Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

これでホントに最後か? 地獄のKISS WEEKは最高だったぜ!!

不安定な天気が続いた10月でしたが、先週末は本牧山頂公園にて第24回!!! Crown Picnicが開催されました。

 

前日の雨天がウソのように素晴らしい秋晴れとなりまして、沢山の変態じゃなくってマニヤが集まりました。

   

残念ながら途中棄権した観音がありまして、それ以降の40,50,60系各型式が見事に揃い、楽しまさせて頂きました。

思い起こせば24年前に保土ヶ谷の山に集まった少数のOld Crownたちでしたが、まさか24回もこのイベントが続くとは驚きですよね。

来年は記念すべき25回目の開催となりますので、何か楽しい企画で盛り上げたいと思っております!!

で、不肖Wildmanですがこのほど最高の一週間を過ごさせて頂きました。

 

何がって? そりゃアナタ決まっているじゃありませんか、待ちに待ったThe Hottest Band in The WorldのKISSが7年ぶりに来日したのであります!!

思い起こせば2年前、フライング気味に来日を発表し、しかもピンポイントで変態の地元パシフィコ横浜でのライブ開催!!なんて堂々と言っときながら「やっぱ行くのヤ~メタ!」と急にキャンセルしやがって全国のKISS ARMYを悲しませましたが、今度はホントにやって来てくれました。

今回で10回目の来日となりましが、そのうち8回、十数公演に出撃しましたが計何回行ったかはもう忘れました・・・

デビュー40周年、ジーン・シモンズ64歳、ポール・スタンレー61歳なので、今度こそ最後の来日だぜ!と思いながら足を運んで来ましたが、今回が本当に最後になるのかもしれません・・・・

だってKISSは動き回って火を吹いて冗談みたいなブーツを履いてジャンプしながら演奏するバンドなので、他のベテランシンガーみたいに椅子に座っての弾き語りとはわけが違うので、年齢的にもうそろそろ終わりが近づいているのではと考えるのは全く普通の事なのであります。

まあ、ジーンは怪獣なので100歳になっても平気で火を吹いてそうですが、他のメンバーが心配でなりませぬ・・・・

そんなこんなで台風の中、地獄の軍団は来日しましたが、今回はメディアへの露出が異常に多くて「本当にこれで最後なのかも?」と小心者は心配になっていました。

   

朝の情報TV番組には各局全て露出し、真昼間に渋谷のスクランブル交差点をまさかのフルメイク&コスチュームで渡ったり、しまいにはテレ朝のミュージックステーションにまで出演し、関ジャニやNMB48がいる中、ホントに一発歌ってしまいました!! ラヴィン・ユー・ベイビーだぜ!!

  

ブーツを履くと身長2メートル級のKISSにタモリも驚いてましたね。

    

まさかKISSが日本の歌番組で演奏するなんて夢にも思っておりませんでした。

 

さすがに火は吹きませんでしたが・・・・

そしてジーンがツイッターに「東京のホテルから見た景色」なんて滞在中の部屋で写したこんな画像をアップしちゃうもんだから、変態の私としてはそれではこちらからジーンさんを探してあげましょうと勝手に推理を始め、「遠くに見えるは新宿の高層ビル街、そして手前のこの街並み、ビルの高さ・・・分かった、これはリッツ○ールトン東○だぜ」!!と簡易ストーカーと化したWildmanなのでありました・・・それは秘密です・・・・

新しいアルバム、Monsterを引っ提げての”Monster Tour”ということでしたが、今回は幕張、大阪、東京の3ケ所、計4公演というスケジュールでした。

7年前のライブの際は富士スピードウェイでのミュージック・フェスへのオオトリとしての出演で、私は雨の降る中カッパを着て、ステージの前の方の席を確保するため6時間以上聴きたくもないバンドを聴かされて、ねばり強く待っておりました。

おかげさまでその時は結構良いポジションでライブを楽しませて頂きました。

そして今回は「KISS最後の来日」と勝手に決め付けておりましたので、「こうなったら力づくでも良い席で見てやる、それも日本武道館でな、待ってろよジーン・シモンズ!!」と息巻きながらも不安な日々を過ごしておりました・・・

しかし変態の力づくとは恐ろしいもので、本当に素晴らしいチケットを手にしたのでありました!!

