Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカー以外の自動車コレクション、迷走する変態の行方は?

あっという間に1月も終わってしまいまして、もうすぐプロ野球もキャンプインなのであります。と言いましても今年もまともに試合が行われるか不透明でありまして、観客人数制限の開催から始まったとして、いつになったらまともな形で見に行けるのか分かりませんね。

外国人選手の来日も遅れていまして、我がベイスターズは最悪の場合開幕時に外国人選手が一人もいないというとんでもない状況が起こりそうなのです。純血国産打線で行けるところまで行くしかないのですが、息切れしたらもうおしまいです・・・・

まあ気楽に見るしかありませんのでコロナ禍の中、今年のプロ野球はあくまで参考記録としておくように致します、自分の中で。

早く寒い冬が終わって、早く春ラララな季節になってしまえばいいのにといつも思っておりますが、そうするとMQQNEYESでは春~夏物のNew ItemのTシャツ等のデザイン製作時期となります。只今そのまっただ中でありまして、このように毎日創作活動に励んでおります、お楽しみに!!

という事で、以前のブログでも書きましたが、ミニカーコレクションも最終コーナーに差し掛かり(と、何年もほざいていますが)

本当に欲しいモデルはあと20台、いや10台だと自分に言い聞かせております。

私の場合、収集の対象が70年代以前に作られたビンテージのミニカーのみなので次々と新しいモデルが出ても全く欲しくないのであります。そういう意味ではこれ以上欲しい物が増えないのは大変ラッキーな事だと思っております。

限定モデルとか特注モデルという、買うことに意義を感じるような言葉にも全く反応しないので気が楽なのです、ああ楽だ!

ミニカーはあくまで芸術なので、芸術的な美しさを感じた物だけを追い求めて46年、ミニカー芸術はもはや悟りの境地であります・・・・

そんなこと言ってると、死ぬまでに欲しいモデルがあと何台だと思っても、それらは中々見つかりません。あっても手が出なかったり致します。そうするとどんどん迷走状態となり、ミニカーでない物に手を出してしまうという状況が生まれてしまい、自分でも大変困っております。

「絶対に作らないプラモデル」位なら良かったのですが、へんてこな自動車のオモチャに興味津々となり、それらにまで手を出してしまう今日この頃であります、反省・・・・

「しかし集めてしまったものは仕方ない、これも芸術だ!」と開き直り、掛け軸のコレクターが突然バービー人形を集め始めるというような境地を楽しんでおります。何を言っているのかさっぱりわかりませんが・・・

という事で最近の「ミニカー以外の迷走自動車コレクション」を紹介させて頂きます。

こちらはですね、皆様ご存知の?チェコスロバキアの雄、Tatra 603になります、タトラですよ、三つ目のタトラ!! ああ気持ち悪くてカッコいい!!

このモデルはですね1950~60年代にチェコのタトラ社が実車のファクトリープロモーショナルモデルとして当時作った模型なのです。美し過ぎて涙が出て来ますね・・・・

これはつまり当時の販促品なのであります。日本では金ピカのシガレットケースなんかがありますね。

このモデルは1/24前後のスケールの重たいキャスト製で木製の台座もオリジナルです。無茶苦茶に重たいので足に落としでもしたら骨折は必至なのです、ああ痛そう・・・・

この形は芸術の域に達しておりまして、もはや魯山人の焼き物レベルだと思っております、マジで。

木製の台座にはチェコの言葉で何か書いてありますが、サッパリ分かりません。1960年の5月13日というのは確認出来ました、ついこの前ですね。61年前、大洋ホエールズ初優勝の年であります、素晴らしい!!

