Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

復活ベイスターズ! そしてKISSは最終章へ!?

5月末の時点で最下位、そして6月には恐怖のセ・パ交流戦に突入してしまい、絶望のブルースと言った感じの我が横浜DeNAベイスターズでしたが、何か奇跡が起ころうとしております。

4~5月に掛けて負けまくり(10連敗+ 5連敗)最大借金11を背負ってしまい、ぶっちぎりの最下位を独走していたベイスターズですが、そのうちヤクルトさんが勝手に16連敗してくれたり、カープさんが乱高下の激しい戦いぶりを発揮している内に、ナゼかベイスターズは覚醒してしまい苦手の交流戦を勝ち越すという奇跡が起こってしまいました。

毎年交流戦では酷い成績を残していますが、その集大成としては2015年の悪夢がございました・・・・ あの年の中畑ベイスターズは前半戦まではトップを快走し、もしかして優勝かも?なんて期待を持たせてくれていたのですが、交流戦では3勝14敗という絶望的な戦績を残し、前半戦首位ターンも終わってみれば最下位というプロ野球史上前代未聞の快挙を成し遂げてくれたのです、さすがだぜベイスターズよ!! そして中畑政権は終了しラミちゃんにバトンタッチされました。

その後も交流戦は大の苦手でして、今年も始まるまでは苦痛でしかなかったのですが、あれよあれよという間に勝ち越してしまい、10勝7敗1分で12球団中4位という奇跡が起きてしまいました、信じられませんな。 最大借金11もチャラとなったわけであります。

梅雨入り前は最下位決定と諦めていた今年のペナントレースでしたが、ついに3位まで復帰し、目の前に2位が見えて来ました、嘘みたいです・・・

こうなったら優勝だぜ!と言いたいところなのですが、そんなことを言うと又おかしくなって来ますので、とりあえず3位以内を目指すことに致します、私がやるわけではありませんが・・・・

という訳で、今季初観戦に横浜スタジアムまで行って参りました。オリンピックに向けて拡張工事中のスタジアムですが、毎試合満員御礼との事で改めてDeNA様の営業努力に驚くばかりであります。

プチスポンサー?であるMQQNEYES御一行はバックネット裏VIP RQQM No,4にて観戦となりまして、VS阪神タイガースを楽しまさせて頂きました。もうね阪神はベイスターズにとって大の苦手チームでありまして、今季も負けまっくているのですが、この日は天敵のラーメン大好きメッセンジャーをKOし、ホームランも連発し、大勝利となりました! ああ嬉しいな!! このままのペースで行けばAクラスは見えてくるはずなのですが、そこはDeNAベイスターズ、この夏に何が起こるのか分からないのです。

ラミレス監督の集大成となる今シーズンなので、2年前の奇跡をもう一度、日本シリーズ進出を期待してしまうベイスターズファンは沢山います、皆小心者ですが・・・・・

そしてKISSは最終章を迎えようとしております。ついにライブ活動の終焉を発表し、今年の1月から始まった”End of The Road World Tour”は世界各国を回っていますが、このペースでは日本に来るのは来年なのかなと思っていましたが、先日突如ウドーのKISS特設サイトが開設され、6月24日にTourに関する何かが発表されるとなっていたので「そうかついに来日か、24日にスケジュールを発表するのでしょう」と余裕も持って病院の待合室で24日の正午を迎えてボケ~と携帯の画面を眺めていたのですが、いきなりチケットが一部先行販売となって驚き!! 「え、ウソ、スケジュールの発表だけじゃないの? 」と慌てふためく変態は「ちょっと待って」と待合室を抜け出しサイト情報を確認、やっぱり先行販売が始まっていました。「やばい、どうしよう今回の作戦をちゃんと練らないと」冷静になり、スケジュールを凝視し東京ドーム参戦に一択、席を選ぶも何もSS席以外は眼中にないのですが「そういえば前回はVIPパッケージの席を利用したな、今回もあるのかしら?」と思って再確認、するととんでもないVIP パッケージが2種類設定されておりました。前回のお安いVIPはございませんでした・・・・

一つ目は”Ultimate KISS Army VIP Experience”というパッケージでお値段何と¥400,000也・・・・・・・・・・ メンバーに会えたりバックステージツアーが有ったり、ステージに上がってギターを持ったり、KISSブーツが履けたり、衣装部屋に行ったり、ステージ真下最前列付近でライブが見れたり、サイン入りリトグラフやVIP限定グッズが頂けたりとKISSファンにとっては夢のようなパッケージとなっております、お値段も夢のようですが・・・・

もう一つはKISS VIP Meet & Greet Experienceでお値段は¥150,000となっております、少し安く感じてしまうのは感覚が麻痺しているからなのですな・・・・ こちらもメンバーに会えて写真撮影を行ったり、サイン入り写真が頂けたり、ステージ前方のアリーナSS席の確保やVIP限定グッズが頂けたりとなっております。入り口もVIP専用となるそうです。

「う~む、どうしようか??\40万円なんて世捨て人にも程があるし、第一そんなことにこんな大金をつぎ込むなんて人としてどうなのかしら?」と小心者が顔を覗かせます。

「でもさ、¥15万円なら半額以下で安く感じるし、KISSに会えるしこれで見るのも最後だし、行かなきゃ変態失格だし」と結論付けてしまい、何と¥15万のパッケージに特攻することになったのです。

しかしどちらのVIPパッケージも抽選となっておりまして第二希望なんかも申請するのですが「ここは男は黙って東京ドーム一択、変態の俺が外すわけがない、外したら自死を選ぶぜ!」と勝手に豪語し病院の待合室の外で携帯と格闘し、本当に申し込んでしまいました、ああ人間失格・・・・・

そして運命の6月29日の結果発表、急に気が小さくなり吐き気を催しながら恐る恐るサイトを覗いてみると、見事に当選!! End of The Road World Tourの東京ドームVIPパッケージをゲットしてしまいました!!

[…]