Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ウソ八百じゃないよ、800番目のGT350の数奇な運命

先日ですね、当ブログにて知り合った本物の小田急ロマンスカー運転士のH氏が本牧はMooneyes Area-1に遊びに来てくれました。

Wildmanが愛してやまないロマンスカーNSE3100の現役時代に本当に運転されていたという痺れるような経歴の持ち主なのであります!!

 

きっと当時はこういう風な感じで運転されていたのですね。

ロマンスカー・パイロットと言えばNHRAやBonnevilleレーサーに匹敵する優秀な人材と認識しておりますので、あんまり嬉しくて思わずサインをいただいてしまいました。

これで力道山先生、ボルグ様、大洋ホエールズの選手たちと並ぶサインコレクションに一点追加となりました、有難うございます。

で、今週こちらの本が発売となりました、モノ・マガジンのNo.678になります。もう30年も続いているという凄い歴史を持つ本ですが、私も自分の趣味の守備範囲の特集号は揃えさせて頂いております。

今回の号ではトイズ・マッコイさんの特集がされておりまして、その中でマッコイ岡本社長のシェルビー・コブラ427が出ているのですが、私にとっては岡本社長と言うよりも岡本画伯というイメージの方が強いのです。

ついこの前の1977年ポパイ18号の表紙は岡本画伯の筆によるスキーを背負ったブルーのビートルのイラストなのですが、当時13歳の少年Wildmanに強烈な印象を与えてくれまして、「なんでボディがヌメっとみえるんだろう?何でバンパーがメッキに見えるんでしょう??」とこの作品に感動しまくっておりました。思わず自分でもスキーを背負ったスバル360のイラストを描いてみましたがヌメっとはなりませんでした・・

まさかそれから四半世紀以上経って一緒にお仕事をさせて頂いたり、お話が出来るとは思いませんでした。

で、記事の中では岡本画伯とシゲ菅沼のシェルビー・コブラに関する対談に変態一人が割り込む形で?構成されております。

 

岡本画伯の迫力あるシェルビー・コブラ427 S/Cといっしょに写っているブルーの’66シェルビー・ムスタングGT350は何と変態の愛車でございました。

御丁寧に細かな解説も入れて頂きまして恐縮であります。

私のクルマは1966年に2380台作られたGT350の内、ちょうど800台目のキリ番でありまして、当時ロスアンゼルス空港の敷地内にあったシェルビー・アメリカンから直接最初のオーナーにデリバリーされています。

 

シェルビーのシリアルSFM6S800というクルマになります。

シリアルプレートのSFMはShelby Ford Mustang、6は1966年式、Sはストリートバージョン(Rだったら天文学的数字の価値のあるレーシングバージョン)800はこの年800台目のGT350ですぜという意味なのです、ウソ八百みたいですが・・・

800台目からリアの足回りが小変更され、いろんな文献にやたら800という数字が出て来まして何かドキドキしてしまいます。

その後複数オーナーを経て80年代にはレース仕様にモディファイされ、SCAAビンテージレーサーとして西海岸のサーキットを走っていた模様です。

 

90年代に入ってJames Romanoさんという方が元の状態にレストアし、ナゼかフェラーリディーラーに売却され、その後92年にバレットジャクソンオークションに出品され、94年頃日本に上陸し、ついこの前の95年にナゼか変態の元へやって来ました、ご愁傷さまです・・・

こういった事が調べられるのもアメリカという国の奥の深さですが、今後個人情報が出にくいご時世となり調べにくくなってしまうのでしょうか??

 

まあこのクルマはずっと私の元で1/1ミニカーコレクションとして過ごすので個人情報もへったくれもないのですが・・・

46年前に造られた一台のGT350は数奇な運命をたどって日本の変態の元で生息しております。アメリカのマニヤの皆さ~んSFM6S800は岡村町にありますぜ!!

[…]

小田急ロマンスカーはストリームライナーだ! PartII

とっくの昔にお盆Weekが過ぎたというのにちっとも涼しくならず、逆に横浜の気温は上がるばかりで、もうどうにでもなれという感じであります。こんな時は避暑地軽井沢にボルグ様の1981年仕様のコスプレでテニスをやりに行きましょう!!なんて極普通の生活が出来ないところが変態の悲しい所なのです・・・

ということで暑い夏にはやっぱり「小田急ロマンスカー」であります!!

