Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクション45年、ついに終わりは見えて来たのか?

いよいよプロ野球が始まって、カードが一回りしまして今年も何とか楽しむ事が出来そうですね。観客も少しずつ入れ始めるそうですが、チケットの入手はかなり困難になりそうなので、横浜スタジアムでの観戦はかなりハードルが高そうな感じです。

我がDeNAベイスターズは可もなく不可もないスタートを切っていますが、今年はスケジュールの関係で試合数も少なくセ・リーグはクライマックスシリーズがありませんので、1位フィニッシュで即優勝と昔のような感じのシーズンとなります。

なので秋まで上位に食らい付いて行けば、そこで何となく調子が良いチームがうっちゃりで優勝!なんてことにもなりそうなので、どのチームにもチャンスがありそうですね。

ベイスターズ的には筒香選手がメジャーに行ってしまいましたが、全体の戦力的にはここ数年で見ればかなり選手が揃っていますので、もしかしたら?という淡い期待を抱いております。と言うか今年ダメでしたら、ベイスターズ&ホエールズ・ルールにのっとって、本当に38年待たなくてはいけないことにもなりそうなので怖いのです(1960年優勝→1998年優勝)

あれから38年(前回優勝は1998年)ということは次は2036年まで待たなければならないというのは、かなり大変な事ですよね・・・・最高だぜ、横浜DeNAベイスターズ!!

と言いましても38年なんてついこの前の出来事なのですが、私がミニカーを「コレクション」として初めてからついに45年の歳月が経ってしまいました(ついこの前の1975年変態活動開始!)

何度も話しておりますが少年Wildmanがこの悪魔の書籍、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」中島登著を手にしたあの日から人生が完全に狂ってしまい、「うおおおお~、これは芸術だ!この本に載ってるミニカー全部欲しいぞ!」と叫んで以来、修正不可能のおかしな人生となってしまいました。

「当時物ミニカー」に芸術性を感じてしまい「ミニカーの生産時期は実車が製造されていた時期とシンクロしていなければならない」と言う理論を勝手に確立させ、1964年式のクルマのミニカーは同じく1964年に造られていなければ認められないと言い切って45年が経ちました。これを「ミニカー芸術」と申します。アホな小学生もいた物です・・・・

よって2020年に造られた精巧な1964年式Mustangのモデルなんてミニカーではなくただの「模型」でありまして残念ながら「ミニカー芸術」には含まれないのであります、申し訳ありません。

こんな事言ってるとまともな方には相手にされないのは承知しておりますが、もう考えを改めることは出来そうにありません、かたじけない。

それでですね名著「世界のミニカー」をバイブルにずっとコレクションを続けて来たのですが、当然全部集めるなんて不可能に近く、この本に載っていないミニカー芸術も多々ありまして、この20年は自分の欲しい物に絞って集めて来ました(たいして欲しくない物も手に入れてしまいましたが・・・・・反省)

流石にアホみたいに45年もやっていますと、欲しかったものはだいぶ手元にやって来まして、自己満足もピークに達しつつありましたが、あと何台かが手元に無くて探し続けております。

「これ持ってないと死んじゃうぞ、欲し過ぎる!」といくらほざいても見つからない物は何十年も見つからないのですが、タイミングが合うと立て続けに出て来たりして不思議な縁があるのです、ミニカー芸術は。

「あと死ぬまでに欲しいミニカー芸術は20台くらいかな、いや10台かもしれんぞ?」なんてここ数年自分に言い聞かせて来ましたが、冷静に考えると本当にそんな数になって来たような気が致します(だと良いのですが・・・・)

で、この2年位の間にずっと探していた芸術品がどういう訳か立て続けに手元にやって来ました。これら5台は「どうしても欲しいラスト20台、いや10台」の中に入っておりまして、本当に奇跡が起こったと思っております。ベイスターズが今年ホントに優勝するかも知れません・・・・

名著「世界のミニカー」50ページにイタリアはMERCURY社(マーキュリー)のモデルが紹介されています。モノクロ画像の怪しげなモデルばかりですが、MERCURYという会社はついこの前の1932年に創立された実車の部品製造会社でしたが、第二次世界大戦後に副業でミニカーの製造を始めました。1940年代中期のことでした。

この中で品番1番のAero(エアロ)というモデルに大変な芸術性を感じ少年Wildmanはその虜になってしまいました。エアロは当時の流線形のクルマをモチーフとしたミニカー芸術で実車の特定は出来ませんが、美しい流れるようなボディラインにエアロダイナミクスを感じ、自分も空気と一緒に流れて行ってしまいそうなのです(世界のミニカーでは残念ながらNo,1 AeroとNo,2 Farina の画像が入れ替わってしまっています、校正ミスです)

