MOONEYES Official Website

"A" Nakano's USA Trip Report Part1

皆様こんにちは!!MOON SPACE AGENCY の"A"Nakanoです!!
Trip Reportは2012年5月に開催されたSCN Suzuka以来となりまして、半年ぶりのTrip Reportとなります。
今回のTrip Report では2012年12月8日に開催した、MQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012に巨匠"Wildman石井"と参加した様子を中心に、出発から帰国までの様子をご紹介致します!!最後までお付き合い下さい!!
1日目
まずは出発初日!!
2012年12月2日に開催されたHCS2012の興奮も冷めやらぬ12月6日に成田空港より夢のカリフォルニアへ向けて旅立ちました。
成田空港までは"Wildman石井"が運転するVW type-2で向かいました。
助手席でアメリカ出張に浮かれて、はしゃぐ私を尻目に"Wildman石井"は黙々と成田空港へとVW type-2を走らせます。

成田空港からはシンガポール航空でLAXまでの直通便!!
ちなみに私、初めてのアメリカ出張なのです。shigeさんより出張の指令が出たときからこの時を楽しみしていました!!
飛行機の中では夢のカリフォルニアに気持ちを高まらせながらグーグーと眠りについておりました。

飛行時間約10時間を経てLAXに無事に到着致しました!!
日本を出発したのが06日の6:00pm過ぎ、LAXに到着したのは同日の12:00pm。
LAXの近くでレンタカーを借りて早速MOONEYES USAヘGO!!!!!
レンタカーのカムリと"Wildman石井"をパシャリ。
ちなみにここのレンタカー屋さんの壁には芸能人や有名人の方々のサインと写真が飾られていました。
"Wildman石井"のサインがこちらに飾られるのもそう遠くはないはずです。
本物のカリフォルニアプレートが付いてる!!
しかもライセンスフレームも付いてる!!
いやーほんとにカリフォルニアに来てしまったのだな、と改めて感じたのです。

初めてのカリフォルニアに興奮する私を横に乗せ"Wildman石井"はナビなしでfreewayを駆け抜けてMOONEYES USAへと向かいます。freewayにはCar Poolと言うのがありまして一台の乗り物に複数人数が一緒に乗り合わせないと走行できない車線があるのです。アメリカの渋滞緩和対策の一部なんですね。 これも"Wildman石井"が教えてくれました。
Freewayを走ってる車が僕の目には全てが新鮮に見えます。
トレーラーもビックリするくらい長い!!そしてデカイ!!

LAXからfreewayでMOONEYES USAまでは30分ほどで到着!!
ShigeさんのBlogで紹介されていた1963 Ford FairlaneがMachine Shopの前にありました。
荷物を降ろしMOONEYES USAの方々に挨拶を済ますと今からshake downを行いに Irwindale Speedwayに向かうとのこと…

え?!まだアメリカに着いたばかりで、しかもアメリカで初体験のDrag Race?!まずい!!一気に心臓がバクバクとして緊張が高まります!!

Irwindale Speedwayに到着すると先日のHCS2012でも華麗にRide inを決めたMIM9,10にも掲載されているComet “the Rocket” のオーナーDaleさんが一足先に会場に到着していました。
Irwindale Speedwayでは毎週木曜日 5:00pm からをRaceが行われているそうです。
入場料は見学だけなら$10、車を走らせなら入場料+$10とのことです。
平日の夕方からこんなことをやっているなんて…恐るべし!!
出走前に整備を行いinspectionを受けます。
この頃にはすっかり日が暮れて、あたりも暗くなってきました。

inspectionを待っている間、コースの見学に向かいました。
コース上では様々な車両がブルーシグナルと共にエンジンサウンドを響かせながら一瞬のうちに目の前を走り去って行きます。

そして遂にinspectionを終えて待望の1st Runの瞬間が!!
クリスマスツリーのブルーシグナルと共にスタート!!
1st Runを終え、調整を行い、2nd Runへ。
ShigeさんのBlogにもあるように1963 Ford Fairlaneの調子はイマイチ。
2nd Runを終えて、Shigeさん、ChicoさんとDaleさんが調整をしているうちに続々とギャラリーが集まります。
そして次第にギャラリーも調整に加わりキャブレーター、タイミングの取り直し、プラグ交換…
遂にはロッカーアームの調整と言う事になりましたがいざバルブカバーを外してみたら、リフターが1個ダメという事がわかりました。
当初は明後日のMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012でも出走予定でしたが、残念ながら断念という結果に…
残念な結果となってしまいましたが、私にとっては、この一連の光景をみてアメリカのCar Guy同士の繋がりの強さに感動しました。
1963 Ford Fairlaneの調整を行う中、"Wildman石井"はここでもスイーツを!!恐るべし"Wildman"…