名ブログの誉れ高き2008年3月7日投稿分の「小田急ロマンスカーはストリームライナーだ!」の続編を無性に書きたくなり、行って参りました小田急ロマンスカーの聖地「開成駅前第二公園」へ!!

そう、小田急開成駅前の公園に我が憧れのロマンスカーNSE3100型が静態保存されているのはとっくの昔にリサーチ済みで、後はいつ拝みに行くのかが課題でありましたが、やっとその機会が訪れたという訳であります。

噂によると月に2回くらいしか一般公開されていないとの事で、それを調べるために開成町役場にコンタクトを取りました。

小心物としては電話での問い合わせは恥ずかしいので、メールにて「憧れのロマンスカーはいつ見れるのでしょーか??」と送った所、すぐにお返事を頂きました、有難うございます開成町役場のT様!!「駅前第二公園のロマンスカーは夏休み期間中の8月いっぱいは毎日公開しています」とまったく素晴らしいご案内を頂き、あまりの嬉しさに「有難うございます、すぐに見に行きます!!!」と思わず返信してしまいました。

でも雨天中止とのことで「さすがNSE様だ、大事にされてるんだなあ」と思いました。

そしてこの前の月曜日の午前中、行って参りました小田急開成駅前第二公園へ。横浜市と同じ神奈川県内とはいえ、開成駅なんてこれまで全く縁のない駅でありまして初めての来訪となりました。

踏切を渡り遠くに駅が見えて来ましたが全然人影がなく寂しい感じで「こんな所に本当にロマンスカーがあるの?」と不安になりましたが、次の瞬間いきなりオレンジ色のニクいやつが目の前に飛び込んで来ました。

「うお~ロマンスカーだ、NSE3100だ、ストリームライナーだ!!」と叫ぶ変態の前に静態保存のNSE様が迫力の顔面をこちらに向け鎮座されておりました・・・このデザイン、このグラフィックス、何もかもが美の極致なのです。

普段はグリーンの蛇腹ガレージを被らせて保存されているようで、公開日のみこのようにガバッとガレージが開いて正義の味方が登場するのです。よく見るとマジンガーZのホバーパイルダーにも見えて来ました、カッコイイ!

やっとめぐり合えたロマンスカー、感無量のなか撮影を開始致しましたが、その横にはこげな看板が・・・「ロマンスカーの愛称 ロンちゃん」ですって・・

「うーむ、ロンちゃんはちょっと違うんじゃない??可愛すぎる感じがするぞ」と看板を目の前にブツブツと一人悩む変態がおりました。「ロマンスカー、ロマンス、ロマンスと言えば銀河のロマンス@ザ・タイガースタイガースと言えば沢田研二、沢田研二と言えばジュリー・・・そうだジュリーだ!!愛称はジュリーに決定だ!!」とこの日からNSE3100の愛称は「ジュリー」となりました。

皆様もそう呼んで下さいませ、今度看板を書き換えておきます。愛称が決まった所で、さっそく車内を拝まさせて頂く運びとなりました、ありがたや、ありがたや・・・この日は時間が早いこともあり他に誰も見学者がいないようです、早起きは三文の徳、ウヒヒ、ロマンスカー展望席貸切だぜ!!車両後部から入るのですが、そこには下駄箱が設置されていて中でスリッパに履き替えるのです。

さすがジュリーは大切にされてるぜと思いつつガラッと扉を開けると、そこには4人のおじ様たちが何やら談笑されておりました。

ビックリした小心者の変態は「こ、こ、こんにちは、見てもいーですか???」と思わず小声で聞いてしまいました。すると「どうぞ、どうぞ、ゆっくり見てってください」と言われホッとする小心物は1976年製ナイキ ル・ビラージュをスリッパに履き換え車内に侵入しました。おじ様たちは開成町内会か役場の方みたいで私がウロウロしていると「どこから来たの」とか「小田急関係の人?」とか質問をされて来ました。「私は横浜市よりやって参りました、小田急の人ではなくこの小田急ロマンスカーの大ファンであります!!」と答えると「へ~、そうなの・・・」と十分納得して頂いたようです。