このモデルはついこの前である1945年から5年間くらいの間に渡って造られていましたが、当然当時日本に入って来るはずもなく、変態小学生が1975年に手に入れられるはずもございませんでした。

そして同じくMERCURY社のNo,5 Lincoln Continental Cabriolet(リンカーン・コンティネンタル・カブリオレ)であります。迫力のアメリカ車オープンモデルでございますが、この当時のミニカーとしてはシートやステアリングが付いていることが珍しく(ナゼか右ハンドル)しかも窓枠まで別パーツで表現されているところが芸術点高めなのであります。アメリカ車らしく他のマーキュリー社のモデルと比較しても一回り大きい造りとなっています。今まで窓枠が折れていたり、事故車のような傷だらけのローラとは何度か遭遇して来ましたが、45年待った甲斐があって美しい個体がやって来ました。

そしてお次はベルギーのGASQUY社(ガスキー)という珍ブランドの珍ミニカーになります。もともとガスキー社の前身は電話機のスペアパーツ製造会社だったのですが、こちらも大戦後の1947年に玩具の製造を始めて1950年代初頭まで数年間だけミニカーも製造していました。

生産期間が短かったのと、あまり輸出もされていなかったようなので、コレクター泣かせのブランドとなっております。ガスキーは以前紹介したTATRA(タトラ)のように他のブランドが手掛けなかった車種を造っていた所が素晴らしいのであります。

こちらはChevrolet Styleline(シボレー・スタイルライン)になります。まさに40年代のアメリカ車デザインでありまして、当時この年代のシボレーは他のミニカーブランドではナゼか造られていないので、そういった意味でもガスキーは貴重な存在となっています。もっこりとしたフェンダーを見ているとやっぱり実車よりカッコ良く見えて来ますよね。

そして同じくGASQUYのアメリカ車Studebaker Commander(スチュードベーカー・コマンダー)になります。2013年2月2日のブログでもスチュードベーカーの事はレイモンド・ローウィと共に紹介していますが、

このガスキーも当時”Coming or Going”と「来るのか行くのかどっちなの?」言われた180度パノラマビューのガラス面を持つ、どっちが前か後ろか分からないスチュードの形を見事に再現している芸術品なのです、ああ美しいな・・・・

ガスキーのシボレーもスチュードベーカーも戦後短期間だけベルギーでひっそりと作られていました、君たちはかないなぁ・・・

最後はもしかしたらこれが「世界のミニカー」で一番欲しかったモデルなのかもしれません、きっとそうなのです!! つまりコレが手に入ったらもうコレクションをやめてしまっても良いのかもしれないと思っていたのはコレなのです(のはずなのです)

69ページにカラーでSIKU社(ジク)のモデルが紹介されています。ドイツのジクは現在もダイキャスト・ミニカーを製造する大手玩具メーカーですが旧西ドイツ時代には1950~60年代初頭にかけてプラスチック製の小スケールモデルを製造していました。当時これらは殆ど日本には入って来なかったので、とても入手が難しかったのです。

その中でも少年Wildmanの目に留まったのはページ左上にあるブルーのトラックでした。「こ、こりゃ何だ?? バナナが見えるんですけど」と不思議なモデルに目が釘付けです。ジクの品番V102はBorgwart Verkaufswagenといいまして、何と八百屋さんの販売トラックだったのです!

[…]

ミニカーコレクションは芸術の域へ!そしてMIM No,21発売であります!!

ミニカーコレクション第1位を発表してしまいまして、腑抜けになってしまった Wildmanは毎日ベイスターズの勝敗を見て、ますます腑抜けになってしまいそうなの であります。

ついに恐怖のセ・パ交流戦が始まってしまい、この先セ・リーグのチームはどん底に 突き落とされる未来しか見えて来ないのです・・・ 我がベイスターズもどん底からは脱して、ちょぴっとづつ成績は上向いて来たのです が、このタイミングで交流戦が始まると、また振出しに戻ってしまいそうで、小心者 としては梅雨とともに憂鬱な季節が始まってしまいました。早く終わってしまえ、交 流戦なんか!!

