Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

派手好きの小心者、ナイトトラック狂想曲

2月のブログにてお話致しましたが、今年はナイキが創立40周年という事でなりふり構わず?懐かしのモデルを復刻しております。 この前はナイキの歴史の中で燦然と輝く欠陥モデル、初のエアソール搭載の「テイルウィンド」が復刻されブログでもご紹介致しましたが、この3月にまさかこれだけは復 刻されまいと勝手に思っていたキラキラとラメが輝く恥ずかしモデル「ナイトトラック」が出てしまいました、ウソみたい・・・ 1978年に発売されたこのモデルは、ついこの前の1980年頃、雑誌ポパイでディスコでのダンス用スニーカー「ナイキ・ディスコ」と紹介されていたのを 見て「これ、欲しい!ああ憧れのMade in USAだし、絶対に欲しい、これ を履いてディスコに行くのだ!!」と夢見た高校生でありましたが、並行輸入品であった 為、高価だし品薄で当時は手に入れる事は出来ませんでした。

当時原付スクーターのスズキ・ラブのCMにまだ元気だったマイケル・ジャクソンがこのナイトトラックを履いて出演していたので、そっちの方の話題で有名になったスニーカーでもあります。マイケルが履いてるとちっとも派手に見えませんでしたね。

その後あっという間に21世紀となり、やっとUSED品が手元にやって来ましたがラメラメ仕様のこの靴はとってもデリケートでして経年変化も激しく、履いたらバラバラになってしまうのではと思い観賞用として楽しんでおりました。

そして今回目出度く奇跡の復刻販売となったのでありますが、海外と比べ日本での正規発売は多少遅れていました。「まあ正規輸入販売される事だし、話題性もあるし、いっぱい輸入されて日本中にマ イケル・ジャクソンが出現するのでしょうな、みんなでいっしょにムーン・ウォークだぜ!!」と勝手に思っていたら、とんでもないくらいの少ない数が、限られた店舗で超限定販売のような形でひっそりと販売されてしまいました。 そしてあっという間の完売・・・青山のお洒落なクラブなんかで売らないで下さいよ、こっちはディスコにしか行った事ないんだからさ・・・

マニアの皆様はひっかきまわされた感のある今回の復刻劇でありましたが、モデル自体はなかなかの出来でして、細かいことは抜きにして意味不明ギンギラシューズのナイトトラックのイメージは上手く再現されています。 形はオリジナルよりちょっとぽってり気味ですが、アウトソールのラメ(フレー ク)の入り方はオリジナル以上にギンギラでカッコいいです。

反対にスウォッシュ・ラインはオリジナルの方がギラギラと光っています。

気にな るのはこのラインの上部がこの様に縫い付けられていて少し隠れてしまってるのが変といえば変ですね。

私のオリジナルはこんな感じなので、復刻生産時に参考とした物がこのようになっていたのでめんどくさいからそのままそれを再現してしまったのでしょう か??

オリジナルは当時とっても高価な、ああ憧れのMade in USAでありましたが、今回のはベトナム生 産になります。なのでアメリカ製だった30年前当時よりずっと安い価格になりましたね。 おかげさまで心おきなくナイトトラックを履いてディスコ繰り出せるぜ!!と変な クツを抱えて部屋で小心者は妄想にふけっております・・・ 変なクツといえば昔のナイキはへんてこりんスニーカーを沢山作っておりました。

こちらは1982年発売の”Sierra”シエラというモデルですが虹色カラー のストライプは受け狙いとしか思えません。その受け狙いに見事にはまってしまい、二足持っている内の一足目は82年に「元町アスリートフット」で購入しましたが、学校に履いて行ったら結構笑われました、やっぱり受けたぜ!! 当時はこれがレディース・モデルだったとは知らず「何でいつもより2インチも大 きいのを買ってしまったのだろう、お店の中で突然足がデカくなったのか??」と小心 者は悩んでい ました。

こちらは1983年発売の廉価版シューズSierra Caribu”シエラ・カリブ”でして、ストライプはホログラム仕様となっていて、見る角度によって色が変わるというオマケのシー ルみたいなのです。エア・ジョーダン以前は冗談みたいなのばっかり作っていたのですね、ああ恥ずかしい・・・

そして最後は全くついこの前のロスアンゼルス・オリンピックの年、1984年か ら作られたどう履きこなしてよいのかさっぱりわからない”Terra Rainbow”テ ラ・レインボーというレインボー マンも真っ青の変態カラーモデルです。

[…]

空冷V8のお通りだ、三つ目のタトラはCQQQLだぜ!!

最近やっと気温が上がり始めまして、Moon Garage内でのPaint作業も多少は楽になって来ましたね。 お店に来たお客様から「こんな寒さの中で作業して大丈夫なんですか?」などと心配そうに優しいお言葉を掛けて頂きますが、私は全く大丈夫であります、ハイ!!

