Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ついに28回目の開催です、明日は皆で楽しくStreet Car Nationals!!

明日4月13日(日)は28th Annual Mooneyes Street Car Nationalsが東京はお台場にて開催されます。

ついに28回目を迎える事となりましたが、思い起こせばついこの前の1987年3月21日に最初のSCNが大井競馬場で開催され、青年借金王は’68 Shelby Mustang GT350にて意気揚々とエントリーしました。

しかし当日の朝、突如エンジンが掛からなくなってしまい2時間近く遅刻し半ベソ状態で会場入りしたことが思い出されます・・・まるで5年前の事のようですが。

それから28年間ずっとSCNに参加し続けて来ました。大井競馬場、汐留やら新鶴見、はたまた千葉県まで飛んだり、みなとみらいや東扇島、そしてお台場に落ち着いてあっという間に28年経ってしまいましたね。新鶴見では不注意により片目にシンナーが入ってしまい、その後一時間死んでおりました。

Ed”Big Daddy”Rothによる衝撃のLive Pinstriping、車が燃えちゃったり、本当に動くハイドロリクスを見てシトロエンDSが欲しくなったり、バーンナウト・デモをやっちゃったりと、これまでいろんな事が起こっていました。

そんなこんなでカリフォルニア・スタイルのカスタムカーイベントとしては日本最古の?物となったストリートカーナショナルズは今年も明日13日に開催されます。 雨は絶対に降りませんので皆様お台場までお越し下さい、一緒に楽しみましょう!!Go! with MQQN

[…]

女神さま降臨、33年越しの恋はベンチシートだぜ!

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか??

Mooneyes Area-1では「R381 あれから45年 パネル展」を引き続き開催しておりますので、ぜひ本牧まで足をお運び下さいませ。

  

カリスマ店長のFIAT 500にもPinstripeが入りましたのでご覧になって下さい。

お店にはこの春、数々のNew Itemが出揃いました。

その中でもWildmanの一押しはこちらのSigns & Pinstriping Studio Stickerとなります。久々のStudioオリジナルステッカーになりますね。

ブラックとパープルの2種類がありましてノーマルな方にはブラックを、変態の方にはパープルをお勧め致しております、ハイ・・・

5月19日のお台場はStreet Car Nationals会場でステッカーをお求めになられた方には勝手にサインをさせて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します(そんな元気がありゃいいんですけど・・・)

サインと言えば不肖Wildman、33年越しの夢が叶いました、有難うございます!!

 

ついこの前の1980年、16歳の時になんとなく見てたTVに映った美形のお姉さまが「ジューシィ・フルーツ」というバンドでリードギターをギュイーンと掻き鳴らすさまを見て、一発でファンになってしまいました。(Wildman’s Blog 2008年8月30日参照)

そうKISSのジーン・シモンズよりも好きになってしまったのは「イリア」こと奥野敦子様でした。

その後勝手に結婚しようと思っておりましたが、夢ははかなく破れてジューシィも解散してしまい寂しい日々を送っておりました。

30年の月日が流れ、ジューシィ・フルーツは半分のメンバーとサポートのお二人による「ジューシィ・ハーフ」となって復活し、私ども時流に逆らっている変態を楽しませてくれているのです、ああ楽しいな!!(Wildman’s Blog 2012年4月13日及び12月29日参照)

そしてこのほどジューシィ・ハーフのDVDが発売されることとなりまして「ジューシィ・ハーフDVD発売記念パーティー! ほかにもいろいろ特別に見せちゃうスペシャル」なる催しが高円寺であるというじゃありませんか!!

しかもミニライブや秘蔵映像鑑賞タイムのほかに何とビックリ「全員にサイン&握手」となっております。

「あ、あ、握手だって、イリア様と握手が出来る上にサインまで頂けるのか!? こりゃ変態だ、じゃなくって大変だ!!」と興奮しまくる私は失神しそうになってしまいました・・

ハイ、行って参りました古着の街、高円寺。高円寺なんて何年ぶりになるのでしょう。

 

場所はグリーンアップルさんという小さなお店ですが、そこには熱心なファンの皆様が沢山集まっておりました。

   

ミニライブからスタートし、トークや貴重な当時の映像も沢山流されました。

  

