Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ルックチョコレートとミニカーの融合、ローウィは天才だぜ!!

この前の月曜日なのですが、せっかくのお休みにもかかわらず横浜は晴れているのに雪が降っているという不思議な光景となりまして、私の頭脳なみに地球は混乱しているのだなと感じました・・・

雪を見ただけで一歩も外には出ない方針のWildmanと致しましては当然引きこもりとなりまして、コーラとお菓子で一人酔っぱらっているしかありません、ああ美味しい。

スイーツ好きの私でありますが、実はチョコレートというのはそれほど好きではありませぬ。チョコレートケーキよりもショートケーキ、生クリーム万歳!!なのであります。

でも何点か好きなチョコはありまして、キットカットと東チョコのライスチョコレート、そして不二家のルックチョコレートがとても美味しゅうございます・・・

中でもルックチョコレートとは古い付き合いでございまして、幼稚園の頃よりフェイバリットな存在でした。

現在は買わなくても親父がパチンコの景品で貰ってくるので実家に行った時に回収してくるのです。

 

不二家ルックチョコレートは昨年、発売50周年という節目を迎えましたが、基本的なパッケージデザインは50年前と大して変わらないのです、凄いですね。まあ1962年なんて全くついこの前なのですが・・・

アラモードのフレーバーは昔はバナナ、ストロベリー、キャラメル、コーヒーでしたが現在はバナナ、アーモンド、ストロベリー、キャラメルに代わっております。

そんなことはどうでもいいのですが、不二家のロゴマークというのは子供の頃から頭の中にこびり付いておりまして、やっとひらがなが読めるようになった頃、アルファベットのFをモチーフ としたこのマークがひらがなの「み」をデザインした物にしか見えなかったのです、本当に・・・・

「み」とお花のマークは一体何なのでしょう??と幼年Wildmanはルックチョコレートを食べながら一人悩んでおりました、今も色々と悩んでおりますが・・・

その後数年が経過し、自動車とミニカーの研究にせっせと勤しんでいた頃、へんてこな形のミニカーを手に致しました。

  

それは英国Corgi Toys製の「スチュードベーカー・ゴールデンホーク」なるクルマでした。

カッコいいんだか悪いんだか当時の頭では理解不能なデザインでしたがとりあえず「実車より先にミニカーで勉強する」といういつものスタイルでゴールデンホークを調べて行きました。

するとあるデザイナーのお名前が頻繁に出てきます、それが”Raymond Loewy”「レイモンド・ローウィ」なるお方でした。

ダイヤモンドユカイではありません・・・

文献には必ず「口紅から機関車まで」というフレーズが出て来て、ローウィという方は一時代を築いた産業デザイナーと言うことが分かりました。しかも超ビッグネームではありませんか!!

フランスからアメリカに渡り帰化したローウィは流線型をモチーフに色々な物をデザインした偉大なお方でした、小学校高学年になるまでそんな事を知らなかった自分の事を恥ました・・・

     

機関車、船舶、飛行機、自動車、冷蔵庫等の工業製品から、ラッキーストライク、シェル石油の貝殻マーク、エクソン石油等のロゴやパッケージデザインもこなしております。

日本のたばこのピースもそうでしたね。

それにしてもこの機関車は強烈デザインですよね・・・・

こちらフジ・キャビンと同じくらいのインパクトがあります。

そして何と不二家のナゾの「み」マークもローウィの手になる物でした。

しかも愛するルックチョコレートのパッケージデザインも手掛けておりました、最高だぜローウィよ!!

「うーむ、口紅から機関車までというよりもチョコレートからスチュードベーカーまでと言った方が良いのでは」と思いました。

  

そんなこんなでスチュードベーカーをさらに遡って調べて行くとゴールデンホークなんて序の口で、1950~51年に掛けての通称”Bullet Nose”(銃弾の先端)を持ったデザインのグリルが凄過ぎました。

ミニカ・ダンガンとはわけが違います・・・

同じようなグリルがモチーフの1949 Fordの方が先に出てしまったのであっちの方が偉そうですが、デザイン自体はスチュードベーカーの方が先にあがっていたそうです、世の中早い者勝ちですね。

  

フロントも凄いですがリアスタイルも無茶苦茶で180度パノラマビューのガラス面を持ち、一体どっちが前なのか後ろなのか分からず、当時はジョークで”Coming or Going” 来るのか行くのかどっちなの?と言われてました。

後ろから前から@畑中葉子ではありませぬ・・・・

こちらはついこの前の昭和25年1月10日に発行された私の蔵書、「ポピュラ・サイエンス 第2集 自動車編」でありますが、思わず目をそむけたくなるような強烈イラストのスチュードが表紙になっております、怖いですね・・・

 

[…]

怒涛の一カ月、Hot Rod Custom showお疲れさまでした!