日本武道館初日公演、アリーナ前から3列目!!!という奇跡のチケットが手元にやって来たのでした、万歳三唱であります!!

 

当日は6時開場、7時開演となっておりましたが、小心者は2時過ぎに武道館に到着してました、気が小さいって嫌ですね・・・

もちろん本日のコスチュームは誰も着てない物をチョイスし、1978年KISS World Tourのスタッフジャケット!!を身にまとっていました。

いいんです、誰もわからなくても・・・

   

そしてグッズを買おうとしたところ、まごまご昼食を食ってるうちにすでに長蛇の列、地獄の商人はありとあらゆる物でお金儲けをするのです。

[…]

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

クリスマスの再会はジューシィ・ハーフとEye Tech Bugだぜ!

Merry Christmas!!と言ってももうクリスマスは終わってしまいましたね。 でもご安心下さい、本牧はMooneyes Area-1店頭のでっかいガラスには年明けまでこのようにSeasons Greetingsのサインが描かれておりますので、写真を撮り忘れた方はこの冬休みにぜひご来店下さいませ。

クリスマスシーズンの一週間はですね、めったに行かない二子玉川に出撃しライブを堪能して来ました。

あ、KISSじゃありませんよ多摩川の河淵でドカンと花火をぶっ放すわけには行きませんから・・・来年KISSはきっと来るはずなのでKISS ARMYの皆様日本武道館でお会いしましょう!

クリスマス・イブに私は女神さまに会いに行ってきました。

そう、元ジューシィ・フルーツのイリア様であります。

ついこの前の1980年、16歳の時にバンド演奏時テレビ画面でお会いして、将来は結婚しようと勝手に誓っておりましたが夢叶わず、バンド解散までずっと応援し続けておりました。

数年前、半分のメンバーで再結成し、ジューシィ・ハーフとなって活動を再開され、今年の春のライブには私も出撃し、昨年としか思えない1980年にタイムスリップさせて頂きました。

そして今回も二子玉川にてライブを行うとのことで、当然行かねばと思いましてチケットを確保致しました。

当日は何と24曲も演奏して下さり、リードギターを弾きまくるイリア様に感動し、思わず結婚を申し込もうかと思ってしまいました。

隠し撮りをしようと思いましたが当日は何とスカパーのカメラが入りましてライブの模様を収録するとのことなので、当然写真撮影禁止となりビビった小心者は一枚も画像を撮っておりませぬ。

来春放送されるそうなので、必然的にスカパーに加入しなければならなくなってしまいました・・・

で、もう一つのクリスマスはこちら黄色の’67 VW Type Iが本牧にやって来ました。

この前のHot Rod Custom Showにポツンと展示されていましたが、その時は「ただ黄色く塗ったビートル」という風情でありました。

当日見た方でこのクルマが何かすぐに分かった方は少なかったと思われますが、実はついこの前の1990年にMooneyesが製作した”Eye Tech ‘67 BUG”なのでありました。

当時は現Moon Cafe店長のGinがownerとなって乗り回していたあのクルマそのものなのです。

当時はこんなところにGinなんて描かれてましたね。

この’67は当初Moon Disc仕様でささやかなビレットパーツが奢られていました。

 

懐かしのCal誌1990年10月号に初登場したときがその姿であります。

裏表紙は当時のSigns & Pinstriping StudioのCMになってました!!

施工金額に時代を感じるよのう・・・

 

その後のマイナーチェンジで90年代に旋風を巻き起こしたBoyds Billet Wheelsを履き、多数のビレットパーツを身にまとい完全なBillet LQQKに変身しVW業界に革命的な新しいStyleを提案したクルマとなりました。

アメリカはHot […]