Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

今年も暑いぜ、クアラルンプールでOh! My街道レーサー

プロ野球交流戦も後半となりましたが、我が横浜DeNAベイスターズは少し持ち直しまして、相変わらずリーグ戦では最下位ですが、交流戦の成績はまずまずでして、夏場はもしかして反撃出来るのではないかと期待が高まっております。

何といってもキューバの至宝、グリエル選手の加入が起爆剤になりそうなのです。まさか野球王国キューバから現役バリバリの選手がやって来る時代が来るとは思ってもみませんでした。ピークを過ぎたプレーヤーではなく、今が旬という状況でやって来たので、これはもう勝敗に関係なく、彼のプレイを見るだけでも価値があると思います・・・何なんだ、あのスイングのスピードとフォロースルーのカッコよさは!!

で、先週末はですね昨年に続いてマレーシアはクアラルンプールにて開催の"Art of Speed"というイベントに参加して参りました。昨年はベイスターズ連敗中の遠征だったので、あまり気分も冴えませんでしたが、今年は気分も晴れやかに向かいましたので、雨も降らせませんでした、これは奇跡なのです!!

昨年同様エアーアジア機のHot Seat(足元だけが広い席)に陣取り、東南アジアはマレー半島に向かいました。ホテルに着くとワールドカップの装飾が施されて盛り上がっていましたが、マレーシアって出ていなかったような気が致します・・・

ホテルの外には屋台があり、そこで朝食を食べましたが、お好み焼きのようなキャサディラのようなクレープのような不思議な物体でした。屋台の所では天然のRat Finkがチューチュー言って歩いておりました・・・

そして屋台の隣の工事現場ではこのようなビンテージトラックが普通に現役で働いておりました!!

特にこのメルセデスのトラックは大好きなクルマでありまして、こちら当時物40年前の珍奇なアルゼンチン製ミニカーをいつもウットリ眺めていました、実物に会えて幸せであります!!

Art of Speedはカスタムカー&カスタムバイク、そしてカスタムカルチャーのイベントなのですが、今年も招待して頂きまして現地で2日間、デモを行って来ました。

今回は日本から"Team Nash"の面々もやって来まして、Makoto、Mr,G、Jet Wrench、BOOの4名も参加となりました。Nash君は声がデカいので世界中どこにいてもすぐに分かるのです・・・・

他にも現地のArtistさんが参加されていますが、Rolling InkさんというPinstriperの方からこのようなプレゼントを頂きました。木箱の中にはさらに木箱という感じで、3台のスケール別ミニカーが 収納できそうです、有難うございました!!

会場は昨年同様CITTA MALLというモール街駐車場なのですが、昨年は駐車場に巨大テントを張り、その中でのデモでしたが今回はモール建物の中にギャラリーのような形でブースを設けてくれました。

が、そこにはライブ用ステージも設置され、クラブのような雰囲気を出す為? 真っ暗なのです、本当に真っ暗。「ああ、これはイベントが始まったらちゃんとライトをつけるのでしょう」と思っていたら、いつまでたっても真っ暗のまま・・・天井にある丸いライトだと思っていた物は火災用スプリンクラーで、他にはステージを照らす照明位しかありません。

これまでも色々な悪条件の中で仕事をして来ましが、今回は史上最悪??とも思えるコンディションの中で、私たち日本人チームは「心の目」で手元を見て作品を描き続けました、皆様お疲れさまでした・・・

そんな中でも沢山のお仕事を頂き感謝しております、有難うございました!!こんなハデなPorscheにも描かせて頂きました。

ステージでは主催者のAsepさんが皆を紹介してくれました。今回はFLAT 4さんのNAO君も来られて、一昨年WildmanがPinstripeを施したRace Car "Inch Pincher II"を日本から持ち込まれ展示されました、カッコいいぜ!!

カーショーは昨年以上に日本車の占める割合が多くなっていまして、皆様本当に日本が好きな感じが致しました。

ナゼかオーバーフェンダーがお好きなようで、このようについこの前である昭和54年頃のホリデーオート誌はOh! My街道レーサーなクルマたちが幅を利かせておりました、頭もパンチパーマにすればいいのに・・・

ハコスカ顔のサニトラも大人気でしたが、来年はサニトラ顔のハコスカが来るのでしょうか・・・

こちらのGo! with […]

力道山先生五十回忌、Wildman奇跡の新聞デビュー!!

皆様お久しぶりでございます。

1日に開催された22nd Annual Yokohama Hot Rod Custom Showはお楽しみ頂けましたでしょうか!?

   

当日は晴天にも恵まれまして、過去最高のエントリー&入場者数となりました。ご協力、ご来場本当にありがとうございました!!

Pinstripe Gatheringにも40名のArtistが集まり、Custom Paint Contestは何と60名を超えるエントリーとなり、来場の皆様を楽しませる事が出来ました。

来年も楽しい企画を考えますので、ぜひ横浜に足をお運びくださいませ。 又、今回来られなかった皆様も安心です、イベントの模様を抑えたライブ感満載のDVDが発売予定となっておりますので、そちらでバッチリ楽しむことが出来るのであります!!