さて自己紹介が終わったところで、憧れの展望席窓側1148番へと向かいました。ここです、まさにこの席です。

幼少のころより憧れ続けたNSE3100の先頭車両のこの席、今の気分はこのイチコーのブリキのおもちゃの窓にプリントされた人々のように箱根湯本へ向かってロマンスの旅へいざ出発!!という気分なのです。もう最高であります!!!

興奮冷めやらぬうちに、今度は2階の運転席へと向かいました。まさかロマンスカーの運転席に座れるとは、40年来の夢達成という感じでした。「た、高い、なんて高いんだこの位置は!!ホントにこんなので運転出来たの??」と思うほど恐ろしく高い着座位置なのでした。

そりゃそうですよね、車両の屋根の上に運転席があるのですから・・・・クルマでもきっとこのような高さだと猛烈に怖いと思われます。

Wildmanもこの日ばかりは「出発進行!!」とNSEパイロット気分を味わえ最高でしたが、冷静に考えると運転室内はとっても狭くて、以前本物のNSEパイロット様にお話を聞いたように、この場所は夏の運転時はきっと猛烈に暑かったと思われます。プロは何でもつらいのう・・・

さんざん楽しみ、車内の謎のおじ様たちに「また、近いうちに来ます!!」と挨拶をし、うしろ髪ひかれ隊となってこの日はジュリーとお別れとなりました。

ついに乗ることが出来た憧れのロマンスカーNSE3100(動かないけど)長年の夢がかない最高の一日となりました。

愛称もロンちゃんからジュリーに変更となり、ますますNSEに愛着が湧いて来ました。

皆様もぜひ開成駅前第二公園を訪れ、ジュリーを堪能して下さい!!!

くだらない映画を見るより絶対にお勧めです。

[…]

40年の付き合い、俺のバイブルは「交通の図鑑だ」!!

この前ですね、こういったデザインのポスターが一点完成致しました。9月26日(日)東京はお台場にて開催される恒例のイベント、”13th Annual All Odds Nationals”の物なのですが、今年のFeature Carは1985年までに製造されたホンダ車(85年以降でも同型生産車はOK)という事で”HONDA Day”になっております。

クーペ9でも初代プレリュードでもS800でもインテグラでもT360でもシビック・シャトルでも何でもOKですので、ホンダ車にお乗りの皆様ぜひお集まりくださいませ!!もちろん他のヘンな国産車も大歓迎ですので、絶対に快晴となる(はずの)お台場に9月はGo!です。

そういえば昨年はトヨタ2000GTもいらっしゃっておりましたが、ムーン イラストレイテッドvol.5のWildmanページに掲載したのも2000GTでしたよね。何、まだ見てない!!それじゃ話が通じませんから早いとこ本屋さんに行って下さい!!

その記事の中でホンコンの4流ミニカー・ブランド”TIN TOYS”製の2000GTを紹介致しました。とってもチープなミニカーなのです。当時物2000GTのミニカーの中で最高傑作の誉高きイタリアは ”Mebetoys”のコピー商品なのですが、実は本家よりも探すのが困難な迷品?となっております。 そんな事よりも大事なのはそのパッケージ裏に描かれたイラストでして、2000GTの横にはなんとまあ「オペル1900GT」が描かれていたのです!! TIN TOYSは本物とニセモノ?を同時に作った確信犯だったのです。

あのスーパーカー・ブーム時にはニセモノ2000GTのレッテルを貼られていて「昨日2000GTを見たよ!」と自慢する小学生が必ず言い返されたのが「「それはウソだね、きっとオペル1900GTの間違いだよ」という会話が日本中で起こっていたのです(ホントか??)そんな扱いのオペルがミニカーのパッケージで2000GTと並べて描かれてしまったとは、2000GTにとっては屈辱以外の何物でもありませんな。

