Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

「ジェームス・ディーンのように」はかなく散った銀色の550スパイダー

この前ですね、お客様のリクエストによりMoon Discにラット・フィンクのイラストを描いてたんですが、仕上げに数匹のハエをちょろっと入れて「ハイ!出来上がり」となった所でナゼか急に思い出したのが「横浜銀蠅」であります。

1980年代初頭、リーゼントに革ジャン、白いドカンにサングラスといえば「The Crazy Rider横浜銀蝿Rolling Special」なのです、意味分かりませんが・・そして銀蝿といえばついこの前の1981年11月にソロ・シングルを出してヒットさせたギタリストの”Johnny”なのです。おいでCome on, Come on・・・ その名も「ジェームス・ディーンのように」はオリコン3位まで行き、TBSのドラマ「茜さんのお弁当」の主題歌にもなってました。

そんなことはいいとして、本物のジミーといえば力道山先生同様、カーガイとして有名でありますが、彼はスピードの方にとりつかれレース活動に没頭してましたね。

映画に出るようになって自分のお金で最初に買った2輪のトライアンフから始まった乗り物遍歴はスポーツカーへと続き「MG-TD」でドライビングの楽しさを覚えて、その後は出たばかりの「ポルシェ356スピードスター」に乗り換えてレース活動に勤しみます。

カリフォルニアのレースでそこそこの好成績を収め始め、周りも彼のテクニックを認めるようになって行きますが、356のエンジンをぶっ壊して次に買ったのが本格的な新型のミッドシップレーサーである名車の誉れ高き「ポルシェ550スパイダー」であります。べックではありません・・・

スパイダーのミニカーはこのように「当時物」が結構出ていて楽しめるのです。この雰囲気はとてもじゃないですけど現代の精巧に作られた下請けのアジア製ミニカーでは出せない味わいがありますね。

新車を手に入れPinstriper「ディーン・ジェフリーズ」にデザインのイメージを伝え手描きによるゼッケン・ナンバー”130”と”Little Bastard”というレタリングをグロス・ブラックで描いてもらったジミーはウキウキ気分で、次のレ−ス開催地であるサリナスの街に向かって、ハリウッドからスパイダーに乗って出発しました。 最後のドライブであります・・・

スパイダーの助手席にはメカニックを乗せ、追走車にはスタント・ドライバーとカメラマンが出たばかりの’55 Ford Country Squireに乗ってサリナスに向かいました。

そして運命の1955年9月30日の午後、ルート466を直進するジミーは対向して来て左折しようとしていた学生の乗る’50 Ford Tudoorを確認し、スピードを緩めましたが、Fordの方は小さくて低いスパイダーの存在に全く気付かず、そのまま曲がろうとした直前にスパイダーの姿をとらえパニックブレーキとなってそのままスパイダーに突進し激突、軽量級のスパイダーはひとたまりもなく吹っ飛び無残な最期をとげました・・・・合掌。

ジミーはパソの病院に救急車で搬送されましたが即死状態だったそうで、同乗者のメカニックも骨折等の重傷を負いましたが、頑丈なボディーのFordのドライバーは軽傷ですんだそうです。

「エデンの東」や「理由なき反抗」(カリスマ成田店長にぴったりのタイトル!!)といった作品を残し一瞬でこの世から消えていったジミーですが、カーガイにとっては忘れられないヒーローの一人ですよね。 当時物ミニカーを囲んでジミーを偲んでカルピスソーダで乾杯!!であります。

[…]

19回目のHCSは快晴だぜ!!(たぶん)

さて明日12月5日(日)は何と19回目の開催となる、横浜ホットロッド・カスタムショーとなります。 最近「雨の神様」転じて「晴れのプリンス」となりつつあるWildman思うに、明日はたぶん快晴の一日となることでしょう・・・

思い起こせばついこの前の1992年に第1回目のこのイベントが開催されましたがエントラントやお客様のおかげで年々規模が大きくなりまして、気付けば昨年より会場のパシフィコ横浜を全てブチ抜きで使用するという大騒ぎになっております。

海外から参戦の方も年々多くなっておりまして、会場はとってもインターナショナルな雰囲気が漂っていますね。

今回も海外より多数のゲストがお見えになりますが、何といってもロバート・ウィリアムスとスザンヌ・ウィリアムスのお二人が2台のHot Rodと共に来られるのはArtに興味のある方にはたまらないのではないでしょうか!?

