Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

力道山先生五十回忌、Wildman奇跡の新聞デビュー!!

皆様お久しぶりでございます。

1日に開催された22nd Annual Yokohama Hot Rod Custom Showはお楽しみ頂けましたでしょうか!?

   

当日は晴天にも恵まれまして、過去最高のエントリー&入場者数となりました。ご協力、ご来場本当にありがとうございました!!

Pinstripe Gatheringにも40名のArtistが集まり、Custom Paint Contestは何と60名を超えるエントリーとなり、来場の皆様を楽しませる事が出来ました。

来年も楽しい企画を考えますので、ぜひ横浜に足をお運びくださいませ。 又、今回来られなかった皆様も安心です、イベントの模様を抑えたライブ感満載のDVDが発売予定となっておりますので、そちらでバッチリ楽しむことが出来るのであります!!

  

そしてHot Rod Custom Show終了後はすぐにアメリカに飛びまして、Mooneyes USA主催のX’mas Partyに参加してまいりました。

    

おなじみIrwindale SpeedwayにてShow & Dragを開催予定でしたが当日は何と雨が降ってしまい、Drag Raceは行う事が出来ませんでした、残念!!

今回は強烈な寒波が襲い、雨よりも寒さにやられた感じで、朝なんか車のガラスが凍ってしまうくらいの寒さで、日本より寒いCaliforniaを味わってしまいました・・・快晴王子はいずこへ・・・

               

それでも沢山のShow Entry車が集まってくれまして、イベントはちゃんと開催出来ました!!

 

Jim Dunn RacingのMooneyes Funny Carもやって来てくれて、久々にMoon YellowのFunny Carを見れて感動致しました。

                  

他にもNHRA Museumに行って大好きなMoonbeamに再会したり、10回目の開催となったChopper Festを見にVenturaまで行ったりと寒いCaliforniaを堪能して来ました、もちろんカニも食べてきましたので御安心を!!

  

で、明日12月15日は力道山先生の五十回忌となるのであります。 必殺空手チョップで外国人レスラーをなぎ倒し、敗戦で打ちひしがれた日本国民に勇気を与えた先生がこの世を去って50年も経ってしまいました、ナゼか私はまだ生まれておりませんでしたが・・・

そんなこんなで感慨にふけっておりますと、何とビックリ新聞社からWildman取材の依頼が舞い込んで来ました、初めての事なのです。

これはもしやPinstriperとしての半生の連載か??もしくはミニカーコレクター紹介の記事かしら?? いや日本製Nikeについての解説依頼でしょうか???

いやいやDeNAベイスターズ来季の見通しについて語るのか???? それとも先月のKISS 七年ぶりの来日公演についての感想か?????

と勝手に判断しておりますと、全て違うとのことで再びビックリ、力道山先生ファン代表としての取材だったのです!!!!!!!!!

[…]

祝 2QQ回記念!! これからも宜しくお願い致します。

先日Mooneyesの大変古いお客様であるモデラーのN様が、この様に素晴らしいモデルをArea-1に持ち込んで頂きました。

見ての通りあの”Moonbeam”号をスクラッチで製作した驚愕の作品で、Ford Station WagonのPush Carと共にDean Moonが200マイルを目指して走った1960年のボンネビルを再現しているジオラマなのです。

モデルとしてベースの無いMoonbeamをイタリアの跳馬スポーツカー・モデルをベースにし驚異のテクニックでスクラッチして見事にMoonbeamを作り上げてしまいました。結局ベースモデルで残っている部分は殆ど無いそうで、一から作ったも同然の様な感じなのです。

 

ワンオフ製作の削り出しMoon Discも本物にしか見えず、なんとビスまでが再現されていて、その質感は凄すぎてスケールモデルという事を忘れてしまいそうなのです。

Salt Flatsのスタート地点を再現していますが、もちろんコクピットにはDeanが鎮座し、52年前のBonneville緊張の一瞬が伝わって来るのでした。

このジオラマはN様の御厚意により貸し出して頂き、暫くの間Mooneyes Area-1、一階のショーケースに展示されておりますので、お店にお越しの際はぜひご覧になって下さい、必見であります!!

