Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

パワーアップの街道レーサー、今年もマレーシアは熱いよ!

先週末はですね、3回目となりますマレーシア出張に行って参りました。いつの間にか3回も訪れておりますが、今回も”Art of Speed”というイベントへの参加が目的となりまして、Shige菅沼、Steve、Wildmanの3人でマレーシアはクアラルンプールへと向かいました。

いつもと同じくAir Asia機の”Hot Seat”を確保致しましたが(足元だけが広い席)何のことは無い、飛行機はとっても空いておりまして、どこでも座り放題の状況で全てがHotSeatと化しておりました・・・

今回で4回目の開催となるArt of Speedですが、これまではモール街の広い駐車場を利用したほぼアウトドアのイベントでしたが、今回からはインドアイベントにパワーアップされ、エアコンが効いた建物の中での開催という素晴らしい物に生まれ変わったのです、ああ涼しいな!!

パシフィコ横浜のミニチュア版といった感じで、レイアウトもHot Rod Custom Show的なイメージなので、前回までのHotな屋外イベントとはかなり違った雰囲気になっておりました。

今回も日本よりTeam Nashの面々が参加しました。Makoto、Mr,G、BOO、Jet WrenchのArtistは昨年に続いての参加で皆さんマレーシアでもとっても人気があるのです。さらに今年は日本からPumpkin Sally、Luck MC、Heiwa Motorcycleさんらが参加となっていて、アメリカからはNoise Cycles、Pangea Speedらも来ていて、もちろん近隣のインドネシアからも多数のゲストが来られていました。

今回The Nashは何とあのPu○○y WagonがGuest車両として招待され、海を渡って会場に展示されて人気者となっていましたよ!! 車も目立つし、本人の声も大きいし、世界中どこにいても存在感があり過ぎるのです・・・

今回も現場では沢山のお仕事を頂きましたが、今年はHelmetやクルマ以外にHot WheelsへのPinstripeの依頼が異常に多くなりまして、2日間ずっとミニカー相手に描きまくる事になってしまいました。物が小さいので目が疲れるのです・・・

Hot Wheelsの生産国なので毎年多くの依頼はありましたが、どんどんコレクターが増えている感じで、熱心なコレクターを多数お見受け致しました。皆さんミニカーは程々にした方が身の為だと伝えたくなって来ましたね・・・・

Car & Bike Showはインドアになったので、暑い日差しの下で見るよりも落ち着いた感じで見えるのかなと思ったら、さらにパワーアップされチキチキマシン&街道レーサーっぷりに磨きが掛かっておりました、マレーシア恐るべし・・・

Wildman最初の愛車であるTE71カローラがナゼか大人気でありまして年々数が増えている感じなのです、なんでだろ??

トボトボ歩いておりますと「おお、屋根ぶった切りのVWタイプIIIか!?」と近づいてみますとこげなテールレンズとなったパブリカコンバーチブルでありました、ややこしいですね・・・

こちらのケンメリは素敵な顔面となっていまして、足元はBoydsで決まりなのです。どこまでがセンスでどこまでが偶然なのかよく分かりません・・・

[…]

カラフルで右ハンドルな街、クアラルンプールでGo! with M@@N

皆様ご無沙汰しております。

雨の神様改め、快晴王子Wildmanの予言通り快晴となったStreet Car Nationals以降、Wildman的にはあっちこっちへ出張で飛び回っておりましてアメリカ遠征後、気がつけば梅雨入りし、気がつけばベイスターズは連敗し続け、気がつけば人生初の東南アジア遠征となっておりました。 何が何だかよく分かりません・・・

で、正気に戻りまして今回はですね、マレーシアはクアラルンプールにて開催される”Art of Speed”というカスタムカー&カスタムバイク及びアートのイベントに招待して頂きまして、そちらで2日間Pinstripeデモを行うと いう物でした。SteveのTrip Reportはこちらをご覧下さい。

 

Shige菅沼、快晴王子、Steveの3人での旅でしたが、Mooneyes Staffの村上君(御所山在住)に羽田空港まで送ってもらい、格安航空の誉れ高きAir Asia機で7時間のフライトとなりました。

 

Hot Seatなるちょぴっとだけ足元が広い席を確保出来たのでありますが、「何でHot Seatと言うのか意味がわからん」と思っていたところ、何だかとってもHot(暑い)なのです・・・

飛んでしまえばOKなのですが、飛び立つ前はナゼかまともに空調が効いておらず、じっとりと汗ばんでしまうくらいなのでした。

「ナールほど、これぞHot Seatだぜ!」と思わず納得してしまいました。

Air Asiaは飲み物も機内食も全部有料でしたが、食べたくないものを食べるよりもこのほうがイイやと思いました。

あっという間にクアラルンプール国際空港に到着すると朝の6時前、(時差は一時間でした)まだ真っ暗な空港に降り立つとHot Seatから降りたはずなのにそこはとってもHot!! こんなに暗いのに気温は日本よりもHotでして、分かっちゃいたけどここまで蒸し暑いとは思いませんでした、まだこんな時間なのに、トホホ・・・

空港には今回Mooneyes一行を車で案内&送迎して頂いたこちらヒゲのZoulさんがお迎えに来てくれていました。

滞在中本当にお世話になったのですが、何が凄いって運転が凄い!!

