Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

スターナイトは最高だぜ、真夏の夜空へGo! with MQQN

プロ野球ペナントレースも佳境に入り、我がDeNAベイスターズは順調に4~5位を迷走しております・・・

大丈夫です、全然平気なのであります。今後爆発的な連勝が続き最後には滑り込みセーフでクライマックスシリーズ出場という素敵なシナリオが用意されているのです。だって今年はどのチームもちっとも強く無いのですから・・・・

ということで、迷走中のDeNAベイスターズは今週、地元横浜スタジアムにて対ヤクルト3連戦"Yokohama Star☆Night 2015"を開催致しました。今年で4回目となる恒例のスターナイトは単なる公式戦というよりもイベント形式のプロ野球観戦と言う感じでムービーが流れたり、試合後のStar☆Night Celebrationではムービングライトと特殊効果花火による大掛かりな演出がされるのです。

そして観客にとって一番の楽しみは、選手と同じスターナイト専用デザインのレプリカユニフォームが入場者様に配布され(もらえますよ)皆でそれを着てスタジアムをブルー一色にしてDeNAベイスターズを応援するという企画なのであります。大丈夫ですどこかの球団とは違ってちゃんと一区画、ビジターのヤクルト様の応援席も確保されております。

スターナイトのチケットは何時も争奪戦となりまして、すぐに完売となってしまい、立見席も売られる状況になっています。特に今年の夏の横浜スタジアムは満員御礼の情況が続いておりまして、スターナイトじゃなくてもチケットの確保が大変になっているみたいなのであります、ああ大変だ・・・

そしてMQQNEYESは地元密着型の会社と致しまして、横浜DeNAベイスターズを応援しない訳には行きませんので、今回のスターナイトは(プチ)スポンサーとなりまして、ヤクルト第3戦に出撃することとなりました!!

ここ4年間はMQQNEYES X DeNA Baystarsのコラボグッズでもお世話になっておりましたが、今回はこの試合を(プチ)スポンサードする形となり、レプリカユニフォームにはMQQNEYESの文字が背中に入るスペシャルバージョンを配布して頂きました!

そして試合当日はこれを身にまとい、MQQNEYES Staffは一塁側のスタンドに出撃したのであります。仕事が終わってから行きましたので、着いた時にはすでにホームランによる得点でDeNAベイスターズがリードしている状況で、あまりにも嬉しかったので、普段飲まないビールで乾杯となりました!! 崎陽軒のシウマイカレーとみかん氷も美味しかったです。ビール一杯で泥酔状態であります・・・

そして試合の途中ではLED看板には各スポンサー様のロゴが映し出され、その中でMQQNEYESもバッチリ出して頂きました。結局試合は2対1の接戦となり、最後はDeNAベイスターズルーキーの山崎くんが見事に締め、プロ野球の新人記録となる32セーブをあげて、緊迫した試合は見事ベイの勝利となりました!! 新人王は確定ですな、めでたし、めでたし・・・

試合後は球場の照明が落とされ、ムービーが流れて花火も打ち上げられKISSのライブみたいに楽しいイベントとなり、Go! with MQQNな中で今年のスターナイトは幕を閉じました。

試合終了後、MQQNEYES Staffはスタジアム近くのBarにてDeNA勝利を祝う打ち上げを行いました。あまりにも嬉しくってフローズンマルガリータなんぞを頂いてしまい、泥酔状態に拍車が掛かり、家に帰ったら玄関のカギを開けるのに3分くらい掛かってしまいました・・・

画像一番左の自称広島カープファンの営業Staff M君も嬉しそうにユニフォームを着て、今日からベイスターズファンに鞍替えするような気持ちになっているようです、ベイが勝てばみんなハッピーなのであります!

スタジアムではMQQNEYES X DeNAベイスターズのコラボグッズを見にまとっている方を多々お見受けしまして、急に話しかけたら不気味に思われるので、心の中でちゃんとお礼を申し上げておきました、有難うございます!!

今年のコラボグッズはベイスターズショップではすでに売り切れとなっておりますが、本牧MQQNEYES Area-1にはあと少し在庫がございますので、これからプロ野球観戦に行かれる方はぜひお買い求め下さいませ。だってクライマックスシリーズが待っているじゃないですか!!

