Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクション第4位、共産圏のクルマが大好き!?

この前のお休みの時にですね、ふと思いついて我が家の玄関扉の枠の部分のペンキを塗りたくなりまして、ホームセンターに直行、水性ペンキとハケを購入し寒い中、朝からペタペタと塗り始めました。

普段家では絶対にピンストライプのブラシなど握らないのですが、(私オンオフのスイッチが強力なので、家に帰るとPinstriperからただの変態になってしまうのです)ハケなら良いでしょうという事で、古い塗装を落とし、完璧なマスキングを施して塗り始めると、何だかとっても楽しくなって来ました。

素晴らしいハケ捌きで、ムラも残らずどんどん塗られて行く扉の枠、「うおおお〜完璧だ、趣味でやるなら建築塗装も楽しいぞ!」と次は横の柱も塗りまくり、まだペンキも余っているので今度は2階のベランダに行き、扉も枠も全部塗ってしまいペンキが無くなった所でハイ、おしまいとなりました。道行く近所の方々は、とっても不思議そうな目で塗装職人と化したWildmanを見ておりました、いつも不思議に思っているようですが・・・・・

まだ塗り足りないので、今度はお隣の家の玄関に侵入し勝手に塗ってしまおうかと思ってしまう今日この頃であります!!

という事で今回のお話は連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」第4位となります。ついに4位まで来てしまい、寂しい気分となってしまいます。せめてベスト50にすれば気持ちに余裕を持って考えられるのですが、10台というのはかなり厳しい選択となりまして、選ぶのに苦労するのです。そんなこと普通の方々にとってはどうでもいいことなのですが・・・・アブノーマルな人生は大変なのです。

この本に出合っていなければ、こんな人生は絶対に送っていなかったと常々思っている昭和の問題作、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を毎日熟読する小学生のWildmanは「今まで知らなかった自動車をミニカーで知る」という喜びを得まして、どんどん訳の分からない車の名前を憶えて行きました。

それまではポルシェ、フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ジャガー、アストン・マーチン、リンカーン、キャデラック等々、いたって正統派のクルマを覚えて憧れを持っていたのですが、世界のミニカーを見てからはホールデン、パナール、ハンバー、ブリストル、ダフ、ヤライ、アドラー等々、普通では理解不能なクルマの名前が次々とインプットされ「アームストロング・シドレーが大好き! いつかはメドウス・フリスキーに乗ってみたい!」と叫ぶ、気の狂った小学生が横浜に一人誕生致しました、かたじけない・・・・

とにかく「世界のミニカー」を見て先にそのクルマの名前や形を覚えて、あとから実車の事を知るという変態極まりない車道楽が始まってしまったのです。

そんな中、世界のミニカーの39ページにセップトーイ社のガスキー(Septoy,Gasquy)というベルギーのブランドのミニカーが紹介されていました。「ベルギーだって、一体どの辺にあるんだろその国は?」と世界地図を広げるとヨーロッパのちっこい国でした。1970年代までは海外でのミニカーの生産国はイギリス、西ドイツ、フランス、イタリアといった国々が主流で、他のヨーロッパ諸国での生産はイレギュラーな感じだったのです。それにしてもそれから30数年の時を経て、ベルギーで開催されたEuropean Bug Inに行ってPinstripeデモを行う事になるとは夢にも思っていませんでした、白昼夢は良く見ますが・・・・

「ベルギー製か、しかもガスキーなんて気持ちの悪い名前のメーカーだな、ああ気持ち悪い、不気味だけど素敵だぜ!」と変態小学生はガスキー製のミニカーに興味を持ったのでした。世界のミニカーにはこのメーカーの説明文が以下のように書いてありました。

「このメーカーは一九五五年を最後に生産を中止している。当時はベルギー国内だけで販売されていたようで、現在では入手がむずかしいモデルである。代表モデルにタトラ、リムジーンがある」

「げっ、1955年に生産中止だって、しかも入手が難しいって」と不安になる小学生でした。1970年代中期のことなので、その当時でも20年前の絶版品で、現在では64年落ちのミニカーとなる訳です、ふ、古い・・・・・

代表作にタトラ・リムジーンがあると書いてあって、そのモデルは39ページの一番下に掲載されていました。

ガスキーの他のモデルはフラッシュ・サーフェスのフォードやシボレー、プリムス等いたってまともな車種を作っているのですが、ナゼか一点だけ「タトラ」なる不気味な響きのモデルがあります。

