Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

44周年のミニカーコレクション、第3位発表!!

やっとこさ春らしくなって来まして、MQQNEYESからもTシャツ等の春・夏物のNew Itemデザインが目白押しとなっております。

MQQNBUGとRace Camaroのイラストが楽しい”MQQNEYES DRAG RACING”TシャツやEagleのPinstripeとH/D Orange Krateのイラストを組み合わせた”MCCS Eagle”Tシャツ等、Wildman描き下ろしの新作が続々と入荷しておりますので、夏に向けてNew Item要Checkなのであります、宜しくお願い致します!!

そしてプロ野球も開幕致しまして、対戦カードも一周したのですが、我が 横浜DeNAベイスターズは可もなく不可もなくといったスタートでありまして、何より昨年に続いてケガ人が多くなっているのが心配なのです。

ベストメンバーが組めて初めてAクラス争いに参加出来るといった感じのチームなので(最下位チームにデッドボールを食らって4番が不在となってしまいました!!)このままケガ人ばかりですと、昨年の二の舞になりそうで、とってもとっても不安なのです・・・

負けると「全くバカらしいぜ、こんな弱いチームの試合なんか二度と見ねえぞ、ふざけるな!!」と怒りまくっているのですが、翌日になると「今日も野球が楽しみだね、早く試合が始まらないかな!?」とウキウキしている二重人格?の自分が恐ろしい今日この頃であります。

という訳で、連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」はついに第3位までやって来ました。国産車だったり、外車だったりと支離滅裂なコレクションのベスト10なのでありますが、一貫しておりますのは、我がコレクションは全て実車の生産と同時期に造られていた「当時物ミニカー」オンリーなのでいわゆる「絶版ミニカー」しか集めておりません。なので我が家には遺品のようなものが沢山並んでおりまして、実際に70年以上前に造られたミニカーを見てると「これを最初に買われたのはどこの国のどちら様なのでしょう?もうご存命ではないのでしょうか??」と部屋の中で一人つぶやいていると、だんだん恐ろしくなって来るのです。しかし次の日には部屋に戻って「やっぱり旧いミニカーは楽しいな!」と叫んでいる自分はやはり気が狂っているのでしょうか? 44年もよくこんなことを続けているなと思います、あとには引けませんが・・・

ついこの前の1976年に祖母と一緒に(祖母を連れまわし)ホームグラウンドである「鶴見のチェッカー」に行ったときにレジ奥の絶版ミニカーコーナーのショーケースに一台の可愛らしい青い物体を発見、店主のTさんに 「それを見せてくださいな」と気の狂った小学生がリクエストしました。

それがこちらの英国Corgi Toys製の”Heinkel Economy Car”でした。BMWイセッタのような前開きのドアを持つ可愛い三輪車なのですが「そうか、これが世界のミニカー、24ページに載ってたハインケルなんだ!」と一人納得する小学生はすぐに祖母に「これを買ってくれたまえ」とお願いして 初期の絶版ミニカーコレクションに加わったのでした、本当に嫌なガキですね・・・・

店主のTさんは「この青色のやつは結構珍しいんだ、ほかの色よりも少ないんだよ」とご説明され「実はタイヤに少しだけヒビがあるんだ、だから少し安くしてあるんだよ」と追加のご説明をしてくれました。よく見ると1mm程のヒビがありましたが、当時の私はそこまで気にしていないのでこれで十分、といった感じでした。今なら死ぬほど気になりますが・・・

何て43年前の会話を普通に覚えている私は、やはりどこかおかしいのかもしれません。

その後サンセットさんでオレンジ色のヤツも入手してからバブルカーに興味を持つようになり自動車雑誌を読みまくり、イセッタ似のハインケルを調べるようになりました。実車はドイツの航空機メーカーの設計だったり、イギリスでライセンス生産されていたりと、どうでもよい知識が頭に詰め込まれて行きました。

そして運命の1979年中学生の時、元町の裏通りにあったサンセットさんがコパルームというテナントの二階に引っ越しをされた頃、レジ奥の”Not For Sale”の棚に一台の真っ赤なハインケルを発見しました。

これこそがミニカーベスト10の第3位、英国はZEBRA TOYSのハインケルになります。

「な、何、このでっかいハインケル??こんなの初めて!」と叫ぶと店主の宇野さんが見せてくれました。「これはねイギリスのゼブラというメーカーのとても珍しいミニカーなんだ」とご説明「でも、非売品なんだ」と言われてしまいました。