7月には横浜スタジアムにて今季初観戦となるのですが、言いたい事は山ほどござい ますので、Wildmanの「ベイスターズが夏を乗り切る作戦」をレポート用紙にまとめ て、紙飛行機で一塁側ベンチに飛ばす計画を企てております。

もし夏場にベイスターズの成績が上向いたら、それは私のアドバイスによる作戦が功 を奏したと思ってくださいませ。

そしてミニカーコレクションはついに第1位を発表してしまいましたので、思い残す ことは無かったはずなのでしたが、やっぱり思い残すことばかりでまた少し語らさせ て頂きます。

最近のミニカーというのはどれもこれも素晴らしい出来栄えで、まるで実車の縮小コ ピーと思えるようなものが沢山作られていて、大人がミニカーを集めるというコレク ションが普通の趣味?ととらえられるような時代となってしまいました。

メーカーも子供対象のオモチャとしてのミニカーではなく、大人を対象とした高価で 精密なモデルを作って売りさばいております。もうこれは「ミニカー」ではなく「模 型」なのであります。メーカーは限定品を乱発し、コレクターをあおって爆買いさ せ、コレクターはコレクターで自分たちで市販ミニカーを二次加工し(メーカーが加 工したものではなく素人が脚色したモデル)勝手に付加価値を付け、それを勘違いし たコレクターがネットで高額で取引をする変な時代となってしまいました。

40年以上前は小学校の高学年ですらミニカーを集めてると言ったらキチガイ扱いされ ましたが、今時いい年こいてミニカーを集めてるといったところで誰も驚かないし、 ミニカーコレクション自体が世に認知されたのは良いのですが、 モデルのディティールや雰囲気を追うのではなく、価値(価格)のみを追っているよ うな方々が増えてしまい、とっても残念に思っている私であります。 とそんなこと言ったところで私が元祖変態であることには変わりないのです が・・・・

なので変態的には限定トミカやトレジャーハントのホットホイールなんて全く興味御 座いませんので、勝手に我が道を行く独りよがりのコレクションを続けてまいりま す。ああ、ちょ~気持ちいい!!

ミニカーを芸術品としてとらえておりますので、ピカソのような無茶苦茶な芸風のモ デルに魅力を感じ、実車を超えるような形になってしまったモデルや実車とはかけ離 れてしまった仕上がりの作品たちに美を感じる今日この頃であります。

なにも資料を見ないで頭の中だけで考えて車の絵を描いてしまったような作風のミニ カーこそが最高のミニカー芸術なのであります。何を言ってるのかさっぱり分からな くなってきました!!

という事で「これぞ何も資料を見ないで作ってしまったミニカー芸術」を御紹介致し ます。

まずはこちらの北欧はデンマーク製のB.P.(Bros. Peterson)というブランドの 1940 Ford V8 Coupeであります。B.P.はブルーパニックではありません。 このミニカーが製作されたのは資料によりますと1948年頃になりますので何と70年く らい前の芸術品となります。

[…]

我、ドイツにて遭遇せり、世界の名車ここにあり!!

皆様お元気でしょうか? 私はとっても眠いですけど元気です!!

6月8日の緊急ブログ以降、行方不明だった、不肖Wildman今週やっと無事日本に帰還致しました。

青い飛行機に乗ってたどり着いた大草原はかつての同盟国ドイツ共和国連邦でありました。でね、何でドイツに行ったのかというとですね、今回ヨーロッパ各国でKustom Kulture関連のイベントが3週連続で開催されまして、それに日本から5名参加したのですよ。

Nash君、M&KのMakoto君、Mr,G君、Ghost君、それに私といったメンバーでドイツ、スイス、イタリアの三都物語を3週間に渡って繰り広げたのです。色々なストーリーが生まれた旅でしたが、ちっともつらくはありませんでした。しいて言えば3週間もミニカーを磨けなかったのが一番つらかったですかね・・・・

で、その三都物語は次回のムーンアイズ・メールマガジンMMMにて大発表致しますので、まだ登録してない方はお急ぎくださいませ。

でもせっかくだから少しだけ今回の旅のお話を当ブログにて発表致します。だって話したいんだもん・・・

ドイツのイベントが終わった後にですね、現地在住の日本人リアルバイカーであるMinako-sanの案内で博物館に行ったのですよ。”Museum Sinsheim”という所でしたが、飛行機、自動車、バイク、軍用車、汽車ポッポといろんな乗り物が展示されていて、とっても楽しい所でした。コンコルドもあったゼイ!!

グルグルと館内を回っているとWildmanのお眼鏡にかなうクルマが何台かあったので御紹介致します。

まずはゲテモノ・マイクロカーで「ツンダップ・ヤヌス250」であります。見たかったんだ、コレ!!! ひどいでしょ!!初めて見れました!!

