MOONEYES STREET CAR NATIONALS®
May. 14, 2017

エントリー受付中!

求人募集


Facebook

MOONEYES in Facebook

TWITTER/ツイッター

MOONEYES Contents

MOONEYES Signs & Pinstriping Studio

OUTLET SQUARE

尾形明紀

YC&AC

YC&AC EVENTS

ACCESS MAP


MOON SPACE AGENCY Osanai's USA Trip Report


MOON SPACE AGENCY Osanai’s USA Trip Report
皆様はじめまして!!MQQN Space Agencyの小山内です!!
今回初めてアメリカ Californiaへの海外出張が決まり、現地で体験したあんなことやこんなことを、
このTrip Reportを通して皆様にお伝えさせて頂きたいと思っております!!

と、その前にまずは自己紹介をさせて頂きます。
出身は青森県、雪国で育ち18歳で上京し約2年前にMQQNEYESに入社、Triumph T140とHONDA FTR 223に乗る免許取り立ての新米バイカーです。
普段はMQQNEYES Area-1と同じ建物の3FにあるOfficeで、主に雑誌広告や、年に2回発行しているSouthern California Style Magazine “MIM”のカタログ作りなどをさせて頂いております。
なので皆様の前にはあまり姿を出す機会は少ないかもしれませんが、イベント会場等で見かけた際には、ぜひぜひお声がけ下さい!!
ちなみに…”コヤマウチ”ではありません、”オサナイ”と読みますので宜しくお願い致します!!

それでは出発から帰国まで5日間に渡ったUSA出張レポート、拙い文章では御座いますがどうぞ最後までおつきあい下さい。



11月のとある日、入社2年目、新米ペーペーの僕が朝いつも通り出社し朝の挨拶済ませ、デスクに座り普段通り仕事を進めていると
Bossからのお呼出が… あれ?何かやっちゃったかなと? 恐る恐るBossのもとへ伺うと
「君を来月のUSA出張に連れて行く」と、あまりにも予想していなかった展開にきょとん顔、しかし心臓はバクバクで心の中では「うぉぉぉぉ!!ア メリカだぁぁあ!!」と叫んでおりました。
こんな感じで突然アメリカ行きが決まり、Hot Rod Custom Show 2015の準備もドタバタな状況のなか大急ぎでパスポート・国際免許・ESTAを用意、なんとか準備が間に合いました。
001 002 003 004 005
2015年12月10日出発の日、Wildman 石井と共に成田空港へ向かいました。
さすがUSA出張には慣れているWildman 石井、空港に到着してからの手続きなどは朝飯前!!あれよあれよと手続きをクリアし気付けばあとは飛行機に乗るだけの状態でした。
いよいよアメリカに出発かぁ~と緊張しながら飛行機に乗り込み、約9時間後には夢のアメリカに…!!期待を膨らませ飛行機では眠りにつきました。
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
目が覚め、飛行機の窓から外を除くとそこには夢にまでみていたアメリカの大地が…!!寝起きの目が一気に覚めました…
お昼前にLAXに到着し、入国審査も無事に通過出来ました。空港から外へ出ると、話す会話、走る車、目に入ってくる光景全てが新鮮でした!!
009 010 008 001 002
003 004 005 006 007
アメリカに到着した感動の余韻に浸りながら、まずはレンタカーを借りに、空港から10分程の距離にあるサクラ レンタカーへ。
こちらのお店では日本人の方も働いており、日本語通じるので英語が苦手な方でも安心して手続きが出来ます。
今回の旅のお供はTOYOTA カローラ、Wildman 石井の運転のもとMQQNEYES USAへ向け出発!!

