Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ほろ苦いコーヒーはカウンタックと共に

この夏の企画だった缶コーヒーBOSSのオマケにですね、とても気になるミニカーがまぎれておりました。

今回のオマケシリーズは2缶用に6種の全長8cmモデル、1缶用は9種の全長4,5cmモデルが存在しています。 「ランボルギーニ スーパーカーセレクション」というシリーズで大きいのも小さいのも全部ランボルギーニ車で構成されていました。 60年代のモデルから最新のまで色んな車種を作り、この企画はオタクの方かマニアの方が参加されていたのではないかと推測されます。

   

小さいほうの出来はサイズのせいもありそれなりなのですが、ナゼか一番地味な存在のランボルギーニ・ウラッコの出来がとっても秀逸でした、これは良く出来ました!!

で、2缶用の大きい方のシリーズなのですが、こちらは中々コンビニ等の店舗に置いてなくて、入手するのが難しく人気もあって売り切れ続出状態となっておりました。 この2缶用6種の中にですね、素晴らしい車種選択のモデルがありました。

 

6種の中の3種はカウンタックをモデル化していて、羽根の生えたウルフ・カウンタックや、デブなディアブロ、アウディが造ってるムルシエラゴヤアベンタドールなんてどうでもいいのですが、何とビックリどうしてこれを選んだのか分からないカウンタックのプロトタイプ”LP500”をモデル化していたのです!!! 何でみんなが好きなミウラじゃなかったんだろ??

しかもやたら出来がいいのです。このプロトタイプLP500の「70年代製当時物ミニカー」はあまり出来のよろしくないマッチボックスの物くらいしかなかったので、これは私にとって嬉しいサプライズなのでした。

が、これが中々手に入らないのです。自宅や会社の近くのコンビニを探しても全然捕獲出来ず「こんなことをしてたら本当に売り切れちゃうよ」と心配になって来て、会社のみんなに「LP500プロト捕獲作戦」を発令し協力してもらったところ、Moon Space AgencyのSteve君が東京は中野のコンビニで捕獲してくれたのです。彼は本物のオタクなので中野の「まんだらけ」にもよく出没しますので見掛けたら声を掛けて下さいませ。 何はともあれオタクのSteve君ありがとう!!!

    

で、これが問題のランボルギーニ カウンタックLP500プロトタイプのミニカーであります。

どうです、素晴らしい出来でしょ!!!これぞオリジナルカウンタックのクリーンな姿のなのです。

 

このプロトの実車は一世を風靡したミウラの後継車種として開発され71年のジュネーブショーで発表され人々の度肝を抜きました。 ミッドシップエンジンの前にトランスミッションを配置したりして、乗る人のことを考えない機械としての理想主義を貫いたカウンタックでしたが、難しいメカニズムや性能の事はほっといて何と言っても見た瞬間に誰もが驚き、絶対に忘れられないのがこのスタイルなのではないでしょうか。

このプロトが発表されたついこの前の1971年当時は私は小学校に入学致しましたが、写真の美しいイタリア人モデルのお姉さんは現在60歳以上なのでしょうか・・・・・

当時未来的と言われましたが、カウンタックは結局20年近く製造されたので、やっぱり未来の国から来たクルマだったのでしょうね。

  

プロトタイプLP500は生産型のLP400と違い余計なダクトやスクープを一切持っておらず、LP500S以降の下品なオーバーフェンダーやウィングも付いてないので本当にクリーンな美しいスタイルなのです、ああ岡田奈々並みに美しい・・・・・ コクピットも宇宙船みたいでそのまま未来へ飛んで行きそうです。生産型LP400は全く普通のGTカーのコクピットでしたが・・・

確かにね、あんなに狭いとこにV12エンジンを積んじゃって、エアクリーナーの横に電動ファンで冷却するラジエーターでは、エンジンが冷える訳がないので生産型LP400では弁当箱みたいなスクープやダクトで武装し、何とか公道を走れるまでに仕上げましたがLP500プロトの気絶するほど悩ましいスタイルは完全にスポイルされてしまいましたね・・・

   

ボディも高速で浮き上がっちゃうからLP500S以降クワトロバルボーレ、アニバーサリー等の後期モデルでは色んな羽根を付けてごまかしましたが、族車以上に下品なだけでちっともカッコ良くありません、タイヤも太すぎます。あれをカッコいいと言い切るMoon SpaceAgency、Pan君のセンスが私には意味不明であります・・・・

結局プロトのカウンタックLP500は生産型LP400が完成する頃、クラッシュテストに供されてしまってこの世には1台も存在していないのであります。美人は薄命よのう・・・・

カウンタックなんて見てるだけで十分で実際に走らなくてもいいのですから、そういう変な人の為にLP500プロトもあの姿でぜひ生産して欲しかったです、エンジンレスでも全く問題ありませんな。 見る為だけのカウンタック、これぞ究極のマニア向け変態スーパーカー(実物大ミニカー)なのです。

[…]

我、力道山先生の幻をドイツにて発見せり!!