皆様お久しぶりでございます。暫くの間、行方不明となってしまい大変申し訳ありませんでした、私はちゃんと生きております・・・

Hot Rod Custom Show前の1カ月、猛烈に仕事が忙しくなってしまい、何が何だかわからない毎日を過ごし、気がつけばShow搬入日の午前1時・・・・奇跡的に全ての作業が終わり目出度くパシフィコに出撃出来ました、お疲れ様です。

           

イベント前はこのようなVWたちを夢中で仕上げました(楽しかったです)

   ウワサのToyota 86も仕上がって、「これカッコいいじゃん!!」と一人御所山で自画自賛しておりました。

    

秋の紅葉の中、出張に行っての作業もありましたね。

そんなこんなでHot Rod Custom Showは無事開催され、たくさんのエントラントや入場者の皆様がお越しになり盛大なイベントとなりました、有難うございます!!

 

今年はHot WheelsのコンベンションモデルとしてWildmanデザインのVW Busが会場限定発売となり、マニヤの皆様のお手元へ行き渡りました。

こちらの購入を目当てに並んでいた変態の皆様、まことに有難うございました!!

そういえばこのVW Busには人生始まって以来の数のサインを入れさせて頂きましたが、AKBの気持ちが少しわかりました・・・

次は変態同士の握手会としましょう、Wildman 48発進だぜ!!

で、Hot Rod Custom Showが終わったと思いましたら、今度はCaliforniaに飛びまして、MOONEYES USAのイベント、MOONEYES X-mas Party Show & Dragに参加して来ました。

「あれ、さっきまでパシフィコにいたのに、ここは一体どこ?」と思ってしまいました。

だってPinstriperのGHOST君も単独エントリーしてましたから、ますます日本だかアメリカだかわからなくなってしまいました。

こちらのイベントも大変盛り上がりましたが、詳しいReportは今回一緒に行ったMooneyes Staff中、最大の身長を誇る”A”中野君のReportで詳しく紹介しておりますのでぜひクリックして下さいませ。全く力道山先生より背が高いなんてどうかしてるぜ・・・

あ、もちろんアメリカでカニは食して来ましたのでご安心ください、ああ美味しかった!!

行きつけのHOKKAIDOではなくNew Port Beachの歴史あるお店、The Crab Cookerにて大暴れして来ました。

 

今回は近況報告のブログとなってしまいましたが、次回からは変態復活となりますので宜しくお願い致します。

[…]

歴史も一緒にコレクト、本当は怖いんですが・・・・

暑い中、最下位争いが熾烈になって来たセ・リーグですが、我がDeNAベイスターズは勝手に落ちてきてくれた阪神と壮絶な裏ペナントレースを展開しております。

ファンを喜ばせる為にベイはたまにしか勝たないのに、ナゼか阪神もたまにしか勝てなくなって来たので、気が付けばトラの尻尾が見えてまいりました。 うまく行けば最下位脱出も見えて来ましたので、今後の展開が楽しみなのです。

今年のセ・リーグは5球団で争っていると認識しております。各チームからいろんな人材を集めて独り相撲を勝手にやってるジャイアンツはどうでもいいので、2位のチームが見事優勝という私だけのルールで楽しんでおります、中日ドラゴンズ優勝万歳!!

ジャイアンツから裏金選手とFA選手が一人もいなくなったら、私だけのセ・リーグに入れてあげます。まあそれは永遠に無理でしょうけど・・・例の監督事件も上手くもみ消しましたよね、さすが栄光のナベツネ巨人軍であります、巨人軍は紳士たれ!!