[…]

史上最低勝率の優勝と史上最速のスバル36QQ!?

前回のブログで申しましたように、やっぱり我が横浜DeNAベイスターズは最終的に12連敗しても全然平気!!なのでありました。

私が言った通り10連敗中の6月19日時点で32勝33敗というのはついこの前である1954年の最終成績32勝96敗と全く同じ勝ち星だったので「大型連敗なんて全然OK、全く今年は心配ないぜ」と豪語していた通り、その後粘りを見せオールスターゲーム前4連勝を達成し、見事前半戦首位にて折り返しが決定しました!!! ね、大丈夫だったでしょ!? それにしても7連敗と12連敗の計19連敗しても首位とは一体今年のセ・リーグはどうなっているのでしょうか??

首位ターンなんて優勝した1998年以来との事でして、ベイファンは大変に盛り上がっております。史上最速の観客動員100万人も達成したそうですね、おめでとうございます!!

このまま勝率5割程度の微妙な成績を維持し、史上最低勝率での優勝を目指すのが今年のDeNAベイスターズ目標なのであります。これまで無かった珍記録を作るのもベイらしくていいじゃありませんか!! まあ私に言わせればもう優勝したも同然ですな・・・

優勝パレードはMQQN Buggyで私が先導しますので、本牧通りまで来てもらい、Area-1の駐車場でもビール掛けを行いましょう!!

と、白昼夢を見ている間に横浜DeNAベイスターズX MQQNEYESのコラボレーショングッズで未入荷分だったトラッカーキャップ、トートバッグ、ナップサックの3種がやっと入荷となりました!!

特にトラッカーキャップは横浜DeNAベイスターズのサイトでも品切れとなっておりますので、毎年コラボキャップを揃えているベイマニヤの方はお早目の購入をお勧め致します。(MQQNEYES では本牧Area-1店舗のみでの販売となりますので御了承下さいませ) 熱いペナントレースが開催される横浜スタジアムへGo! with MQQNなのであります!!

ということでですね、先週末はMQQNEYES USAにて毎年恒例のOpen Houseが開催されまして、今回も行って参りました。相変わらず沢山のCustom CarやBikeが朝早くから集まってくれました。Pinstripeのお仕事も沢山頂いて、暑い中せっせと描きまくっておりました。

おなじみChico’s Burgerも大盛況となりましたが、今年は日本からMQQN CafeのシェフであるKojiがHelperとして駆け付けて一日中パテを焼きまくっておりました。KojiといっしょにアメリカのRestaurantやBurger Shopを廻りましたので、そのKojiのUSA Trip Reportは次週のMMMに掲載されますのでお楽しみに!!

で、MQQNEYES Open Houseの翌日は早起きしてEl Mirage Dry LakeにSCTAのLand Speed Racingを見に行きました。

干上がった湖はBonnevilleの真っ白な塩と違い、ただの土と砂なので壮大な砂埃が大変であります、ビンテージスニーカーなんて履いて行けませぬ・・・

今回もいろんな車がエントリーしておりましたが、車でゆっくり移動中、何やら不気味な物体がこちらを向いておりました。

「な、何、あのヘンテコ??」と近づいてみますと地面低くうずくまった物体はスリッパか走る和式便所にも見えましたが、横のプレスラインを見てビックリ、何とスバル360のRacerでありました!!

「こ、こ、これは何かの間違いでは・・・」と思いましたが、やっぱりどう見てもスバル360でありました。しかもGo! with MQQNなステッカー仕様になっております、ゼッケンナンバーもスバル36QQです、これ素敵・・・

パイプフレームにぶった切ったボディーをまとい、エンジンはフロントにKawasaki Ninja!!というイケイケ仕様になっていました。流石に2スト、リッター100馬力の360ccヤングSSエンジンではありませんでした。

コースで走る姿もカッコ良く、素晴らしいスピードで走る便器はDry […]

Go! DeNAベイスターズ、4度目のコラボは優勝に向かって!

私がマレーシア出張に行っている間、日本のプロ野球交流戦はどんどん消化され、帰国後無事終了となりました。 我がベイスターズは3勝14敗1分、勝率.176という記録的な惨敗に終わり、たっぷりあった貯金を見事使い果たし、慣れ親しんだ借金生活に逆戻りとなりました、お見事!!