ワールドカップも一段落した所で、突然我が家のエアコンがお亡くなりになられ、 猛烈な湿度の中で暮らす日々が続いております・・・・ 扇風機だけではどうにもならず、冷えたペットボトルをまくら代わりに 使う変態の今日この頃であります・・・6匹の猫と1匹の犬たちも変態だ!じゃなくて大変だ!! と思ってたら意外とあいつら暑さを気にしてません・・・

で、先週からのお話の続きなのでありますが、ヨーロッパ・ツアーの 詳しいレポートは「ムーンアイズ・メールマガジンMMM」にて発表となっておりますので そちらをご覧くださいね。 え、見れない?? そうなの??じゃ今回は特別に見せてあげますからこちらをクリックして下さい。 というよりも一刻も早くMMMに登録してくださいな!!

で、ドイツの博物館なのですが、これが結構楽しくて千差万別いろんなクルマが展示されておりました。 このランボルギーニ・ミウラP400Sはホワイトレターのグッドイヤーがとっても素敵でありました。

こんな可愛いゴッゴモビルやNSUスポーツ・プリンツなんかもあって変態向けの車種選択がたまりませんな!! あんまり嬉しいので我が家の当時物ミニカーの画像も並べておきますね。

おおっ!!これは西ドイツのDKW(デーカーヴェー)ゾンデルクラッセではありませぬか!! 2ストローク好きにはこたえられないクルマです。

エンブレムに注目であります。このクルマには「3=6」不思議なエンブレムが ついているのです、3イコール6です・・・ 変態のアナタならこのエンブレムの意味が分かりますよね。このクルマは 2ストローク3気筒エンジンを 搭載しているのです、カワサキマッハIIIじゃないよ!! DKWの2ストエンジンに対する自信の表れを 示すもので、3イコール6の意味は「2ストローク3気筒は4ストローク6気筒に匹敵する性能を持つ」

というナゾナゾのような意味を表しているのです。間違えた算数ではありません。 カッコイイなDKW、こりゃマッハIIIもビックリだぜ!!

何て興奮しながら、誰も聞いてないのに一人でブツブツと説明しながら 博物館内をトボトボと歩いていると、アメリカ車コーナーにたどり着きました。

シェビーやダッジやキャデ等、日本でもアメリカでも見なれた大きなクルマたちを眺めていると、 いきなりブルーのクルマが目の前に現れました。 「こ、こ、こ、これはスゲエ、こんなのまでここにあったとは!!」とひっくり返りそうになりましたが、 気を持ち直すと力道山先生の姿が浮かんできたのです・・・・

そのブルーの車は「1957-58キャデラック・エルドラド・ブロアム」なのであります。 「な〜んだ、ただの50年代のキャデラックじゃん」といわれるアナタはダメダメです。 このブロアムはとっても特別なキャデなのです。

夢の1950年代、かのGMは「モトラマ・シリーズ」というのを展開していてワンオフのドリームカーをシェビーや ポンティアックやキャデラックやらGMの各ディビジョンごとに製作させ、編隊を組み全米各地をデモしていたのです。

これらのドリームカーはどれも時代を先行するデザインで、それを一般 ユーザーに見せて反応をリサーチし、数年後の量産車にそのデザインや メカを取り入れるという目的を持っていました。そんな中であのテール・フィンのデザインなんかが生まれました。

キャデラックがモトラマ用で1955年に製作したエキスペリメンタルカーがこの 画像のエルドラド・ブロアムなのです。

それをほぼそのままの形で限定生産して販売したのが’57-’58エルドラドブロアムです。 今回ドイツの博物館で遭遇したブルーの個体がまさにそれでした。 他のキャデラックとは別工程で生産され製造、仕上げ、検査とほぼ全ての 工程が熟練工の手によるほぼ手作りの自動車だったのです。 他のグレードではオプションとなる装備全てが最初から標準で組み込まれていました。

車輛金額は13,074ドルで、これは当時の普通のキャデラック4ドア・セダン の4,413ドルに対し3倍の金額を付けていたのでした!!いかに凄いかが分かりますよね。 生産台数も2年でたったの704台と、アメリカ車にしては異様なまでに少ない特別なクルマなのです。 低くたたずむ観音開きの4ドアHTボディは、ルーフがステンレスのヘアライン仕様になってるお洒落さんなのでした。

[…]