そんなことはどうでもいいとして、長くコレクションをしていると色々な「偶然」が起こります。

  

昔のブログでご紹介しましたが、こちらの英国はSpot-On製のジャガーXKSSを21世紀に手に入れて、よ~く見たらグリルにペイントの付着があり、40年前のミニカー雑誌に出ていたモデルそのものでひっくり返りそうになりました。

 

こちらのジャガーXK120も同じく40年前の雑誌に出ていたやつが手元にやって来ましてだんだん怖くなって来ました・・・

   

古い雑誌には、最初に買った方が御自分の名前を書いたり「蔵書」のスタンプが押してあったりして「ついこの前の50年前にこれを買われた人は今頃どうしているんでしょう?」

なんてふと考えると「うお~何かこえ~!!」と部屋の中で一人で騒いでると「お前の方がよっぽど怖い」とよくカミさんに言われます・・・

  

そう考えると私の手元にあるミニカーたちはどんなに新しくても30年以上前の物でして、中には6~70年前の物まで平気で並んでおります。 ということは「70年前、最初にこのミニカーを買われた人はどこのどちら様で、今はどこでどうしているのでしょう??」なんて考えるとまたもや「うお~何かこえ~!!」と部屋で叫んでしまい「ウルサイ!!」とカミさんに言われてしまいます・・・

コレクションのポリシーとして「なにはともあれ当時物しか集めない」なんてスタンスでやってますから、自分がファーストオーナー以外の物は当然数十年前の物しか揃いませんので部屋の中は誰の持ち物だったか分からないような物ばかりなのです、うお~ヤッパリこえ~!?

 

こちらのSports Cars Illustrated誌1960年7月号ですがMoonbeam号が表紙に写ってます。

この本はアメリカに行けばSwap Meetなんかで探せば出てくるのですが、こちらは当時から日本にあった本になります。だって領収証がはいってるんだもん・・・・・

ついこの前である大洋ホエールズ初優勝の昭和35年6月22日に北野様が東京の海外出版貿易を通じて¥2,120で購入されたようです。ちなみにアメリカでの定価は50セントです。

当時¥2,160って強烈な金額でして、ペラペラの車雑誌に払う額としてはハンパじゃありません。立派な図鑑が買えてしまいます。北野様は財閥だったのでしょうか・・・・

そしてこちらはついこの前の昭和37年にプリンス自動車が出たばかりの初代スカイラインをフランスのパリサロンに出品したと事を報じる「パリのスカイライン」というプリンス自動車が出した小冊子になります。今度「本牧のカリスマ」という本を出したくなります・・・

 

国産車が世界に出て行ったごく初期の歴史のひとコマですが、横浜港から船積みされたスカイラインが現地に到着し、展示され話題を振りまいたお話を簡潔にまとめた物ですが、面白いのは当時英国紙が「ジャップのスカイラインなんてヨーロッパ車のものまねだ」という記事を出し、それに反論する形でプリンスが長々とコメントを載せています。

十数年後英国車はただのゴミとなり、日本車が世界に羽ばたいて行ったのは何とも皮肉でありますが。

    

さらに紙面には当時力道山先生も惚れていた?女優の岸恵子さん始め日本の著名人が会場を訪れた事が紹介されているのですが、こちらの写真に注目です。

「古垣駐仏大使御夫妻、パリ到着時より色々御世話戴き、スカイラインの成功を心から喜んで下さいました」と紹介されています。当時の大使様なのですね。

で、こちらのモノクロ生写真なのですが、何とビックリこの小冊子に使われているものと同じ写真なのであります!!何で!?

出所はヤフオクなのですが、何がどうなったのか他の古いクルマの写真数枚と一緒に出品されていたのです。

当時のカメラマン様が処分したのか、印刷所から流出したのか何だかわかりませんが、偶然50年以上前の小冊子に使われていた写真がナゼか手元にやって来たのです・・・うお~何かこえ~・・・

このように独り相撲を展開していると、予想外のものが手元にやって来てしまい、嬉しいやら怖いやら収拾のつかない収集がエンドレスで続いて行くのです。

そのうち力道山先生からの手紙が来たりして・・・・うお~こえ~!!

[…]

勝ったけどつらい試合、DeNAベイスターズ絶好調だぜ!!