私も5月末に今季初参戦し、横浜スタジアム開催の対オリックスバファローズ戦に臨みましたが、4-3の1点差負けで見事撃沈致しました。

最終回に盛り上がるだけ盛り上がったのですが、横浜名物「追いつかない程度の反撃」は健在で「やっぱりベイスターズはこうでなくっちゃね!」と再認識した次第であります・・・

最終的に10連敗!!!を見事達成し話題に事欠かないチームなのですが、なぜか他のセ・リーグのチームも全て調子が良く無くて、10連敗したのに未だ2位に着けているという世にも不思議な現象を生み出してるのです・・・変なの。

もう交流戦はヤメにしましょう!! セ・リーグとパ・リーグの野球は根本的に違い過ぎますね。指名代打制があまりにも大きな違いだと30年前から持論を展開しているのですが、フルスイングで馬鹿打ちし、1点でも多く点を取るパの野球と防御率勝負の守備重視のせこいセの野球では、交流戦のような短期勝負では無理がありますね。だから日本シリーズも廃止で結構です、出れないけど・・・・

と、勝手なことを言っておりますが、交流戦の最下位なんて想定内の出来事で有りまして、全然ヘーキなのですな。私に言わせれば今年のベイは未だ絶好調なのであります。

6月18日現在、32勝33敗1分というのは素晴らしい成績なのです。だってついこの前の1954年シーズンなんてペナントレースが終わった時点で32勝96敗2分という成績でして、首位中日から55ゲーム差!! 5位国鉄スワローズからも23ゲーム差という完全無欠のブッチギリ最下位という記念碑もありました・・・

それに比べれば今期はもう1954年と同じ32勝もしていますので、全然大丈夫なペースなのです、ウン、ウン・・・

ということで公式戦最下位じゃなくって再開に向けてタイムリーな話題をお届け致します。

2015年も横浜DeNAベイスターズX MQQNEYESのコラボが実現致しました!! Wildman的にも最高に嬉しいのであります!2012年から始まったこの”Yokohama Connection”コラボも今季で4回目を迎えまして、今回はこれまでのTシャツやバッグ、キャップ、タオルといった商品以外にもポロシャツやマキシドレス等の新しいラインナップも加わりました(一部は7月発売です)商品の詳細は横浜DeNAベイスターズHPやMQQNEYES HPで確認出来ますよ。デザインによっては在庫の少なくなっている物もございますので早めのチェックをお願い致します。

MQQNEYESでは本牧のArea-1店舗のみの販売となりますのでご了承下さいませ。

横浜DeNAベイスターズ夏の復活へ向けてGo! with MQQNなのであります!!

[…]

夢か幻か!?クライマックスシリーズへGo! with MQQN

お盆が明けたというのにこの暑さは一体何の冗談なのでしょうか・・・1-Shot Paintが乾くのが早い早い、早過ぎて作業が追い付かないくらいなのであります。

こちらのVW Race Car Letteringも快晴の日ばかりの作業だった為、バンバンPaintが乾いて予想よりも早く完成することが出来ました、猛烈に暑かったけど・・・

猛暑の中、プロ野球のペナントレースも熱い暑い戦いとなっておりますが我が横浜DeNAベイスターズは不動の5位を死守しております・・・というか7~8月に掛けてはやたら調子が良くなり、巨人相手に3連勝までしてしまうという奇跡もおこしましたが、いかんせん3~4月に作ってしまった莫大な借金はいくら勝っても返済出来ず、4位中日の尻尾が見えては遠ざかるという繰り返しになっています。 3~4月をなかった事にして成績を計算しますとDeNAベイスターズは首位となりますので、そう考えて日々楽しく暮らしております・・・

それでも8月22日現在、4位中日とは1ゲーム差、クライマックスシリーズ出場権を獲得出来る3位広島とは5,5ゲーム差となっていまして、奇跡が起これば何とかなるという首の皮一枚でつながっている状況なのであります。奇跡は起こらないから奇跡なのですが・・・

