Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

大相撲と力道山先生とキッコーマンと味の素

先日、こちらの可愛い車にPinstripeを施工致しました。 最近すっかりその姿を見なくなったダイハツ・ミゼットIIであります。

二代目ミゼットにペイントするなんてあの伝説のV8ミゼッパチ以来ではないかと思えるくらい久々のお仕事でした。 Moon Discがとっても良くお似合いですが、ウチの社用車ではありませぬ。

そしてナルシストWildman登場であります・・・

そういえば以前、大阪より本牧はMooneyes Area-1までMidget IIで自走で遊びに来られたお客様がいらっしゃいまして驚かされました。

で、最近このような本が手元にやってきました、その名も”Sumo”であります。 表紙は伝説の大横綱「大鵬」でして「巨人、大鵬、卵焼き」の大鵬様ですね。 私に言わせれば「大洋、力道山、焼きプリン」なのでした・・・・ 格調高き大相撲時代の大人気力士ですよね。

全て英語で書かれているこちらの本は何かと申しますと、ついこの前の昭和39年に発行されておりますが、当時大相撲が初めてのアメリカ本土巡業をした際のパンフレットになります。 ロスアンゼルスのオリンピック・オーディトリアムにて1964年の2月14、15日の2日間開催されたようです、残念ながらまだ生まれておりませんので・・・

 

スポンサーはJALで、冊子の広告にはキッコーマンや味の素が掲載されていてオリエンタルなムードを醸し出しています。

ページをめくりますと大相撲の歴史や蔵前国技館の画像、Sumo Ranking(番付表) Oyakata(親方) Grand Champion(横綱)以下各ランキングの力士たちが紹介されております。 Dohyo-iriやTorikumi、Yobidashi等の英字表記が面白いのです。

そして6ページ目をめくりますと、そこには”RIKIDOZAN”力道山先生が現れるのです!! 昭和39年の2月と言いますと、すでに先生は他界(昭和38年12月15日)された後なのですが、現役横綱の大鵬よりも目立つように「プロレスラー」、「大相撲関脇力士」として紹介されています。

先生はすでに亡くなられた後で大相撲海外巡業には全く関係の無いように思えますが、この冊子には”Riki Tourist Development Co., Tokyo”とプリントされています。 この会社は力道山先生が経営されていたリキ・エンタープライズの「リキ観光開発」になるのです。 この時の大相撲海外巡業(ロスアンゼルス)は相撲協会としては初のアメリカ本土巡業だったので、誰かの助けを借りなければ廻らない状況でした。 そこでプロレスを通じてアメリカには沢山のコンタクトが取れる力道山先生にお願いする事になったのです。 自分で髷を切ってケンカ別れの様な形で廃業した先生にとっては何とも嬉しい話で、相撲協会が向こうから頭を下げてお願いしてきた事は痛快だったようです。

そして運命の昭和38年12月8日を迎えました。この年の最後の試合を終えた後に高砂親方が先生の元を訪れ、酒を交わしながら海外巡業の話をして盛り上がり、その後ラジオ収録まで行い、そのまま勢いでニューラテンクォーターに向かってしまって、あの事件が起こり、先生は一週間後の12月15日に亡くなられてしまいます。

先生がニューラテンクォーターに向かってしまうきっかけを作ったのは、リキ観光開発のキャピー原田専務だったそうです。

先生の没後もリキ観光開発が継続してこの大相撲ロスアンゼルス巡業をサポートしたようで、巡業は無事に行われました、目出たし、目出たしと・・・・

もしも力道山先生が亡くなられていなかったら、きっとロスまで同行して次なる愛車を買付け(実はこの頃イタリアはフェラーリ本社で一台新車をオーダーしていたそうで、生きていれば日本初のフェラーリ・オーナー??)黒タイツ姿で大相撲に飛び入り参加していたかもしれませんね。やっぱり力道山先生は偉大なのであります!! やっぱ朝青龍のやってる事なんて小せえ、小せえ・・・・

