Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

あれから50年、今後も50年のWildman’s Blogは力道山先生と共に

先日Mooneyes Area-1の駐車場に、このようにとっても珍奇なクルマがいらっしゃっておりました。

 

「ロールスロイス・カマルグ」でございます。その昔のロールスロイスのトップモデルでして、日本の代理店コーンズでの80年代当時の新車価格は驚愕の¥48,000,000という一瞬で読めないようなプライスタグを引っ提げておりました、当時世界一高い車でございます。

22歳の私が¥2,000,000近い借金を背負っていた頃でございます・・・

カマルグの後ろに回るとそこにはこのステッカーが燦然と輝いておりました!!

  

正方形の中に並べられたSSSAのロゴデザイン、見る方が見れば分かりますよね。小学生のWildmanが通った横浜市神奈川区松ヶ丘にあったスーパーカーの総本山、あのお店の本物のステッカーなのでした。

この後カマルグに乗って来られた方に少しお話を伺いましたが、奥が深い話となってしまうので、又いつかの機会に、それでは皆様サヨウナラ・・・

じゃなくってロールスロイスと言えば力道山先生なのであります。(Wildman’s Blog 2008年1月4日参照)

 

力道山先生最後の愛車となったロールスでしたが、当時のトッパンの絵本にもこのように「じょうひんな せかい一のじどうしゃです」と紹介されております、やはり世界一の力道山先生でございます。

こちらの新聞は先月我が家のポストに定型外郵便で届いておりましたが(恐怖新聞ではありません)63年前の昭和25年6月14日(水)の毎日新聞であります。

豪雨で丸の内が浸水し、新車の’50シボレーが水没している写真が載っておりますが、その下には「力道山が保険金詐欺 船の放火に共謀容疑」という記事になっております。

相撲時代の事件なので髷姿の相撲時代の先生のお写真も掲載され、この後十年に渡る波乱万丈のプロレス人生の幕開けにふさわしい事件でございます、さすが先生だぜ!!

今年2013年は力道山先生没後50年となりました。

1963年12月15日にお亡くなりになりましたが、先生はその一週間前に赤坂のナイト・クラブ「ニューラテンクォーター」で起きたささいなトラブルから腹部を刺され、その後の医療ミスにより天に召されてしまいました。

入院中に寿司を食ったり、サイダーを飲んだりしたから病状が悪化して死んでしまったというようなマヌケな記事が氾濫しておりますが、デタラメもいいとこなのであります。

こちらは今から30年前の赤坂S病院の601号室で、力道山先生が息を引き取った部屋であります(現在はありません)

没後20年の時点での撮影ですが、ベッドもカバーも当時のままとのことでした、なんでだろ???

1963年の時点でバス、トイレ、応接室、キッチン付きで一日¥15,000という一流ホテルもビックリのお値段でした、さすが先生であります・・・

力道山先生側近のマネージャーであった吉村さんもすでに鬼籍に入られ、当時を知る方々はもう殆ど残っていないような状況の中、先日ニュースが飛び込んで来ました。

1963年12月8日、赤坂のニューラテンクォーターで喧嘩の末、力道山先生を刺してしまい、懲役7年の実刑を受けた当時大日本興業組員の

村田勝志さんが病気でお亡くなりになられました。先生を刺して「力道山殺傷事件」の犯人となった方ですが、その後50年生きられました・・・

こちらの手持ちの新聞は事件当時の顔写真ですが、結構貴重なのです。

毎年先生の命日の翌日に池上本門司への墓参りを欠かさなかったとのことで、氏も村田組の組長として壮絶な人生を送られたようです。

娘さんがプロレスラーになったというのも何の因果なのでしょうか・・・

本やテレビで事件の事を何度か語られておりましたが、真相はご本人たちにしか分かりませんので、全ては闇の中へと消えて行きます・・・

栄光の面とダークサイドが入り乱れる力道山先生の世界は今後も根掘り葉掘り自分なりに調べて行くのです、このブログが50年続く事を目指して!!

[…]

クリスマスの再会はジューシィ・ハーフとEye Tech Bugだぜ!