高速道路に乗るや否や、前を行く全ての車を煽りまくって追い抜かし気付けばメーターの針は190km/h!! 思わず全員がシートベルトを締めて身構えるといった状況が4日間続きました・・・

とっても緊迫した日々はとっても印象に残りましたので、最後にZoulさんには”Speed Racer”の称号を贈らさせて頂きました。Fast, Faster, Fastest!!!

  

空港から190km/hで激走し、最初に向かった先はテレビ局でした。

 

マレーシア版のめざましTVのようなZIP!のようなズームイン!! SUPERのようなあさズバッ!!のような番組で今回のイベントを紹介し、私たちもちょぴっとだけ出演致しました。

ちなみにこちらはTV局内のパスになるシールであります。

空港からいきなりTV出演、まるでハリウッドスターのような気分ですが、実は暑いだけなのでした・・・それにしても暑い、熱い、あつい・・・

   

日本と同じく左側通行で右ハンドルなのでこのようにIMPALAもLUVもCELICAも右ハンドルなのであります。

   

バイクが欠かせない交通手段となっているようで、高速道路にはバイク専用レーンもあったりしてこのような変形カブがたくさん走っております、しかもみんな速い、速い!! 見ているこっちがビビってしまいます・・・

      

マレーシアの街は想像以上に大きくて綺麗でして、このような観光地にも案内して頂きましたが、清掃も行き届いていて中々の物です。

 

巨大なツインタワーはじめ、横浜よりもデッカイ建物が沢山ある感じでした。

    

[…]

怒涛の一カ月、Hot Rod Custom showお疲れさまでした!

皆様お久しぶりでございます。暫くの間、行方不明となってしまい大変申し訳ありませんでした、私はちゃんと生きております・・・

Hot Rod Custom Show前の1カ月、猛烈に仕事が忙しくなってしまい、何が何だかわからない毎日を過ごし、気がつけばShow搬入日の午前1時・・・・奇跡的に全ての作業が終わり目出度くパシフィコに出撃出来ました、お疲れ様です。

           

イベント前はこのようなVWたちを夢中で仕上げました(楽しかったです)

   ウワサのToyota 86も仕上がって、「これカッコいいじゃん!!」と一人御所山で自画自賛しておりました。

    

秋の紅葉の中、出張に行っての作業もありましたね。

そんなこんなでHot Rod Custom Showは無事開催され、たくさんのエントラントや入場者の皆様がお越しになり盛大なイベントとなりました、有難うございます!!

 

今年はHot WheelsのコンベンションモデルとしてWildmanデザインのVW Busが会場限定発売となり、マニヤの皆様のお手元へ行き渡りました。

こちらの購入を目当てに並んでいた変態の皆様、まことに有難うございました!!

そういえばこのVW Busには人生始まって以来の数のサインを入れさせて頂きましたが、AKBの気持ちが少しわかりました・・・

次は変態同士の握手会としましょう、Wildman 48発進だぜ!!

で、Hot Rod Custom Showが終わったと思いましたら、今度はCaliforniaに飛びまして、MOONEYES USAのイベント、MOONEYES X-mas Party Show & Dragに参加して来ました。

「あれ、さっきまでパシフィコにいたのに、ここは一体どこ?」と思ってしまいました。

だってPinstriperのGHOST君も単独エントリーしてましたから、ますます日本だかアメリカだかわからなくなってしまいました。

こちらのイベントも大変盛り上がりましたが、詳しいReportは今回一緒に行ったMooneyes Staff中、最大の身長を誇る”A”中野君のReportで詳しく紹介しておりますのでぜひクリックして下さいませ。全く力道山先生より背が高いなんてどうかしてるぜ・・・

あ、もちろんアメリカでカニは食して来ましたのでご安心ください、ああ美味しかった!!

行きつけのHOKKAIDOではなくNew Port Beachの歴史あるお店、The Crab Cookerにて大暴れして来ました。

 

今回は近況報告のブログとなってしまいましたが、次回からは変態復活となりますので宜しくお願い致します。

[…]

年男より新年あけましておめでとう御座います!

皆様、新年あけましておめでとう御座います! 同士の皆様、本年もMooneyes並びにSigns & Pinstriping Studio並びにWildman石井を宜しく御願い致します。

2012年は辰年ですね、そう私は年男なのであります! ついこの前、年男だったと思ってましたが、あっという間に又もや年男になってしまいました。 毎年が年男のような気が致します。 今年はきっと色んな夢が叶うのではないかと期待してしまいます。 だって初夢なんか、ボルグ様とジーン・シモンズのご両人と対談するという強烈な夢をみてしまい、目覚めた瞬間「 なんちゅう夢だ、ヤッパリ俺は年男だ」再確認した次第であります・・・・

