Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

凍てつくムーミンの国でKustom Kultureだぜ!

2月も半ばを過ぎまして、我が横浜DeNAベイスターズも順調に沖縄キャンプをこなしております。とっても若いチームなのですが、今年も新たな若手が出て来て おり、さらに外国人選手も新たに4人!!獲得致しまして、これはもう優勝宣言待ったなしですな!!

今のうちは何とでも言えますので2017年は横浜DeNAベイスターズ19年ぶりの優勝となるでしょう!! 前回の38年ぶりに比べれば期間が短すぎてうろたえてしまいます、ああどうしよう・・・・

で、話は変わりましてWildmanが最初に買った自動車はミニカーではなくて、中古のトヨタカローラ1600GT(TE71型)でありました。(Wildman’s Blog 2008年1月18日参照)

このTE71はついこの前である1984年に私の手元にやって来まして、1968シェルビーGT350をお買い上げになって世捨て人となる1987年までの短い間、存分に楽しまさせて頂きました。

この手の2TGエンジン搭載車も今では十分に旧車の仲間入りをしてしまいまして、無改造の綺麗な個体はほとんど見かけなくなってしまいました。「当時物」の70系カローラセダンのオモチャはミニカーとしてはモデル化されず、プラモデルでしか楽しめませんでした。最近になって70系セダンがかなり精巧なミニカーとなってモデル化されましたが、これは現在の技術で作られておりますので「実車と 同じ空気の元で作られた物限定」という私のコレクションの形態からは外れております。

「あ~あ、思い出の70系カローラセダンの当時物モデルなんて何もないや」と30年以上嘆いておりましたが、そんなことはありませんでした!!何とビックリ、当時海外でちゃっかりとモデル化されておりました、全く知らんかった!! ディーラー等で配布されていた、プラスチック製のプロモーショナルモデルとして、70系カローラセダンが存在しておりました。プロモーショナルモデルなので物凄く出来が良いのです。まさに実車その物の形なのであります(プラモじゃありませんよ)海外物なので左ハンドルですが、内装もキッチリと作りこまれていて、懐かしいデザインのコックピットが再現されています。ウィンカーがフロントフェンダーの真ん中あたりにあるのはヨーロッパ仕様を再現してます。ホイールもいい感じですね。何とマッドガードまで装着されてまして、そこにはTOYOTAロゴも入っております、芸が細かい!!

後期型の角2灯ヘッドライトはまさにWildman号でありまして、白いボディーカラーまで同じであります、ああ嬉しい!!グレードはGTではなくDXですが、そんなことはどうでもいいのです。

シャーシを見ますとそこにはTOYOTA COROLLA DXとありまして、ブランド名は”Nyrhinen”となっています、読めません・・・・・そして生産国は何とMade in Finandなのです!!ああビックリした、こんな出来の良いモデルを作るなんてフィンランド人恐るべしです。人生初の愛車のモデルは人生初のフィンランド製のオモチャでした。

という事でフィンランドが気になりましたので、先週凍てつくフィンランドに行って参りました、本当だってば!!

フィンランドはヘルシンキにて”Kustom Kulture Show”というクルマやバイクを絡めたArt Showが開催されまして、そちらにお招きされて初のフィンランド上陸となりました。

成田よりFINNAIR機に乗って10時間弱のフライトでヘルシンキに到着しました。以前スウェーデンのイベントに参戦致しましたが、その時は7月でしたので夏真っ盛りで、夜は涼しく白夜とともに何も問題無く過ごせましたが、今回2月に行ったのは問題ありました。

当たり前ですが冬のフィンランドは猛烈に寒いのです!!生まれてこのかた横浜を離れたことのないWildmanは、温室育ちの軟弱野郎なので、積雪、寒波、零下といったキーワードは大の苦手でして、アイスバーンなんて言葉を聞いただけでも失神しそうになるのです、ああ寒い・・・

ヘルシンキの街に着くと路面は凍結状態・・・でもみんなヘーキな顔してクルマを走らせてます、よく見るとスパイクタイヤもかなり使われています、そりゃそうですよね。

この凍りっぷり見て下さい、視覚的なプレッシャーをかけて来ます。今回はマイナス9度くらいが最低気温で昼間はマイナス1度くらいまで上がったので?比較的暖かいそうなのですが(そうなんですか!?)ちょっと間違えると軽くマイナス20度になってしまいますので、今回はラッキーだったと思うしかありません。