で、必見といえばWildman’s Blogなのですが、今回をもちまして目出度く終了となります、有難うございました。 じゃなくって、ついに今回で200回目の更新となりました、本当に有難うございます!!!!!

2007年の2月からスタートした当変態ブログも、沢山の皆様のご支援の元、あっという間に5年の歳月が流れましたが、5年ではあまりにも短すぎるのであと50年は続ける様に致します。

そんなこんなで久々に過去のブログを読み直してみると、我ながらあまりにも素晴らし過ぎて、「ブログ100撰」出版のお声が掛からないのが不思議なくらいだと思います(自画自賛は人生のモットーです) 最初は小心者だけにおとなしくささやかに始まりましたが、そのうち暴走状態となり常識をわきまえた方々は徐々に離れて行き、最近では世捨て人と変態だけが閲覧するブログとなったようであります、計画通りなのですが・・・

クルマやピンストライプのお話中心にまとめて行こうと思ったはずなのですが、気づけば勝手な趣味の話ばかりになっていて、収拾がつかない状況になっておりました。

  

200回を記念して初期のブログを振り返ってみますと、スタートとなる2007年2月8日から3回に渡っての連載となった「身の程知らすの個人輸入」ではMooneyes入社前の看板屋時代、22歳で大借金王となり無謀にも’68 Shelby MustangGT350を元町時代のMooneyesを介して個人輸入してしまうというくだりを発表しその世捨て人ぶりを暴露致しました、あの時キミは若かった!?

 

2007年4月4日は「ナゾのデザイン、御所山8デカール」のお話で、Wildmanが17年に渡ってStudioとして使用して来た愛すべき御所山のヒストリーとメモリアルとして作ったDM146「御所山8デカール」を紹介しております。 ちなみにデカールは残り僅かですよ!!

2007年4月20日は「幻の社用車、マツダ3輪トラック”Moon Trike”」ではかつてMooneyes社用車として活躍した「マツダT600」のズッコケ話で、買い物に行った横浜駅の地下駐車場でエンジンが掛からなくなり、地下で押し掛けを敢行し奇異の目で見られながらも駐車場から脱出したり、真冬の首都高速を激走中、突然窓が閉まらなくなったまま東京まで走った事などほほえましい思い出が掲載されております。

 

2007年4月25日から3回に渡って連載した「KISSと共に30年」シリーズでは私の1977年からから始まるKISSへの忠誠心と泥沼化したKISSコレクションの始まりを伝えさせて頂きました。30年なんてあっという間なのです。

  

その後スーパーカーとKISSのお話をまとめ、2007年6月8日は「スーパーカーブーム終わりと変態の誕生」では当時撮ったクルマのモノクロ写真を掲載し皆様を和ませました・・・・

そして2007年6月29日からは3回に渡って連載された(この頃やたらに連載物が多くなる・・・)名ブログの誉れ高き「ああ、憧れのMade in USA」ではついこの前、高校生だった頃、突然スニーカーに目覚め憧れの「アメリカ製ナイキ」を友人のT君と共に手にするまでのお話でした。 メンマ工場でメンマつぶしの必死のアルバイトを行い、高額エリート報酬を得た二人が「ナイキ・バミューダ」というアメリカ製(&台湾製)並行輸入レア・スニーカーを手にするまでの感動ストーリーなのです。 まさかこのブログ発表後、本当にバミューダが復刻販売されるとは思いませんでした。 世の中に凄い影響力のWildman’s Blogなのであります(自画自賛!?)

  

2007年8月3日からは驚異の12回連載となった強烈ブログ「2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語」を華々しく発表致しました。 世界一カッコいいオートバイ、カワサキマッハシリーズとの出会いから所有、そして消失までのストーリーを8月から10月まで季節が変わる中、長々と話し続けて収拾がつかなくなり、最後は「終わらなければ切腹する」と言い切り何とか終わらせました・・・ 超絶バイク、マッハとの出会いを作ってくれた中学時代の友人?「不良のA君とY君」は今頃どうしているのでしょう・・・・と思っていたら風の便りにI君が亡くなっていたことを知らされました・・・合掌。

そんなこんなで初期Wildman’s Blogを振り返ってみましたが、200回なんて全くの通過点でありまして、今後50年間続ける事を変態の同士である皆様お伝えしておきますので宜しくお願い致します。

[…]