#006 Machine Shop Vol.2 -- 2006.04.22
しばらくCaliforniaらしからぬ天候が続きましたが、やっとSouthern Californiaらしく爽やかに汗ばむ陽気となりました。これから本格的にイベントシーズンの到来です。先週末はViva Las Vegasにあわせて、多くの方々にSanta Fe Springsへ遊びに来ていただけました。特にヨーロッパから来ているグループが多かったです。そして、今週末はPomona Swap Meet、翌週はNSRA Street Rod NationalがBakersfieldで開催予定、次週はまたPomonaへ戻ってGoodguys Nitro Nationalsと楽しみは続きます。
さて、Billに続き今回もマシンショップのスタッフを紹介します。
Mooneyesといえば、Moon DiscMoon Tank。Salt Flat、El Mirageをはじめ、50年代からのすべてのHot Rodder達のステイタスです。このMoon DiscとTank Body(溶接前の本体)を作っているスタッフが マニュエル・フローレス。彼はSpinningの技術者で、一枚のアルミ板からMoon DiscやMoon Tank Bodyを作り出します。Moon Discは彼が型だしから始め、Hair Line仕上げまでの全行程を担当。Moon TankはTank Bodyの製作を受け持ちます。
通常のTankは2つのTank Bodyをつなぎ合わせてひとつのTankを作りますが、当然ながらTank Bodyどうしの誤差があっては良い製品に仕上がりません。経験と勘、そして根気のいる作業の繰り返しです。50年代から継承されるMooneyes USAの貴重な財産を守る大変重要な役割です。

Mooneyes USAへ来るチャンスがあればぜひ、マニュエルの技を見学してください。そして気軽に"Buenos Dias"(おはよう)、"Como es usted"(元気?)など声を掛けてください。きっと、満面の笑顔で答えてくれるはずです。
by Makoto


Copyright (C) 2006 MOON OF JAPAN, INC. All rights reserved.