[…]

力道山先生のキャデラックは今いずこ・・・

先月としか思えない2001年1月4日の当ブログにてお伝えした昭和の自動車塗装名人、故中沖満先生の名著「力道山のロールスロイス」が今年になって復刊されました。

私はついこの前の昭和57年、高校生の頃に初版を購入し(2冊)バイブルとして持ち続けておりましたが、長らく絶版となっていたので、こんな素晴らしい本をぜひ皆様に読んで頂きたいと思っておりましたが、やっと 復刊されました、めでたし、めでたし・・・ 戦後から「わたびき自動車」で塗装職人になり、海外より日本に入って来た有名車両からスバル360まで、数々のクルマを塗られた中沖さんの回想録のような本ですが、以前お話した通り力道山先生のクルマもペイントされております。

ジャガーXK120はアイボリーに塗り替えて、力道山先生が「ドアーとトランクにドクロのマークを描いてくれ」とリクエストされたそうですが、わたびきの社長さんが「世界チャンピオンになったんだし、ドクロじゃ芸がないから王冠にしたらどうだろう?」と提案されたら「それもそうだな、それじゃ王冠にしよう」と先生には珍しくアッサリと素直に決めたそうです、よってスカルは却下となりました・・・ その王冠マークを中沖さんが型紙を作って、吹き付け塗装にてバッチリ仕上げたそうです。それの画像を見た事が無いのでどなたか情報をお持ちであればお教え下さいませ。 私に頼んで頂ければ力道山先生に為に代金FreeにてFreehandにて仕上げましたが・・・・・ このジャガーを引き取りに来る時、先生は最新型の’55シボレー・ノマードに乗ってやって来ました。「力道山来たる」の知らせを受け、わたびき自動車ご近所の人達が大勢集まって来て即興サイン会になってしまったそうです。銀行のメモ用紙に万年筆のインクが切れるまで先生はサインを書き続けたそうですが、もしその時のサインをお持ちの方はご一報下さいませ。

プロ野球選手との交流も深かった先生は中日ドラゴンズの森徹を可愛がっておりました。この画像は赤坂リキ・マンションでのショットですが先生を挟んで右が森徹選手、左はご存じ400勝投手の金田天皇でございます。 中沖さんも本の中で書いておりますが、早大のスラッガーなのにプロでキングを獲れない森選手に「ホームラン王になったらキャデをやる」と豪語したら、本当にタイトルを獲得してしまいキャデラックをプレゼントしてしまったそうです・・・きっと先生はかなり悔しかったと思われます。

最近入手したついこの前の昭和34年12月発行の「スポーツマガジン 最新自動車読本」という本がありまして、表紙は伝説のサブマリン投手、南海ホークスの大エース杉浦選手ご夫妻がクラウン観音開きと共に写っています。この年の日本シリーズでMVPになった賞品車両でございます、素晴らしい!!

この本の愛車拝見コーナーというのに力道山先生と森選手が出ていまして「ごほうびのキャデラック」という事で、何と池上のリキ御殿にてキャデの贈呈を行っているショットなのであります。やっぱ悔しいだろうな先生は・・・ 近所の子供さんたちも写っておりますが、「これは私です!!」というは申し出て下さいませ・・・ 力道山先生は可愛い森選手が、我が大洋ホエールズに移籍する時も裏で工作をされたそうです。

こちらは凄く新しい本である、昭和56年発行のプロレスアルバムですが、こんな素敵なマイクロバスが出ております。リキ・スポーツパレスの社用車なのですが、横の看板は手描きでありまして全ての書体にウットリしてしまいます。プロレス、ボクシング、クラブリキ、リキトルコ、ボーリングなどと描かれております。 ”Riki”の書体なんて美しすぎて失神してしまいそうなのです、誰か私にも描かせて下さい!!これを描いたという職人様は申し出て下さいませ・・・