下道からFreewayへ突入、Freewayを走る車は日本では考えられいほどものすごいスピードで駆け抜けて行きます!!
さすがアメリカ、走る道路も広く、高い建物が少ないので空がとても広く感じ、走っているだけでも気分がすかっとしますね。
まわりには、ビッグなトレーラーや、ビッグな看板など目に入ってくるもの全てが衝撃的でした。以外と日本車も多いのもビックリでした!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 015
014 013 012 011 010
空港から約30分程のドライブでMQQNEYES USAヘ到着!!
先輩方のレポート写真で見ていた光景が目の前に現れ、興奮を隠しきれず、何枚も写真をとってしまいました。
MQQNEYES USAのStaffの方々に挨拶を済ませ、社内を探索していると、MQQN DIsc職人のMannyさんがMQQN Discを作る所を見せてくれると言って下さり、言葉は通じませんが
身振り手振りでとても親切に教えて下さいました。アメリカに来ると決まってから絶対にMQQN Discを作る所を見てみたいと思っていたのでとても感動致しました。
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
その後もMQQNEYES USAの探索は続きます!!ガレージの前には、さらっとMQQNEYES Drag Starが置かれていてビックリ!!
奥にはMQQNEYES USA社長 Chico-sanの#533 1927 Ford Modified Roadsterも!!
Shopの中も勿論探索します、窓際にはこれまた一度は見てみたかった1964 Triumph 650 Tiger“ MQQN Machine”が!!カスタムの参考にするため目にじっくり焼き付けてきました。
001 002 003 004 005
お昼になり、MQQNEYES USAの隣にあるHUNGRY BOYでLunchを頂く事に。アメリカに来て初めての食事でどれにするか非常に迷いましたが、
アメリカに来たからには”肉”が食べたいと思いこちらの”ステーキ サンドイッチ”をChoice!!中にはステーキが1枚丸々サンドされ、ボリューム満点!!味付けも抜群で美味しかったです!!
002 003 001 004 005
Lunchを済ませここまで完全に旅行気分でしたが、浮かれてばかりいられません。明後日12月12日に行われるMQQNEYES X’mas Party Show & Drag 2015の準備を行います!!
MQQNEYES USA Staffの方々から指示を頂き、商品の検品、イベント備品の積み込みなどせっせと働きます。
Wildman 石井もMack Brushを手に、ピンストライプ作業開始です!!黙々と作業を進め19:00になり一通りこの日の業務は終了いたしました。
今回の出張でお世話になるMotelへと向かいます!!しかし、何やら雲行きが怪しくなってきました…
Wildmanは雨男という噂は本当なのかもしれません…Motelに到着した頃には雨が降り始めました、Motelに付いているプー ル&ジャグジーも近くで見る事は諦め、二階から眺めておりました。
005 003 004 002 001
チェックインを済ませ、今晩の夕食はWildman 石井オススメのGenghis Khan Mongolian BBQを頂く事に!!
こちらのお店ではバイキング形式で、お皿の中に好きなだけ肉、野菜を詰め、巨大な鉄板で焼いてくれるという面白いスタイルです。
ソースも種類が豊富で、自分好みの味に仕上げる事が出来ます。僕は肉7割、野菜3割、Mild ソース、BBQ オイルをたっぷりかけ頂きました。
味は狙い通りの濃い目な味付けで美味しかったです!!日本では経験した事の無いユニークな提供方法のお店で、楽しみながら食事をする事が出来まし た。