先日ですね、4月以来久しぶりに横浜スタジアムに足を運びプロ野球観戦を堪能してまいりました。

 

皆様御存じの通り、我が横浜DeNAベイスターズはここまで圧倒的な弱さを誇り最下位を独走し、夏休みを前にシーズン終了といった流れを保ち「たまに勝つから楽しいし、意義がある」といった私はじめ、多数のベイファンをとりこしているのであります。

勝率5割以上のチームなんか応援してもしょっちゅう勝ってるから感動しないしつまらないのです、勝率3割台のDeNAベイを応援していれば週に一回くらい勝利した時の感動は優勝並みになるのですな・・・

今回の相手は今季コテンパンにやられ、バッティング練習の相手にされているとしか思えないような広島カープとなり、3連戦の最終日に見に行きました。

初戦は4対4の引き分けでしたが、本来なら完全にDeNAベイの勝ちゲームですがあっさり追いつかれてしまいました・・・

そして2戦目は球界を代表するカープのエース、マエケンこと前田健太に対し打線はキリキリ舞いとなり、カープの各バッターにはいつも通り試合中にバッティング練習をさせてあげて12対0という何のスポーツかわからないようなスコアで大敗となりました。

中畑監督も「こんな試合をしてしまいファンに対し申し訳ない」とガックリしていましたが、全然申し訳なくなんかないのであります!!

こうやって十分に負けたあとでたまに勝つからベイファンは楽しいのです。監督、気になさらないで下さいませ・・・

ということで広島カープに対して今季1勝12敗1引き分けという圧倒的大差の中「たまに勝つ」ことを信じ「いくらギャグでもそろそろ勝つだろう」という希望的観測も含めて、カープ3連戦最終日に横浜スタジアムへ乗り込みました。

もちろん私はVIPのオーナーなので(ウソ)こちらのシートになるのであります。

 

仕事が終わってから横浜スタジアムへ向かったのですでに試合は1回表裏の攻防が終わっておりましたが、この通りすでにカープが1点リードしているところがギャグなのです、さすがDeNAベイスターズ、期待通りだぜ!!

球場外には「ハマスタBayガーデン」なるものが併設され巨大モニターで試合を見ながらのビアガーデンとなっておりました。球場の外で球場でやってる試合を画面で見るというのも変なのですが、そんなこと酔っぱらいには関係ないのでしょう。ここでケーキバイキングでもやってれば大変嬉しいのですが・・・

 

そしてやって来ました「DeNAベイスターズオフィシャルショップ」であります。

   

前回のブログでお伝えした通りWildmanデザインのMooneyes x DeNA Baystarsのコラボレーショングッズも好評発売中となっておりました!!

大洋ホエールズファンとなって以来苦節37年、自分でデザインしたものがこうやって横浜スタジアムで販売されているとは感無量であります!!

ムーンアイズエリア-1店頭でも販売しておりますので、”YOKOHAMA Connection”を皆様宜しくお願い致します。

 

そして球場内に突撃致しました、もちろんコラボレーショングッズを身にまとってです。

VIP席に座り弁当を食べたりかき氷を食べたり忙しくしていると、携帯の着信が何回もあったことに気付きました。「誰だ、こんなクソ忙しい時に電話してくるヤツは、けしからん!!」

と着信履歴を見るとMooneyes Staffの通称オッチャンからでした。

何だろ??と思い返信してみると「石井さん手を振ってくださ~い」と意味不明の言葉が聞こえたので、小心者が手を振ってみると遥かかなた反対の3塁側応援席でこっちに手を振る集団が豆粒のように見えました。デジカメのズームで思いっきり拡大してみるとそこにはオッチャンやらPan君やらSteveやら広島出身カープファンのもみじ君ら総勢6名のMooneyesStaffの姿が見えました。

何の事はない、彼らも仕事が終わってから勢いでこの試合を見に来ていたのでした。

この後オッチャンはビールと酎ハイで逝ってしまい、横浜スタジアムのトイレで轟沈したのでした・・・・

 

試合の方はですね、1回の表にカープに1点を先制されたあとズルズルと何も起こらないと言うか、今シーズンこれまでDeNAベイに1点も取られていないという天敵野村投手に6回までなすすべなく抑え込まれておりました。

    