年末はスーパーの閉店を時間ギリギリまで粘って、このようにステキなアワビ様を半額にてゲット致しました、正月のプチ贅沢なのであります、小さいけど・・・ アワビ様は不肖Wildmanにとって最も大好きで重要な食材でありまして、霜降り牛肉を差し置いて私的には最上級のご馳走なのです、だって美味しいんだもん・・・(カニも美味しいですけど)

アワビ様は刺身ではなくステーキや踊り焼きといった調理方法で熱を加えて食すのが最高ですね。未だ食した事の無い「アワビ様のしゃぶしゃぶ」を食べるのが当面の目標なのであります。

何てお話しはどうでもよいとして、皆様は御正月は如何過ごされたでしょうか? 相変わらず私はほぼ自宅にひきこもり状態となりまして、整理のしようの無い部屋の整理を行ったり、ミニカーのワックス掛けをしたりと忙しい日々を送っておりました。

崩れ落ちそうな本の山の整理に気が遠くなりますが、いけないと思いつつパラパラとしばらく見てなかった本のページをめくってしまい、あっという間に数時間が経過し箱根駅伝も終了してしまうのです・・・ああ恐ろしい。

そんな中でこちらの本に目が留まって、久々に読み耽ってしまいました。 McQUEEN’S MACHINES(マックイーンズ ・マシンズ)という写真集なのですが、皆様ご存知の銀幕のスター、スティーブ・マックイーンの所有した(又は撮影で使った)狂ったような数の車やバイクたちを紹介してる本なのです。

本当に狂った様な数の車両たちなのですが、商用車、乗用車、セレブな高級車、レースカーとジャンルを問わないマックイーンのカーガイ振りが偲ばれますね。 ジャンル問わずというのは私のミニカーコレクションとよく似ております。 これからは私の事をマックイーンと呼んでくれてもぜんぜん結構です・・・・

こんな写真集を見てると、つい自分の所有するミニカーたちと照らし合わせてしまうのが変態の性でありまして、ケースから取り出しウットリと白昼夢が始まるのですな。

マックイーンといえば映画「ブリット」がカーガイの皆様には突き刺さると思いますが、サンフランシスコを舞台としたムスタングとダッジ・チャージャーのカーチェイスが印象深いですよね。

 

390ciビッグブロックのエンジン&4スピードの組み合わせの68年式マスタングと、悪役がピッタリはまる、こちらも68年式のチャージャーR/Tは440ciマグナムエンジン&4スピードの組み合わせで正に当時のマッスルカー対決となっております。

チャージャーはほぼノーマルの外観でしたが、ムスタングは馬のエンブレムが外されてメッキ部品がブラックアウトされアメリン・レーシングのトルクスラストDマグホイールが付いてたりして迫力が増しております。

共に撮影時、2台が製作されたそうですが、チャージャーは2台とも破壊され現存しておらず、ムスタングも2台の内、1台は解体されてしまいました。 残る1台は撮影終了後、ワーナーブラザーズの社員に売却され、さらに1974年になってロード&トラック誌の広告で売りに出されてしまい、その後2人位のオーナーの元を転々とし、現在はオーナーの名前は公表されずアメリカ南部でひっそりと余生を送っているそうです。 この間、自動車コレクターや映画関係者、マックイーン自身もこの車を手に入れようとしたそうですが誰も成功しなかったとのことです。 私のミニカーが一向に売られて行かないのと同じ事なのであります・・・・

前置きが長くなってしまいましたが、やっぱりミニカーも当時もので楽しまなければ全く意味がないのであります(持論)

このブリットな2台は非常に珍しいミニカーで有りまして1968年当時に発売された物なのですが、何とプラモデルで有名なアメリカのAMTが極短期間販売したミニカーなのでした、知らなかったでしょ?知ってたらすみません・・・・

 

1/65の小スケールモデルで非常に出来が良いのですが、出た時期が悪過ぎました。 1968年というと、何と言ってもホット・ホイール元年でありまして(ウィールぢゃないよ)世界中で吹きまくったホット・ホイール旋風に吹き飛ばされてしまい、あえなくAMTのミニカーは消えて行きました・・・・

   

古き良き時代の走らないミニカーだったので、走るミニカーであるホット・ホイールには全くかないませんでした、子供たちのアイドルはホット・ホイールだったのです。

走らないミニカーをこよなく愛するWildmanとしてはAMTの方に軍配を上げてしまうのでした。入手にも大変苦労したのも良い思い出で有ります・・・

シリーズ名をPUPSといい、箱にはそれを表すおイヌ様プリントされています、なんてカワイイのでしょう・・・・ 2台共ブリットと同じ68年式をモチーフにしてるところが泣かせてくれますね。

  

特にチャージャーの出来が秀逸で、小さいスケールながらMopar Muscleの迫力が伝わって来ます、最高です!! これさえあればスグでもにブリットごっこが出来るのですな。

ついこの前の1968年に作られたミニカーをウットリと部屋で眺める年男の変態行為は当分治まりそうにないですね・・・

という事でマックイーン・マシンズのお話は一回では済まなかったので、来週も宜しく御願い致します、改めて年男より新年あけましておめでとう御座います!!

[…]