  

そしてHot Rod Custom Show終了後はすぐにアメリカに飛びまして、Mooneyes USA主催のX’mas Partyに参加してまいりました。

    

おなじみIrwindale SpeedwayにてShow & Dragを開催予定でしたが当日は何と雨が降ってしまい、Drag Raceは行う事が出来ませんでした、残念!!

今回は強烈な寒波が襲い、雨よりも寒さにやられた感じで、朝なんか車のガラスが凍ってしまうくらいの寒さで、日本より寒いCaliforniaを味わってしまいました・・・快晴王子はいずこへ・・・

               

それでも沢山のShow Entry車が集まってくれまして、イベントはちゃんと開催出来ました!!

 

Jim Dunn RacingのMooneyes Funny Carもやって来てくれて、久々にMoon YellowのFunny Carを見れて感動致しました。

                  

他にもNHRA Museumに行って大好きなMoonbeamに再会したり、10回目の開催となったChopper Festを見にVenturaまで行ったりと寒いCaliforniaを堪能して来ました、もちろんカニも食べてきましたので御安心を!!

  

で、明日12月15日は力道山先生の五十回忌となるのであります。 必殺空手チョップで外国人レスラーをなぎ倒し、敗戦で打ちひしがれた日本国民に勇気を与えた先生がこの世を去って50年も経ってしまいました、ナゼか私はまだ生まれておりませんでしたが・・・

そんなこんなで感慨にふけっておりますと、何とビックリ新聞社からWildman取材の依頼が舞い込んで来ました、初めての事なのです。

これはもしやPinstriperとしての半生の連載か??もしくはミニカーコレクター紹介の記事かしら?? いや日本製Nikeについての解説依頼でしょうか???

いやいやDeNAベイスターズ来季の見通しについて語るのか???? それとも先月のKISS 七年ぶりの来日公演についての感想か?????

と勝手に判断しておりますと、全て違うとのことで再びビックリ、力道山先生ファン代表としての取材だったのです!!!!!!!!!

[…]

翼よ、あれが巴里の灯だ! 快晴王子、時差ボケの旅

皆様お久しぶりでございます・・・・ここの所、時差ボケか天然ボケなのかさっぱり分からなくなってきたWildmanですが、日本に戻って来てやっと正気になりました。まだ白昼夢は見ておりますが・・・

アメリカはサンタマリアに行ったと思ったら、マレーシアのクアラルンプールで大汗をかいて、今度はベルギーに行って雨を降らせ、最後はハンティントンビーチにて道に迷いました・・・・ この1ヶ月半、自分がどこにいるのかさっぱり分からない感じで、その間に我がベイスターズは交流戦最下位に終わり、せっかくAクラスを確保してたのに定位置に舞い戻ってしまいました。意味の無い交流戦は即刻中止にすべきですな!

ということで昨年に引き続き、ベルギーはChimayの街に行って参りました。

昨年はEuropean Hot Rod & Custom Showの開催でしたが(Wildman’s Blog 2012年6月30日参照)今年は同じ場所でEuropean Bug-In 5の開催となりました。同じ主催者により今後も交互に開催されて行くようですね。

今回の旅は不肖WildmanとSteveそしてMr,Kの3人でヨーロッパに乗り込みました。

    

まずは大雨の成田空港よりエールフランス機に乗って6,039マイル、11時間39分の長旅となりました。

早朝のシャルルドゴール空港はやっぱり雨・・・快晴王子の称号があやしくなって来ました。

のどが渇いたので、自販機でジュースを買おうと思ったらこのお値段・・・

円安の現在、とんでもなく高いので買うのをやめました。

Smokerのお二人は長時間禁煙後の幸せな喫煙タイムとなりました。

タバコを吸う方々は本当に面倒くさいですね・・・

 

気を取り直してトイレに行ってみると、このような芸術的なトイレでした。

そんなことよりHERTZレンタカーのカウンターに行ったら、ナゼかスタッフが一人もおりませぬ・・・私たちより早い飛行機で到着していた方々が数組待っていて、みなさん怒り気味の風体であります。

そう、早番のスタッフが寝坊をし?営業時間になっても誰も現れないのでした。

日本では考えられないような事が起きるのが外国の楽しいとこですね。

看板を見ると「Wildmanようこそ」書いてあったので感動しそうになったのですがよく見たら「Willkommenようこそ」でした、つまんないの・・・・

結局一時間近く待たされ、お寝坊スタッフが現れて何の悪気も無いそぶりで手続きを済ませ、今回レンタルしたのはこちらOPEL INSIGNIAというディーゼル、6速マニュアルのステーションワゴンでした、燃費最高だぜ!!