Merry Christmas!!と言ってももうクリスマスは終わってしまいましたね。 でもご安心下さい、本牧はMooneyes Area-1店頭のでっかいガラスには年明けまでこのようにSeasons Greetingsのサインが描かれておりますので、写真を撮り忘れた方はこの冬休みにぜひご来店下さいませ。

クリスマスシーズンの一週間はですね、めったに行かない二子玉川に出撃しライブを堪能して来ました。

あ、KISSじゃありませんよ多摩川の河淵でドカンと花火をぶっ放すわけには行きませんから・・・来年KISSはきっと来るはずなのでKISS ARMYの皆様日本武道館でお会いしましょう!

クリスマス・イブに私は女神さまに会いに行ってきました。

そう、元ジューシィ・フルーツのイリア様であります。

ついこの前の1980年、16歳の時にバンド演奏時テレビ画面でお会いして、将来は結婚しようと勝手に誓っておりましたが夢叶わず、バンド解散までずっと応援し続けておりました。

数年前、半分のメンバーで再結成し、ジューシィ・ハーフとなって活動を再開され、今年の春のライブには私も出撃し、昨年としか思えない1980年にタイムスリップさせて頂きました。

そして今回も二子玉川にてライブを行うとのことで、当然行かねばと思いましてチケットを確保致しました。

当日は何と24曲も演奏して下さり、リードギターを弾きまくるイリア様に感動し、思わず結婚を申し込もうかと思ってしまいました。

隠し撮りをしようと思いましたが当日は何とスカパーのカメラが入りましてライブの模様を収録するとのことなので、当然写真撮影禁止となりビビった小心者は一枚も画像を撮っておりませぬ。

来春放送されるそうなので、必然的にスカパーに加入しなければならなくなってしまいました・・・

で、もう一つのクリスマスはこちら黄色の’67 VW Type Iが本牧にやって来ました。

この前のHot Rod Custom Showにポツンと展示されていましたが、その時は「ただ黄色く塗ったビートル」という風情でありました。

当日見た方でこのクルマが何かすぐに分かった方は少なかったと思われますが、実はついこの前の1990年にMooneyesが製作した”Eye Tech ‘67 BUG”なのでありました。

当時は現Moon Cafe店長のGinがownerとなって乗り回していたあのクルマそのものなのです。

当時はこんなところにGinなんて描かれてましたね。

この’67は当初Moon Disc仕様でささやかなビレットパーツが奢られていました。

 

懐かしのCal誌1990年10月号に初登場したときがその姿であります。

裏表紙は当時のSigns & Pinstriping StudioのCMになってました!!

施工金額に時代を感じるよのう・・・

 

その後のマイナーチェンジで90年代に旋風を巻き起こしたBoyds Billet Wheelsを履き、多数のビレットパーツを身にまとい完全なBillet LQQKに変身しVW業界に革命的な新しいStyleを提案したクルマとなりました。

アメリカはHot […]

ウソ八百じゃないよ、800番目のGT350の数奇な運命

先日ですね、当ブログにて知り合った本物の小田急ロマンスカー運転士のH氏が本牧はMooneyes Area-1に遊びに来てくれました。

Wildmanが愛してやまないロマンスカーNSE3100の現役時代に本当に運転されていたという痺れるような経歴の持ち主なのであります!!

 

きっと当時はこういう風な感じで運転されていたのですね。

ロマンスカー・パイロットと言えばNHRAやBonnevilleレーサーに匹敵する優秀な人材と認識しておりますので、あんまり嬉しくて思わずサインをいただいてしまいました。

これで力道山先生、ボルグ様、大洋ホエールズの選手たちと並ぶサインコレクションに一点追加となりました、有難うございます。

で、今週こちらの本が発売となりました、モノ・マガジンのNo.678になります。もう30年も続いているという凄い歴史を持つ本ですが、私も自分の趣味の守備範囲の特集号は揃えさせて頂いております。

今回の号ではトイズ・マッコイさんの特集がされておりまして、その中でマッコイ岡本社長のシェルビー・コブラ427が出ているのですが、私にとっては岡本社長と言うよりも岡本画伯というイメージの方が強いのです。

ついこの前の1977年ポパイ18号の表紙は岡本画伯の筆によるスキーを背負ったブルーのビートルのイラストなのですが、当時13歳の少年Wildmanに強烈な印象を与えてくれまして、「なんでボディがヌメっとみえるんだろう?何でバンパーがメッキに見えるんでしょう??」とこの作品に感動しまくっておりました。思わず自分でもスキーを背負ったスバル360のイラストを描いてみましたがヌメっとはなりませんでした・・