さらにこんな画像も出てましたが、池上のリキ御殿にて息子さんをバックにするこのクルマは中沖さんもその存在を驚いていたという日本にこれ一台しかなかったであろう力道山先生の「キャデラック・エルドラード・ブロアム」であります。

50年代、GMのモトラマシリーズであるワンオフのドリームカーをほぼそのまま限定生産してしまった超ド級の高級車で、当時フォードやシボレーの普通乗用車3台分の価格という浮世離れしたクルマであります。

こちらは当時物レベルのプラモデル完成品ですが(おそらく50年前に誰かが組んだ初版)が、かっこいいエルドラード・ブロアムのスタイルを見事に再現しています、この頃のアメリカ製品は実車もおもちゃも最高ですね!! 中沖さんは本の中で力道山のエルドラード・ブロアムは「右翼の大物」である某氏に譲られ、その後の消息は不明であると書かれておりますが、右翼の大物ってやっぱりあの人ですよね・・・・ キャデの消息を知っている方はぜひ御一報下さいませ。 四半世紀前に清里のキャデラックハウス(現在廃墟)に行きましたが、あそこに無かったっけ??

[…]

ああ、あこがれの女神さま、イリアの伝説は30年後も不滅だぜ!!

桜の花びら舞うこの季節、プロ野球観戦に行ったり古本屋をあさったりと色々と忙しいWildmanでありますが、先日一人でライブハウスに行って参りました。

そんなとこに小心者が一人で何しに行ったかって? それはですね昨年KISS日本公演が中止になったから憂さ晴らしに適当なライブを見に行ったというわけではなく、女神さまに会いに行ったのですよ、女神さまに・・・

私にとっての女神さまというのはやっぱりカミさんですよ、カミさん・・・・じゃなくって岡田奈々であります、うん、うん。そうじゃなくってイリアなのです、イリア様。伝説のバンド「ジューシィ・フルーツ」でリード・ボーカル&ギターをやってたイリア様なのであります。16歳の頃は本気で7歳年上のイリア様との結婚を考えておりました・・・・美しいなイリア様は・・・

2008年8月30日のブログ「やっぱりイリアは美形だぜ!ジューシィ・フルーツよ永遠に」で御紹介しました、ついこの前の1980年代初頭にテクノ・ポップで活躍した伝説の4人組バンド「ジューシィ・フルーツ」でしたが、1985念に解散してからはグループでの活動もなくソロになったり、スタジオ・ミュージシャンとして活躍されたりと、あまり表立った活動は伝えられておりませんでした。

21世紀になってから何枚かのアルバムがCD化されたり、懐かしいライブ映像がDVDとして発売されたりと、昔を懐かしむファンの皆様を多少なりとも喜ばせてくれておりました。最近ではYou Tubeにも昔の映像が多数アップされております。

2000年代後半になりオリジナルメンバーのイリアとドラムのトシさんの二人と新たにベースのジェフさん、ギターのアキシロさんの二人が加わり、4人組となってオリジナルメンバーは半分なので「ジューシィ・ハーフ」としてライブハウスで演奏しているという情報が伝わって来たのです。

「何としてもジューシィを観に行きたい、女神さまに会いたい!!」と叫ぶ変態でしたが、都内で行われている不定期なライブのスケジュールが全く私のスケジュールとかみ合わず「このままでは一生行けないかもしれない、どうしましょう」と小心者は途方に暮れておりました。

しかし2月に出張Paintで富士のTriedさんに行って寿がきやのラーメンを食した際、お客様が「今度ジューシィがテレビに出るみたいですよ」という情報を流してくれました。