そしてお次は巨大な1/12スケールの1971 Dodge ChallengerのFunny Carであります。Made in USAのTestors社製のGas Poweredエンジンカーでありまして、こんなもの本当に走らせたらどこにすっ飛んで行くか分からないシロモノです。

しかしさすが70年代のMade in USA、実車Funny Carまんまの作りと、見事な車高っぷり。しかも車名は”Widowmaker”ときたもんだ!! Flamesのデカールなんか美し過ぎて思わず実車に描きたくってしまいますね。完璧なバランスであります!!

もちろんHEMIエンジンがモチーフでディッシュホイールにGOOD YEARタイヤも履いていて、アメリカ車好きには涙が出て来る作りなのです。やはりミニカー以外でも当時物は違うのですな。ああ、憧れのMade in USAなのです。

だんだん興奮して来ましたが、また次回「ミニカー以外の迷走自動車コレクション」を紹介させて頂きますのでお楽しみに!(自分が楽しい!?)

[…]

ミニカーコレクション第4位、共産圏のクルマが大好き!?

この前のお休みの時にですね、ふと思いついて我が家の玄関扉の枠の部分のペンキを塗りたくなりまして、ホームセンターに直行、水性ペンキとハケを購入し寒い中、朝からペタペタと塗り始めました。

普段家では絶対にピンストライプのブラシなど握らないのですが、(私オンオフのスイッチが強力なので、家に帰るとPinstriperからただの変態になってしまうのです)ハケなら良いでしょうという事で、古い塗装を落とし、完璧なマスキングを施して塗り始めると、何だかとっても楽しくなって来ました。

素晴らしいハケ捌きで、ムラも残らずどんどん塗られて行く扉の枠、「うおおお〜完璧だ、趣味でやるなら建築塗装も楽しいぞ!」と次は横の柱も塗りまくり、まだペンキも余っているので今度は2階のベランダに行き、扉も枠も全部塗ってしまいペンキが無くなった所でハイ、おしまいとなりました。道行く近所の方々は、とっても不思議そうな目で塗装職人と化したWildmanを見ておりました、いつも不思議に思っているようですが・・・・・

まだ塗り足りないので、今度はお隣の家の玄関に侵入し勝手に塗ってしまおうかと思ってしまう今日この頃であります!!

という事で今回のお話は連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」第4位となります。ついに4位まで来てしまい、寂しい気分となってしまいます。せめてベスト50にすれば気持ちに余裕を持って考えられるのですが、10台というのはかなり厳しい選択となりまして、選ぶのに苦労するのです。そんなこと普通の方々にとってはどうでもいいことなのですが・・・・アブノーマルな人生は大変なのです。

この本に出合っていなければ、こんな人生は絶対に送っていなかったと常々思っている昭和の問題作、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を毎日熟読する小学生のWildmanは「今まで知らなかった自動車をミニカーで知る」という喜びを得まして、どんどん訳の分からない車の名前を憶えて行きました。

それまではポルシェ、フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ジャガー、アストン・マーチン、リンカーン、キャデラック等々、いたって正統派のクルマを覚えて憧れを持っていたのですが、世界のミニカーを見てからはホールデン、パナール、ハンバー、ブリストル、ダフ、ヤライ、アドラー等々、普通では理解不能なクルマの名前が次々とインプットされ「アームストロング・シドレーが大好き! いつかはメドウス・フリスキーに乗ってみたい!」と叫ぶ、気の狂った小学生が横浜に一人誕生致しました、かたじけない・・・・

とにかく「世界のミニカー」を見て先にそのクルマの名前や形を覚えて、あとから実車の事を知るという変態極まりない車道楽が始まってしまったのです。

そんな中、世界のミニカーの39ページにセップトーイ社のガスキー(Septoy,Gasquy)というベルギーのブランドのミニカーが紹介されていました。「ベルギーだって、一体どの辺にあるんだろその国は?」と世界地図を広げるとヨーロッパのちっこい国でした。1970年代までは海外でのミニカーの生産国はイギリス、西ドイツ、フランス、イタリアといった国々が主流で、他のヨーロッパ諸国での生産はイレギュラーな感じだったのです。それにしてもそれから30数年の時を経て、ベルギーで開催されたEuropean Bug Inに行ってPinstripeデモを行う事になるとは夢にも思っていませんでした、白昼夢は良く見ますが・・・・