まさかそれから四半世紀以上経って一緒にお仕事をさせて頂いたり、お話が出来るとは思いませんでした。

で、記事の中では岡本画伯とシゲ菅沼のシェルビー・コブラに関する対談に変態一人が割り込む形で?構成されております。

 

岡本画伯の迫力あるシェルビー・コブラ427 S/Cといっしょに写っているブルーの’66シェルビー・ムスタングGT350は何と変態の愛車でございました。

御丁寧に細かな解説も入れて頂きまして恐縮であります。

私のクルマは1966年に2380台作られたGT350の内、ちょうど800台目のキリ番でありまして、当時ロスアンゼルス空港の敷地内にあったシェルビー・アメリカンから直接最初のオーナーにデリバリーされています。

 

シェルビーのシリアルSFM6S800というクルマになります。

シリアルプレートのSFMはShelby Ford Mustang、6は1966年式、Sはストリートバージョン(Rだったら天文学的数字の価値のあるレーシングバージョン)800はこの年800台目のGT350ですぜという意味なのです、ウソ八百みたいですが・・・

800台目からリアの足回りが小変更され、いろんな文献にやたら800という数字が出て来まして何かドキドキしてしまいます。

その後複数オーナーを経て80年代にはレース仕様にモディファイされ、SCAAビンテージレーサーとして西海岸のサーキットを走っていた模様です。

 

90年代に入ってJames Romanoさんという方が元の状態にレストアし、ナゼかフェラーリディーラーに売却され、その後92年にバレットジャクソンオークションに出品され、94年頃日本に上陸し、ついこの前の95年にナゼか変態の元へやって来ました、ご愁傷さまです・・・

こういった事が調べられるのもアメリカという国の奥の深さですが、今後個人情報が出にくいご時世となり調べにくくなってしまうのでしょうか??

 

まあこのクルマはずっと私の元で1/1ミニカーコレクションとして過ごすので個人情報もへったくれもないのですが・・・

46年前に造られた一台のGT350は数奇な運命をたどって日本の変態の元で生息しております。アメリカのマニヤの皆さ~んSFM6S800は岡村町にありますぜ!!

[…]

カッコよかった小林繁、ベイとタイガース仲良くやろうぜ!!

 

おとといですね、またもや横浜スタジアムに出撃し、横浜DeNAベイスターズ x 阪神タイガース戦を観戦して参りました。今年はプロ野球づいているWildmanなのです。今回もこの141番(イシイ番)のWildman指定シートであります。

 

一勝一敗で迎えた3連戦の最終日でしたが、仕事を終えてダッシュでスタジアムに駆けつけるとすでに ベイスターズが2点のリードとなっていました、珍しいですね。

 

一割バッターの梶谷が今季第一号の先制ツーランホームランを放ったとのことで、まぐれあたりの奇跡の一発でありました。

    

その後も追加点があり3対0となって「今日は楽勝ムードだぜ!!」と上機嫌でお弁当を食べていたら、一発を放った梶谷がホームランを帳消しにするエラーをし、その後も代わったピッチャーがあっさりホームランを打たれたり、気がつけば3対3の同点になってしまい「さすがベイスターズ、お客様を楽しませるコツを知っとるぜ!!」といつもの流れにファンタグレープで酔いしれておりました。

と思いきや、さすがベイと共に最下位争いをしている阪神、8回裏に代わったピッチャー福原が乱調で、ポンポンとヒットを打たれたと思ったら、打率2割5分の代打下園に決勝タイムリーを打たれてしまいました。4回に1回しかヒットを打てないバッターにこんな大事な場面で打たれてしまうとは阪神のチーム状態の悪さが出まくってますね…

抑えの山口は今日は落ち着いていて、前回のように救急車を出動させることもなかったのであります。

 

そしてですね、試合の合間に突然アナウンスとともに電光掲示板にMooneyesアイボールマークのタオルを持ったお姉さんが写し出され「横浜と言えばムーンアイズ、黄色のロゴマークでおなじみのムーンアイズとのコラボレーショングッズで~す」とMooneyes x 横浜DeNAベイスターズコラボグッズの宣伝をして頂きました。突然の事でビックリしてファンタを吹き出してしまいましたが、大変嬉しゅうございました・・・

さらに地元ローカル局のTVKテレビには観戦するWildmanの姿も映し出されておりました。 一体今日はどうなっているのでしょう???

