Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Wildman石井の長話しが始まります

2007年2月より皆さん待ちかねのムーンアイズのピンストライパー、ワイルドマン石井のブログがスタートしました。これまでムーンアイズではシゲ菅沼のブログ、ムーンアイズ エクスプレスでCOOLなクルマやモーターサイクル、カリフォルニア&ヨコハマの話題を提供していて、ムーンアイズ メール マガジンのエディター TANKがお送りするTANK’S BLOGでは、出来もしないダイエットという叶わぬ夢物語を中心にお届けしております。 そして今回よりワイルドマンの執筆活動が始まる訳ですが、はっきり申し上げまして回数を重ねるごとに訳の分からない話になって行くと思いますので、まともなブログを期待されている方は御注意下さい。 と言いますのは、もうカミングアウトしてしまったのでご存知の方も多いと思いますが、ワイルドマンは幼少の頃より収集癖が激しく、コレクターと言われて30年以上が経過しておりまして、ビンテージミニカー、KISS、ビンテージスニーカーを3本柱としてエンドレスのコレクションが続いています。 (TV番組 開運!なんでも鑑定団を見て頂いた皆様、その節は有難う御座いました) と言う事で、ブログの話題がこの3本柱中心となりそうで、良識人には理解不能となり読者は変態さん限定になる可能性大です。 最初はまじめにクルマ(実車)やピンストライプ等の話題で我慢?しますが、暴走が始まりますと、BOSSにも止められないと思いますので、冷静に続けられるよう頑張ります。 第一回目の話題は得意の昔話である、ムーンアイズがオープンした頃と当時愛車となった’68 Shelby Cobra GT350の事についてお話しますが、短い文章が苦手なので2回に分けて書きます(3回になってしまいましたらすみません)。 1986年(昭和61年)の4月末に、創刊号よりずっと愛読している企画室ネコ発行の”Scramble Car Magazine”(現ネコ・パブリッシング:Car Magazine)78号をペラペラとめくっていると、新製品案内のモノクロページの片隅にショップ紹介の小さな記事が出ておりました。 横浜・元町に”MOONE YES”オープンとなっています。ムーネ イエスって何??(もちろん誤植でした)何の店かと読んでみると’60、’70年代を感じさせるグッズやカーアクセサリー取り扱いと書いてあり、何とコブラグッズも取り扱いとなっているではありませんか!!当時の日本ではShelby Cobraに関する物はたとえステッカーやパッチでも入手するのが難しく、Cobra自体がマニア以外には忘れられたような存在のクルマでした。そんな物を扱うのか、変わった店が出来るなと思いさらにショップ紹介文を読んでみると、オープン日の5月17日にScramble Car Magazine持参で来店した人には粗品のプレゼントと書いてありました。これは行くっきゃないなと思い、仕事帰りに店に寄る事にしました。 当時ワイルドマンは本牧に作業場がある看板屋で働いておりまして、元町まではクルマやバイクならすぐの距離にありました。 オープン当日に元町プラザ2階という、クルマ屋としては考えられない場所のショップに粗品目当てで行ってみると、そこには何とまあ懐かしい目玉のマークがこちらを向いているではありませんか。 本の紹介文の所にはコブラグッズの写真しか出ていなく、ムーンの目玉マークには一切触れていませんでした。 Moonってあのムーンか!と思い、一瞬10年以上前の子供時代にタイムスリップしました(86年4月当時ワイルドマンは21歳) “MOONE YES”ではなく”MOONEYES”だったのねと納得しましたが、目玉マークは子供の頃、買ってもらったミニカーやプラモデルに付属されていたステッカーで、ブランドの存在は知っていましたが、それはもう昔の話でブランド自体がまだ存在していた事に驚きました。閑散としている店の中に入ってみると目玉マークのステッカーやTシャツ、初めて実物を見るムーンディスク(この日にムーンディスクはホイールに直接穴を開けて取り付ける物だと知りました)が並び、お目当てのコブラグッズも多数揃っていて(今思えばステッカーやパッチ程度でしたが)ちょっと興奮状態になりました。欲しい物はいっぱいあるけど、バイクで来てしまいあまり大きな物は持って帰れないので、とりあえずコブラのパッチだけレジに持って行き、そこで本を持参したので粗品を下さいと言って、数百円の買い物だけでUSA Madeの”California Performance”というポスターを頂いてしまいました(このポスターは20年以上経った今でもワイルドマンの実家に貼ってあります)。 又、ヨロシクね!と当時まだ名前も知らないBOSSのシゲ菅沼に声を掛けられ、その日は店を後にしましたが、この日以降、怒涛のムーンアイズ通いが始まります。 コブラのパッチどころか人生をを変えてしまう実車の’68 Shelby Cobra GT350をこの店に注文するとはワイルドマン自身もこの時は思ってもみませんでした。 次回に続く…。 Wildman Ishii’s Long Story begins. From February 2007, the long waited Wildman Ishii’s Blog will […]