そんなこんなで無理を承知で応援してますが、今年は2回ほど横浜スタジアムに出撃致しました。5月の対オリックス・バファローズ交流戦は見事雨を降らし、他のお客様にも迷惑を掛け、カッパを着ての応援でしたが、久保投手で見事勝利したので最高の日となりました、ベテランの金城選手も大活躍でした。

内野席ファウルゾーンに設けられた「エキサイティングシート」での観戦でしたので、目の前で選手が見れて最高でありました。ボールがバンバン飛んできて危ないゾーンなので各席にヘルメットとグローブが貸し出されるのですがWildmanも身構えて、いざボールが飛んで来たらさっとラケット(Donnay Borg Pro)を出して打ち返してやろうと思っておりましたが、結局こちらには一回も飛んで来ませんでした・・・

そして絶好調だった今月は対広島カープ戦に出撃して来ました。前回同様10勝をあげている久保投手だったので勝率80%を確信しておりました。

横浜スタジアム初観戦の謎の友人と観戦したのですが、いざ蓋を開けてみると今季最低とも思われるボロ負けのクソゲーム(8対0)となってしまい、全く内容の無い試合に謎の友人共々憤慨しておりました…ああ悔しい!!!!

仕方ないので名物かき氷を食べたり、お姉さんの写真を撮ったりして球場内では野球以外の事に興味を持つことにしました、だって全然打てないんだもん!!(*ブランコ以外)

悲しみの中、試合終了後ベイスターズショップに行ったら、WildmanデザインのMQQNEYES XDeNAベイスターズコラボのTシャツは全て売り切れで、本牧Area-1でもお盆休み中に売り切れてしまい、謎の友人も購入出来ず、御迷惑をお掛けしております・・・・8月末には再入荷予定なので暫くお待ち下さいませ、宜しくお願い致します。

そして敗戦のショックで球場の外の「ハマスタBAYビアガーデン」をフラフラしていると「カンドリーチキン」なる屋台が現れました。「なんじゃそりゃ、タンドリーチキンのシャレですか???」と近づいて見るとそこにはミスター女子プロレス、元参議院議員「神取忍」がチキンを売っておりました、この前有吉反省会にも出てましたね・・・

そう、この方はですねWildmanの同級生でありまして、ついこの前の1976年に6年4組の家庭科の授業で一緒にご飯を炊いた仲なのであります、席も隣だったというこの事実・・・・ カンドリーチキンを片手に30数年ぶりのツーショットとなりました。お店のスタッフから神取氏に「いよっ社長、男前」という掛け声が飛んだ時にはひっくり返りそうになりましたが・・・あの頃は私のほうが遥かに小さかったような気が致します。

敗戦後の強烈な再会で驚いてしまい、野球の事などどっかに吹っ飛んでしまいましたが、横浜DeNAベイスターズの一カ月後を楽しみにして、カンドリーチキンをほおばっております、Go! DeNA Baystars

[…]

1964年、東京オリンピックと力道山とWildman

せっかくDeNA Baystars x Mooneyesのコラボグッズが出たと思ったらBaystarsは完全に失速し、ジャイアンツに手も足も出ず3連敗となり2013年度は終戦となりました・・・・

クライマックスシリーズへの道はまだ終わってないですがそんな事はもうどうでもよくなってしまい、来年への再建を期待することにしました。

獲れそうなピッチャーは全員獲ってもらい、ドラフトもトレードもFAも全てピッチャー狙いで行って下さい。

野手は今のメンバーで全く問題ありませんので、とにかくピッチャーの補強に全ての資金をブチ込んで頂ければ、必ずこのチームは大化けしますのでDeNA様、宜しくお願い致します。

ということでオリンピックも2020年東京開催が決定し、ついこの前の1964年以来2度目の日本における夏季オリンピックとなりましたね。

1964年といえば東京オリンピックが開催され、新幹線が開通し、かっぱえびせんとワンカップ大関が発売され、日本武道館が開館し、大洋ホエールズは1ゲーム差の2位となり、王選手が55本の本塁打日本記録を樹立し、クレージーキャッツの日本一のホラ吹き男が封切られ、7月にはWildmanが誕生致しました・・・・何てエポックメイキングな年なんでしょう!!!