 

そんなこんなで今回の観戦も勝利し、今年は3回行って2勝1敗と大変高い確率で勝利しているのです。80年代、横浜大洋ホエールズ時代にせっせと横浜スタジアムに通っていた頃は3勝8敗とか2勝7敗なんて事はザラでして、それに比べれば精神的にも安定しております・・・

そして阪神タイガースであります。今年はベイと仲良く最下位争いを演じている西の横綱人気球団でありますが、その昔は我が大洋ホエールズと共に長い暗黒時代がありまして、子供の頃は大洋の次に好きなチームでありました。お互い強烈に弱かったものでして・・・

田淵や掛布、カークランドにラインバック、若菜に竹之内と沢山の個性的な選手がいて、人気の割にとても弱いという不思議なチーム状態が続いておりました。 バースが一人で優勝したり、野村、星野両監督の元で短い栄光の時代があったりとここ数年は人気と実力が兼ね備わっておりましたが、今年はバタバタしてますね。

そんなタイガースで一番好きだったのは何と言っても「故小林繁投手」であります。 巨人に入団した頃の選手名鑑の写真を見たときはカマキリにしか見えず「こんな細い体のプロ野球選手なんて信じられん」とほざく小学生のWildmanでしたが、その後サイドスローを駆使し、あっという間に大巨人軍のエースになってしまいました。

私ね、阪急の山田投手とかアンダースローやサイドスローのピッチャーが好きなのであります。

「巨人は嫌いだけど、小林だけは好き」とほざく中学生のWildmanでしたが、ついこの前の1978年に例の「江川事件」が起こり、大巨人軍が紳士の振舞いを見せ空白の一日を利用して力づくで江川を入団させてしまいました。いつの時代も巨人軍は紳士であります・・・

結局それは認められず、江川はドラフトでクジを引いた阪神タイガースに一度入団し、阪神から巨人にトレードで入団するという詐欺まがいの行為で目出度く大巨人入りとなりました、良かったね。

そしてその犠牲となり大巨人軍のエースだった小林は阪神にトレードされてしまいました、なんてかわいそうなのでしょう・・・

世間は大騒ぎし、Wildmanも大騒ぎし「江川はぶっ殺す、小林頑張れ」とほざいておりましたが、本当に小林投手は頑張ってしまい移籍一年目のタイガースで22勝をあげ最多勝となり、巨人戦では8連勝!!という漫画のような活躍を見せました。

 

世間一般の人々はみな小林投手の事を応援していたような時代の流れでした。氏の気持は複雑だったようですが・・・

「なんて小林はカッコいいんだ、来年はぜひ大洋ホエールズに移籍してほしい!!」と勝手にほざくWildmanがそこにおりました、IQが低いもので・・・・

その後も小林投手はタイガースのエースとして大活躍されましたが、ついこの前の1982年の横浜スタジアムでの開幕戦で(Wildman現場観戦)大洋相手に「サヨナラ敬遠暴投」というレアな技を見せてくれ、ますます小林投手の事が好きになってしまいました。

そしてまだ余力があったにも関わらず、あっさりと引退してしまい伝説の大投手となってしまいましたが、TVキャスターを務めたり、コーチとなったりして各分野で活躍されておりましたが2010年に心筋梗塞で亡くなられてしまいました、合掌・・・・

小林投手が活躍されていたあの頃の弱いタイガースが好きでしたが、最近はあの頃並みに弱くなってきたので、ベイスターズと共に仲良くやって行きたいものですね。

ベイ、タイガース共に小林投手のような個性的な選手が出てきて欲しいですな。

あ、それと明日の日曜日は本牧Mooneyes Area-1店頭開催のサイドウォークセールにてピンストライプのデモを行いますので、皆様ぜひ遊びに来て下さいませ!!

[…]

苦節37年、夢のコラボは横浜DeNAベイスターズだぜ!!

皆様お久しぶりでございます、ここのところあっちこっち出張が続いてしまい、出たり消えたり行方不明ですみませんです・・・

先週末はですねMooneyes USAにて開催された恒例のOpen Houseに出撃して参りました。

 

今回はなんとArea-1のカリスマ成田店長と一緒の旅だったのです。

せっかく一緒に行ったのだからとりあえずカリフォルニアの雨でも見せてあげようと思ったらやっぱり初日はバッチリ雨となりました、雨の神様健在であります!!