調べてみると「あの人は今」的な番組にイリアが出演して演奏までするらしいという事が発覚し変態は狂喜致しました・・・・

数日後番組を録画し、家に帰って見てみると2児の母となった美大卒のイリアは現在幼稚園で生徒さんに図画工作を教えていて、たまにジューシィ・ハーフのライブ活動を行っているというふうに紹介され、番組内で「ジェニーはご機嫌ななめ」を演奏してくれました。すると今後のライブ活動情報が流され4月に都内でライブが行われるというじゃありませんか!! これまでは高円寺のライブハウスでやっていましたが、今回は二子玉川に遠征してのライブで、日付けを見ると私も何とか行けそうな感じなのです。

さっそくネットでチケットを予約し、その日を楽しみに待っておりました。さて二子玉川なのですが、これまで車では何度も行った事が有りますが、電車で行くのは初めてなのです。

電車には年に数回しか乗らないWildmanにとってどこでどう乗り換えれば二子玉川に行けるのかさっぱりわからず、遅刻したらどうしましょうと駅の切符売り場で路線図を眺め唸っておりましたが、何とか無事にたどり着きました。

開場45分前にライブハウスに着くとすでに沢山の方々がこの様に並んでおりました、皆さんも小心者なのでしょうか・・・

自由席なので一人で勝手に前の方に座り、コーラを飲みながら開演を待ちました。Sold outで満員でありました!!

そしていよいよライブスタートとなり、ああ憧れのMade in USAじゃなくって憧れのイリア様が登場されました。

その後は感動の嵐なってしまい、ギュイーンとギターをかき鳴らすイリア様の動きと歌に釘付けとなってしまいあっという間に2時間に及ぶライブは終了しました。

ギター演奏中指がつってしまったり、途中で演歌歌手のように客席から颯爽と登場し氷川きよし並のパフォーマンスを見せてくれたくれたりと、サービス満点のイリア様でしたが「次はセカンドシングルだった、なみだ涙のカフェテラスです、セカンドといっても30年も前ですけど・・」と言われていましたが「何言ってるんだ、30年なんてついこの前じゃないか、全くついこの前の1980年10月にこのレコードを上大岡駅で俺様は買ってるん

だぞ!!」と心の中で叫んでおりました・・・・

それにしても「美しいものは何年たっても美しいのう・・・」と一人感慨にふける変態がそこにおりました、ああ美しいな女神さまは・・・・

「おばあちゃんになってもロックで行くぜ!!」と勇ましいお言葉を発していたイリア様でしたが、本当にあと30年たっても私はライブに行きますので、その際も宜しくお願い致します、30年なんて本当にあっという間なのですから、Go! Juicy Fruits!!

イリア様は赤やピンクで綺麗にペイントされたギターを使われておりましたが、私がギターに一筆入れればさぞや美しくなる事でしょう・・・・何とかなりませんかね。ピンストライプを入れたり、ゴールドリーフを使ったりと夢は膨らんで行くのです。

ゴールドリーフといえば先日この様な巨大な車両がPaint作業で入庫して来ました。宮城の”Allsons”様のお車なのですがChevyのランプトラックでデューリーでクルーキャブというとっても非常識な?三本立ての仕様で、日本でこんな身勝手な車を走らせてしまうという勇気に感服してしまいました。

ドアー2枚を使いに大きくShop名を描いたのですが、ゴールドリーフにて豪華に仕上げました。こちらは「バリエゲーテッド・ゴールドリーフ」になりまして赤色の方を使用しております。この手のトラックのロゴにはぴったりですね。

バリエゲーテッド ゴールドリーフは赤系と青系の2種になりますのでデザインのイメージによって選んでください。

バリエゲーテッド ゴールド リーフ(赤色系) [PGRVLBK]販売価格: 6,090円 (税込) ご購入はこちら

[…]

最下位脱出なるか!?中畑ベイスターズの門出は辛い弁当だぜ!!

