Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

3年ぶりの台湾、プリンが美味しゅうございました!?

さて、横浜DeNAベイスターズの主砲、筒香嘉智選手がついにポスティング・システムを使ってメジャーリーグに挑戦する事となってしまいました。 横浜高校から2009年ドラフト1位で入団しはや10年、ホームラン王や打点王を獲得し、サムライジャパン日本代表にも選出、チームのキャプテンも務め、最下位ばかりだったベイスターズをここ数年はクライマックスシリーズに出場させる原動力となり、2010年代は横浜の顔として活躍して来ました、年俸も4億円over・・・・・

今年のベイスターズは2位となりましたが「筒香のいるうちに優勝」という夢はかなわず、ついに主砲が抜ける状況となってしまいました。 もう一年ベイスターズでやって欲しかったのですが、メジャーリーグ市場では結構年齢も契約の際に響いて来ますので、やっぱり20代のうちに挑戦した方が宜しいのでしょうね。年俸も日本でやるより確実に下がってしまいますが、もはやお金じゃ無いのでしょう・・・

もしメジャー契約が出来たならもちろん応援は致しますが、そんなことより心配なのは「筒香の抜けた」ベイスターズであります。戦力ダウンは必至なのですが、ラミレス監督最終年になるかもしれない2020年はこれまでの筒香を中心とした戦い方からシフトしなければ大変なことになるかもしれません・・・

ホームラン頼みの一発野球から脱却し、ヒット1本でも点が取れるような繊細な野球をしないと、とてもじゃないけど筒香の穴は埋まらないでしょう。もっと盗塁や送りバントが出来ないとどうにもなりません。リーグ2位の翌年は本当に怖くって、ここ数年はヤクルトや阪神が2位の翌年に優勝どころか最下位となっております、マジ怖いです・・・・・

という事で筒香抜きのベイスターズをどうコントロールするのかはラミレス監督の手腕に掛かっておりますので「ホームラン一発頼みの野球」から脱却して走力を意識した細かな野球を目指して欲しいのです。なんなら私が監督を引き受けても良いのですが、優勝しちゃうな、これ・・・・・

という事で唐突に台湾に行って来ました! もちろんプレミア12 サムライジャパンを見に!! じゃなくってプレミアが始まる前日に日本に帰って来ました・・・

はい、本当はお仕事で行って参りました。今回は台北で行われたバイクのイベント”Ride Free 10”に参加させて頂いたのです。 以前にも一度お邪魔しましたが、今回は3年振りの出撃で2泊3日の スケジュールは一瞬の出来事でありました。

インドアのイベントなので雨の心配もなく、台湾各地よりバイクが集まりまして、沢山のお客様が来られていました。

こちらはMQQNEYESブースでここでPinstripeのお仕事を行いました。

日本からOrion Aceさんも出店されClay Smith商品の展示販売を行っていました。

MQQNEYESブースの前ではナゼかおでんのお店が・・・・・その名

も「男子漢」男の中の男という意味でしょうか???売っていたのは女性でしたが。ちくわは有りましたが大好きなちくわぶは有りませんでした、おでんなんて「ちくわぶと玉子」だけで良いのですな!

バイクはですね、この世に比較的新しい年式の物が多くて、極端なカスタムよりもそのまま街乗りが出来るようなスタイルの物が多かったです。

ビンテージな日本車も何台かありまして、量産車としては世界初のDOHCヘッドを持ったホンダCB450が素敵でした。 ヤマハのTXやスズキGTのラムエアーシステムがそそります。

中学生の頃はおっさんのバイクにしか見えず、興味の無かったホンダのWING(CX500)も今見ると素敵に見えて来ますね。

又、東南アジア同様、小排気量車のカスタムも盛んなようでカブ系が沢山並んでいました。

バイクのイベントなので車は殆ど無いのですが、このように素敵な日産キャラバンや過激なサニーバンがありました。こちらの日本の仮ナンバーは勝手に作ったと思われます・・・・

ナゼかピカピカのハネベン230Sや使い込まれた風情が素晴らしいナローポルシェが並んでおりました。ポルシェのライセンスプレートの意味が知りたかったです。

Pinstripeのお仕事も沢山頂きまして、イベント当日は忙し過ぎて本当に終わるのかどうかという状況になってしまい、結局出来なかった分は日本に持ち帰りました・・・・

[…]