「ベルギー製か、しかもガスキーなんて気持ちの悪い名前のメーカーだな、ああ気持ち悪い、不気味だけど素敵だぜ!」と変態小学生はガスキー製のミニカーに興味を持ったのでした。世界のミニカーにはこのメーカーの説明文が以下のように書いてありました。

「このメーカーは一九五五年を最後に生産を中止している。当時はベルギー国内だけで販売されていたようで、現在では入手がむずかしいモデルである。代表モデルにタトラ、リムジーンがある」

「げっ、1955年に生産中止だって、しかも入手が難しいって」と不安になる小学生でした。1970年代中期のことなので、その当時でも20年前の絶版品で、現在では64年落ちのミニカーとなる訳です、ふ、古い・・・・・

代表作にタトラ・リムジーンがあると書いてあって、そのモデルは39ページの一番下に掲載されていました。

ガスキーの他のモデルはフラッシュ・サーフェスのフォードやシボレー、プリムス等いたってまともな車種を作っているのですが、ナゼか一点だけ「タトラ」なる不気味な響きのモデルがあります。

「タトラって何?? たとら、多虎、他登良・・・」と変態小学生は頭を悩ませます。しかも流線型でとってもカッコいいぞ!と今度はタトラにあこがれを持つ始末です。

ガスキーがモデル化したタトラは「タトラT600 タトラプラン」(TATRA T600 Tatraplan)なるクルマでした。今は解体された社会主義国家チェコスロバキアのクルマで、戦前より流線形の変態的なデザインのモデルを色々作っておりました。

だってこれら戦前のタトラのデザインなんてKustomの世界にしか思えず、完全にHirohata Mercuryもぶっ飛ぶ仕上がり具合だと思います、ハイ。

ガスキーがミニカー化した「タトラT600タトラプラン」は戦後のモデルで、1948年から本格的な生産が開始されたリアエンジンの空冷フラット4で2リッターの排気量を持つモノコックボディの6人乗り乗用車でした。流線形デザインの空気抵抗係数(cd値)は何と0,32というものでした、素晴らしい! 実車には世界一気温が高い博物館と思われるマレーシアのミュージアムで遭遇して大変感激し、日本には帰らず住み込みでそこの管理人になりたいと思ったくらいでした・・・・

で、ガスキーのタトラなのですがやはり難物でありまして、小学生や中学生のマニアにはとても手に負える代物ではありませんでした。ていうか、当時このミニカーを日本で持っているのはおそらく数名しかいないと思われ、トップクラスのウルトラ変態コレクターの手元にあるだけでした。インターネットもオークションもEMSも無い時代ですから・・・・

結局、夢のガスキー、タトラを入手したのは1980年代後半の大人になってからでした。昭和の大コレクターA氏のコレクションを譲り受けた物で、A氏も当時ヨーロッパとの海外交流で入手したそうですが、サラリーマン時代だったので先方からの請求額にはビックリしたそうです。私には儲け無しでそのビックリした金額で譲って頂きました、あ〜ビックリ!?

このようにガスキーの流線形タトラは素晴らしい出来栄えでありまして、どこからどう見ても「ミニカー芸術」に値する物なのです。

勢い余ってその後ももう一台入手しましたが、これでいつでも後ろから前から(@畑中葉子)美しい流線形タトラの姿を見らるのでした、素晴らしい!!

オマケで何点か不気味な芸術タトラのミニカーを紹介致します。

こちらはチェコスロバキアのIGRAというブランドの当時物T600で小さなベークライト製モデルになります。黒光りする異様な風情はゲンゴロウにしか見えませんが、怪しさを通り越して、芸術の域に達しているのですな。

[…]