長年に渡り外で作業してきた事により鍛え上げられた肉体は、シンナーとミニカーで多少感覚がおかしくなっている事と重なり、皆様ほど寒さを感じない様な気が致します、たぶん・・・

なので皆様どうぞご心配なく変態を見守って頂き、Garageにお越しの際は気軽に声を掛けて下さいませ。

で、よくお客様や雑誌編集の方々から「Wildmanはクルマは何が一番好きなのですか?」質問されるのですが「ハイ、1/43のミニカーが一番好きであります!!」と答え、そこで会話が終わってしまうのです、本当にすみません・・・

「あの、ミニカーじゃなくって実車の話で・・・じゃあ今後欲しい車は何ですか」と会話が再開されると「ハイ、やっぱ一番欲しいクルマはタトラであります!」と元気よく答えてしまい、またもや会話が続かなくなってしまいます、なんでだろ・・・

「多寅、たとら、他戸羅???」とお客様の頭の中はこんがらがってしまい、これはやばいと思い「あ、今のはジョークです、本当はACコブラ289とかトヨタ2000GTなんかが欲しいですよね、ワハハハハ」となって普通に会話は盛り上がって行くのでした、目出度し、目出度し・・・

そう、私の夢のクルマはチェコスロバキアの至宝「タトラ」様なのであります。 「やっぱり、こいつ頭おかしいや」と思われるでしょうが、私はタトラこそ生まれながらのRod & Customだと認識しており、BIGに当選したら車高を落としただけで、あとはノーマルのままでGrand National Roadster Showあたりに持って行って並べたいくらいなのです、カッコいいぜ!!

旧チェコスロバキアで生まれたTatraは1800年代から車を作っていた歴史のあるブランドで、機動車やヒコーキまで作っていたという凄い会社なのです。

特に1930年代の「流線形」を取り入れた自動車のデザインは実に素晴らしく、当時のアメリカ車なんかにも決して負けない物だと思っています。

  

これらのタトラ77シリーズのデザインは強烈でして、その後ろ姿なんか形容のしようがなく、センターに生えたフィン(背びれ)はその後の50’sのアメリカ車なんか完全にぶっ飛んでしまいます、これじゃヒロハタ・マーキュリーさえも太刀打ち出来ませんな・・・・

 

そして戦後のこれらタトラ87やタトラプラン600は流線形を保ちながらもこの様に少しおとなしいデザインに変わって行くのです。

が、後ろ姿は相変わらず強烈でしてこの有様です、ああ美しいな・・・・

さらに1950年代に入るとまさに”Lead Sleds”としか思えないニューモデル「タトラ603」発表しました。これが欲しいのです私は!!

「2,5リッター空冷V8エンジン!!」をリアに搭載する世界最大のリアエンジン乗用車の603は全長5mで車幅は1,9mとアメリカンなサイズですが、前後のオーバーハングが1mを超えているという変態バランスで気持ちの悪いプロポーションをさらに気持ち悪くしています、何てカッコいいんだろ・・・・

何と言ってもデザインのハイライトは顔面にありまして、見ての通り「三つ目」なのであります、全く信じられないくらいアヴァンギャルドなのです。

「何もかも流線形だぜ!!」というコンセプトの元に作られたので、ヘッドライトを三つ並べてそれを一枚物のレンズでカバーして曲面にするという手法は、最近のLEDヘッドライト全開のドイツ車たちも一発で吹っ飛ばしてしまうような素晴らしいデザインです。

リアのエアスクープなんか、空気どころか鳥や空き缶までをも吸い込んでしまいそうなデカさなのです、全く良く冷えるぜ!!

殆どチェコスロバキア国内だけで流通していたタトラ603でしたが、新車当時日本にも上陸していたのですな。

 

この通り我が書斎(ただの戸棚)から引っ張り出して来た2冊の本は、ついこの前の1959年と1964年に出版された「月刊自家用車」とベース・ボールマガジン社時代の「CARマガジン」であります。

モノクロページで紹介されてますが、チェコ大使館の車でして「外」ナンバーが燦然と輝いております。

フロントには巨大なトランクが有るのでここに巨大なエアサスのタンクを積めば車高もバッチリ決まるし、室内なんてそのままでもKustomなのであります。

あまりにも美しいタトラ603でしたが、マイナーチェンジを繰り返して、気持ち悪さの方にも拍車が掛かってしまいます。

  

この様にヘッドライトが4つになりまして、真ん中に寄ったり端っこに行ったり異型ランプまであったりと、妖怪さながらの姿を呈して行くのでした・・・・

1975年まで20年に渡り20000台以上作られた603でしたが、その後普通の?デザインのこちら613にバトンタッチされます。 でもこの613もとっても変で相変わらずの空冷V8はコッグドベルト駆動の3,5リッターDOHC 4カムとなり、またもやリアに搭載されてました・・・ チェコの人って本当に凄いですね。

で、やっと当時物ミニカーの話と行きたい所ですが、残念ながら603は当時ダイキャストミニカーとしては作られず、チープなプラ製の物が数点出ていただけでした、しかもチェコスロバキアで・・・

しかし同じ東欧の共産圏「東ドイツ」にて巨大なリモコン・モデルが作られていたのです。もちろん「ベルリンの壁」が無くなるずっと前の事なのでした。

”PRESU”というさっぱり分からない東ドイツのオモチャメーカーが全長30cmを超えるこのデッカイモデルを1960年代に作っていました。

強烈な603のプロポーションを見事に再現し、色もBarris Kustomもビックリの強烈グリーンになります、東ドイツなのにカリフォルニアしてるなあ・・・・

[…]