MOONEYES USA X'MAS PARTY SHOW & DRAG 2008

Drag Racing, Pinup Girl Contest, Cackle Fest,
Live Bands, Pinstriping, Food, Art & Auction
Date: Saturday December 13th, 2008
Time: Gate Opens at 6:00 AM

From everyone here at MOONEYES, Thank You Very Much for making
the MOONEYES XMAS PARTY Show & Drag another record-breaking event!
We can't wait until we do it again next year - see you all there again!


MOONEYES PICK AWARD

MOONEYES BEST E.T. AWARD

予想通りに進むわかりやすいパーフェクトな世界とは裏腹に、予想をはるかにこえて、 むしろ狂喜に近いことが起こりそうだった。 それはSouthern Californiaを代表するすべての要素を取り入れて、最も大きい、 もしくは最高のイベント。これは、天災による被害や、兵器の説明ではありません。 それは他に例をみないMOONEYES X'MAS Party Show & Drag!のことです。



会場:南カルフォルニア、アーウィンデール、エリアコード 91706。エントリー:Hot Rods、Kustoms、極上純正車、ベース車両と、 その他すべての間に入るもので、2輪か4輪に乗っかっているもの。 ショーカーは、1965年以前のモデルまで、ドラッグレースは、1972年以前のモデルまで、バイクは規制がない。
南カルフォルニアでこの手の車が集まると、残りの大陸から移住民が大勢集まろうと する、 この大勢がくる源はそれだ。今年は昨年を楽に上回り、倍となった。 なぜこんなに急増したのか? さまざまな説があり、ガソリンの高騰、経済など、なぜかは置いておいて、最高の カーショーであることが一番大切なことで、皆同じスタンスであれば問題ない。
うわさでは、朝の9時頃に満車になってゲートを閉めたという、もう入るスペースがないので、車が去るのを待ってもらっていた。


まだ外は真っ暗だとういうのに入口から長蛇の列が続き、左右にそれぞれに延びてい た。 カルフォルニア州警察からヘルプに入ってもらえてゲートの渋滞と人の流れを 解決してもらっていた。 朝の6時をまわるころゲートが開いた。何台かは待ちきれずにオーバーヒート、 ウォータータンクから水が吹き出たり、蒸気が吹き出たり。たくさんの車が 列から抜けて後の車に順番を譲って、車が冷めるまで待っていた。 もうすでに会場は興奮の渦となっていった。




次から次へと車、トレーラー、ドラッグレースカーにバイクとどんどん会場へ 集まってくる。たまにクロスしたり会場前はブルバードクルーズのようになってい た。 ゲートが開いて、流れは一誠に会場内へと流れていった。 MOONEYESスタッフとヘルパーで、車もベンダーのトレーラーもドラッグレースカー やその他も車もバイクも誘導されていく、まるで毎日やっているかのように自然に 流れていき会場はみるみるうちにいっぱいになっていった。

 






呆然と立ち尽くしていると、疑問が上がってきた。どうやって全部の車と人をカメラで抑えるのか? まともに撮り続ければ、ざっと2日はかかりそうだ。しかも、合間にスケジュールされたイベントもある。ドラッグレースが朝9時と昼12時に、バンドのライブ演奏が10時と11時30分、12時30分の3回、歴代ドラッグレースマシーンの爆音が聞けるCrackle Festが11時。 MOONEYESチャリティーARTオークションが13時30分から、そして毎年恒例大人気のMOONEYES Pin-Upガールコンテストが14時45分からと、確かに満載だ。



















 


ドラッグレースは、クラス別に、ストックからマイルド、ワイルドとその先。 FX ストックとコンペガッサーが多く、一握りのオルターは、みんなを喜ばせてい て、 中にはバーンアウトしながら壁を登りそうになった場面もあった。





ドラッグレースのあとは、ダイナトーンズのライブがステージで始まっていた。 ちょうど、残りの車を撮りに行く前にドラムのスタンデイングソロと数曲を抑えられ た。


ちょうど昼食あとにオークションが始まり、ビートニックスカークラブ会長の ジャック ルーデイがマイクを握っていた。オークションがスローなスタートから スケジュールをおしていたため、後のPin-upコンテストを楽しみにしていた人達は 待ちきれない様子だったが、何とか予定していたスケジュールはすべて終了できた。




ステージになだれ込むように観客が迫るなか、Pin-upガールコンテストが始まった。 コンテストに出るためステージ横にガールズたちが待っていたが、夏日ではなかっ た。 もっと混乱を起こしたのは、機械の問題なのかひとが多すぎたのか、ステージのマイ クが 壊れて、音がでなくなってしまった。 それでも昨年優勝したPin-upガールがマイクなしで、次々とステージに上がるガール ズを 紹介していく。聞こえていなくても、観客は大騒ぎで、彼女はうまくやっていた。 最初に5人にしぼられ、次は、いよいよ2人から優勝者に。MOONEYES Xmas Party Show & Drag Pin-up ガールは発表された。おめでとう!






 

自分にとって、あの大勢の人と車の場にいれたことをうれしく思う。 YOKOHAMA Hot Rod Custom Show で会えたゲストに再会できたし、 さらに今回初めて会えた人達もいた。今回のイベントで起こったすべてをカバー することができればよかったのだが、おそらく、撮れなかったクールな出来事は 他にもあったと思う。撮れた写真は、このイベントのコアでエッセンスの部分を カバーしていると思う。 雨はなんとかこのイベント時は降らず、Pin-upガールには寒い日であったが、 雨は降らなかった。俗に言うように、南カルフォルニアは、本当に雨が降らない。

-MOONTERNET TOP-MOON Equipped.com-
Copyright (C) 2008 MOON OF JAPAN, INC. All rights reserved.