが、実は少年の知らないところで大人の交渉が行われ、ゼブラのハインケルはどちら様かがお持ち帰りになっておいたのです。哀れ少年Wildmanでありました。

それ以来、幻のミニカー「ゼブラのハインケル」は私の目の前には一向に現れず四方八方手を尽くしても見つかりませんでした。元々生産台数が少なく、日本未輸入では昭和の日本で見つかる訳がありませんね。そのまま20年以上が経過し21世紀になってTV「なんでも鑑定団」に不肖Wildmanが出演し「頼むからこれ売ってくれ~!!」と叫んでもハインケルは現れませんでした。

「もういい加減にしないと一生手に入らんな、もしハインケルが入手出来たら、ミニカーコレクションなんかやめちまうぜ!!」と豪語していた3年程前のある日、インターネット上にてゼブラを発見!!力ずくにて英国より日本に持ち込むことが出来たのです。約28年ぶりに見る真紅のおにぎりは、白黒のゼブラ模様のパッケージに入って来て、見た瞬間「もう死んでもいい」と思いました、結局死にませんでしたけど・・・・・

世紀を挟んでやって来たゼブラのハインケルは死ぬまで私の手元にあると思います、まだ死にませんけど・・・ちなみにあの豪語はどこへやら、私はミニカーコレクションを未だやめていない軟弱物になり下がっております、いいんです軟弱物で。

で、話がハインケルで勝手に盛り上がり過ぎましたが、ドイツの博物館にはもう一台、変態を絶句させるクルマが展示されておりました。

ああ、力道山先生・・・そのお話は次回ということで。

[…]