そして日本人Artistはウィリアムス夫妻に対してのトリビュート・ショーを開催致しますのでぜひご覧になって下さいませ。もちろんトリビュート作品は販売致しますよ!!

Wildmanブースでは今年もPinstripe Challengeを開催しますので、ブラシを握って見たい方はぜひお越しくださいませ。 もちろん変態話にも応じますので宜しくお願い致します。

それでは明日はパシフィコ横浜でお会い致しましょう、Go! With Moon

不思議の国のオモチャ祭りはワンダーランドだぜ!!

Mooneyes Area-1前の本牧通りはいよいよ桜が満開となりました!! 昼はワンショットペイントのマゼンタに30%

ほどホワイトを混ぜたような 桜の花びらが美しく、夜はArea-1のネオンに溶け込む桜の木々が ロマンチックであります。早く来ないと、桜さんはとっとと散っちゃいます ので、急いで下さいませ。 それはそうと神奈川県ではですね、エイプリルフールの4月1日から 嘘かまことか屋内の喫煙規制を開始とのことで「受動喫煙防止条例」 なるものが施工されました。 建物内の喫煙が規制されるものなのですが、酒もタバコもお金がもった いないし、全く味も分からないので両方ともやらないWildmanにとってはぜん ぜん関係のない話でして「そんなものにお金を使うくらいならミニカーを 買った方が5200倍くらいまし」という自論のもとにずっと生きて来ました。 ケチだから仕方がないのです。 考えてみて下さいよ、一生使うタバコ銭でミニカーが何台買えることやら・・・ 一瞬の快楽よりも一生の快楽なのです!!

ということでMoon Cafeもですね、その条例にのっとって店内はエイプリル フールよりより禁煙とさせて頂きました(ウソじゃないよ)喫煙者の方々には 大変申し訳ありませんが御理解と御協力のほど宜しくお願い致します。 でもね、外のテラス席は今まで通り喫煙OKとなっておりますので、Smoker の方々はそちらの席をキープして下さいませ。もう暖かいのでテラス席 でも全然大丈夫ですよ。 「桜とケムリでかすむクラウン、Full Bloomな本牧通りは今が最高!!」 ポエムだなあ・・・・

ということでやっと今週の本題に入らさせて頂きます。 ついこの前の1981年、高校生だったWildmanの元にあるニュースが 入って来ました。行きつけのミニカーショップである地元横浜は元町の 「サンセット」さんが「オモチャのスワップ・ミート」を開催するという ものでしたが、当時の私には何が起こるのかよく分かりませんでした。 昭和のその頃じゃまだスワップ・ミートなんて言葉自体が日本じゃあまり 使われてなく「オモチャの蚤の市」の方が表現としては分かりやすかった くらいでした。

「開催は8月8日と9日の土日2日間ね、ぜひ行ってみましょう!」と思い 場所を見ると国鉄根岸駅前の薬業会館という何ともマイナーチックな会場 でしたが、根岸駅というのは我が街、岡村町の最寄駅である磯子駅の 隣の駅なのでした、とっても近いのです。小学校の日光修学旅行の集合 場所でもありましたし、バイクなら7分30秒、バスなら横浜市営バス 78系統根岸駅行き一本で行ける距離で、もう行くしかないという感じでした。

ところが世の中はそんなに甘くありません、何とその週末には高校の テニス部の試合の予定が組まれていたのでした!!! 「ゲッ、まずいことになったぞ、ミニカーは欲しいし、試合にも出たい、 どうすりゃいいの??」と悩める17歳でしたが、当時はビヨン・ボルグ様を 崇拝してテニス・モードが全開の時期だったので、結局スワップ・ミート なるものはあきらめ、テニスの試合会場に向かったのは本当につい この前の昭和56年の出来事でした・・・・・ 結局その後ボルグ様にはなり損ねて、ただの変態になってしまったので、 今思えば「あっちに行っときゃよかった」と思う今日この頃であります。