Japan Miniature Automobile Club会長、中島登著「世界のミニカー」にも出ていないミニカーとは一体何なんだ?と疑問に思いましたが「会長がお持ちでないミニカーもこの世に存在するんだ」と数分後気付きました・・・

Corgi Toysのハインケルは全長5cm程度の可愛らしいモデルでしたが、ゼブラのはそれを4倍くらいに膨らませたような大きさで、可愛いと言うよ不気味に思えたのです。しかしそれは非売品、欲しくても売ってもらえるわけもなく、第一お値段も幾ら位するのか見当もつきませんでした、高いに決まっていますから。

ZEBRA TOYSのハインケルは1960年前後に造られた英国製ミニカーでしたが、日本には未輸入で現地での販売台数自体も少なかったので、当時の日本では手に入れようもないという状況でした。と言うより1970年代に日本でこのミニカーの存在を知っている方も殆どいらっしゃらなかったと思います。インターネットも資料本も無いのではどうにもなりませんからね、だから昭和のコレクションは楽しかったのですが・・・・

「あー欲しい、本当に欲しいぞゼブラのハインケル、手に入れないと死んじゃう!!」と思ってもサンセットさんのは非売品、他の専門店にも並ぶはずが無く夢のミニカーと化したゼブラのハインケルでしたが「きっといつかサンセットさんのが売りに出されるかも?そうだその時に土下座して売って頂こう」と考えを膨らませていたのですが、あえなく撃沈・・・いつの間にか真っ赤なハインケルは高名なコレクター様の元へとと嫁いで行ってしまいました・・・大人の取引きは怖いので有ります。

その後もずっとミニカーコレクションを続けていたわけですが、どこへ行ってもどうやって探してもゼブラのハインケルは見つからず「これを手に入れたらコレクションをやめるぜ!」と豪語してもやっぱり見つからずTV出演したときに(何でも鑑定団)「10万以上出すから私に売ってくださいませ!」とお茶の間の皆様に問いかけても反応は全く無し・・・・

これはもう無理なのかもしれないと思いかけていた2007年のある日、すでにインターネットでのコレクションがあたり前になっていたのですが、英国のVectisというオークションサイトに何とゼブラのハインケルが出品されているではありませんか、しかも箱付きで!!!

「うおおおおお~ついに来た、これだゼブラのハインケルだ!!」と気が狂いそうになり、じゃなくって完全に気が狂ってしまい「勝負をかける、これを逃したらもう人生終わりだぞ」と勝手に言い聞かせ「絶対に落札出来る」(であろう)金額を入札しその時を待ちました。

すると私の入札金額ギリギリの金額で見事落札出来たので有りました、めでたし、めでたし、さあどうやって払おうか?と我に返ったときには達成感と絶望感が交錯しておりました、世捨て人炸裂であります!!

[…]

夢か幻か、マックイーン・マシンズはミニカーと共に

さてしつこく先週からのお話の続きなのですが、俳優スティーブ・マックイーンといえば劇中でもプライベートでもクルマとの絡みが多かった方でした。 彼の一番の強いイメージといえば先週お話しした映画「ブリット」の中での’68ムスタングなのですが、あれはあくまで映画の中での愛車なのです。

プライベートでの彼のイメージと言えば、私的にはやっぱり’57ジャガーXKSSにつきますね。 だってこの車自体が最高にカッコよくて私が子供の頃より大好きな車なのです。

1955年から3年連続でルマン24時間レースを制したのはジャガーDタイプでした。 ストレートシックスの3,4リッターDOHC XKエンジンを搭載したDタイプは歴史に残るレーシングカーですが、何といっても特徴的なのは運転席後部より伸びる垂直尾翼なのです。Wildman的にはこのデザインがたまらないのです、カッコイイゼ!!

オタマジャクシのような両生類的なデザインはフロントエンジン時代のレーシングカーの最高峰だと思っております、本当に・・・

で、当時ジャガーのファクトリーには最先端レースカーとしての使命を終えた市販Dタイプの売れ残り分25台が有りましたが「売れないのなら保安部品を付けてロード・バージョンにして売ってしまいましょう」というどちら様かの無鉄砲なアイデアにより、公道仕様の限定版GTカー「ジャガーXKSS」が作られました。 Dタイプの垂直尾翼を取っ払ってソフトトップを付け、内装も革張りのシートにし、脱着式のサイドカーテンや助手席側のドアー、火傷しない程度のサイドマフラーを装備して一丁上がり! という感じでレースカーまがいのGTカーが作られちゃいました、良い時代でしたね・・・・

