Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ホンダスピリッツをミニカーに求めて

明日26日はですね、お台場にて13th Annual All Odds Nationalsが 開催となります。

もう13回目を迎えるイベントになりましたが、毎年Feature Carを 決めていて、今年は”HONDA Day”ということでホンダ車を募りました。 元々バイクメーカーとしてスタートしたホンダでしたが、T360トラックや S500等のスポーツカーで4輪に進出し、乗用車シビックで成功を収め F-1レースでの活動も含め「ホンダ・スピリッツ」は独自の路線を 持っていて楽しいメーカーでした。「乗れるもんなら乗ってみろと」いう 感じのガチガチ足回りを持つインテグラやシビックのType Rシリーズ なんかよく作りましたよね・・・ その後ミニバンブームに乗って、いつの間にかそちらが本業?になって しまい、何だかんだ言われておりましたが最近はハイブリッド・スポーツ カーのCRZを作るようになり、少しずつ元気が出てきましたね。

ちなみにこちらのパンフレットはついこの前の昭和37年のモーター ショーで配布されたもので、幻のホンダスポーツ360が掲載されて おります。リアオーバーハングが異様に短い軽企画の寸法のS360 は4気筒4連キャブでツインカムヘッドを持ち356ccの排気量から 33ps以上を絞り出しMax Speedは120km/h以上という当時としては 驚異的な性能を持つ持つ宝石のようなクルマでしたね。 残念ながら市販されずに終わってしまいましたが・・・

さて私のミニカーケースの中にはどんなホンダ車があったっけ?と 思って見てみると、これが意外と少なくてちょっとびっくりでした。 でも今回のAll Odds Nationalsを記念して?その中から懐かしいホンダ 車をピックアップしてみました。もちろん実車が製造されていた時代に 作られていた当時物ミニカーですので、同じ空気の中で存在していた のです。じゃなければ全く意味ありませんから・・・  60年代当時最初に出たホンダ車のミニカーはこちらの大盛屋ミクロペット チェリカフェニックスシリーズのS600です。

アンチモニー独特の柔らかみのある作風でグリルの感じなど良く再現されています。このミニカーは昭和39年の7月発売とのことなので 同年同月26日生まれの不肖Wildmanと同じ空気を吸ってまいりました。 良かったお互い当時物で・・・

お次はアサヒ玩具はモデルペット製のS800オープンとクーペです。 プロポーションはいまいちですが、よくも2種類のバリエーションを作って くれました。ボンネットの中にはそれらしい彫りのツインカム・エンジンが 搭載されていていい感じです。

この頃はヨーロッパ製ミニカーの全盛期だったので、日本製は格下にみられておりました。このDinky ToysのS800クーペはフランス製で、プロポーションは 抜群に良く、腰高なSシリーズクーペの感じを見事にとらえています。

モデルペットのクーペと比較すると技術の差が歴然ですが、ひとつ 大きな間違いがこのミニカーにはありまして、フロントグリル内の […]

40年の付き合い、俺のバイブルは「交通の図鑑だ」!!

この前ですね、こういったデザインのポスターが一点完成致しました。9月26日(日)東京はお台場にて開催される恒例のイベント、”13th Annual All Odds Nationals”の物なのですが、今年のFeature Carは1985年までに製造されたホンダ車(85年以降でも同型生産車はOK)という事で”HONDA Day”になっております。

クーペ9でも初代プレリュードでもS800でもインテグラでもT360でもシビック・シャトルでも何でもOKですので、ホンダ車にお乗りの皆様ぜひお集まりくださいませ!!もちろん他のヘンな国産車も大歓迎ですので、絶対に快晴となる(はずの)お台場に9月はGo!です。

そういえば昨年はトヨタ2000GTもいらっしゃっておりましたが、ムーン イラストレイテッドvol.5のWildmanページに掲載したのも2000GTでしたよね。何、まだ見てない!!それじゃ話が通じませんから早いとこ本屋さんに行って下さい!!