解散の時はTV「俺たちひょうきん族」で最後の演奏をしたジューシィでしたが、ひょうきんピヨコ隊の映像もたっぷり流してくれました。

トークの途中でイリア様が「今日はオリジナルメンバーの優司クンが遊びに来てくれています!」とこちらの方を指さして言っています。

みんなが拍手をするので「お、おれじゃないって!!と小心者は首をブルンブルンと振ろうと思ったら、何と私の後ろにオリジナルメンバーのベーシスト、沖山優司氏がいらっしゃいました。

「あ~ビックリした、全然気付かなかったぜ」と胸をなでおろしました・・・

しかし次の瞬間には正気に戻り、沖山さんにお願いしてちゃっかり記念撮影とサインも頂いてしまいました。沖山さんは本当に良い方でした、嬉しいな!!

ちなみに沖山さんは現在も作曲家、編曲家としてご活躍され、アンジェラアキやスキマスイッチ、ゆず、モー娘といった方々のライブサポートやレコーディングに参加されているとの事です、現役バリバリなのです。

私は当日、自分でデザインしたレインスプーナーのシャツを着ていましたが沖山さんに「オシャレだね」と誉められました、ただの小心者じゃなくって洒落者Wildmanだぜ!!

 

そしてイベントも終わりにさしかかり、いよいよ「サイン&握手会」となりました。

 

皆様DVDにサインを頂いているようですが、私的にはそれでは物足りないので場を盛り上げるためにも32年前のツアーパンフを持ち込み、それにサインしてもらおっと!!と決めておりました。小心者はいつでも準備周到なのであります・・・

[…]

クリスマスの再会はジューシィ・ハーフとEye Tech Bugだぜ!

Merry Christmas!!と言ってももうクリスマスは終わってしまいましたね。 でもご安心下さい、本牧はMooneyes Area-1店頭のでっかいガラスには年明けまでこのようにSeasons Greetingsのサインが描かれておりますので、写真を撮り忘れた方はこの冬休みにぜひご来店下さいませ。

クリスマスシーズンの一週間はですね、めったに行かない二子玉川に出撃しライブを堪能して来ました。

あ、KISSじゃありませんよ多摩川の河淵でドカンと花火をぶっ放すわけには行きませんから・・・来年KISSはきっと来るはずなのでKISS ARMYの皆様日本武道館でお会いしましょう!

クリスマス・イブに私は女神さまに会いに行ってきました。

そう、元ジューシィ・フルーツのイリア様であります。

ついこの前の1980年、16歳の時にバンド演奏時テレビ画面でお会いして、将来は結婚しようと勝手に誓っておりましたが夢叶わず、バンド解散までずっと応援し続けておりました。

数年前、半分のメンバーで再結成し、ジューシィ・ハーフとなって活動を再開され、今年の春のライブには私も出撃し、昨年としか思えない1980年にタイムスリップさせて頂きました。

そして今回も二子玉川にてライブを行うとのことで、当然行かねばと思いましてチケットを確保致しました。

当日は何と24曲も演奏して下さり、リードギターを弾きまくるイリア様に感動し、思わず結婚を申し込もうかと思ってしまいました。

隠し撮りをしようと思いましたが当日は何とスカパーのカメラが入りましてライブの模様を収録するとのことなので、当然写真撮影禁止となりビビった小心者は一枚も画像を撮っておりませぬ。

来春放送されるそうなので、必然的にスカパーに加入しなければならなくなってしまいました・・・

で、もう一つのクリスマスはこちら黄色の’67 VW Type Iが本牧にやって来ました。

この前のHot Rod Custom Showにポツンと展示されていましたが、その時は「ただ黄色く塗ったビートル」という風情でありました。

当日見た方でこのクルマが何かすぐに分かった方は少なかったと思われますが、実はついこの前の1990年にMooneyesが製作した”Eye Tech ‘67 BUG”なのでありました。

当時は現Moon Cafe店長のGinがownerとなって乗り回していたあのクルマそのものなのです。

当時はこんなところにGinなんて描かれてましたね。

この’67は当初Moon Disc仕様でささやかなビレットパーツが奢られていました。

 

懐かしのCal誌1990年10月号に初登場したときがその姿であります。

裏表紙は当時のSigns & Pinstriping StudioのCMになってました!!