「やっぱりこのまま1対0で負けるというのも美しい敗戦かもしれない、大敗12対0に続いて1点の僅差で敗れるのもベイのロマンだぜ、ああコーラが美味い!!」と思い込んでいた矢先の敗戦濃厚な7回裏、ポンポンとヒットが続き、野村投手をマウンドから引きずり降ろし、その後、金城の逆転タイムリーヒットが出て3対1と試合をひっくり返してしまいました。

 

さらに8回裏にはまたもや金城のタイムリーが出てしまい5対1となって「あとは金城のヒーローインタビューを聞くだけだな、これもロマンだぜ、スタジアムでベイのヒーローインタビューを聞くなんて何年ぶりかしら??」と思い始めたとたんに何が起こるか分からないのがDeNAの良いところでありまして、4点も差があるのに9回表は不安定度No,1の守護神??ストッパー山口投手を送り出しここから山口劇場の開演となったのです・・・・

抑え投手なのに何人もランナーを出してヒヤヒヤしながらセーブをするのが得意で、私的には演劇のようなスリルが味わえるので好みなのですが、まともなファンの目で見たらたまったもんじゃないでしょうね。

 

そうこうしているうちにヒットが2本続き、1アウト1,2塁となってしまい「さあ、ここからホームラン打たれて1点差で勝つのがスリル満点の山口劇場だぜ!!」と息巻いていたら、事故は起こりました。

代打の会沢選手の頭をめがけて山口の放った148キロのストレートが直撃したのです!!

結構近くの席だったのでパキャンと鈍い音が聞こえ、会沢選手はその場に倒れてもがき苦しみました。

球場内が騒然となり両軍の選手もホームベース付近に集まり、試合は一時中断となりました。

すぐに担架が運ばれて来たのですが、ヘタに動かさない方が良いと判断されたのか、会沢選手は寝かされたままの状態で全然動かなくなりました。

どんどん時間が経過しカープファンは会沢コールとともに騒ぎ出し、ベイファンも心配そうに見守る中「ご覧のような状況なのでしばらくお待ちください」というアナウンスがありました。

「ご覧のような状況」って言われても確かにご覧のような状況ですけど、これヤバくない??

といった雰囲気が球場内に立ち込めました。

  

[…]

ミナト横浜演歌の雄叫び、ハコスカGT-Rは北島三郎だぜ!!

先日の金環日食は自宅前で待機し、愛犬ルルと一緒にサングラスを掛けてその瞬間を待ちました。

 

曇り空だったので見えないのかと思っておりましたが、何とかこのようにうっすらとですが確認出来ました。 次に横浜で見れるのは300年後という事なのですが、そんなのあっという間なので次回は青空に期待致しましょう・・・

 

金環日食の数日前にはこの様な貴重なクルマがMooneyes Area-1の駐車場に停まっていて、旧車イベント以外では久しぶりに近くで拝見する事が出来ました。

日本人の心、存在自体が演歌そのもので問答無用、北島三郎のような立ち位置の名車中の名車「スカイライン2000GT-R」であります。 ベテラン・ドライバーご夫妻が乗って来られたこちらの個体はコンディションも素晴らしく、S20の官能的なエンジン音を本牧の街に響かせておりました。

ハコスカGT-Rは1970年代、小学生の頃より「特別なクルマ」というのを認識しておりまして、当時でも街中で本物のGT-Rに遭遇したらタップリと3日間は友人に自慢出来ました。 「あのオーバーフェンダーは偽物だ!」、「これはガラスが透明だから本物だ!」などとくだらない事で一喜一憂しておりました。

ついこの前の’75年に綾瀬の街でハコスカ4気筒ショートノーズのタクシーを見掛けた時は友人に一週間自慢していましたが誰も反応してくれませんでした・・・横浜ではそんなの走っていなかったのに。

 

Moon Equipmentで組んだChevyエンジンを積んで’68日本グランプリを制したニッサンR381の先代にあたる、プリンスR380のGR8型エンジンをベースに開発されたGT-Rの心臓S20型エンジンは、直列6気筒ツインカム24バルブという精緻なメカニズムを持ち、当時の量産車用エンジンとしては世界的にも例を見ない贅沢な作りでした。

  

