Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

あれから50年、今後も50年のWildman’s Blogは力道山先生と共に

先日Mooneyes Area-1の駐車場に、このようにとっても珍奇なクルマがいらっしゃっておりました。

20130426wildmanblog-009 20130426wildmanblog-011

「ロールスロイス・カマルグ」でございます。その昔のロールスロイスのトップモデルでして、日本の代理店コーンズでの80年代当時の新車価格は驚愕の¥48,000,000という一瞬で読めないようなプライスタグを引っ提げておりました、当時世界一高い車でございます。

22歳の私が¥2,000,000近い借金を背負っていた頃でございます・・・

20130426wildmanblog-010

カマルグの後ろに回るとそこにはこのステッカーが燦然と輝いておりました!!

20130426wildmanblog-001 20130426wildmanblog-002 20130426wildmanblog-003

正方形の中に並べられたSSSAのロゴデザイン、見る方が見れば分かりますよね。小学生のWildmanが通った横浜市神奈川区松ヶ丘にあったスーパーカーの総本山、あのお店の本物のステッカーなのでした。

この後カマルグに乗って来られた方に少しお話を伺いましたが、奥が深い話となってしまうので、又いつかの機会に、それでは皆様サヨウナラ・・・

20130426wildmanblog-007

じゃなくってロールスロイスと言えば力道山先生なのであります。(Wildman’s Blog 2008年1月4日参照)

20130426wildmanblog-014 20130426wildmanblog-015

力道山先生最後の愛車となったロールスでしたが、当時のトッパンの絵本にもこのように「じょうひんな せかい一のじどうしゃです」と紹介されております、やはり世界一の力道山先生でございます。

20130426wildmanblog-004

こちらの新聞は先月我が家のポストに定型外郵便で届いておりましたが(恐怖新聞ではありません)63年前の昭和25年6月14日(水)の毎日新聞であります。

豪雨で丸の内が浸水し、新車の’50シボレーが水没している写真が載っておりますが、その下には「力道山が保険金詐欺 船の放火に共謀容疑」という記事になっております。

相撲時代の事件なので髷姿の相撲時代の先生のお写真も掲載され、この後十年に渡る波乱万丈のプロレス人生の幕開けにふさわしい事件でございます、さすが先生だぜ!!

20130426wildmanblog-008

今年2013年は力道山先生没後50年となりました。

1963年12月15日にお亡くなりになりましたが、先生はその一週間前に赤坂のナイト・クラブ「ニューラテンクォーター」で起きたささいなトラブルから腹部を刺され、その後の医療ミスにより天に召されてしまいました。

入院中に寿司を食ったり、サイダーを飲んだりしたから病状が悪化して死んでしまったというようなマヌケな記事が氾濫しておりますが、デタラメもいいとこなのであります。

20130426wildmanblog-005

こちらは今から30年前の赤坂S病院の601号室で、力道山先生が息を引き取った部屋であります(現在はありません)

没後20年の時点での撮影ですが、ベッドもカバーも当時のままとのことでした、なんでだろ???

1963年の時点でバス、トイレ、応接室、キッチン付きで一日¥15,000という一流ホテルもビックリのお値段でした、さすが先生であります・・・

力道山先生側近のマネージャーであった吉村さんもすでに鬼籍に入られ、当時を知る方々はもう殆ど残っていないような状況の中、先日ニュースが飛び込んで来ました。

20130426wildmanblog-013

1963年12月8日、赤坂のニューラテンクォーターで喧嘩の末、力道山先生を刺してしまい、懲役7年の実刑を受けた当時大日本興業組員の

村田勝志さんが病気でお亡くなりになられました。先生を刺して「力道山殺傷事件」の犯人となった方ですが、その後50年生きられました・・・

20130426wildmanblog-012

こちらの手持ちの新聞は事件当時の顔写真ですが、結構貴重なのです。

20130426wildmanblog-006

毎年先生の命日の翌日に池上本門司への墓参りを欠かさなかったとのことで、氏も村田組の組長として壮絶な人生を送られたようです。

娘さんがプロレスラーになったというのも何の因果なのでしょうか・・・

本やテレビで事件の事を何度か語られておりましたが、真相はご本人たちにしか分かりませんので、全ては闇の中へと消えて行きます・・・

栄光の面とダークサイドが入り乱れる力道山先生の世界は今後も根掘り葉掘り自分なりに調べて行くのです、このブログが50年続く事を目指して!!

Be Sociable, Share!

???????????