Photo by Cruisin' Magazine
   
 

1963 フォルクスワーゲン タイプ 1(以下VW T-I) ベースのV-WOODY。本格的なWoody Stationwagon を Dream して FaceはVW,後ろは'32 Fordのような 本格Wood Bodyとする為、T-IのFront のみを残し、後ろは必要ないのでCut!色々な通の方々からBodyが振れるとか、ガラスが割れるとか、貴重な アドバイスをいただいたのですが、時すでに遅し。ぶった切った後の祭り。それならコンバーチブルをきった方が良かったかな!?後悔先に立たず! Anyway、USAのKit Car みたいなものもMagazineやCar Showで見ましたが、どれもカッコ悪すぎ。VWの域を脱していない中途半端なものが多く、 なぜか後姿が特にカッコ悪いのです。やはりWoodで一から作るわけではないから仕方ないことなので、その辺を最も注意し製作し、1996年12月の 完成まではざっと9ヶ月かかりました。日本で初めての本格的なWoodyが完成したことと、宮大工でも船大工でもない、木工が趣味と言うノンプロの WOODY小林が、設計図も見本もない状態で仕上げたこのクルマはMOONEYESの誇りです。
V-WOODY製作過程
   
MOONTERNET Top | MOON工房 TOP | Shop Page Top | Close
Copyright (C) 2005 MOON OF JAPAN, INC. All rights reserved.