空港にはこの不気味なキャデラックのハース(霊柩車)でお迎えに来てくれましたが(チョップトップになってます)Corvette Motorに換装されてるとのことで、高速道路を飛ばす、飛ばす・・・・スパイクタイヤを履いてますけど、シートベルトもないこのクルマで突き刺さったら、一巻の終わりとなって霊柩車に乗ったままあの世行きという実にシンプルな結末になってしまいます、ああ恐い・・・・

街中はいかにもヨーロッパといった感じで風情がありまして、路面電車も走っていてとってもいい感じなのです、凍ってますけど・・・街を走るクルマたちは比較的年式の新しいものが多く、20年以上前のクルマはほとんど見かけません。まあ、あれだけ凍ってる中を走れば傷むのも早いでしょうね。当然、70系のカローラなんて一台も見ませんでした。

地下鉄にも乗りましたが、やたら横幅の広い車両でして線路も異様に幅広で京浜急行もビックリという感じでした。シートが横浜スタジアムのように樹脂製なのですが、皆さん冷たくないのでしょうか?? 9ユーロで一日乗り放題でした。

で、消費税は24%という北欧らしい強烈な数字となっておりまして、内税表示ですが、総じて物価が高く感じられてしまいます。

なので食べ物や飲み物がとっても高く感じられてしまい、こちらのハンバーガーはドリンクとセットで¥1,500over、ムーミンのペットボトル飲料も¥400弱となってまして、街中でペットボトル飲料を買うと¥400のお支払い決定!!という感じであります・・・

食べ物はですね、特に辛い甘いは無くいたって普通でして、こちらのトナカイさんのお肉も美味しゅう頂きました。サーモンも美味しかったであります。

[…]

ペンギン・パレードの島でRod & Customだぜ!

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。本年もMooneyes & Wildman石井並びに横浜DeNAベイスターズを宜しくお願い致します。

今年の目標はDeNAベイスターズ優勝となっておりますので、(別に私が野球をやるわけではありませんが・・・)皆様覚悟しておいて下さいませ、秋は狂乱の横浜市となるはずです。Yとかいう東京のチームの小心者ピッチャーは必ず粉砕しますのでお楽しみに!

皆様、お正月はどう過ごされたでしょうか?私はミニカーのワックス掛けも程々にし、気づくとオーストラリアの大地に立っておりました、初夢ではなく・・・

今回ですね、オーストラリアはメルボルンのMQQNEYES Dealerである”John’ s Rod & Custom”というShopからのお招きにより、”Kustom Nationals”というイベントに招待して頂きました。オーストラリアはついこの前の2011年8月にブリスベンのイベントに参加して以来5年半ぶり、2度目の訪問となりました、またもやDown Under Tourだぜ!!

昨年の夏過ぎにですね、このKustom Nationalsのイベントポスターのデザイン依頼を受けまして、描くクルマの資料を送ってもらったところ、来たのがこの画像というおそろしい事実・・・・いいぞ~オーストラリア人!!

クルマはきっとイベント時には完全に出来ているのでしょうと仕方なく勝手に解釈し、仕上げたのがこちらのポスターでした。

そして今回現地で見た実車がこれでした。何にも出来てないじゃん!!

そんなビックリ体験をさせてくれたのがこちらJohn’s Rod & CustomのLukeさんです。笑顔は子供のようになるとってもシャイなカーガイでありました。

前回ブリスベンに行ったときは途中シンガポールで乗り換えがあり、朝横浜を出るとブリスベンに着くのは翌朝という恐怖の24時間移動でしたが、今回はメルボルン直行便がありまして約10時間の旅ですみました。真下に行くだけですがやっぱり遠いのです・・・・

オーストラリアは風景はアメリカなのに、右ハンドルの左側通行なのでヘンテコ気分になってしまいます。

Wildmanがタイの国民車と認めたタイエースじゃなくって、ハイエースはオーストラリアでも沢山走っておりました。200系ハイエースの世界制覇恐るべしですね・・・

こんな高速有鉛なトラックも現存してました、いい感じです。

おおっ、こんなところにバブルの名残のスバルSVXが・・・

空港から1時間ほどクルマで走ると大草原があり、そこに John’s Rod & Customがありました。草原の中のカスタムショップであります、避暑地でカスタムしている感じです。避暑地と言ってもオーストラリアは今は真夏、最高気温は何と35度に達し、真冬の日本から来た私には罰ゲームのようでした。

どこまでがお店の敷地なのかさっぱり分からない広さの土地に沢山のアメリカ車が置いてありました。

こちらのスクールバスは素敵過ぎですし、オーストラリア名物の「アメリカ車右ハンドル無理やりピックアップ」も当然あります。

こちらの車はオーストラリアにもっとも古くからあるHot Rodだそうです。

[…]

12月は2大イベントと力道山先生とDeNA ベイスターズなのであります!!

