Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ルックチョコレートとミニカーの融合、ローウィは天才だぜ!!

この前の月曜日なのですが、せっかくのお休みにもかかわらず横浜は晴れているのに雪が降っているという不思議な光景となりまして、私の頭脳なみに地球は混乱しているのだなと感じました・・・

雪を見ただけで一歩も外には出ない方針のWildmanと致しましては当然引きこもりとなりまして、コーラとお菓子で一人酔っぱらっているしかありません、ああ美味しい。

スイーツ好きの私でありますが、実はチョコレートというのはそれほど好きではありませぬ。チョコレートケーキよりもショートケーキ、生クリーム万歳!!なのであります。

でも何点か好きなチョコはありまして、キットカットと東チョコのライスチョコレート、そして不二家のルックチョコレートがとても美味しゅうございます・・・

中でもルックチョコレートとは古い付き合いでございまして、幼稚園の頃よりフェイバリットな存在でした。

現在は買わなくても親父がパチンコの景品で貰ってくるので実家に行った時に回収してくるのです。

 

不二家ルックチョコレートは昨年、発売50周年という節目を迎えましたが、基本的なパッケージデザインは50年前と大して変わらないのです、凄いですね。まあ1962年なんて全くついこの前なのですが・・・

アラモードのフレーバーは昔はバナナ、ストロベリー、キャラメル、コーヒーでしたが現在はバナナ、アーモンド、ストロベリー、キャラメルに代わっております。

そんなことはどうでもいいのですが、不二家のロゴマークというのは子供の頃から頭の中にこびり付いておりまして、やっとひらがなが読めるようになった頃、アルファベットのFをモチーフ としたこのマークがひらがなの「み」をデザインした物にしか見えなかったのです、本当に・・・・

「み」とお花のマークは一体何なのでしょう??と幼年Wildmanはルックチョコレートを食べながら一人悩んでおりました、今も色々と悩んでおりますが・・・

その後数年が経過し、自動車とミニカーの研究にせっせと勤しんでいた頃、へんてこな形のミニカーを手に致しました。

  

それは英国Corgi Toys製の「スチュードベーカー・ゴールデンホーク」なるクルマでした。

カッコいいんだか悪いんだか当時の頭では理解不能なデザインでしたがとりあえず「実車より先にミニカーで勉強する」といういつものスタイルでゴールデンホークを調べて行きました。

するとあるデザイナーのお名前が頻繁に出てきます、それが”Raymond Loewy”「レイモンド・ローウィ」なるお方でした。

ダイヤモンドユカイではありません・・・

文献には必ず「口紅から機関車まで」というフレーズが出て来て、ローウィという方は一時代を築いた産業デザイナーと言うことが分かりました。しかも超ビッグネームではありませんか!!

フランスからアメリカに渡り帰化したローウィは流線型をモチーフに色々な物をデザインした偉大なお方でした、小学校高学年になるまでそんな事を知らなかった自分の事を恥ました・・・

     

機関車、船舶、飛行機、自動車、冷蔵庫等の工業製品から、ラッキーストライク、シェル石油の貝殻マーク、エクソン石油等のロゴやパッケージデザインもこなしております。

日本のたばこのピースもそうでしたね。

それにしてもこの機関車は強烈デザインですよね・・・・

こちらフジ・キャビンと同じくらいのインパクトがあります。

そして何と不二家のナゾの「み」マークもローウィの手になる物でした。

しかも愛するルックチョコレートのパッケージデザインも手掛けておりました、最高だぜローウィよ!!

「うーむ、口紅から機関車までというよりもチョコレートからスチュードベーカーまでと言った方が良いのでは」と思いました。

  

そんなこんなでスチュードベーカーをさらに遡って調べて行くとゴールデンホークなんて序の口で、1950~51年に掛けての通称”Bullet Nose”(銃弾の先端)を持ったデザインのグリルが凄過ぎました。

ミニカ・ダンガンとはわけが違います・・・

同じようなグリルがモチーフの1949 Fordの方が先に出てしまったのであっちの方が偉そうですが、デザイン自体はスチュードベーカーの方が先にあがっていたそうです、世の中早い者勝ちですね。

  

フロントも凄いですがリアスタイルも無茶苦茶で180度パノラマビューのガラス面を持ち、一体どっちが前なのか後ろなのか分からず、当時はジョークで”Coming or Going” 来るのか行くのかどっちなの?と言われてました。

後ろから前から@畑中葉子ではありませぬ・・・・

こちらはついこの前の昭和25年1月10日に発行された私の蔵書、「ポピュラ・サイエンス 第2集 自動車編」でありますが、思わず目をそむけたくなるような強烈イラストのスチュードが表紙になっております、怖いですね・・・

 

[…]

最速のチンドン屋、ナナサンカレラは最高だぜ!!

