日記

シェルビーがやって来た

またもや長くなってしまった前回からの続きの身分不相応のお話しは、このまま続きますと小説になってしまうので、今回にてピリオドを打ちますのでもう少しだけ長い長いブログとは思えないお話しにお付き合い下さい。 MOONEYESにクルマをorderしてから数週間後に、Bossからお呼びが掛かり、見せられたクルマの写真は全く予想もしていなかった'68 Shelby Cobra GT350(Shelby Mustang)という究極のMuscle Carの1台でした!「こっ、これは一体どうゆう事ですか?」とBossに説明を求めた所、「Mach 1の428はまだ出てこないけれど、たまたまこのクルマの話が来たんだよ、こっちの方が良いんじゃない?」とかなり気軽に勧めてくれます。 「こっちの方が良いですけれど全くお値段の想像がつかないのですが?」とWildmanが聞くと「$12,000くらいで売りたいと先方が言っているんだ」と信じがたいお言葉が! 「$12,000ですか!たったの!」と金銭感覚がおかしくなっているWildmanでしたが、冷静に1ドル¥160で計算すると¥200万弱の金額となりました。 当時Shelby Mustangは正規輸入のディーラー車の生き残りが、ごく少数流通していましたがどれも¥500万円は確実で、夢のまた夢という感じでした。(ちなみに2007年現在のShelby Mustangのアメリカでの相場は、Muscle Carの異常なまでの価格高騰により$80,000~$100,000!となっていて本当に夢のまた夢です・・・・) Mach 1で考えていた$7,000~8,000という予算は軽くオーバーしてしまいましたが、Shelbyがたったの$12,000!という事実に頭はクラクラして来ました。「うーむ、$12,000か・・・何とかならないかな」と悩みます。Bossも「こんなチャンスは無いよ、買っちゃいなよ」と心強い後押し(?)をしてくれます。 船賃や登録諸費用を考えると予算オーバーは分っていましたが、そんな事はもうどうでもよくなり、目の前の写真のこのクルマがどうしても欲しくなりました。「お金なんて又借り直せばいいや、もし登録出来なかったらオブジェとして眺めているだけでもいいから、とりあえずこのクルマを買ってしまおう!今しかない!今しかないぞこれは!」というWildmanの的確な判断によりオーダー決定!となりました。 それからはスムースに事は進み(借金も進み)無事我クルマは横浜港に着き、書類もととのって港から引き上げる日がせまって来ました。クルマの通関手続きは当時MOONEYESで夕方から働いていたナゾの人物、長谷川さん(現:長谷川部長)が行ってくれていましたが、急に連絡があり「ちょっと忙しくてクルマを港に取りに行けなくなっちゃった、悪いけど自分で取って来て」と何とも素敵な指示をしてくれます。生まれて初めて仮ナンバーなる物を地元の区役所に取りに行きましたが、担当の人は「そんな訳の分らない個人輸入したクルマには仮ナンバーは出せない」とダメの一点張りで仮ナンバーを出してもらえません。トホホとなってMOONEYESに相談に行くと、たまにお店で会うメガネを掛けた鋭い 視線の人から、「ウチの方の区役所ならすぐに出してくれるよ」とアドバイスを頂きました。いつも元町に、狂ったように車高の低いパブリカや冗談としか思えないハイリフトのHiluxに乗ってくるこのナゾの鋭い視線の人物はDeuce Factory(当時:Public Spirits)の笠井さんでした。 無事仮ナンバーをもらい、港にクルマを取りに行くと倉庫の中に、美しすぎるファストバックのMustangがこちらを向いています。そこらじゅうにちりばめられたCobraのエンブレム、オリジナルのロールバー&ショルダーハーネスシートベルト、ファイバー製のボンネットやエアスクープ等々、本物Shelbyならではのディテールが満載です。 「お、俺のクルマだぜ・・・」と感激し、早速乗り込んでアクセルを何度かあおり、エンジンを掛けてみると意外にもあっさりと掛かりました。「このクルマは当たりに違いない!」と勝手に判断し、行くぜーとアクセルを踏みましたが、パワステの付いていないコイツは思うように動いてくれません。 ヨロヨロと港の中を走って表通りに出る1つ目の信号が赤になり、止まろうとしてブレーキを踏むとクルマはグワッーと左へ流れて行きます。ナ、ナンダこの車は!・・・!そうですブレーキは完全に片効きしていました。この後も、あれ、ウインカーが戻らないや!あれ、ブレーキランプが点かなくなっちゃった! とUSA車初心者のWildmanに次から次へと楽しい試練を与えてくれました。 その後長谷川さんに車を託し、当時ここでしか並行輸入の旧車は車検が通せないと言われていた東京のS自動車という整備工場にて、と~っても高い金額の車検を取ってもらい(と~っても高くて払えないので値切ってもらいました)やっとナンバーがついて手元に'68 Shelby Cobra GT350がやって来ました。 02232007-001.jpg 元町商店街にて納車となりましたが、本当にクルマを個人輸入してしまったという事実が信じられませんでした。人生最大の借金も信じられませんでした。当初の予算は完全にオーバーし青年借金王となりましたが、何としてもMustangで本牧通りを疾走し、横浜を駆け抜けるぜといった子供じみた夢がかない、幸せな毎日が続きました。 02232007-002.jpg 第1回Mooneyes Street Car Nationalsにエントリーしたり、TACSのイベントで富士スピードウェイを走ったり、初めてクルマ雑誌に写真が載ったり、 02232007-004.jpg 02232007-003.jpg 10年ぶりに来日したKISSのライブ会場横に乗り付け、若気のいたりでホイールスピンしまくってエンジンが掛からなくなったり、横浜市内の有鉛ハイオクを販売しているガソリンスタンドを探してリストを作ったり、走行中マフラーをゴロ~ンと落っことしたり、元町商店街のど真ん中でエンコし、当時MOONEYESで学生アルバイトだった現MOONEYES Area-1カリスマ店長の成田君に押してもらったりと、幸福と不幸が順番にやってくるカッコいいんだか間抜けなんだかわからないUSA車ライフを味合わせてもらったWildman思い出のShelby Cobra GT350でした。 このクルマとの出会いにより自分なりのアメリカンなライフスタイルにどっぷりとはまってしまい、しまいにはPinstriperになってしまうという、Wildmanの人生を変えるきっかけを作ったGT350でした。(その後何度も税金を滞納しつつ5年間の付き合いとなりました)現在は'66 Shelby Mustang GT350 とお付き合いしています。 皆様お疲れ様でした、この話は完了となり次回より普通のブログになる予定です。 "Shelby has come" The story of beyond Wildman's income has yet to start from last blog And has turned to another long story. So I will put period to it this time. Please bear with me for one more time. After couple weeks since Wildman went to MOONEYES to order Mustang, received call from BOSS, Wild man was shown a picture. On the picture was totally unexpected '68 Shelby Cobra GT350(Shelby Mustang) one of the absolute Muscle car. "How did this happen? "asked BOSS for explanation and he explained. "Mach 1 with 428 didn't come out but this came out, don't you think this one is better?" and he recommended very easily. "I like this one too but I have no idea how much it will be" Wildman asked. "$12,000 for sale, that's what he says." Unbelievable. "$12,000 only?" Wildman with no ordinary value for money could even calculate $12,000 in Japanese YEN with dollar rate at \160 per dollar, little less of 2 million yen. Back then proper Dealer imported Shelby Cobra cost at least 5 million yen, which was not realistic price to buy and was just a dream. (by the way in current 2007, Shelby Mustang market price in USA is $80,000 to $100,000. really just a dream car.) It was easily over the Mach 1 $7,000 to $8,000 price range but Shelby for only $12,000 was fact that got me in head. "$12,000, isn't there good ways to loan" so Wildman thinks. BOSS was saying "You don't have a chance like that, go ahead and buy it" And BOSS strongly recommended to buy it. It was