さてプロ野球公式戦がいよいよ開幕致しました。 我が横浜ベスターズは紆余曲折ありまして、ついに親会社が変わり「横浜DeNAベイスターズ」へと変貌を遂げ今シーズンに挑むのであります。

変貌を遂げたと言いましても選手に大した変化はなくて、4番バッターが巨人と入れ替わったのが主な補強で、最大の注目は中畑新監督に集まっているという不思議な現象でオフシーズンの話題を集めました。 話題といえば永久に不潔じゃなくって不滅らしい巨人軍がまたもやFAで選手をかき集めたり「おじさんのチームに行きたい」ドラフトや、多額の裏金問題が発覚したりと、色々楽しい話題を提供してくれていています。 私はついこの前の昭和50年以来ずっとアンチ・巨人を名乗っておりましたが、これだけやっても一向に優勝出来ない巨人という存在がナベツネ様の動向含め、全てがギャグに見えて来てしまい、アンチというよりも巨人の存在自体が「これは大人がみんなで真剣にやってるギャグなんだ!」と新しいプロ野球の楽しみ方を覚えてしまいました、巨人軍は紳士たれ!!

何はともあれベイスターズの記事がスポーツ新聞を賑わしたのは、優勝した1998年以来という感じで、色々と意見はございますが新生球団のスタートとしてはこれで宜しいのではないでしょうか!?

オープン戦も何と3位になってしまい、全てが最下位づくしの球団としては少しずつですが成長の跡が伺え、賛否両論のある中畑監督ですが私的には良くやっていると感じますね・・・・ 喜怒哀楽が激しく、おちゃらけキャラという面も有りますが、厳しい采配が有ったり勝っても負けてもまともなコメントを残したり、ファンへの配慮もあって、なかなか見所が多くなってます。 やっぱ若い工藤さんを監督として迎えるより、多少なりとも指導者の経験のあった不滅のギャグチーム出身の中畑監督の方が良かったのかもしれませぬ・・・

開幕の阪神3連戦は一勝一敗一引き分けで乗り越えましたが、どちらかというと横浜が優勢だったのに、勝手にミスをして5分の勝敗になってしまったのは相変わらずベイらしいといえばベイらしいのですが・・・

そして地元横浜に戻って来て昨年のチャンピオンチームである中日ドラゴンズとの3連戦となりました。 それにしてもスポーツニュースやネットの試合速報なんかでベスターズのチーム表記を「D」と表す事が多く混乱してしまいます、DeNAのDというのは分かりますが、印象としては中日ドラゴンズが「D」なので、ぱっと見たときどっちがどっちだか分かりにくいのです。 親会社のDeNAさんには申し訳ありませんが、これまで通り「横浜」の表記が望まれますね。

横浜スタジアムの開幕ゲームは暴風雨により流れてしまいましたが、2日目は無事開催され、始球式は大魔神佐々木とベイスターズ史上最強最良の助っ人だった「ロバート・ローズ様」をアメリカよりお招きし対決させ、優勝時の監督だった元中日コーチ権藤さんと裏切り者の谷繁も迎え入れ豪華なセレモニーとなりました。 ローズ様はボルグ様に次いで尊敬するスポーツ選手でして、横浜時代は原付のホンダDioに乗り横浜スタジアムやYCACに通っていたという変態です。 現役時代はアメリカではDodge Viperに乗っておられましたが・・・

華やかなセレモニーの行われたこの日の試合はなす術なく負けてしまいました・・・・・

そして2日目はWildmanが4年ぶりに横浜スタジアムへと乗り込みました。 ここ数年のあまりの弱さにギャグを通り超えて怒りに変わり「金払って気分悪くしにスタジアムへ行くなんてどうかしてるぜ!!」とふてくされてプロ野球観戦は封印しておりましたが、何とチケットを頂ける事となり「封印は解かれた、スタジアムへ行きましょう!」とすぐに気が変わる小心者なのでした・・・・

しかも席は「オーナーズシート」でありまして一塁側ベンチ上のとっても良い席なのでありました。 マクドナルド株式優待券といいオーナーズシートといいなんちゃってVIPは楽しいのです・・・