その記事の中でホンコンの4流ミニカー・ブランド”TIN TOYS”製の2000GTを紹介致しました。とってもチープなミニカーなのです。当時物2000GTのミニカーの中で最高傑作の誉高きイタリアは ”Mebetoys”のコピー商品なのですが、実は本家よりも探すのが困難な迷品?となっております。 そんな事よりも大事なのはそのパッケージ裏に描かれたイラストでして、2000GTの横にはなんとまあ「オペル1900GT」が描かれていたのです!! TIN TOYSは本物とニセモノ?を同時に作った確信犯だったのです。

あのスーパーカー・ブーム時にはニセモノ2000GTのレッテルを貼られていて「昨日2000GTを見たよ!」と自慢する小学生が必ず言い返されたのが「「それはウソだね、きっとオペル1900GTの間違いだよ」という会話が日本中で起こっていたのです(ホントか??)そんな扱いのオペルがミニカーのパッケージで2000GTと並べて描かれてしまったとは、2000GTにとっては屈辱以外の何物でもありませんな。

そしてその屈辱のミニカーがやっと手元にやって来ました。どうしてもパッケージのイラストのように2000GTとオペルを並べたくて早数年、夢が叶い屈辱のツーショットが完成し、変態的にはもう満足であります!!このトヨタとオペルのコラボをぜひ実車でやってみたいですね、2000GTオーナーの皆様は、早いとこオペル1900GTもお買い上げになり、このように2台をガレージに並べて下さい、絶対満足すると思います。

で、やっと本題に入ります。我が家の「2000冊の本の森」の中で最も古い本が一冊あります。発行された年代が古いんじゃなくって、私が最も昔から持っている本がこちらになります。小学館の学習図鑑シリーズ9巻「交通の図鑑」なのです。

この本の初版は昭和31年11月となっておりますが、私の手元にやって来たのはついこの前の昭和43年、幼稚園の時でありまして、改定16版になります。

以来40年間、私の人生のバイブルとしてずっと手元にあったのです。同時期のこのシリーズで植物とか動物とか地理とか人体とかいろんな図鑑があって「末は博士か大臣か」と親が順番に一冊ずつ買い与えてくれたようなのですが、この交通の図鑑以外全く興味を示さず、他のはみ〜んなどっかにいってしまいました。

当時で1冊¥350もしたのに・・・スミマセンです・・・結局どうやっても博士か大臣にはなれず、立派な変態にはなれました・・・

内容が素晴らしすぎて、どう紹介してよいのか分かりませんが、平安時代貴族の旅から未来の交通まで、それはもう支離滅裂、何でもコイや!!という感じなのです。4名の著者の先生方は皆様明治生まれで、時代を感じさせてくれます。船、飛行機、自動車、機関車&電車等々、当時考えられた交通に関する物全てが、素敵なイラストと写真で綴られております。特に8名の先生によるイラストが素晴らしい芸術作品となっているのです。表紙は最近何かと話題のJALのダグラス機が描かれ、裏表紙は今あったら一財産のブリキのオモチャで構成されています。この意味不明さが良いのですな。

大好きなクルマがたくさん出てたのでそれだけでも満足でしたが、特に幼年Wildmanをひきつけたのが電車の紹介ページでした(でも、鉄ちゃんじゃないよ!!)

まだNSE3100系ロマンスカーになる前のシンプル&ビューティーなSE3000系「あしのこ号」や未来から来たと思った近鉄ビスタカーに感動し、二俣川に住んでた、いとこのさとし君家に遊びに行くときいつも乗ってた相模鉄道には愛着があり、お絵かきの時ブルーグリーンというかなんともいえない色がクレヨンで中々出せなかった思い出が残っております(でも、鉄ちゃんじゃないよ)

中でも強烈だったのが世界一美しい電車とWildmanが認める小田急ロマンスカーNSE3100の対極にあると思われるイタリアの「セッテベロ号」のイラストと写真でした。「な、な、な、なんだコレは!これって電車なの??」と強烈な印象を残したそいつは美しさと醜悪さが入り乱れる造形でした・・・デザインの国イタリアならではの電車ですが、やっぱり今見ても十分にヘンです・・・ミラノ〜ローマ間632キロを5時間55分で結んでいた昔の特急ですが、残念ながら昨年のイタリア出張の際、見ることは出来ませんでした。NSE3100共々セッテベロは実はとっくに現役引退しておりました・・・・・ああ、悲しい・・・・

でもよく見るとヤツは小田急NSE3100にソックリさんなのです!!流線型の展望席ガラス形状や2階の運転席等セッテベロとロマンスカーは瓜二つでまるでトヨタ2000GTとオペル1900GTの関係みたいです、本当に!

セッテベロの方が設計が旧いので、当然パクリはロマンスカーですが、あとから出た物のほうが断然美しくなっておりますな・・・でも美と醜悪の紙一重の所にいるセッテベロも捨てがたい魅力があるのです。さすがイタリアはデザインが分かってるぜ!!

という事で40年間バイブルとしてきた「交通の図鑑」ですがいつも新しい発見があるのです。2030年頃もきっと新たな感動を生んでいるはずです。

[…]