施工金額に時代を感じるよのう・・・

 

その後のマイナーチェンジで90年代に旋風を巻き起こしたBoyds Billet Wheelsを履き、多数のビレットパーツを身にまとい完全なBillet LQQKに変身しVW業界に革命的な新しいStyleを提案したクルマとなりました。

アメリカはHot […]

明日は26回目のストリートカーナショナルズでございます!!

皆様、明日の29日(日)は26回目のMooneyes Street Car Nationalsが東京はお台場にて開催されます。 私が行くので快晴なのは間違いございませんが、小心者の方は傘を用意しておいて下さい。

ついこの前の1987年開催の第一回にエントリーしてから26回の皆勤を重ねておりますが、毎年エントリー台数のレコードが更新されていて、嬉しい限りであります!!

今年は変態的には全く興味のない「ガンダム」の設置に伴い、渋滞も予想されますので皆様気をつけてお越しください。

そして待ちに待った「ムーンイラストレイテッドVol.9」が発売となりました。

 

今回はMOON60周年記念特集としてムーンヒストリーを掲載しておりますが、知ってそうで知らなかったお話や、貴重な初公開写真が満載となっています。

 

ラットフィンクも生誕50周年ということでエド・ロスとラットフィンクにまつわるお話が詳しく載っております、私との関係も出てますよ。

その他沢山の記事満載となっておりますが、やはり皆様が期待しているのはWildmanページになりますよね。

 

今回は「あちらのこちら 2012」という記事で、ついこの前の1960年代から70年代にかけて「外国で作られた日本車のミニカー」をご紹介しております。 奥が深い絶版ミニカー道を一緒に極めて行きましょう・・・

   

さらに今年はTシャツを始めとした、夏物新製品がNew Designにて多数出ておりますのでそちらもチェックしてみて下さい。

それでは変態の皆様、明日お台場でお待ちしておりますので宜しくお願い致します。Go! with MQQN

[…]

’74 Type-IIと共に快晴のもと、25回目のSCNだぜ!!

さて、いよいよ明日24日(日)は東京お台場にて25回目のストリートカーナショナルズが開催されますよ!!何と25回目ですよ、25回目・・・・

ついこの前である、たったの四半世紀前に、永遠に終わりそうもない程の莫大なローンを組んで買った愛車’68 Shelby Cobra GT350でエントリーしてから気付けば25回目のSCN・・・

世捨て人は完全に世を捨ててマニアから変態と化し、現在も活動中であります。 不肖Wildman、実は一回の欠席もなくSCNには来続けているのでした。 でもエントリーは最初の3年だけで、それ以降はずっとお仕事として来ているので、暑かったり、寒かったり台風だったりと、楽しむよりも?大変だった思い出の方が印象深いのでした。

今回のSCNはMooneyesのNew Project CarであるBMW 740i”Mond Augen”のイベント初お披露目があります。 迫力の20インチMoon Discsに注目なのです。

そして東日本大震災のチャリティー活動として”Mooneyes & Friends Charity Auction”の開催、Wildmanデザインの”Mottainai”ステッカー販売や長期間に渡り大切に保管されてきた過去25年間のイベントの記念Tシャツの販売を行いましてこれらの売り上げを全額震災の義援金として寄付致します。

記念TシャツはSCNからHCS、All Odds Nationals、Type-II Party、Crown Picnic、El Camino Nationals等々・・・これらは2度と手に入らない激レア・アイテムのオンパレードなのでマニア及び変態の方々は必見であります!!(私も欲しいくらいです・・・)

私はといいますと、チャリティーオークションの方に作品を一点出品させて頂きます。こちらのTシャツになりますが、Air Brushによる手描きでRat Finkと’74 Mooneyes Type IIを組み合わせたイラストのデザインにて制作してみました。

’74のType IIはWildmanと同じく1987年一回目からSCNにずっとずっと参加し続けている運命共同体な何とも稀少なヤツなのであります。

まさに世界に一枚のTシャツになりますのでふるって御応札お願い致します!!

雨男の名を欲しいままにするWildmanによると明日は奇跡の快晴となりますので、暑いお台場でお会いしましょう!!!

[…]