思えば大洋ホエールズ時代よりここスタジアムへは何度も通いましたが、見た試合の通算勝率は5割を切っている事が確実だと思われます。 高校生の頃はバイトの友人を利用し裏口から入ってよく試合を見たよのう・・・・(時効)

久々のスタジアムでしたがいつの間にか多数のモニターが設置されたり、入り口でポンチョを頂いたり、綺麗な売店が出来ていたりと、DeNAのやる気が見えていますね。

お弁当はこちら「熱いぜ!横浜DeNA弁当」を頂きましたが、肉にかかってるタレが辛くて、辛いものが苦手なWildmanには少々つらいものが有りました、舌が熱いぜ!

リリーフカーは未だにトヨタのMR-Sなんて生産中止のスポーツカー使ってますが、これじゃ全然面白くないので、ここはひとつDeNAのお金の力を見せて本物トヨタ2000GTの屋根をぶった切ってオープンとし、ボンドカー仕様のリリーフカーにしてくださいませ。 クラウン観音開きの構内タクシー仕様なんてのも案外素敵かもしれません・・・

チームキャラクターもホッシー君からこの様なモグラみたいなのに代わってしまいましたが、モバゲーなんだから携帯電話の着ぐるみでも作れば良いのです。

久々の生野球観戦となり、ボールの速さや快音にしびれましたが、野球より酔っぱらってるおじさん達のヤジの方が面白くて、よくもまあこれ程の罵声が次から次へと出てくるものだなあと感心させられました。 30代位とみられるしらふの?女性ファンがすぐ前の席にいたのですが「このバカヤロー、こっち向け、何やってんだ△X.・・○□!!」と強烈なヤジを発していて「やっぱりプロ野球というのは究極のギャグなんだ」と改めて感じさせられました・・・

結局試合はこの日もなす術なく中日にコテンパンにやられてしまいましたが、明らかに野球のレベルの違いが分かりましたね、まるで大人と子供の差のようです・・・・

中日は最強のピッチャー陣を作り完璧なディフェンスを誇っています。攻撃面は大巨人軍に比べれば大したこと無さそうなんですが、相手のミスは逃さずそこをついて少ないチャンスで確実に点を取ってしまうという堅実な野球をここ数年ずっと続けていて本当に強いのです。 せこくて暗くて本当につまらないのですが、強いのは事実であります・・・・・勝てばいいんだろ、勝てば!!(by落合) でも中日はやっぱ小松辰や郭ら剛球投手がいて、守備で笑いが取れたヘディングキャッチの宇野が暴れていた頃の方が明るく魅力的でしたね。

長きにわたって抑えの役割を果たしているこちら中日の岩瀬投手、丈夫で長持ちとはこの事ですね。 とっくにメジャーに行ってもおかしくない方でしたが、そんなもん全く興味がなかったのか、日本だけで一流の成績を残しこのまま引退となるのでしょうか。 何でもかんでもメジャー挑戦の中、こういう生き方も有るのですね、地味だけど・・・

中日とベイスターズとはレベルが違いすぎて残念ながら今年も歯が立たないでしょう。 一試合見ただけで分かりました。選手も野球も地味でまったく面白くも何ともありませんが、中日の優勝は間違いないと思われますね、本当に強すぎます、ファンの皆様おめでとうございます!!

今年もベイスターズはビリの方で争う事になりそうですが、若いピッチャーも出て来ているので5年後の優勝目指して大巨人軍と共に頑張りましょう、どっちがギャグになるのかは定かではありませんが・・・

とう事で野球観戦といえばビールが売れ売れですが、Wildmanのようにアルコールを受け付けない幸せな方はタンブラーにカルピスを入れて行きましょう。 こちらのムーン イクイップド ベンティタンブラーはホットでもアイスでも使用可能なのでホットカルピス満タンで横浜スタジアムに行きましょう、Go! […]