そしてその屈辱のミニカーがやっと手元にやって来ました。どうしてもパッケージのイラストのように2000GTとオペルを並べたくて早数年、夢が叶い屈辱のツーショットが完成し、変態的にはもう満足であります!!このトヨタとオペルのコラボをぜひ実車でやってみたいですね、2000GTオーナーの皆様は、早いとこオペル1900GTもお買い上げになり、このように2台をガレージに並べて下さい、絶対満足すると思います。

で、やっと本題に入ります。我が家の「2000冊の本の森」の中で最も古い本が一冊あります。発行された年代が古いんじゃなくって、私が最も昔から持っている本がこちらになります。小学館の学習図鑑シリーズ9巻「交通の図鑑」なのです。

この本の初版は昭和31年11月となっておりますが、私の手元にやって来たのはついこの前の昭和43年、幼稚園の時でありまして、改定16版になります。

以来40年間、私の人生のバイブルとしてずっと手元にあったのです。同時期のこのシリーズで植物とか動物とか地理とか人体とかいろんな図鑑があって「末は博士か大臣か」と親が順番に一冊ずつ買い与えてくれたようなのですが、この交通の図鑑以外全く興味を示さず、他のはみ〜んなどっかにいってしまいました。

当時で1冊¥350もしたのに・・・スミマセンです・・・結局どうやっても博士か大臣にはなれず、立派な変態にはなれました・・・

内容が素晴らしすぎて、どう紹介してよいのか分かりませんが、平安時代貴族の旅から未来の交通まで、それはもう支離滅裂、何でもコイや!!という感じなのです。4名の著者の先生方は皆様明治生まれで、時代を感じさせてくれます。船、飛行機、自動車、機関車&電車等々、当時考えられた交通に関する物全てが、素敵なイラストと写真で綴られております。特に8名の先生によるイラストが素晴らしい芸術作品となっているのです。表紙は最近何かと話題のJALのダグラス機が描かれ、裏表紙は今あったら一財産のブリキのオモチャで構成されています。この意味不明さが良いのですな。

大好きなクルマがたくさん出てたのでそれだけでも満足でしたが、特に幼年Wildmanをひきつけたのが電車の紹介ページでした(でも、鉄ちゃんじゃないよ!!)

まだNSE3100系ロマンスカーになる前のシンプル&ビューティーなSE3000系「あしのこ号」や未来から来たと思った近鉄ビスタカーに感動し、二俣川に住んでた、いとこのさとし君家に遊びに行くときいつも乗ってた相模鉄道には愛着があり、お絵かきの時ブルーグリーンというかなんともいえない色がクレヨンで中々出せなかった思い出が残っております(でも、鉄ちゃんじゃないよ)

中でも強烈だったのが世界一美しい電車とWildmanが認める小田急ロマンスカーNSE3100の対極にあると思われるイタリアの「セッテベロ号」のイラストと写真でした。「な、な、な、なんだコレは!これって電車なの??」と強烈な印象を残したそいつは美しさと醜悪さが入り乱れる造形でした・・・デザインの国イタリアならではの電車ですが、やっぱり今見ても十分にヘンです・・・ミラノ〜ローマ間632キロを5時間55分で結んでいた昔の特急ですが、残念ながら昨年のイタリア出張の際、見ることは出来ませんでした。NSE3100共々セッテベロは実はとっくに現役引退しておりました・・・・・ああ、悲しい・・・・

でもよく見るとヤツは小田急NSE3100にソックリさんなのです!!流線型の展望席ガラス形状や2階の運転席等セッテベロとロマンスカーは瓜二つでまるでトヨタ2000GTとオペル1900GTの関係みたいです、本当に!

セッテベロの方が設計が旧いので、当然パクリはロマンスカーですが、あとから出た物のほうが断然美しくなっておりますな・・・でも美と醜悪の紙一重の所にいるセッテベロも捨てがたい魅力があるのです。さすがイタリアはデザインが分かってるぜ!!

という事で40年間バイブルとしてきた「交通の図鑑」ですがいつも新しい発見があるのです。2030年頃もきっと新たな感動を生んでいるはずです。

[…]