イセッタやメッサーシュミットは日本でもなじみがありますが、これは冗談にも程があると言ったデザインなのです。ドイツのバイクメーカーのツンダップが1950年代にちょろっと作った自動車なのですが2ストローク250ccエンジンをミッドに積み、それを挟む形で前後背中合わせで人が座るという狂気のレイアウトなのです。つまり後ろに座った人は後ろ向きに座るので気持ちが悪くなるはず

です・・・ドアも冷蔵庫タイプが前後についています。ちなみにハンドルは前にしか付いておりません。後ろから前から@畑中葉子であります!!

で、当時物ミニカーはブリキ・モデル以外ではこのちっこい西ドイツ製プラスチック・ミニカーしかモデル化されておりません。みんな敬遠したのかな・・・・sikuというブランドの製品で50年前のオモチャなのですが、全長3cmくらいしかありません。でも、とっても良く出来ていてシンメトリーなヤヌスを十分に表現しております。本当に前後同じデザインなのです。左の1色のやつが前向きで右のツートーンのが後ろ向きです、変なの。

で、お次は又もマイクロカーの「ハインケル」であります。典型的なバブルカーでイセッタの親戚みたいなデザインですが、メッサー同様、ドイツの航空機メーカーが製造していた3輪車です。イセッタよりも丸みがキュートでこっちの方がグッド・デザイン賞かもしれません。

これの当時物ミニカーに関しては壮絶なストーリーがあるのです。ついこの前の1979年、ホームグランドである横浜元町サンセットで、見たこともない真紅のおにぎりを発見しました。レジの奥にあった棚にポツンと置かれていたそいつは、当時持っていたどの資料にも載っていなく、少年Wildmanは頭を悩ませておりました。インターネットもないので調べようがありません。「こ、こ、こんなミニカー見たことない、一体何なんだ!!」と小さな頭脳を悩ませておりましたが、店主の宇野さんが「これはね、イギリスのゼブラというメーカーのハインケルなんだよ、とっても珍しいんだ」と教えてくれました。

「ゼ、ゼブラ、なんという社名なんだ、ボールペンとは違うのか」と余計悩みましたが、そのミニカーには”Not For Sale”と紙が貼ってあるのです・・・・何とこいつは非売品ということで宇野さんのコレクションなのでした。「そうか、非売品なのか、猛烈に欲しいけど猛烈に珍しいから猛烈に高いんだろうな、変態中学生に買えるわけないな・・・」とトホホな気分になっておりました。「でも非売品なんだから、ずっと非売品のままのはずだから、いつか大人になったら交渉して売ってもらおう」と意気込み、お店を訪れる

たびにウットリとハインケルを眺めておりました、ウットリ・・・・

が、ある時お店に行くと、あの真紅のおにぎりは無くなっていたのです!!もしや宇野さんが食べてしまったのではと心配しましたが、実は少年の知らないところで大人の交渉が行われ、ゼブラのハインケルはどちら様かがお持ち帰りになっておいたのです。哀れ少年Wildmanでありました。

それ以来、幻のミニカー「ゼブラのハインケル」は私の目の前には一向に現れず四方八方手を尽くしても見つかりませんでした。元々生産台数が少なく、日本未輸入では昭和の日本で見つかる訳がありませんね。そのまま20年以上が経過し21世紀になってTV「なんでも鑑定団」に不肖Wildmanが出演し「頼むからこれ売ってくれ~!!」と叫んでもハインケルは現れませんでした。

「もういい加減にしないと一生手に入らんな、もしハインケルが入手出来たら、ミニカーコレクションなんかやめちまうぜ!!」と豪語していた3年程前のある日、インターネット上にてゼブラを発見!!力ずくにて英国より日本に持ち込むことが出来たのです。約28年ぶりに見る真紅のおにぎりは、白黒のゼブラ模様のパッケージに入って来て、見た瞬間「もう死んでもいい」と思いました、結局死にませんでしたけど・・・・・

世紀を挟んでやって来たゼブラのハインケルは死ぬまで私の手元にあると思います、まだ死にませんけど・・・ちなみにあの豪語はどこへやら、私はミニカーコレクションを未だやめていない軟弱物になり下がっております、いいんです軟弱物で。

で、話がハインケルで勝手に盛り上がり過ぎましたが、ドイツの博物館にはもう一台、変態を絶句させるクルマが展示されておりました。

ああ、力道山先生・・・そのお話は次回ということで。

[…]