夕食を済ませ明日の準備、USA出張1日目が無事に終了しました。
明日はMQQNEYES X’mas Party Show & Dragが行われる会場Irwindale Speedwayに向かいShopの設営です。体力勝負なのでばっちり身体を休めなければと、明日の事を考えている間にいつのまにか眠ってしまいました。
001 002 003 004 005
12月11日(金)USA出張2日目
昨日の雨はどこへやら、すっかり天気もよくなり明日のイベント当日も晴れるとの事で、朝からHappyな気分でMQQNEYES USAへ向かいます。
MQQNEYES USAへ向かうのもFreeway!!いつもは山手トンネルを超え本牧通りを突っ切り会社に向かいますが、いつもと違う光景にテンションも高まり時差ボケ の眠気も一気に吹っ飛びます。
005 004 003 002 001
MQQNEYES USAへ到着すると既に作業が進められていて、会場へ展示するMQQNEYES Drag Starを積み込んでいる所でした。このような光景も滅多に見れる物では有りません。慌ててシャッターを切ります。
積み込みが終わり一足先にMQQNEYES Drag Starを積んだ積載車は会場へ向かいます。私達も商品の積み込みと準備の最終確認をし、イベント会場のIrwindale Speedwayへ向け出発!!
と、その前に、マクドナルドへ寄り道し現地にいるMQQNEYES USA Staffのお昼を買って行きます。
001 005 003 004 002
会社から1時間ほど走り会場へ到着。
「お昼買ってきましたよ~」とStaffのもとへ向かうと何やら見た事のある車が目の前を横切ります…あれはまさか…Jim Dunn RacingのFunny Car…!!
興奮のあまりカメラを構えそうになり、危うく手に抱えていた皆の大事なLunchを落っことしそうになってしまいました。危ない危ない…
ひとまずLunchを頂く事に、Funny Carを眺めながらのお昼はとても贅沢な時間でした。
025 024 023 022 021
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
お昼を食べ終わった頃に商品を積んだトレーラーが会場へ到着、明日のイベントに向けShopの設営開始!!Bossも加わりStaff総出で作業 を進めます。
Wildman石井もPinstripeで大忙しでした。無事にShopの設営が完了し、Bossから「会場の様子見てきていいよ」と嬉しいお言 葉を頂いたので会場を探検して参りました。
歩いてみると分かりますが会場の広さに圧巻されます。明日この会場をを埋め尽くす程のRace Car、Show Carが集まると事を想像しゾクゾクしながら撮影しておりました。
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
しばらくし辺りも暗くなると、昨年私の先輩Kid”Rocker”Matsuiさんもお世話になった、HCS2012にゲストで来日された Daleさんが今年もケータリングを振る舞って下さいました。
たき火で暖まりながら、明日のShowの事で語り合っているのでしょうか、皆様とても楽しそうに食事されていました。
明日はいよいよShow当日、ゲート オープンはなんと朝の4:30から気合いを入れるため、僕も食事を頂き、とても美味しかったので2回もおかわりしてしまいました。Daleさんおいしいお 食事有り難う御座いました!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
021 022 023 024 025
026 027 028 029 030
031 032 033 034 035
036 037 038 039 040
041 042 043 044 045
046 047 048 049 050
051 052 053 054 055
056 057 058 059 060
12月12日(土)USA出張3日目
さあいよいよMQQNEYES USA X’mas Party Show & Drag 2015当日です。ゲート オープン4:30にも関わらず会場に着いた時にはすでにエントリー車両で長蛇の列が!!
皆さん気合いが入っています!!僕も負けじと会場の様子をお伝えするためとにかく走って走って写真を撮りまくりました!!まだ暗い中続々と集まる Race Car・Show Carを見て徐々に気持ちが高ぶって行きます。
ここからはPhoto Galleyで会場の様子をご覧下さい!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
徐々に搬入が落ち着いてきましたが、気付くと会場にはたくさんの来場者であふれていました。Drag Raceの準備も徐々に進められ、Race CarのInspectionもしっかり行います。
昨日ケータリングを振る舞って下さったDaleさんも上下Whiteの衣装に身をつつみ準備万端、Racer達へのアナウンスを行い、いよいよ Drag Raceがスタート!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
021 022 023 024 025
026 027 028 029 030
031 032 033 034 035
036 037 038 039 040
041 042 043 044 045
046 047 048 049 050
051 052 053 054 055
056 057 058 059 060
061 062 063 064 065
066 067 068 069 070
071 072 073 074 075
ステージングレーンへと誘導されるRace Car、バーンナウトでしっかりと暖められたタイヤでスタート位置に、緊迫した雰囲気ががヒリヒリと肌に伝わってきます… クリスマスツリーのブルーシグナルが点灯し目の前にいた車が一瞬にして飛び出します!!
目の前で見ている光景に鳥肌が立ち、興奮を抑えきれず無我夢中でシャッターを切っていました。次々と行われるDrag Race、ステージング レーンのなか間近で見るバーンナウト、タイヤの焼ける匂い、
うなるエンジンのサウンド、実際に生で見た光景は全て最高の体験となりました。
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
17-001 011 012014 015
17-002 016 017 018 019
021 022 023 17-006 025
17-003 026 027 028030
031 032 033 034 035
036 037 038 039 040
041 042 043 044 045
046 047 048 049 050
051 17-004 053 054 055
17-002 056058 059 060
061 062 063 064 065
066 067 068 069 070
071 072 073 074 075
076 077 078 079 080
081 082 083 084 085
広大な敷地もShow Carで埋め尽くされ、とても1台1台じっくり見てる暇もないくらい多くの台数が集まりました。少しでも多く皆様にお伝えしようと思いに必死に会場を歩き 回り撮影致しました。
それにしても、本当に広いです!!
002 003 004 005 006
007 001 008 009 010
MQQNEYESブースの近くにあるステージでは、朝からLIVEが行われ、午後からはPinup Girl Contestが行われいてどちらも会場を盛り上げていました。
特にPinup Girl Contestでは男性のお客様の盛り上がりがすごいこと、身体が小さい僕が前に行こうと試みますが、周りの巨漢達に圧巻されステージの前までいけず後ろ から写真を撮るのがやっとの状態でした…。
001 002 003 004 005
Pinup Girl Contestが終わり15:00より今回のDrag Race、A/FX クラスのWinnerと Best Reaction TimeのAward授賞式が行われました。おめでとうございます!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
021 022 023 024 025
026 027 028 029 030
031 032 033 034 035
036 037 038 039 040
041 042 043 044 045
046 047 048 049 050
051 052 053 054 055
日が暮れ始めた頃徐々に帰り始めるShow Carが増えてきました。
001 002 003 004 005
Showも無事に終了し、ブースの片付けを済ませ会社に戻ろうとすると「小山内はChevy Van運転な」とBossからの突然の指令に、驚きのあまり言葉が出ずに呆然としてしまいました。
恥ずかしながら、アメリカでの運転はこれが初めてで、車幅も広いChevy Vanの運転は恐怖でしかありません…しかし何事も経験だ!!と自分に言い聞かせいざ出発!!記念に1枚写真を撮って頂きましたが、完全に顔が引きつって います。
走行中の写真は撮る余裕もなく、なんとかStaffの方達について行き何事も無く会社にたどり着く事が出来ました。思わぬ形でアメリカをドライブ する事になりましたが、とても良い経験となりました。