明後日のRaceを諦めて、9:00pm過ぎにIrwindale Speedwayをあとにしました。
今回の出張で4泊6日お世話になるMotel "Travel Rodge"にChack in!!
ジャグジーにプールも完備している素敵なモーテルなのです。
明日からのCalifornia Lifeを想像しながらあっという間に眠りにつきました。

2日目
朝目が覚めると、いつもと違う天井に驚きMotelの窓を開けてみると、そこにはいつもと違う光景が。
そうか、今はCaliforniaに来てるのか!!一瞬で目が覚めて支度を整え、"Wildman石井"とMOONEYES USAへ!!
今日は昨日と違って晴天ではなくFreewayも霧でモヤッとしています。
Freewayを降りたらスクールバスに遭遇!!動いているスクールバスに興奮!!
到着後、MOONEYES USAのお隣のHUNGRY BOYでBreakfast!!
Motelで軽く朝食を済ませてきたので、"Wildman石井"とPan Cakeをshareしました。
やはりここはアメリカ、サイズもアメリカンサイズなのでした。shareしてもお腹いっぱいのボリュームでした。
お店の中にはいかにもHunglyなBoysがたくさんいました。

さてさて朝食を済ますとShigeさんよりNHRA Museumに連れて行ってくださるとのお達しが!!NHRA Museumのレポートは他のMOONEYES Staffのレポートで紹介されいますように、MOONEYESの歴史を感じられるMuseumとなっています。2013年の1月まで開催しているとのこ となので是非行ってみてください。
NHRA Museumを見学して特に嬉しかったのが、僕も制作に携わらせて頂いたMOON ILLUSTRATED MAGAZINEもShow Caseに展示されていたということです。
show caseのMIMを見たときはウルっときました。
その他にも様々な車両が展示されていて、特に気になったのがBuild by VON DUTCHのDRY LAKES BIKE。
47年のTriumphがベースでした。んーTriumph欲しいなー…
お土産もちゃっかり購入しました。
見学をしていると、不思議な事にHUNGRY BOYでお腹いっぱいになったはずの、僕の腹時計がお昼を知らせてきました。

ということでNHRA Museumより車で5分ほどの距離にある、メキシカンレストラン"El Merendero"に連れて行って頂きました。
"El Merendero"の注文カウンターの横にはガチャガチャの類いがありました。
アメリカにもガチャガチャ的なものがあるのですね。
小さい頃、いや、いまでもこういった類のものは大好きなのでtryしようかと思いましたが、ちょうど料理が出てきたので諦めました…試しに やって おけばよかった。
"El Merendero"僕が注文したのはCombination Plate!!
ここも驚きのアメリカンサイズ。しかし、腹ぺこHUNGRY BOYの僕はペロリと完食しました。
"El Merendero"の周りには踏切があったり、近くの民家の庭先にキャデラック、エルカミーノが駐車してあったり、すこし都心を離れたアメリカの田舎を 感じさせるとてものんびりした街でした。

お腹いっぱいになってアメリカンサイズのお腹になりつつある僕は"El Merendero"をあとにして、Irwindale Speedwayの会場の準備に向かいました。
会場到着後に設営の手伝いをしました。なんてったって会場となるIrwindale Speedwayは広いこと!!ここに明日1000台を超える車両が集まると思うとゾクゾクします!!明日は早いので設営を終わらせてIrwindale Speedwayをあとにし、MOONEYES USAで作業する"Wildman石井"と合流!!
今日は"Wildman石井"とは別行動だったのですが、"Wildman石井"が座って作業していた椅子はなんとDean Moonの頃から使用されているとのことで、長い年月をかけて皮の良い味が出ていました(一般の方には公開されていませんのであしからず)
さてさて、明日はMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012当日の為、MOONEYES USAはClosed。
入口に案内看板を設置して準備完了!!
そして"Wildman石井"と合流したあとは、待望の夕食に向かいます!!
ここで急展開!!なんと夕食の場所まで、僕が運転する事に…
念のために国際免許を取得しておいて良かった。日本ではゴールド免許の僕がスペシャルドライビングを披露致しましょう!!
と意気込んだものの、駐車場を出る際、いきなりウインカーと間違えてワイパーが動いてしまったり、対向車線を走ろうとしてしまったりと大騒ぎ の珍 道中でした。

夕食は日本料理のお店に連れて行って頂いたのですが、そこで"初めてのカリフォルニア"で"初めてのカリフォルニアロール"!!
夕食を終えて、モーテルに戻って毎晩恒例のメールチェックタイムならぬデザートタイム!!
スイーツ好きのwildmanはスイーツ片手にメールチェック!!
僕はChicoさんに頂いたポップコーンをむしゃむしゃしながらメールチェック。
ポップコーンをつまみながら"Wildman石井"と話をしているうちにこの日は眠ってしましいました。
さてさて明日はMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012本番!!頑張るぞ!!