Hot Rod Custom Show 2012やMooneyes USAのX-mas Partyも無事終了致しまして、やっと落ち着いてミニカーのワックス掛けが出来る季節になりました、至福の時であります・・・

ローテーションが決まっておりますので「今日は右側ケースの一番端っこ最上段を攻めましょう!」とワックス片手に手を伸ばすとそこはポルシェの花園となっておりました。

ポルシェはですね、356Aと930ボディまでの911は大好きなクルマなのです、でも自分じゃ持とうと思いませんけどね・・・だってワーゲンと同じリア・エンジンのクルマなんて恐ろしくて乗れませんな。

きっとフロントガラスが割れたり、ワイヤーがブッチぎれたりと私と相性が悪いに決まってるのですから、ああ怖い、怖い・・・・

だからポルシェは見てるだけでいいのです、それもミニカーで。それが王道の楽しみ方に決まってますね、これぞAir Cooled in Actionだぜ!!

で、ポルシェの花園に手を伸ばすと、そこには懐かしい茶色のポルシェがこっちを向いていました。

 

ついこの前の1975年に横浜高島屋玩具売り場にて祖母をだまして、じゃなくって祖母にお願いして買ってもらったフランス製高級輸入ミニカーの「ソリッド」というブランドのポルシェカレラRSであります。

通称「ナナサンカレラ」ですね。

今見るととっても素朴な作りなのですが、当時は「こんな精巧なミニカー見たことない、こんなの初めて!!」と興奮し、枕元において寝てました。

 

実はちっとも精巧ではなく、アクションもドアの開閉だけなのですが、素晴らしいのはそのプロポーションでありまして、フェンダーのフレア具合、車高とポルシェアロイとのバランス、ダックテールの絶妙な角度と完璧にナナサンカレラRSしているのです。

思えばこのポルシェを手に入れてしまったことが切っ掛けで、その後泥沼化してしまったミニカーコレクションのスタート地点に立ったのでした。

良い子の皆さんは気を付けるよーに・・・

 

1973年型ポルシェカレラRSはグループ4のホモロゲーションモデルとして2,7リッターにスープアップされたフラットシックスを積んで軽量ボディと組み合わせたレーシング・モデルのロードバージョンと言う形で販売されました。当初500台限定でしたが、世界中で人気者となり追加注文で結局1500台を超える数が作られたようです。

日本には当時ミツワ自動車により14台が輸入されたそうです、790万円という天文学的なプライスにて・・・今はもっと天文学的になっておりますが。

で、ナナサンカレラといえばやっぱりナチス軍ポルシェ隊総統の早瀬左近ですよね。劇画「サーキットの狼」において主人公の風吹裕也のライバルだった早瀬左近の愛車で決まりなのです。

ポルシェだけの暴走族という設定もぶっ飛んでましたがナチス軍という名前は子供心にも行き過ぎでは?と思ってた小心者の少年Wildmanでした・・・

純白のボディに赤いCarreraのストライプはまさにチンドン屋(失礼)の風情でこのCarreraのレタリングがカッコ良くて授業中何回描いたか分かりませぬ・・・

横浜市内で実車を初めて見たときも白ボディーに赤ストライプのミツワ物で、他にもブルーや、グリーンのストライプがありましたが、やっぱり世界最速のチンドン屋の誉れ高きカレラRSは白ボディに赤ストライプで決まりなのです!

ストライプレスのモデルもありましたがあれは超マニヤ向けですよね。

プロトタイプのストライプはこんなデザインのもありましたが、何かバランスが変ですけど、もし自分がナナサンを持ったら黄色いボディに黒でこれに描き直したいです、というかオーナーの方、描かせて下さいませ。

ということでやっぱりナナサンカレラは「当時物ミニカー」で楽しむのが一番なのです。

 

当時ソリッドの次に手に入れたのが、このイタリアはBurago(ブラーゴ)製のモデルでした。

1/24スケールでデッカイのですがデッカイ割にたいして精密でもなく、エンジンもこの程度の表現でした。

先に発売されてた911Sのボディを利用したので、フェンダーもフレアしてなく、小さいソリッドの方が全然カッコ良かったのですダックテールのCarrera RSの彫り込みだけが素敵に見えて手に入れたのです。

 

お次はミニカーと言うとデカすぎる1/18スケールの西ドイツはSchuco(シュコー)製のモデルです。1976年にこのモデルを初めて見たときは実車にしか見えませんでした。まさにナナサンカレラその物のプロポーションで、ドアを開ければそこは早瀬左近の世界なのです・・・

   

ゼンマイ動力!で走りハンドルもステアしますが、そんな遊び方したら一発で廃車になってしまいます、ああ恐ろしい・・・

  

箱も秀逸なデザインでありまして、オーナー気分が味わえます。

 

で、真打ち登場となりましてシュコーの上をゆく1/16スケールの黄色い巨大なナナサンは70年代にスペインで作られたSanchis(サンチェス)製で置く場所に困っているモデルです。

昔写真で見たときは大きさがよく分からず、シュコーに似ていたのでただのコピーモデルかと思ってましたが、手元に来てビックリ、拡大コピーになっていました。

[…]

怒涛の一カ月、Hot Rod Custom showお疲れさまでした!