obvious that price will be well over the budget when including Shipping and registration fee, but that was not so important any more and Wildman wanted this car in this picture in front of him. "I can borrow money again, if I can't register I have it as object to look at, lets buy this car! Only now, Now is the time to buy." And with precise decision of Wildman、Order was confirmed. From there everything went smooth (so as my debt) car came to Yokohama port, documents were ready and day to pick up car from port was getting closer. Custom clearance of car was done by Mysterious person who works from late in Afternoon, Mr. Hasegawa (current Hasegawa Manager). But all sudden the message was received "I got busy and can't go to pick up the car, sorry can you please go and pick up car?" How nice to get order like so. Wildman went to get "Temporary number plate" at city ward department but person at counter was not helping out. "That kind of personal imported car can’t use this temporary number plate" negative was his reaction. Went to Mooneyes to consult in depression, the man with glasses on and has that Sharp eyes who sometimes seen at shop gave Wild man an advice. "The ward department in our area is easy on giving one" Always arrive in Motomachi with crazy low Publica(old Toyotas) and can't be other than Joke like high lifted Toyota Hiluxes, mysterious person with sharp eyes was Mr. KASAI of Deuce Factory (it was called "Public Spirit" back then) After getting Temporary plates, went to the port to get the car. There in the Warehouse, too beautiful fastback Mustang was looking this way. The Cobra emblems all over places, original roll bar and shoulder harness Seat belt, fiber hood, air scoop all the real Shelby details. "This is my car!" very moved. Quickly got seated and stepped on gas few times. Engine started so easy, unexpectedly. "This car must be a winning one!" decided by himself, stepped on gas like going gone but without power steering it was not going any where I wanted to go. Driving like slow moped, first light turned red and stepped on brake to Stop but the car went drifting to left. "What is this car doing?" "Yes, Brakes only worked on one side." After that "Oh, the turn signal doesn't go back" "Hey, the brake light doesn't go on" gave hard time to beginners of American car owner. After that, handed car to Mr. Hasegawa to go to "S" factory in Tokyo which was the only place to get self imported old car to get Japanese car inspection passed and passed inspection with very expensive inspection fee (so high that couldn't pay and got discount) and finally '68 Shelby Cobra GT350 arrived with number plate on. The car was handed to me in Motomachi shopping arcade but still couldn't believe the fact that Wildman has imported car privately. Also couldn't believe the highest money loaned ever in life. It was well over the first budget and became the young king of debt but very happy days went by with childish dream of cruising HONMOKU Boulevard in old Mustang has became true. Made entry to the First Mooneyes Street Car Nationals, Drove on Fuji Speed way in TACS event, got own picture on car magazines, went to the favorite KISS live which had been ten years since the last and young blood made Wild man eager to do several wheel spin and engine didn’t start after that for a while, Searched and Made list of Gas stand with high octane gas, Dropped muffler while driving, Car stole in middle of Motomachi shopping arcade and a student working as a part time job whom now is the charisma Shop manager of Mooneyes Area-1 Mr. Narita had helped to push the car to the side of street. Happy and unhappy memory came one after another and Wildman got to know Coolor not so smart American Car Life, Its' all Wildmans' memory of Shelby Cobra GT350. By ownning this car, my own American Life Style had started and finally became a pro Pinstriper. It was a trigger to change Wildman's life, GT350.(Five years went by with several delay in payment of annual car TAX) Thank you everyone! This long story is complete now and this blog plans to be more normal blog from next issue. Wildman own 1966 Shleby Mustang GT350 now.
Wildman
フリーハンドで車や Motorcycle はもちろん、1-Shot Paint がのるものなら何でも直線曲線のラインを組み合わせて表現する Pistripe Art や、レタリング サイン、世界中のイベント ポスター デザインや Clothing デザイン等を行うのが MOONEYES Sign & Pinstripe Studio。日本で最初のプロピンストライパー Hiro "Wildman" Ishii があなたの Dream を想像しているモノ以上に叶えていきます。

