Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

KISSと共に30年 Part.2 “KISSがやって来た!”

もう止まらなくなって来たWildman's KISS Storyはいつ終わるかも分りませんので、お付き合いして頂ける方はだんだんと限られてきそうですが、今回も勝手に書かさせて頂きます。(というかKISSの歴史を自分でおさらいしているだけかもしれません) 77年3月18日に日本にKISSロゴ入りジャンボ機で到着したKISS御一行でしたが、はやくも羽田空港でトラブル発生でした。機内で入念なメイクを施し、フルコスチュームで取材陣の前に華々しく登場する予定でしたが、そこは頭のお堅い日本の税関のお役人さま達、そんなメイク姿で入国させてもらえるはずも無く、別室にてメイクを落とし素顔とパスポート写真を確認させられてから、もう一度メイクしての入国となりました。大袈裟が好きなKISSですが、実は本当に抜け目の無いビジネスマン達なのでこの来日にはプロモーション活動の意味もあったのです。77年のこの時点でKISSの人気は本国アメリカではピークに達しつつあり、レコードは売れまくり全ての音楽雑誌の表紙を飾り、各地でライブの動員記録を更新していて、やることなす事全てが上手く行っている状態でした。それでもビジネス戦略はまだ続き、この来日中にアメリカ本国で忘れられてしまわないよう、選出したジャーナリスト数十人を同行させてKISS日本滞在記を(強制的に?)書かせるプランでした。メンバーと同じ飛行機のファーストクラスに乗せ、同じホテルに宿泊し、全ての費用はKISS持ちという無茶苦茶に金の掛かる事を平然とやっていたのです。

そんな事は当時ぜんぜん知らない中学1年生のWildmanでしたが、あの怪獣のようなKISSというグループが日本にやって来るという噂は聞いていました。何しろこの頃、中高生の間ではKISS人気は猛烈な勢いで高まっていて、男子はKISSやAero Smith,Queen、女子は懐かしのBay City Rollersが人気沸騰という感じでした。なかでもKISSはその風貌からメディアも飛び付き、あらゆる雑誌が特集を組んだり、来日記念号?なる別冊の本が多数出版される状況でした(全部持っております・・・)

この日本ツアーは77年のKISSワールドツアーの皮切りとなりまして"Sneak Attack Tour"と名付けられて新コスチューム&セットで世界初の露出となりました。

画像にあるアルバムジャケットは"Rock and Roll Over"の物ですが(邦題:地獄のロックファイアー)この新アルバムから日本で新曲が演奏されるのですが、Wildman的にはKISSアルバムの中で最高のデザインのジャケットになります。どう見ても最高です、間違えありません。「いよいよKISSなる方たちが日本にやって来るのか、見てみたいもんだ」と思っていた少年Wildmanでしたが、だいたいロックコンサートなるもののチケットをどうやって買うかも分らず、何より¥3,000以上の代金など支払えるメドも無くこの記念すべきKISS初来日は自分でも信じられ無い事なのですが行っておりません。   しかしそういった少年少女の不満を吹き飛ばす出来事が起こったのです。何と天下のNHKがこのライブを放送する事が決定していたのです!

多くの人の?人生を変えてしまう伝説のTV番組「ヤング・ミュージック・ショー」は77年5月7日15時50分より国営放送?の電波を使いお茶の間に流されたのでした。そしてWildman家でも受信してしまい一少年の人生が変わってしまったのです。 以後続きますが書く事がありすぎて困って来ました・・・

  Together with KISS for thirty years. Part II "KISS has arrived!" The Wildmans story will never know where to end as this topic of "KISS" start readers may not bear with his […]