この時、根岸駅前で開催されたオモチャのスワップ・ミートこそ、2010年 現在も続く日本最古のToy Show「ワンダーランド・マーケット」の記念すべき 第一回目だったのでした。 […]

ウソじゃないよ、イソだよ!謎のグリフォはスーパーカー!?Part.I

先日、あるミニカーを探す為に我が変態部屋内の「ジャンク・ヤード」 (ただの段ボール箱)を物色していたところ、探しものとは全然関係ない 懐かしいブルーのジャンク・ミニカーが出て来て郷愁に浸ってしまいました・・・

このジャンク・ヤードというのは数十年に渡るミニカー心中生活の中で、 何らかの理由で傷ついてしまった物や、子供のころ弟に破壊されて しまった物、友人から「もういらないから持ってって」といわれ「ハイハイ、 かたじけない」と廃品業者のように回収してきた物たちがひっそりと眠る 「ジャンク・ミニカー安住の地」となっております。

でもこのジャンクたちも時には役に立つことがありまして、実車と同じく 「部品取り車」として大変重宝することもあるのです。タイヤなんかよく 利用致しますね。

で、ブルーのミニカーであります・・・・皆様は子供のころ買って頂いた オモチャをどのくらいお持ちでしょうか? エッ、全然持ってないって?? それじゃ人間失格ですね。3~40代の人であればせめて5歳くらいの ころのオモチャくらい持っていないと話になりませぬ・・・・・

ついこの前の昭和30年代後半から40年代前半に生まれた方であれば ミニカーといえば英国の”Matchbox”(マッチボックス)なのであります。 1/43スケールのミニカーなんて高価過ぎて、誕生日やクリスマスの イベント時くらいしか買ってもらえないのが当時の一般常識でありまして 60年代当時は150円で販売されていたマッチボックスは庶民の味方 だったのです。 何はともあれ、当時の子供たちはミニカーといえばマッチボックスでした。

バラエティに富んだ車種選択と、かなり精巧なディティールはトミカや ホット・ホイール(ウィールじゃありません、念のため)誕生以前の 小スケールミニカーの代名詞だったのです。

Wildmanもついこの前の幼稚園時代はマッチボックスに大変お世話に なりました。今でも大変お世話になっておりますが・・・ で、やっとブルーのミニカーの登場であります。マジックでゼッケン2番 が描かれてしまった傷だらけのこいつはタイヤも一本紛失していて Wildman的には完全なジャンク・ミニカーなのです。 最近はこんなのでも程度がいいという変態も結構いるのですが・・・ このミニカーが我が家にやって来たのはついこの前の昭和44年、 岡村幼稚園、ひなぎく組の時でありました。 ある日、弘明寺商店街の中華料理屋に家族で食事に行き、今はなき 「さのや玩具店」にて買ってもらった当時最新鋭のミニカーでして、 現在手元に残っている「Wildmanワンオーナーカー」の中でも最古の ミニカーの一台なのです。

でもね、幼年Wildmanは当時このミニカーの車種が全くわからず、 困り果てておりました。マッチボックスでもムスタングやワーゲンなんか はその辺でも実車を見るから全然問題ないのですが、この青いクーペ はその辺を走っていなく、何が何だかさっぱりわからないクルマでした。 シャーシに刻まれた英語なんて読めるわけないし・・・

親父に聞いても「きっとファミリア・クーペだよ」と無茶苦茶な答えしか かえってこず、謎のクルマは謎のまま時が過ぎて行きました。 しか~し、ついにその謎が解ける日がやって来たのです。 岡村幼稚園、月組になった頃、今度は同じ弘明寺商店街にあった いまはなき「高橋玩具店」にてミニカーのカタログを何冊か頂きました。 その中に「1969年マッチボックス日本語版」カタログがありまして、 パラリとページをめくるとそこにはあの青いクーペが出ていたのです!! しかしまだカタカナがよく読めませんでした・・・・親父にそれを読んで もらうと「イソグリフォ」って書いてあるよと言われました。 「いそぐりふぉ~」って何???へんなの、円谷プロダクションのクルマ ですか???と又もやクビをひねるしかありませんでした・・・

[…]