「タトラって何?? たとら、多虎、他登良・・・」と変態小学生は頭を悩ませます。しかも流線型でとってもカッコいいぞ!と今度はタトラにあこがれを持つ始末です。

ガスキーがモデル化したタトラは「タトラT600 タトラプラン」(TATRA T600 Tatraplan)なるクルマでした。今は解体された社会主義国家チェコスロバキアのクルマで、戦前より流線形の変態的なデザインのモデルを色々作っておりました。

だってこれら戦前のタトラのデザインなんてKustomの世界にしか思えず、完全にHirohata Mercuryもぶっ飛ぶ仕上がり具合だと思います、ハイ。

ガスキーがミニカー化した「タトラT600タトラプラン」は戦後のモデルで、1948年から本格的な生産が開始されたリアエンジンの空冷フラット4で2リッターの排気量を持つモノコックボディの6人乗り乗用車でした。流線形デザインの空気抵抗係数(cd値)は何と0,32というものでした、素晴らしい! 実車には世界一気温が高い博物館と思われるマレーシアのミュージアムで遭遇して大変感激し、日本には帰らず住み込みでそこの管理人になりたいと思ったくらいでした・・・・

で、ガスキーのタトラなのですがやはり難物でありまして、小学生や中学生のマニアにはとても手に負える代物ではありませんでした。ていうか、当時このミニカーを日本で持っているのはおそらく数名しかいないと思われ、トップクラスのウルトラ変態コレクターの手元にあるだけでした。インターネットもオークションもEMSも無い時代ですから・・・・

結局、夢のガスキー、タトラを入手したのは1980年代後半の大人になってからでした。昭和の大コレクターA氏のコレクションを譲り受けた物で、A氏も当時ヨーロッパとの海外交流で入手したそうですが、サラリーマン時代だったので先方からの請求額にはビックリしたそうです。私には儲け無しでそのビックリした金額で譲って頂きました、あ〜ビックリ!?

このようにガスキーの流線形タトラは素晴らしい出来栄えでありまして、どこからどう見ても「ミニカー芸術」に値する物なのです。

勢い余ってその後ももう一台入手しましたが、これでいつでも後ろから前から(@畑中葉子)美しい流線形タトラの姿を見らるのでした、素晴らしい!!

オマケで何点か不気味な芸術タトラのミニカーを紹介致します。

こちらはチェコスロバキアのIGRAというブランドの当時物T600で小さなベークライト製モデルになります。黒光りする異様な風情はゲンゴロウにしか見えませんが、怪しさを通り越して、芸術の域に達しているのですな。

[…]

空冷V8のお通りだ、三つ目のタトラはCQQQLだぜ!!

最近やっと気温が上がり始めまして、Moon Garage内でのPaint作業も多少は楽になって来ましたね。 お店に来たお客様から「こんな寒さの中で作業して大丈夫なんですか?」などと心配そうに優しいお言葉を掛けて頂きますが、私は全く大丈夫であります、ハイ!!

長年に渡り外で作業してきた事により鍛え上げられた肉体は、シンナーとミニカーで多少感覚がおかしくなっている事と重なり、皆様ほど寒さを感じない様な気が致します、たぶん・・・

なので皆様どうぞご心配なく変態を見守って頂き、Garageにお越しの際は気軽に声を掛けて下さいませ。

で、よくお客様や雑誌編集の方々から「Wildmanはクルマは何が一番好きなのですか?」質問されるのですが「ハイ、1/43のミニカーが一番好きであります!!」と答え、そこで会話が終わってしまうのです、本当にすみません・・・

「あの、ミニカーじゃなくって実車の話で・・・じゃあ今後欲しい車は何ですか」と会話が再開されると「ハイ、やっぱ一番欲しいクルマはタトラであります!」と元気よく答えてしまい、またもや会話が続かなくなってしまいます、なんでだろ・・・

「多寅、たとら、他戸羅???」とお客様の頭の中はこんがらがってしまい、これはやばいと思い「あ、今のはジョークです、本当はACコブラ289とかトヨタ2000GTなんかが欲しいですよね、ワハハハハ」となって普通に会話は盛り上がって行くのでした、目出度し、目出度し・・・

そう、私の夢のクルマはチェコスロバキアの至宝「タトラ」様なのであります。 「やっぱり、こいつ頭おかしいや」と思われるでしょうが、私はタトラこそ生まれながらのRod & Customだと認識しており、BIGに当選したら車高を落としただけで、あとはノーマルのままでGrand National Roadster Showあたりに持って行って並べたいくらいなのです、カッコいいぜ!!