皆様お久しぶりでございます。暫くの間、行方不明となってしまい大変申し訳ありませんでした、私はちゃんと生きております・・・

Hot Rod Custom Show前の1カ月、猛烈に仕事が忙しくなってしまい、何が何だかわからない毎日を過ごし、気がつけばShow搬入日の午前1時・・・・奇跡的に全ての作業が終わり目出度くパシフィコに出撃出来ました、お疲れ様です。

           

イベント前はこのようなVWたちを夢中で仕上げました(楽しかったです)

   ウワサのToyota 86も仕上がって、「これカッコいいじゃん!!」と一人御所山で自画自賛しておりました。

    

秋の紅葉の中、出張に行っての作業もありましたね。

そんなこんなでHot Rod Custom Showは無事開催され、たくさんのエントラントや入場者の皆様がお越しになり盛大なイベントとなりました、有難うございます!!

 

今年はHot WheelsのコンベンションモデルとしてWildmanデザインのVW Busが会場限定発売となり、マニヤの皆様のお手元へ行き渡りました。

こちらの購入を目当てに並んでいた変態の皆様、まことに有難うございました!!

そういえばこのVW Busには人生始まって以来の数のサインを入れさせて頂きましたが、AKBの気持ちが少しわかりました・・・

次は変態同士の握手会としましょう、Wildman 48発進だぜ!!

で、Hot Rod Custom Showが終わったと思いましたら、今度はCaliforniaに飛びまして、MOONEYES USAのイベント、MOONEYES X-mas Party Show & Dragに参加して来ました。

「あれ、さっきまでパシフィコにいたのに、ここは一体どこ?」と思ってしまいました。

だってPinstriperのGHOST君も単独エントリーしてましたから、ますます日本だかアメリカだかわからなくなってしまいました。

こちらのイベントも大変盛り上がりましたが、詳しいReportは今回一緒に行ったMooneyes Staff中、最大の身長を誇る”A”中野君のReportで詳しく紹介しておりますのでぜひクリックして下さいませ。全く力道山先生より背が高いなんてどうかしてるぜ・・・

あ、もちろんアメリカでカニは食して来ましたのでご安心ください、ああ美味しかった!!

行きつけのHOKKAIDOではなくNew Port Beachの歴史あるお店、The Crab Cookerにて大暴れして来ました。

 

今回は近況報告のブログとなってしまいましたが、次回からは変態復活となりますので宜しくお願い致します。

[…]

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

スカイラインのサポーターはポルシェ904だぜ!!

先週のブログにてお伝えしましたが、我がベイスターズは私が観戦し勝利したあの試合以降は見事に3連敗となりまして、「たまに勝つから見ていて楽しい」というベイ勝利の方程式は今季も崩れることはなく、ますます応援に力が入るという物であります。皆様Mooneyes x 横浜DeNA Baystarsコラボレーションも宜しくお願い致します!!

で、話はガラッと変わりまして、この前崩れ落ちて来た本の山からこんな素敵な表紙の一冊が出て参りました。

「自動車JUNIOR」誌の1964年6月号であります。ちなみに定価¥140、送料¥18となっております。

64年なんて全くついこの前である東京オリンピック開催の年なのですが、そういえば6月では私は生まれていない事に気付きました。

でも当時の出来事を沢山覚えているのはナゼなのでしょう・・・

やはり前世があったとしか思えない「時の旅人Wildman」なのであります!!

そんなことはどうでもいいとして、この自動車JUNIOR誌は伝説の「第2回日本グランプリ特集号」となっています。

表紙はあまりにも有名なGT-IIクラスのスタートシーンでポルシェとスカイラインGTが写っています。

裏表紙は日産ブルーバードのCMですが、遠くに見える江ノ島の位置、角度から推測すると三浦半島の荒崎海岸あたりでロケしたものでしょうか?

