Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

明日は26回目のストリートカーナショナルズでございます!!

皆様、明日の29日(日)は26回目のMooneyes Street Car Nationalsが東京はお台場にて開催されます。 私が行くので快晴なのは間違いございませんが、小心者の方は傘を用意しておいて下さい。

ついこの前の1987年開催の第一回にエントリーしてから26回の皆勤を重ねておりますが、毎年エントリー台数のレコードが更新されていて、嬉しい限りであります!!

今年は変態的には全く興味のない「ガンダム」の設置に伴い、渋滞も予想されますので皆様気をつけてお越しください。

そして待ちに待った「ムーンイラストレイテッドVol.9」が発売となりました。

 

今回はMOON60周年記念特集としてムーンヒストリーを掲載しておりますが、知ってそうで知らなかったお話や、貴重な初公開写真が満載となっています。

 

ラットフィンクも生誕50周年ということでエド・ロスとラットフィンクにまつわるお話が詳しく載っております、私との関係も出てますよ。

その他沢山の記事満載となっておりますが、やはり皆様が期待しているのはWildmanページになりますよね。

 

今回は「あちらのこちら 2012」という記事で、ついこの前の1960年代から70年代にかけて「外国で作られた日本車のミニカー」をご紹介しております。 奥が深い絶版ミニカー道を一緒に極めて行きましょう・・・

   

さらに今年はTシャツを始めとした、夏物新製品がNew Designにて多数出ておりますのでそちらもチェックしてみて下さい。

それでは変態の皆様、明日お台場でお待ちしておりますので宜しくお願い致します。Go! with MQQN

[…]

’74 Type-IIと共に快晴のもと、25回目のSCNだぜ!!

さて、いよいよ明日24日(日)は東京お台場にて25回目のストリートカーナショナルズが開催されますよ!!何と25回目ですよ、25回目・・・・

ついこの前である、たったの四半世紀前に、永遠に終わりそうもない程の莫大なローンを組んで買った愛車’68 Shelby Cobra GT350でエントリーしてから気付けば25回目のSCN・・・

世捨て人は完全に世を捨ててマニアから変態と化し、現在も活動中であります。 不肖Wildman、実は一回の欠席もなくSCNには来続けているのでした。 でもエントリーは最初の3年だけで、それ以降はずっとお仕事として来ているので、暑かったり、寒かったり台風だったりと、楽しむよりも?大変だった思い出の方が印象深いのでした。

今回のSCNはMooneyesのNew Project CarであるBMW 740i”Mond Augen”のイベント初お披露目があります。 迫力の20インチMoon Discsに注目なのです。

そして東日本大震災のチャリティー活動として”Mooneyes & Friends Charity Auction”の開催、Wildmanデザインの”Mottainai”ステッカー販売や長期間に渡り大切に保管されてきた過去25年間のイベントの記念Tシャツの販売を行いましてこれらの売り上げを全額震災の義援金として寄付致します。

記念TシャツはSCNからHCS、All Odds Nationals、Type-II Party、Crown Picnic、El Camino Nationals等々・・・これらは2度と手に入らない激レア・アイテムのオンパレードなのでマニア及び変態の方々は必見であります!!(私も欲しいくらいです・・・)

私はといいますと、チャリティーオークションの方に作品を一点出品させて頂きます。こちらのTシャツになりますが、Air Brushによる手描きでRat Finkと’74 Mooneyes Type IIを組み合わせたイラストのデザインにて制作してみました。

’74のType IIはWildmanと同じく1987年一回目からSCNにずっとずっと参加し続けている運命共同体な何とも稀少なヤツなのであります。

まさに世界に一枚のTシャツになりますのでふるって御応札お願い致します!!

雨男の名を欲しいままにするWildmanによると明日は奇跡の快晴となりますので、暑いお台場でお会いしましょう!!!

[…]

ぼくとわたしのストリートカーナショナルズ!!

25日に開催された第24回Mooneyes Street Car Nationalsでしたが猛烈な好天に恵まれてとっても素晴らしいイベントになりました。

沢山のお客様にお台場まで足を運んで頂きまして、嬉しい限りであります。本当に有難うございました!!

当日は不肖Wildman、いろいろとPinstripeのお仕事を頂き、会場内あっちこっちに飛び回っていたので、ブースにいる時間が少なくなってしまい、お会い出来なかった方々が多数おられました。大変申し訳御座いませんでした・・・・

SCN初の試みとなりました”Burnout Demo”は大変盛り上がったようで(遠目にケムリだけは見ておりましたが・・・)Drag Racerの迫力あるBurnoutがお台場で展開されました。凄いイベントですね・・・・

Mooneyesの’69 Camaroは今回ちょっと化粧直しをしてBurnoutに挑みました。ボディー・サイド面にGold LeafのLetteringやPinstripeを描いて、とっても70’sなDrag Racerになりましたよ!!(見れなかった方は本牧Area-1に展示してありますので、ぜひ足を運んで下さいませ)

何はともあれあのような素晴らしいショーが開催出来たのも、エントラント及びギャラリーの皆様のおかげであります、本当に有難うございました!!