      

でもイベント当日は快晴となり、たくさんのPinstripeのお仕事を頂きまことに有難うございました。

  

今年も好評のChico’s Burgerはカリスマ店長も大活躍し、炎天下の中真っ赤になって次々とパテを焼いておりました、さすがカリスマだぜ!!

このイベントの詳しい情報はカリスマ店長がバッチリレポート致しますのでこちらをクリックしてご覧になって下さいませ!!

     

あ、今回も当然大好物のカニを食しましたが、こちらの”Joe’s Crab Shack”なるお店でこのように豪快な「キングクラブのバケツ蒸し?」を頂きました、とっても美味しかったです、カニって本当に素晴らしいですね!!

そして話題変わりましてWildmanは只今猛烈に感動しております!!!

何が感動してるかって?? それは言えないぜ、サヨウナラ・・・じゃなくって

苦節37年、ついに夢がかないました。

思い起こせばついこの前の1975年、生まれて初めて親父に川崎球場へ連れて行ってもらい大洋 x 巨人を観戦し、それ以来大洋ホエールズのファンになり、1978年には私の地元横浜に奇跡の移転となり「横浜大洋ホエールズ」が誕生し、80年代は優勝を信じてせっせと横浜スタジアムに通い続け、全く優勝は無理と分かっていてもたまに勝つことに生きがいを感じ、5年くらい前にしか感じない1993年に「横浜ベイスターズ」に生まれ変わった後も応援し続けました。

そして1998年には38年ぶりの優勝という人生最高の瞬間を迎え「もう思い残す事は無いぜ!!」と豪語しましたが、やっぱり小心者は思い残すことが沢山あったので、今も細々と暮らしております。・・・

そんな事はどうでもいいとして、優勝後の数年間は暗黒時代を迎えてしまい「もうプロ野球なんかどうでもいいや、所詮他人がやってる事だし・・・」などと言ってはいましたが、夜になるとついプロ野球の結果を調べてしまい、勝率3割台でも「勝負というのはたまに勝つことに意義がある、しょっちゅう勝ってたら全く意味がない」という新理論を展開し、応援し続けておりました。

その後、球団売却、本拠地移転問題にハラハラしながらも動向を見守り、何とかDeNA様に救って頂き「横浜DeNAベイスターズ」の誕生となりました。横浜じゃなきゃ意味がないのですよ!!

中畑新監督を迎え今年は新たな船出となり話題性も大きくなりましたが、成績自体はなかなか上向きません。でもね、たとえ負けても面白い試合が多かったり、若手が伸びて来たりと昨年までよりも楽しくて夢のあるチームになって来ましたぜ。

そして感動の本題です・・・・ついにその時がやって来ました、14年振りの横浜優勝!!

じゃなくって何とビックリ、Wildmanもビックリ、横浜のMooneyesと横浜DeNAベイスターズがコラボレーションし横浜X横浜の”Yokohama Connection”なる展開でコラボグッズが販売となったのです。しかもデザインは私、Wildman石井が担当させて頂きました!!感動し過ぎて涙が止まりません、カリスマ店長のクシャミも止まりません・・・

大洋時代より応援し続けて37年、夢にまで見た球団オフィシャルグッズのデザインをさせて頂くとは感無量であります!!

Tシャツ、キャップ、マフラータオル、トートバッグ、リストバンド等々、横浜DeNAベイスターズ初優勝へ向けて入魂の一筆なのです!!

この後の勝手な予定としては、優勝記念グッズのデザインや夢のユニフォーム・デザインまで妄想は広がるのです・・・とりあえず優勝グッズは先にデザインしておきましょう。5年以内に使いますから・・・

それと選手全員の自家用車にPinstripeを描いてもいいですね。

アイテムは現在、横浜DeNAベイスターズオフィシャルショップ、同公式オンラインショップ、横浜スタジアム等で販売されておりますが、もうすぐMooneyes Area-1での発売もスタート致しますよ!!

いつかは中畑監督とのサイン会をArea-1店頭で行いたいものですな、もちろん優勝パレードは本牧通りと御所山で、熱いぜ横浜! Go! Yokohama DeNA Baystars

[…]