25回目の開催となりましたYokohama Hot Rod Custom Showも皆様のご協力により「場外は大変に静かな状況」で無事幕を閉じました。

今年も盛りだくさんの内容となりまして、会場内は終始盛り上がり、世界各国からのお客様も楽しめたと思います。

来年の開催は2017年12月3日(日)に決定しておりますので、皆様早めの準備をお願い致します。

そして私はそのままアメリカへと渡りましてMQQNEYESUSA主催のX-mas Party 2016Show & Dragに参加して参りました。

例年12月は日本とアメリカで連発のMQQNEYESイベントとなっておりまして、いつも何が何だか分からないまま12月は過ぎて行くのでした・・・・

そして気付けば今年も12月15日を迎えてしまいました。さてこの日は何の日でありましょうか??

当ブログを古くからご覧の方であればもうお気付きであると思いますが、この日は力道山先生の命日であります。

Wildmanが生まれる前の昭和38年12月15日に先生は旅立ってしまいましたが、こちらの直筆サインは夢の中で頂いたような気が致します。

ここ数年で力道山先生ゆかりの地をあちらこちら廻りましたが、殆ど当時の物は残って無く、すべては歴史の中に消えようとしています。先生は相撲を廃業した後、本牧の米軍ベースの住居の建設にも土方として携わっていましたので、毎日通勤で本牧通りを通るたびに思い出しているのです。

ずっと行方を捜していた先生の愛車、キャデラックのエルドラド・ブロアムという超ド級のキャデも結局九州のとある博物館に現存しておりましたが、それはそれはひどい状態で、できれば展示は控えて欲しいと思っております・・・・羽根をバッサリ切り取られたキャデラックなんて信じられますか???

こちらのロードスターの方のメルセデス・ベンツ300SLは今どこにあるのでしょうか、海外でも良いですから無事であることを祈るばかりであります。

現在も残る赤坂のリキ・マンションには何度も足を運びましたが、先に建っていたリキ・アパートはもうありません・・・・

マンション時代の先駆けとなったリキ・アパートには先生も専用エレベーター付きの最上階に住んでおられ、浮世離れした生活を送られていました。

渋谷にあったリキ・スポーツパレスや、リキ・アパートは2016年現在、資料が少なくて中々全貌が掴みにくい物件となっております。全くついこの前としか思えない、たかが半世紀位前の出来事なのですが・・・

掴めないなら力づくで掴むしかないのがWildman流であります、特に力道山先生の為なら・・・

現在我が手元にありますこちらの物件なのですが、実はリキ・アパートの新築工事時の透視図であります!!!60年近く前に描かれたと思われるこの紙は劣化が激しいのですが、まさに赤坂のリキ・アパートを描いているのです。

実際に建ったものとは少し違うのですが、プール付きの物件なんて昭和30年代では最新鋭の設備なのでした。

右下には日本美装建築株式会社という名前が入り、設計担当者様のサインもあり、工事名はリキ・ハウス新築工事と記されていましてまだデザインも名称も初期の段階であることをうかがわせます。

絵の中にはアパートの建物以外に何やら巨大な邸宅が描かれております。

それを大きく描いてあるのがもう一つのこちらの透視図になります。昭和30年代になんじゃこりゃという感じのお家でありますが、こちらの物件には施主のお名前が入っております。

「百田光浩邸新築工事」力道山先生の本名であります!!!!もうどうしたらよいのか分からなくなって来ました。

水彩で描かれているとっても素敵なイラストですが、結局この建物は作られずに計画だけで終わってしまったようなのです、それにしても凄まじい邸宅なのです。

たぶん3年後位にはBIGで10億円が当たる予定なので、その際はこの建物を再現したいと思っている次第です。それまでこの透視図を大切保管しておくのであります。

昭和38年12月8日に赤坂の超高級クラブ、ニューラテン・クォーターで些細なケンカがもとでナイフで刺されてしまった力道山先生は、一度はリキ・アパートに戻りましたが、状態が悪化しS病院に行き手術となり、一旦は快方に向かいましたが、1週間後に容体が悪化し12月15日に天に召されてしまいました。生きてリキ・アパートには戻って来られなかったのです。

毎年12月が来ますと2大イベントの後に先生の命日が来るので、何が何だか分からない状況が続きっぱなしなのであります。

で、話が変わりまして今年の横浜DeNAベイスターズは最終的にクライマックスシリーズのファイナル・ステージまで進むという快挙を成し遂げ、DeNAベイスターズ設立5年目にして初のAクラスとなりました、万歳、万歳!!

[…]