今度私もこの場所へロケに行って参ります・・・

 

さて本の方はかなり気合が入っている内容で、モノクロですが豊富な写真とレースの各クラスの詳細なレポートが記してありまして、まるで当日現場に行ったような気分にさせてくれますね、だから私もよく覚えているのか!! ナ~ル程・・・・

なにはともあれこのレースはスカイライン神話を生んだGT-IIクラス(1000cc~2000cc)が後世に語り継がれる物になってますよね。

前回のグランプリでトヨタに惨敗したプリンス自動車が、1,5リッター4気筒のスカイラインのノーズを無理やり伸ばし、グロリア用2リッター6気筒を押し込んで和製マッスルカーをグランプリマシンとして作り、このスカイラインGTが主役になり絶対に勝つというプリンスにとってのシナリオが書かれていたはずでした。

性能を考えたら他の国産車ではスカイラインGTに太刀打ち出来るはずもなく、プリンスが圧勝してトヨタに雪辱を果たすはずでしたが、そこに突如として現れたのが当時最新鋭のミッドシップ・レーシングカーである「ポルシェ904カレラGTS」でした。

 

904はFRPの軽量ボディに180bhpの空冷2リッターDOHCフラット4をミッドシップに積んだレーシングカーで、6気筒とはいえ乗用車ベースのスカイラインやべレット、トラックのフレームのフェアレディたちでは太刀打ち出来るはずがありません。

中学生の運動会に突然ボルトが飛び込んで来たようなものです・・・

長きに渡りこのポルシェ904の突然のグランプリ参戦に関してはトヨタが金を出して輸入し、前回クラウンで優勝したドライバー、式場壮吉にドライブさせスカイラインGTの優勝を阻止する目的だったという小説のようなストーリーがありました。

しかし近年の式場氏のインタビューでは、そんな馬鹿バカしい話ではなく、来日した当時のポルシェのレーシング部門監督を通じ、自分でミツワ自動車から「たったの571万円」で買ったとお話しされております。

私的にはトヨタ説の方が物語が面白くって好きなのですが、本当の事は当事者様たちにしかわかりません。

力道山先生の死とともにどちらも半世紀近く前のお話なので真相は闇の中であります・・・

レース2週間前にパンナム機であわただしく輸入された904はぶっつけ本番のような形でレースに挑みましたが、神様はプリンスに味方したのか904は予選でクラッシュしてしまい見るも無残な姿に変わり果ててしまいました。

200キロ近いスピードで突っ込んだらしく、フロント部を中心に大破してしまい、これではレース出場は無理でしょうという状況になってしまいました。

プリンス首脳陣はさぞや喜んだことでしょう・・・

 

自動車JUNIOR誌の偉いところはこの雨に打たれる無残なポルシェ904の事故直後の姿を捉えている所でして、当時のオートスポーツ誌始め、他の雑誌では事故前や修復後の写真は載っていても、グシャグシャの姿は殆ど紹介されてなく当時の貴重な資料写真となっております、流石だぜ自動車JUNIORよ!!

もうレース参加は絶対無理だと思われていたポルシェ904でしたが、名古屋の名人のもとに運ばれ徹夜の2日間で無理やり修復し、レーススタート4分前にガムテープだらけでグリッドに並ぶという奇跡が生まれました。

名古屋の名人は並行して予選でクラッシュしたロータス・エリートも修復し、2日間の徹夜で2台を修理しレースに間に合わせるという離れ業を演じたそうです。流石だぜ昭和の名人よ!!

レースの方は皆様御存じの通りポルシェが飛び出しましたが、ほんの一瞬だけスカイラインGTがトップに立ち観客を狂喜させ「国産車がポルシェを抜いた」ということで、ここにスカイライン神話が誕生し、スカイライン・ブランドは現在も存続し、日本人に愛されてきました(最近は厳しいですが・・・)

 

結局ポルシェ904の圧勝に終わったレースでしたが、プリンスはグロリア始め他のクラスで勝ったので、このことを大々的に報じCMに生かし見事販売に繋げました。当時はレースの結果が販売を左右するというおおらかな時代でありました。

こちらのレース後のCMではグロリアを押し出し「プリンス圧勝!」を謳っておりますが、スカイラインGTの所だけ「国産車上位を独占しました」となってるのがとっても寂しいですね・・・

  

ちなみにこのミニカーは日本グランプリを記念して当時発売された大盛屋のミニカーになります。

 

ツーリングカーⅥクラス優勝のグロリアとⅤクラス優勝のスカイライン1500です。よくぞこんなモデルを作ってくれました、今は亡き大盛屋に感謝であります!!

傷つき優勝したポルシェ904はその後どうしていたのかと思っていたら、ついこの前の1978年に大枚¥1,800を投じてイワセ商店街は湖南書房にて購入した企画室ネコ発行の心に残る名車の本シリーズ”The Porsche 1978”に実車が紹介されていて少年Wildmanは仰天しました、¥1,800という本の値段にも・・・

当時秋田のコレクターのもとにあった904は美しくれストアされ、ナンバーも取得しロードバージョンとして素敵な余生を送っていました。

[…]