Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ダーリンとは何ぞや?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

皆様おはようございます。

先週の土曜日、日テレの「ぶらり途中下車の旅」ご覧になって頂けたでしょうか?

というか、あのような朝の時間帯の放送にも関わらず、多数の方々より「テレビ見たよ」と言われこちらが驚いてしまいました、本当に有難うございます。

TVスターとなったWildmanはこのままジャニーズに入り同い年のマッチと共演しデビュー曲は「ビンテージスニーカーぶる~す」で決まりなのです!!

そんなことはどうでもいいとして、やっぱりクルマはプラスチックなのであります。

また頭がおかしくなったとお思いでしょうが、先週富士のTried Customsさんに出張Paintでお伺いしたときに、このように素敵なC2のコルベット・スティングレイが鎮座されておりました。ワゴンRスティングレーじゃありませぬ・・・

プラスチックなFRP製のブラックボディが何とも艶めかしく、やっぱりクルマはプラスチックだぜ!!と一人つぶやいておりました。

このC2は何とオリジナルの427ビッグブロックエンジン搭載車でありまして425hpを誇る凶暴な個体の生き残りでありました、凄いですね・・・

プラスチックのクルマって走ってるだけでバラバラになってしまいそうです。

ということでFRPボディを持つクルマたちをいつものようにミニカーで勝手に語らさせて頂きます。

 

初代のC1コルベットは1953年にFRPボディを身にまといエレガントな2シーターのアメリカ製スポーツカーとしてデビューしました。

といってもエンジンは直6で、ミッションは2速ATと雰囲気重視のカッコだけスポーツカーといった感じでした。その後度重なるドーピングにより強力なスポーツカーに変貌を遂げて行きますが、初代C1の女々しさが何とも素敵なのであります。

 

こちらはC1コルベットが製造されていた頃、販促品とされていたプラスチック製プロモーショナルモデルで実車同様60年前に作られております。

 

プロポーションは正確でして、何といってもプラ製なので実車同様の質感が楽しめるのです、ああ楽しい。

そしてC1コルベットと同時期にアメリカではへんてこスポーツカーがFRPで作られていました。

 

以前ブログでご紹介したこちらのへんてこ乗用車「カイザー・ヘンリーJ」のカイザー社がヘンリーJのコンポーネンツを使用してFRPボディを着せて突発的に2シータースポーツカーを作っちゃいました。

C1コルベットよりちょっとだけ遅れてデビューしたこちらのへんてこは「カイザー・ダーリンDKF161」と命名されたアメリカ流スポーツカーでした。

エンジンは直6で161cu.inの90hpという可愛らしい物が載せられておりましたが、コルベット同様ドーピングが施され、数百台しか作られなかった短い生涯の間に最終的にはキャデラック用のV8 365cu.inで335hpというエンジンが無理やり載せられておりました、かわいそうなダーリン・・・

このクルマはドアーがスライド式で、後ろから前へズルッと開く変態振りなのです。

当時遥かかなた東洋の島国でどうやってこのクルマの資料を手に入れたのか分かりませんが日本製のティンプレート(ブリキ)製モデルが存在してました。

  

殆ど輸出用だったと思われますがコスゲ(製造)とアサヒトーイ(販売)のダブルネームでこちらのモデルがあったのです。

郷愁漂うイラストの箱は秀逸ですが、ボディは寸詰まりとなっていてダーリンだか何だか良く分からないのですな。きっと職人さんは1~2枚の写真をたよりに想像しながら(適当に)作ったのでしょう。

 

でも60年前の実車と同時期に造られた当時物ということに意義があるのであります。室内のプリントなんか芸術以外何物でもないのです!!

そしてお次は又コルベットに戻りまして、MAKO SHARK(メイコシャーク)であります。

GMのコンセプトカーでありまして、そのデザインは次期コルベットに受け継がれて行くクルマたちでありました。

1962年の初代マコシャークはGMスタイリングのボス「ビル・ミッチェル」がフロリダ沖でメイコシャーク(アオザメ)を釣り上げた事に由来しているそうです。

サメっぽいデザインですし、クリアーのバブルルーフは潜水艦として本当に海の中に潜って行けそうなのです。

メイコシャークは次期コルベット1963年のC2にそのデザインコンセプトが生かされましたね、カッコいいなあ・・・

香港の雄、プレイアートがコルベットじゃなくナゼかこのメイコシャークをモデル化してくれていて大変感謝したのでありました。

小スケールながら非常に出来が良く、バブルルーフも見事に再現されています。

しかし70年代の時点で流通していたのはこちら後期モデルの不細工なレモンの輪切りみたいなホイールを履いていた物ばかりでした。

この初期の2ピースホイール仕様はなかなか見つかりませんでした。しかも初期型はボンネット開閉アクションもありちゃんとV8エンジンがモールドされていたのです。

後期型はホイールも不細工でボンネットも開かず、とても同じミニカーには見えなかったのでした、実車もミニカーもキモはやっぱりホイールなのであります。

[…]

イタリアンなアメリカンはツバメ返しのコルベットだぜ!!