3日目
さてさて遂にMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012本番の日がやって参りました。
MOONEYES USAからNOVAのあとを追いかけてIrwindale Speedwayへと向かいます。
Irwindale Speedwayに付いてみると、既に会場にはたくさんの車両が来場していました!!
幸いな事に雨は降っていないものの濃霧で数十m先しか見えないという状況でした。しかも寒い!!
濃霧の中からライトを点灯し登場する車両達はどれも怪しい雰囲気でした。

当日会場にはCar & Motorcycle が1,400台、Drag Raceが135台、Vendorが110件、来場者は8,000人!!
それでは、お待ちかねのMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012の様子をご紹介致します!!

CAR SHOW
Irwindale Speedwayの広大な敷地を埋め尽く車両の数々…
おおげさに聞こえるかもしれませんが、1日では全てを見る事は不可能です。それぐらいの台数です。3人ぐらいに分身できればいいのに…とかなんと かブツブツいいながらも目の前の光景を前にやるしかない!!
搬入が落ち着いた10:00amを過ぎた頃には霧もなくなり、アメリカ出張初日に見たカリフォルニアの青い空が顔を出し始めました!!
カリフォルニアの青い空に、パームツリー、そして会場を埋め尽くすCar & Motorcycle。
更にはDrag RaceにVendor…全てがこのIrwindale Speedwayに詰め込まれていました!!
これだ!!いままでは写真やwebでしか見た事ない光景が目の前に広がってる!!
さっきまでの寒さはどこえやら…Tシャツ一枚で撮影に臨みました!!
日が沈むのは5:00pm前…残り時間とタイムスケジュールを確認しながら早足で会場を回りました。

DRAG RACE
Irwindale Speedwayの端にあるコースでは朝からDrag Raceが開催されていました。
Press申請をしていたのでコース内で撮影をする事が出来ました。
ゴムの焦げた匂い、靴底に張り付くタイヤカス…うなりをあげるエンジンサウンド…
目の前に広がる光景に無我夢中で撮影をしました。

LIVE
MOONEYES ブース横のステージでは朝からLiveが行われていました。 "GAMBLERS MARK"、"DEADBEAT DADDIES"、"HOT ROD TRIO"、"DYNOTONES"の4組がオーディエンスを盛り上げていました。

AUCTION
そして1:00pmからはBig Nameのアーティストが1品ものを出品するオークションがスタート!! 昨年の引き続き今年のMCはボン・フランコ!! オーディエンスを盛り上げてアーティスト達の作品が続々と落札されていきます。 "Wildman石井"のMQQNEYES USA Xmas Party Show & Drag 2012のタイムスケジュールの原画もオークションの最後の目玉として登場!! 色々な所から入札の声が上がり、大盛況の中オークションは幕を閉じました。

PINUP GIRL CONTEST
オークションの次には男性諸君お待ちかねのピンアップガールコンテスト!!
スタート前から最前列で場所取りをする程、僕はこのピンアップガールコンテストに情熱を注いでおりました。
いや、今回のUSA出張ですべてをピンアップガールコンテストにかけていたといっても過言では有りません。

12人のコンテスタントは様々な衣装でステージにあがりそれぞれがアピールを行うと、オーディエンスも大盛り上がり!!
自然とシャッターを押す指にも力が入ります。
そして今年の優勝者が発表されました!!
赤い髪とdressがPerfect Matchなエントリーナンバー10の女性が今年のピンアップガールコンテストのWinnerとなりました。
優勝者には昨年度優勝した"ピンナップガール"よりトロフィーが渡されました。


AWARDS
そして見事AWARDを受賞したのはこちらのお三方!!Congratulations!!


・Winners AFX winner  Steve Whitemore with '67 Ford Mustang
・Runner up Joel Miner with '65 Dodge Coronet
・Best reaction time david Franklin with '61 Ford Galaxie

NEXT PAGE
MOONEYES EXPRESS
by Shige Suganuma
MOONEYES 代表 Shige Suganuma が毎週土曜に配信する MOONEYES EXPRESS
1年中世界各国を飛び回る Shige Suganuma の出来事を豊富な話題でお届け致します。
MOONEYES EXPRESS はこちら
MOONEYES BLOGS

MOONEYES STAFF が不定期に更新する Blog は、New Item Info 、Event Report などなど
ここでしか見られない情報や、写真が満載です。
   

Project Car & Motorcycle
MOONEYES が過去に製作した Car & Motorcycle はこちらからご確認いただけます。今後製作する車両もこちらへ追加して行きます。
詳細はこちら

Event Report & Trip Report
MOONEYES が開催した Event Report 、 MOONEYES STAFF が海外 Trip で体験した Trip Report もこちらからご覧いただけます。
詳細はこちら

販売車両情報をチェック!
MOONEYESが厳選、輸入した車両はここからご確認頂けます。突然掘り出し物の車両が For Sale になる事もあるので、こまめにチェックしてください。
詳細はこちら