Showにはたくさんの方が来場され、たくさんのShow Car、Race Car、Motorcycleが集まりSwap Meetも充実していて、1日居座っていても飽きないくらい楽しめるイベントだと感じました。
特にDrag Raceの迫力は実際に見て頂かなければ伝わらない事がたくさんあるので、ぜひ機会があれば見に行ってもらいたいイベントです!!
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
021 022 023 024 025
12月13日(日)USA出張4日目
この日は朝からLong BeachのSwap Meetにいった後Ventulaで行われている”Chopper Fest”に向かう事に。
まずはLong Beach Swap Meetへ、ここではAutopartsがメインで置かれていて会場も広く、1周するのも一苦労な程たくさんのAutopartsが販売されていました。 早朝にもかかわらずたくさんのお客様が来場されていました。
Wildman 石井は長年探していた雑誌を見つけこの笑顔!!僕もせっかくアメリカに来たからには何か欲しい物を買いたいと思っていましたが、特に目当ての物は見つから ずここでは先輩方へのお土産を買って次へ向かう事に…
001 002 003 004 005
006 007 008 009 010
011 012 013 014 015
016 017 018 019 020
021 022 023 024 025
026 027 028 029 030
031 032 033 034 035
036 037 038 039 040
041 042 043 044 045
続いて訪れたのはVentulaで行われているMotorcycleがメインの”Chopper Fest”、Long Beachから2時間のドライブで到着。会場のすぐ隣には海があり、会場内では芝生の上にMotorcycleが展示されていたりとのどかな雰囲気でし た。
会場に展示されていたMotorcycleはH-Dをはじめ、Tirumphや日本車も多く展示されていました。会場に展示されている Motorcycleを一通り見たところでSwap Meetを探索します!!Swap MeetはH-Dのパーツが大半を占めていて、他にもVintage Helmetや衣類なんかもたくさん販売されていました。
せっかくなので何か買って行こうと思い、Swap Meetを漁っていると…ありました!!Triumph用ハード テール!!見つけたのはいいものの、買おうか買うまいか1時間程悩みました。お腹が痛くなるほど悩みに悩み最後は勢いで購入!!勢いって大切ですね…
Wildman 石井と僕もSwap Meetで目当ての物が見つかり大満足、この日の夜はMQQNEYES X’mas Dinnerがあるので急いでDinner会場へと向かいます!!
001 002 003 004 005
24-001 006 008 009 010
012 013 014 24-005 24-002
MQQNEYES USA StaffとMQQNEYESにゆかりのある方々との食事を楽しみました。
昨年も行われたChicoさんのバースデーをサプライズでお祝い!!会場は大盛り上がりでした。
最後は皆で記念写真、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。See You Againと皆様に別れを告げ、気付けば明日はもう帰国の日、あっという間のUSA出張でした。
001 002 003 004 005
12月14日(月)USA出張5日目
長いようであっという間だった、USA出張も本日が最終日となりました。日本へ持ち帰るお土産をスーツケースに詰め、5日間お世話になった MQQNEYES USA Staffの方々に御礼とお別れを告げ会社を後にします。
レンタカーを引き渡し、空港へ向かう途中、ふとポケットに手を入れると…やってしまいました…MQQNEYES USAのChevy Vanの鍵が僕のポケットに… 
最後の最後に、このような失態を…MQQNEYES USAのStaffの方々申し訳ございませんでした。次回アメリカに行った際に何を言われるか恐ろしくて考えられません…今回の件を忘れていてくれるのを 願います。

最後に、5日間を通してとても多くの事を学べたUSA出張となりました。MQQNEYES USAのStaff、現地で出会った方々はとても優しく接してくれて、出発前の不安は1日目のお昼にはどこかに行っしまっていました。
USA出張で見たもの、聞いた事、感じた事は僕の人生でとても貴重な経験となり、また行ってみたいという気持ちが強く心に残りました!!皆様も機 会があれば、是非一度行ってみて下さい!!その際には是非MQQNEYES USAに立ち寄って下さいね!!
このTrip Reportを通して今回のUSA出張の体験が少しでも伝われば幸いです。次回はいつになるか分かりませんが、また出張に行った際はTrip Reportを配信させて頂きます。
最後までご覧頂き有り難う御座いました。以上”オサナイ”のUSA Trip Reportでした。皆様よいお年を!!Happy New Year!!
Share and Enjoy:
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • RSS