最初にセダンタイプの4ドアボディスカイラインにS20を乗せて、日本版「羊の皮を被った狼」スカイライン2000GT-Rが誕生し、その後ショートホイールベースの2ドアハードトップボディも出て、こちらが当時のツーリングカーレースで大活躍となり、マツダのロータリー勢が台頭して来るまで50勝という金字塔を打ち立てスカイライン神話が誕生しました。

しかし当時世界に出て行ったマツダ・ロータリー勢とは違い、GT-Rはあくまで国内限定のご活躍で、メジャーリーグを目指さない一流プロ野球選手?のように日本に留まっての激走振りはまさに演歌そのものなのでした、でもそんなところが好きなんです・・・

  

で、本題となる当時物GT-Rのミニカーですが、まず最初にGT-RのS20型エンジンのベースとなったGR8型エンジンを搭載した日産R380-IIが米澤玩具のダイヤペットからついこの前の昭和43年3月に発売されました。 形自体はそれなりの出来なのですが何とかして当時の技術で前後カウルをガバっと開けたかった様で、完全にバランスが崩れているところが芸術作品なのでした。 でも良くもこんなクルマをミニカー化してくれましたね。

 

そしてセダンGT-Rがまたもやダイヤペットからついまったくこの前である昭和45年9月に発売されました。 何ともダイヤペットらしい大雑把な作りでして、現在市販されてるハコスカGT-Rのミニカーたちとは比較の対象にもならない様な出来でありますが、こちらには比較にならない程の重い歴史が有るのです。 何と言っても実車が作られていた当時に同じ空気の中で造られたものなのですから・・・

  

でも「サーフィンライン」やグリル周り、なんとなくそれらしく見えるS20型エンジン等Wildman的には昔から大好きなミニカーの一台なのでした。 GT-Rには不要なレザートップや間違えてるフロントグリルの「2000GT」エンブレムもたまらなく魅力的なのです、ここに大きな芸術性を感じるのです。

 

そして翌昭和46年12月にはハードトップGT-Rのミニカーがまたもやダイヤペットから発売されました。 セダンをさらに大雑把に仕上げた感じなのですが、各部の彫りは悪くはなく全体のバランスが乱れてしまっていて、この様な芸術作品に仕上がっているのです、本当に素晴らしい!!

 

こちらのミニカーはさらに貴重なお品となっておりまして、ドアーにペタリと貼られたステッカーに価値が有るのです。 プリンス・モータリストクラブの1972年の総会時に会場にて来訪者のみに配布された記念ミニカーなのでした。 フロントバンパーには1972年のシールも貼られていますね。 私は当時小学校2年生だったので力道山先生の結婚式同様、この総会には出席出来ず、後年苦労してこのミニカーを入手致しました、疲れるな・・・

  

そしてこちらのハードトップGT-Rはレジン製で重量感が全くないのがたまにキズですが、ハコスカGT-Rのミニカーとしては異常なまでのディテールを誇っています。 ダイヤペットと比較すると幼稚園児のイラストと美大生の作品位の差がありますが、幼児は皆天才なのです・・・・

  

こちらは当然当時物ではなく90年代初頭に現在も盛業中の東京のアイアイアドカンパニーさんというミニカーショップが、AMSというブランドで少量生産したモデルで300台の限定生産でした。 このころ勢いで実車R32 GT-Rを買ってしまった変態が、勢い余って一時的にスカイラインのミニカー収集にはまってしまい、勢いで買ってしまった「現代物」ミニカーなのでした。と言ってももう20年くらい経ちましたが・・・

そしてこちらはオマケ画像になります。 ダイヤペットは出来云々は別として、その時代、その時代で本当にこまめに国産車をモデル化してくれていて、レースの世界ではGT-Rの息の根を止めたマツダのロータリー・エンジン車も多数作ってくれています。

私が好きなのはコスモ・スポーツとファミリア・ロータリー・クーペの2台でして、どちらも各部の立てつけの悪さ、異常な車高の高さが素晴らしい芸術作品となっています。

ボンネットを開けてそれらしく見えるロータリーエンジンを眺めてると、下品で甲高いロータリーサウンドが聞こえてくるのです、やっぱりいつでも白昼夢なのです・・・

日中、会社でGT-Rの実車を見て、夜は家でミニカーのGT-Rを見ておさらいする。 […]