しかし1957年にジャガーの工場が大火災にあい、残っていた25台のDタイプの内、XKSSに改装されたのは16台だけに過ぎず、あとの9台は治具やパーツとともに焼失してしまいました、残念無念・・・ なのでXKSSはこの世に16台しか存在しないとっても貴重なクルマなのでした。

 

マックイーンはこの車を1958年にハリウッドのサンセット・ブルーバードで見つけて、5,000ドルで購入しました、彼で3オーナー目だそうです。 アイボリーだったボディをブリティッシュ・グリーンに塗り替え、内装のレザーをドラッグ・レーサーのトニー・ナンシーに貼り替えてもらい、グローブボックスには何とヴォン・ダッチが金属でカバーを作ったそうです!!有名どころで固めてみましたという感じですね。 XKSSは「グリーン・ラット」というニックネームを付けてられてマックイーンのお気に入りクルマとなりました。 でもスピード違反の切符切られまくりで、マックイーンは免許を失いかけたそうです・・・

 

その後1967年にハーラー・ミュージアムに売却されましたが、10年後マックイーンが買い戻しました、やっぱりお気に入りだったのですね・・・ 没後、1984年に遺産オークションで148,000ドルで売却され、その後2000年になってピーターセン・ミュージアムのもとに行き映画スターの愛車コレクションとなっております。 現在ではXKSSは3,000,000ドルの資産価値が有ると言われております・・・・

で、前置きが終わってやっとミニカーのお話になるのでした、もちろん当時物で。

その昔、英国にはSPOT-ON「スポットオン」というミニカー・ブランドがありました。偶然にも何とジャガー社同様1967年に工場火災が起こり消えてしまったブランドなのです、恐ろしい・・・・

スポットオンは1960年代当時、火事の前にこの貴重なXKSSをちゃんとミニカー化してくれておりました、感謝感激なのであります。日本にも当時ごく少量が輸入されてました。

 

マックイーンのグリーンラット号と同じこの緑色の個体は、ついこの前の1984年に横浜のビッグ・ボーイにて捕まえたオタマジャクシであります。スポットオン独特のゆるキャラ的な作りが両生類のXKSSにとっても合っているのでした。

 

XKSSのベースとなったDタイプのミニカーを並べてみました。垂直尾翼付きのDタイプのミニカーは同じく英国のCRESCENT「クレセント」というブランドで今から50年以上前のDタイプ現役時代に作られたミニカーなのです。ちなみにゼッケン4は1956年の優勝車両ですね。 こうして並べると、兄弟車両としての2台の雰囲気が伝わってきますね、最高です!! ミニカーならDタイプもXKSSもオーナーになれるのでありました。

 

そしてこちらの問題の2枚の写真なのですが、こちらは10年以上前に、私めがカリフォルニアで撮った物なのです。 まだ存命だったMooneyes伝説のボンネビル・レーサー「フレッド・ラーセン」がSCTAから表彰されるというイベントがありまして、その時たまたまアメリカ出張中だった私もナゼかノコノコと付いて行きました。 始まるまで時間が有ったので会場裏のParkingでいろんなクルマの写真を撮っていると、そこには夢か幻かジャガーXKSS様が鎮座されているではないですか!? あまりの事態に興奮しまくりましたが、どう見てもレプリカではなく本物のXKSSに見えます。 「まさかマックイーンのクルマか??」と思いましたが、あれは緑色なのでこれは違うだろうと、その時は勝手に解釈しておりました。

そうこうするうちにイベントが始まったので、会場内に入りしばらくしてからもう一度Parkingに戻るとそこにはすでにXKSSの姿はございませんでした・・・・・なんでこうなるの・・・・

ピーターセン・ミュージアムに行く前の遺産オークションで買ったオーナーはマックイーンの友人で元の自宅の(ハリウッド)隣人だったとのことで、このあたりをあのXKSSがウロウロしていてもおかしくはなかったのです。

あれはいったい何だったのでしょう?? 今思うとその後マックイーンのXKSSは濃紺のような色に塗り替えられて現在の姿になっているので、もしや私が見たのはマックイーンズ・マシンその物だったのではないか?? いや、きっとそうにきまってる!!と勝手に良い方向に解釈する今日この頃であります・・・

夢か幻か、Wildmanの白昼夢はまだまだ続くのです。

[…]