      

パリの街に繰り出してみると、素敵な街並みが続いておりました。凱旋門やらエッフェル塔やらWildmanには縁の無かった物が見れて楽しゅうございます。

   

ま、東京タワーの方がカッコいいけどね・・・・

     

オシャレなCafeで朝食を食べたり、素敵なからし色のFIAT 500に遭遇したり、LVマークの某ボッタクリショップの前を通ったりとパリの街を少し堪能した後、パリ名物恐怖のロータリー交差点を抜けて、一路ベルギーはChimayの街に向かいました。

    

のどかな田舎道を突き進み、マクドナルドを発見!!ナゼか看板は緑色なんですけど意味が分かりませんので、知っている方教えて下さいませ。

 

さっぱり分からないフランス語のメニューを見ると、280なる商品が目につきこちらを注文、どんなものか分かりませんが伝えやすかったのでこれに決めただけです・・・

四角いバンズでパテは普通のマックの味でしたが、きっと280グラムあるのでしょうか? 御馳走様でした。それにしても値段が高い高い、バリューセットで¥1,000近くになるなんて日本では考えられませんな。

   

そしてイベント会場となるChimayのサーキットに到着すると、可愛らしいType IIがお出迎え、Mr,Kと記念写真をパチリ、この時は快晴なのですが・・・

      

会場にはすでに結構な数のVWたちが集まっておりました。

    

[…]

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

あれから50年、今後も50年のWildman’s Blogは力道山先生と共に

先日Mooneyes Area-1の駐車場に、このようにとっても珍奇なクルマがいらっしゃっておりました。

 

「ロールスロイス・カマルグ」でございます。その昔のロールスロイスのトップモデルでして、日本の代理店コーンズでの80年代当時の新車価格は驚愕の¥48,000,000という一瞬で読めないようなプライスタグを引っ提げておりました、当時世界一高い車でございます。

22歳の私が¥2,000,000近い借金を背負っていた頃でございます・・・

カマルグの後ろに回るとそこにはこのステッカーが燦然と輝いておりました!!

  

正方形の中に並べられたSSSAのロゴデザイン、見る方が見れば分かりますよね。小学生のWildmanが通った横浜市神奈川区松ヶ丘にあったスーパーカーの総本山、あのお店の本物のステッカーなのでした。

この後カマルグに乗って来られた方に少しお話を伺いましたが、奥が深い話となってしまうので、又いつかの機会に、それでは皆様サヨウナラ・・・

じゃなくってロールスロイスと言えば力道山先生なのであります。(Wildman’s Blog 2008年1月4日参照)

 

力道山先生最後の愛車となったロールスでしたが、当時のトッパンの絵本にもこのように「じょうひんな せかい一のじどうしゃです」と紹介されております、やはり世界一の力道山先生でございます。

こちらの新聞は先月我が家のポストに定型外郵便で届いておりましたが(恐怖新聞ではありません)63年前の昭和25年6月14日(水)の毎日新聞であります。

豪雨で丸の内が浸水し、新車の’50シボレーが水没している写真が載っておりますが、その下には「力道山が保険金詐欺 船の放火に共謀容疑」という記事になっております。

相撲時代の事件なので髷姿の相撲時代の先生のお写真も掲載され、この後十年に渡る波乱万丈のプロレス人生の幕開けにふさわしい事件でございます、さすが先生だぜ!!

今年2013年は力道山先生没後50年となりました。

1963年12月15日にお亡くなりになりましたが、先生はその一週間前に赤坂のナイト・クラブ「ニューラテンクォーター」で起きたささいなトラブルから腹部を刺され、その後の医療ミスにより天に召されてしまいました。

入院中に寿司を食ったり、サイダーを飲んだりしたから病状が悪化して死んでしまったというようなマヌケな記事が氾濫しておりますが、デタラメもいいとこなのであります。

こちらは今から30年前の赤坂S病院の601号室で、力道山先生が息を引き取った部屋であります(現在はありません)

没後20年の時点での撮影ですが、ベッドもカバーも当時のままとのことでした、なんでだろ???

1963年の時点でバス、トイレ、応接室、キッチン付きで一日¥15,000という一流ホテルもビックリのお値段でした、さすが先生であります・・・

力道山先生側近のマネージャーであった吉村さんもすでに鬼籍に入られ、当時を知る方々はもう殆ど残っていないような状況の中、先日ニュースが飛び込んで来ました。

1963年12月8日、赤坂のニューラテンクォーターで喧嘩の末、力道山先生を刺してしまい、懲役7年の実刑を受けた当時大日本興業組員の

村田勝志さんが病気でお亡くなりになられました。先生を刺して「力道山殺傷事件」の犯人となった方ですが、その後50年生きられました・・・

こちらの手持ちの新聞は事件当時の顔写真ですが、結構貴重なのです。

毎年先生の命日の翌日に池上本門司への墓参りを欠かさなかったとのことで、氏も村田組の組長として壮絶な人生を送られたようです。

娘さんがプロレスラーになったというのも何の因果なのでしょうか・・・

本やテレビで事件の事を何度か語られておりましたが、真相はご本人たちにしか分かりませんので、全ては闇の中へと消えて行きます・・・

栄光の面とダークサイドが入り乱れる力道山先生の世界は今後も根掘り葉掘り自分なりに調べて行くのです、このブログが50年続く事を目指して!!

[…]