お仕事のご用命は、E-mail または お電話にてご連絡ください。

MOONEYES Sings & Pinstriping Studio is headed by MOONEYES Official Pinstripe Hiro "Wildman" Ishii. No matter if it's lettering, pinstriping, designs, signboards, placards, airbrush, gold leaf, or something out of the ordinary, small or large as long as it can be hold still, consult with Wildman as he will get the job done and he will grant your Dream than you expect.

Tag

鶴見チェッカー (9) 絶版ミニカー (50) 筒香 (46) 横浜ベイスターズ (6) 横浜DeNAベイスターズ (66) 横浜Connection (41) 横浜 (89) 本牧 (129) 月刊ミニチュアカー (37) 日本シリーズ (38) 御所 山 (26) 御所山 (139) 大盛屋 (19) 大洋 ホエールズ (26) 大洋ホエールズ (19) 可堂玩具 (38) 千代田マ マストア (25) 千代田ママストア (14) 力道山 (84) 元町 (82) 中島登 (11) 世界のミニカー (15) ワイルドマン石井 (136) ワイルドマン (49) リキマンション (44) リキアパート (46) ランボルギーニ (6) ラミレス監督 (46) ヨコハマ (7) モデルペット (7) ムーンアイズ (173) ムーン (86) ミニカー (20) ミクロペット (8) ポリトーイ (6) ホットロッドカスタムショー (5) ベイスターズコラボグッズ (44) ベイスターズBAZOOKA (41) ピンストライプ (167) ピンストライパー (60) ナイキ (57) ダイヤペット (8) スーパーカー (9) スバル360 (6) ストリートカーナショナルズ (11) ジューシィ・フルーツ (6) サーキットの狼 (5) コーギートーイ (5) クライマックスシリーズ (42) キッス (65) カラーブッ クス (6) カドー玩具 (38) エドロス (9) アサヒ玩具 (8) YOKOHAMA Connection (13) Yokohama (15) Wildman石井 (122) Wildman 石井 (9) WILDMAN ワイルドマン 御所山 ムーンアイズ MOONEYES ピンストライプ Pinstripe  (5) Wildman Memoirs (62) wildman ishii (62) Wildman30周年 (20) street car nationals (5) Politoys (7) pinstriper (55) Pinstripe (163) NMCC (38) Nike (57) MOONEYES X Baystars (9) Mooneyes USA (5) Mooneyes (179) MOON (86) KISS (72) JMAC (7) Hot Rod Custom Show (5) End Of The Road World Tour (21) End Of The Road (10) Dinky toys (11) DeNA Baystars (6) CORGI TOYS (17)