皆様、ゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしょうか?今年は10連休の方も多数おられるようで、そんなに時間があったらさぞや沢山ミニカーが磨ける事でしょう・・・

私は連休の過ごし方の一環ではなく、通常業務としてミニカーをせっせと磨いておりました。やる時やらないと全く追いつかない物でして・・・一回にせいぜい10台くらいしかやる気力も体力も無い物で、永遠のヘビーローテーションとなっておる次第であります。今回も色々とミニカーを引っ張り出し、順次ワックス掛けを行いましたが、次にこのモデル達を磨くのはきっと数年先になると思われます。ケースの中に入っておりますので、実車と違いなかなか油分は飛ばないのですな。右四列下段2段目(勝手に決めてるミニカー展示ケースの番号)は60年代のスポーツカーが入っている棚なのですが、ここの住人達は久々のワックス掛けローテーションとなり「おお、こんなのもあったな」とか「久々に触ると興奮してくるぜ」とか「おまえはついこの前の1976年の秋に鶴見のチェッカーで買ったな」とかひとりブツブツ喋ってると、6匹の猫+1匹の犬たちは誰も寄って来ません。至福の時間はこうやって流れて行くのです・・・・みんなも健康の為にやった方がいいってば!!

そうこうしてると「あ、そういえばこんなのもあったな!」とグリーンのミニカーを手に取る私でした。「そうそう、これは5年くらい前としか思えない、1979年にヤマハ・モトバイクで乗り込んだ伊勢佐木町のビッグ・ボーイの2階で買ったミニカーだぜ」とまたブツブツ喋り出しましたが、このミニカー画像を見て車種が分かったアナタはきっと生粋の変態です・・・・

このクルマなんだか分かりますか?私は実車よりも先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのです、そんなのばっかですけど・・・一見出来損ないのスーパーカーのようなこいつは、実はアメリカ車なのであります。そう、こいつの名は”Corvette Rondine”(ロンディーヌ)といいまして、あのシボレーコルベットのコンセプトモデルの内の一台なのでした。

このミニカーは1960年代後半にイタリアのMebetoysというブランドが製作した素晴らしいモデルで、ドアを開閉すると同時に勝手にボンネットが開くという何とも有難迷惑な驚異のアクションを備えているのでした。もちろんボンネットの中には赤いプラグコードが張り巡らされたシボレー327 V8が鎮座されております。

ベースは60年代のC2コルベットでして、こちらのミニカーでおなじみの皆様ご存じ2代目コルベットなのです。イタリアのピニンファリーナに在籍していた当時のトム・チャーダ(後にギアに移ってデ・トマソ・パンテーラをデザインした人)によるデザインで、結構エグいデザインだったC2コルベットにこういったイタリアンなテイストの優雅なボディを被せたのでした。

1979年にミニカーを手に取った時、私にはさっぱり正体のわからないクルマで、高校の受験勉強そっちのけで、カーグラ等のバックナンバーを探しまくり、必死に正体をつかんで一安心したのでした、ああ良かった・・・車名の「ロンディーヌ」というのはツバメという意味で、これは当時ピニンファリーナのライバル関係にあったカロッツェリア・ベルトーネがイソ・グリフォ(Wildman’s Blog 2010年3月20日参照)というアメリカンV8搭載のクルマをデザインした事によるライバル意識を表したネーミングだそうです。グリフォというのは架空の怪物のことで、それの攻撃をツバメのごとくさらっと避けてやっつけてしまうというような意味でロンディーヌとネーミングしたそうです。

何はともあれついこの前の1979年の時点でコルベット・ロンディーヌの正体がわかったのですが、それから28年後、まさかロンディーヌの実車に遭遇するとはさすがの変態も思っておりませんでした。 先週としか思えないような2007年の秋、私はラスベガスのSEMA SHOWにPinstripeのデモを行う為に出張しておりました。そうあのレジー・ジャクソンに遭遇した日のことであります(Wildman’s Blog 2008年3月14日参照)会場内をブラブラしていたら、突然とんでもない物体が視界に入り卒倒しそうになった のです。

「こ、こ、こ、これはロンディーヌではないか!! ミニカーの実物大じゃなくって、これが実車というものなのか!?」と訳の分からない事を口走り、微妙なブルーメタリックに光り輝くロンディーヌの前で震えていた変態がそこにいたのでした。まさか28年前に勉強したロンディーヌの本物に巡り会えるとは夢にも思ってなかったので、レジー・ジャクソンとの出会いと共に感動しまくりのラスベガスなのでありました。

エッジのきいたデザインにウットリし、特徴的なリアスタイルはまさにツバメが飛び立つ姿をデザインしたようにしか思えず、クルマのまわりで自分で自分にブツブツ説明をしておりました。そういえばダッシュ周りのインテリアはまんまC2コルベットのままでしたね。ヤッパリ実車を知るより、先にミニカーで勉強していた方が強いと思った次第であります。このクルマは「バレット・ジャクソン・オークション」の出展車両とのことで、ロンディーヌはこの後どこかのお金持ちの手の元に羽ばたいていったのでしょう・・・ミニカーの方がカッコいいって!!

何はともあれ28年前の勉強の成果がやっと表れ、とっても幸せな気分になった秋のラスベガスなのでした・・・・

[…]