そして1964年の東京オリンピック前年の9月に力道山先生は五輪基金として財団にポンと一千万円を寄付していたのです。

「今度の東京オリンピックはアジアで初めてのオリンピック。国民はオリンピックを開催できることを誇りに思い、それを成功させて“どうだ”とと世界に胸を張ってみせるんだよ。ワシも誠心誠意オリンピックには協力したい」と言われて風呂敷に包んだ現金一千万円を寄付致しました。

大卒初任給が¥14,600の頃の一千万円ですから凄い金額ですよね、さすが力道山先生!!

私も誠心誠意Baystarsには協力したいので、もし日本一になったらポンと金一封を選手たちに送る予定です・・・・

しかし力道山先生はその東京オリンピックを見ることなく、1963年の12月に亡くなられてしまいました・・・合掌。

で、力道山先生をリスペクトしてきた事に対して、先生からの御祝儀?としてこのたびネコ・パブリッシングのDaytona誌10月号に「力道山、執念で呼び寄せた珠玉のコレクション」として不肖Wildmanが紹介されております、あら嬉しい・・・

「超絶マニアの楽しい世界」の記事の中で出てますが、変質者の集まりは本当に楽しいですね。

私の力道山リスペクトのきっかけとなった「力道山のロールスロイス」は復刊されましたので、皆様もぜひお読み下さいませ。

で、1964年といえばWildmanの愛車でもあるフォード・マスタングが生まれた年でもありますね。

徹底的なマーケティング・リサーチとフルチョイスシステムにより爆発的な大ヒットとなった初代マスタングもこの年の誕生でした。

当初はトリノとかクーガーというネーミングが予定されてましたが、最終的にマスタング(野生馬)となり結果的に車のイメージにぴったりのネーミングとなりました、名前も重要なのです。

子供のころはムスタングと呼んでいたので、今でもそっちの方がなじみがあり言いやすいのですが・・・

60年代当時、本牧エリア-1前の通りを親父の初代ダイハツ・フェローで疾走中、ベースの中から出てきた薄いグリーンのハードトップの印象が忘れられず、ムスタングは大好きなクルマの仲間入りを果たしました。

マッチボックスやテクノのミニカーを買ってもらい遊び倒したのはついこの前の出来ごとであります。

  

で久々のミニカー紹介となります。ムスタングと言えばコレで決まりの1960年台当時物デンマークはテクノ(Tekno)製のモデルです。

   

初めて買ってもらったフルアクションを持つミニカーで、ドアは開くはボンネットは開くは、中にエンジンは入ってるは、シートはリクライニングするは、トランクには三角表示板とポリタンクが入ってるは、ライトはダイヤカットでキラキラ光るはと、至れり尽くせりの贅沢ミニカーで、幼年Wildmanにとって衝撃的なモデルでありました。

アイボリーのボディに赤の内装はとってもオシャレで、まるで実車を見ているようでいつもウットリしていました。(その後初代は1974年頃、弟により完全破壊)

そしてもう一台はこのカッコいいムスタングです。

「なに言ってるの、これはムスタングじゃないでしょ」と怒られそうですが正真正銘ムスタングなのでした。

1965年のニューヨークショーで公開されたイタリアはベルトーネデザインの100作目にあたるデザイン・スタディ・モデルで、ムスタングのシャシーにイタリアンデザインを身にまとったクルマなのでした。

天才ジウジアーロの匂いがプンプンするデザインですが、ワンオフのこのクルマ、今こそカスタムカーとしてだれかに作って欲しいですな。

     

こちらはイタリアのポリトーイ(Politoys)が60年代絶頂期に作ったミニカーでもちろんフルアクションを備えて、ボンネットを開けると289 V8エンジンやバッテリーが現れ、内装は起毛で再現されてカーペットのようになってるのです。もちろんシートはリクライニングします。

裏を見るとドライブシャフトやマフラーが別パーツで再現され、リアのリーフのサスペンションは実際にポヨン、ポヨンと可動するのでした!!

 

当時の技術でやるだけの事をやった感じで、60年代的傑作ミニカーの一つだと思っております、ああ楽しいな!

そんなこんなでついこの前の1964年にムスタングや新幹線やかっぱえびせんと共に生まれてきたWildmanですが、変態道はヤッパリやめられないとまらないという感じなのでした。

[…]