ということで、ついこの前の昭和37年にも素晴らしいショーが開催されていました。といっても月刊平凡誌の付録冊子の中でですが・・・・

その名も「ぼくとわたしの自動車ショー」であります、何とも素晴らしいタイトル!!!表紙は真紅のポルシェ356スピードスターに寝そべる浅岡ルリ子嬢で御座います、山田邦子ではありません。そしてページをめくると当時のスターたちの愛車が紹介されております。

まずはこまどり姉妹のお二人様。当然ともいえるシングルナンバーの’60年型縦目セドリック・デラックスは車も姉妹も双生児・・・・・でも免許はお一人しか持っていないそうです。

で、こちらが当時物ミニカーであるアサヒ玩具はモデルペット製の縦目セドリックです。どう見てもやっぱ実車よりカッコイイや!!

そして小坂一也様は’58年型のC1コルベットに乗られております。「もう何台とっかえたか分からない、車だけが僕の道楽さ」とまるでMoon Cafeの店長のような事をさらりと言っております・・・・

しかも助手席には十朱幸代嬢を乗せて「今日は仲良しの十朱幸代ちゃんをさそって、ドライブとしゃれるんだ」ときたもんだ。

う~ん、しゃれてやがる・・・・

で、こちらが当時物ミニカーであるハブレー製のC-1コルベットです。ああ、憧れのMade in USAであるとてもレアなモデルです。

今度は現在進行形のカーマニアである、Gメン75な夏木陽介氏であります。懐かしいぜ小田切警視よ!!

この時点で20台目の車歴というヘビーさですが、’54年型のジャガーXK120フィクスド・ヘッド・クーペはあまりにも美し過ぎます!!

この写真を見て撮影場所を特定出来た物凄い方がおられます。(もちろん電車にも詳しいカーガイであります)

皆様ここどこだか分りますか??分かった方はWildmanまでご一報を!

で、こちらが当時物ミニカーである、英国はディンキー・トーイズ製のXK120です。玩具の貿易が自由化されたついこの前の昭和35年頃に滑り込みセーフで日本にも輸入された名品であります。

私は全くついこの前である昭和62年にトレードで入手致しました。

さらに続きますが、今度は燃える男の赤いトラクターじゃなくって小林旭様の’59年型シボレー・インパラであります。さすがだぜマイト・ガイ!!!

車高が低く見えますが、ハイドロは入っておりません、念のため・・・

で、こちらが当時物ミニカーの英国はコーギー・トーイズ製のインパラであります。まだお客として通っていた昭和61年にムーンアイズ元町店でBossより頂いたものなのです。ありがたや、ありがたや・・・・

今度は力道山先生が所有された2台目のメルセデス・ベンツ300SLであります。ガルウィングに代わって北米仕様ロードスターを購入されました。

新築の赤坂リキ・アパートのエントランス付近ですが、ここから力道山家専用エレベーターが最上階につながっております・・・・

いまだにこの実車の色がさっぱりわからないので、どなたか情報を!!!

で、こちらが当時物ミニカーのデンマークはテクノ製の300SLです。

何もかもがダイキャストで出来た重量感たっぷりのミニカーなのですが、のっているフィギュアを先生に替えたいところなのです・・・

まだ終わりませんが、お次はモスラなザ・ピーナツのお二人が所有する’60年型のプリンス・スカイライン・デラックスであります。

[…]

明日は24回目のSCNだぜ!!

皆様御元気ですか?私はとっても疲れております。だって横浜は異常に寒いんだもん!!!

いよいよ明日4月25日(日)はお台場にて第24回Mooneyes Street CarNatioalsが開催されますよ!! そんな事知ってますよね、すみません・・・ それに合わせてイベントの賞品となるMoon Disc Signを本日も描き続けておりますが、まだ終わってません・・・・たぶんそのうち終わると思います。

今年はどなた様の手にこのDiscが渡るのでしょうか? 800台の中からほんの数台選ばれるのですから凄い事ですよね!! これまで23回全てのSCNに参加している私ですが、第1回目の1987年なんて3週間くらい前にしか思えませんな、まったく。

生まれて初めてJAFを呼んだのも1回目のSCNだったのう・・・・本当についこの前の事ですな。

という事で、とっととDiscを仕上げてしまいますので、明日は会場でお会い致しましょう!! 天気もバッチリ(のはず)ですからBurnout Demoも盛り上がりますよ、それ以上にWildman’s BoothはMoon Illustrated vol.5で最下位のベイスターズ並みに盛り上がるはずですな!!!

それでは明日、お台場にて!!!

[…]