旧チェコスロバキアで生まれたTatraは1800年代から車を作っていた歴史のあるブランドで、機動車やヒコーキまで作っていたという凄い会社なのです。

特に1930年代の「流線形」を取り入れた自動車のデザインは実に素晴らしく、当時のアメリカ車なんかにも決して負けない物だと思っています。

  

これらのタトラ77シリーズのデザインは強烈でして、その後ろ姿なんか形容のしようがなく、センターに生えたフィン(背びれ)はその後の50’sのアメリカ車なんか完全にぶっ飛んでしまいます、これじゃヒロハタ・マーキュリーさえも太刀打ち出来ませんな・・・・

 

そして戦後のこれらタトラ87やタトラプラン600は流線形を保ちながらもこの様に少しおとなしいデザインに変わって行くのです。

が、後ろ姿は相変わらず強烈でしてこの有様です、ああ美しいな・・・・

さらに1950年代に入るとまさに”Lead Sleds”としか思えないニューモデル「タトラ603」発表しました。これが欲しいのです私は!!

「2,5リッター空冷V8エンジン!!」をリアに搭載する世界最大のリアエンジン乗用車の603は全長5mで車幅は1,9mとアメリカンなサイズですが、前後のオーバーハングが1mを超えているという変態バランスで気持ちの悪いプロポーションをさらに気持ち悪くしています、何てカッコいいんだろ・・・・

何と言ってもデザインのハイライトは顔面にありまして、見ての通り「三つ目」なのであります、全く信じられないくらいアヴァンギャルドなのです。

「何もかも流線形だぜ!!」というコンセプトの元に作られたので、ヘッドライトを三つ並べてそれを一枚物のレンズでカバーして曲面にするという手法は、最近のLEDヘッドライト全開のドイツ車たちも一発で吹っ飛ばしてしまうような素晴らしいデザインです。

リアのエアスクープなんか、空気どころか鳥や空き缶までをも吸い込んでしまいそうなデカさなのです、全く良く冷えるぜ!!

殆どチェコスロバキア国内だけで流通していたタトラ603でしたが、新車当時日本にも上陸していたのですな。

 

この通り我が書斎(ただの戸棚)から引っ張り出して来た2冊の本は、ついこの前の1959年と1964年に出版された「月刊自家用車」とベース・ボールマガジン社時代の「CARマガジン」であります。

モノクロページで紹介されてますが、チェコ大使館の車でして「外」ナンバーが燦然と輝いております。

フロントには巨大なトランクが有るのでここに巨大なエアサスのタンクを積めば車高もバッチリ決まるし、室内なんてそのままでもKustomなのであります。

あまりにも美しいタトラ603でしたが、マイナーチェンジを繰り返して、気持ち悪さの方にも拍車が掛かってしまいます。

  

この様にヘッドライトが4つになりまして、真ん中に寄ったり端っこに行ったり異型ランプまであったりと、妖怪さながらの姿を呈して行くのでした・・・・

1975年まで20年に渡り20000台以上作られた603でしたが、その後普通の?デザインのこちら613にバトンタッチされます。 でもこの613もとっても変で相変わらずの空冷V8はコッグドベルト駆動の3,5リッターDOHC 4カムとなり、またもやリアに搭載されてました・・・ チェコの人って本当に凄いですね。

で、やっと当時物ミニカーの話と行きたい所ですが、残念ながら603は当時ダイキャストミニカーとしては作られず、チープなプラ製の物が数点出ていただけでした、しかもチェコスロバキアで・・・

しかし同じ東欧の共産圏「東ドイツ」にて巨大なリモコン・モデルが作られていたのです。もちろん「ベルリンの壁」が無くなるずっと前の事なのでした。

”PRESU”というさっぱり分からない東ドイツのオモチャメーカーが全長30cmを超えるこのデッカイモデルを1960年代に作っていました。

強烈な603のプロポーションを見事に再現し、色もBarris Kustomもビックリの強烈グリーンになります、東ドイツなのにカリフォルニアしてるなあ・・・・

[…]